カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

観劇日誌:吉野翼企画 『糸地獄』

20180623糸地獄1_convert_20180710224716

2018年7月10日(火)

観劇日誌を書いてないのが3つ。
で、次は12日(木)に芝居を観に行くもんですから、そうなると4つ。

3つならなんとか、ぁ、しかし、4つとなるとぉ〜
(かつての私の名台詞

というわけで、負債を減らすべく、まずは1つ。

   *   *   *   *   *

むか〜し、むかしの6月23日(土)に、こちらを観てきました。

吉野翼企画 『野外劇 新譚 糸地獄』
原作:岸田理生
脚色・構成・演出:吉野翼
於:西戸山野外円形劇場(シェイクスピアアレイ)

えっとですね、岸田理生さんを忍んでリオフェスというイベントが行われてまして、今年はその12回目だそうです。
で、理生LOVEなYUKIさんが出演される(彼女はかつて岸田事務所+楽天団の『糸地獄』にも出演)ので、観に行ってきました。

私もYUKIさんに洗脳されて、岸田理生の脚本やエッセイ集を少しずつ買い集めてきたので、ようやく舞台を観られると、楽しみにしてました。

       *   *   *

が、雨。

朝から雨。
かなりの雨。
小学校の運動会だったら、ぜったい中止になってるくらいの雨。
天気予報は夜も雨。

でも、もしもってことも、あるよな〜。

と、仕方なく、朝一番で雨合羽を購入してから休日出勤。
20180623糸地獄3_convert_20180710224626

土砂降りに堪えながら観ることを想定して、ちょっと奮発しちゃいました。

       *   *   *

で、夕刻。
仕事を終えて会社を出ると、やはり雨。
っていうか、もっと雨。

ホントに演るんですかね〜

と、しはかたさんにメール。すると、

フツーに受付が出てると思いますんで。

マジですかぁ。

YUKIさんから「混む」と聞かされていたので、整理券が発行される直前の17:50に会場着。

と、

行列

え、つまり、何ですか。
この雨のなかで野外演劇を観るために整理券発行前から並んでるんですか、アンタがたは

頭、おかしいんじゃないんですか
(お前もな

       *   *   *

18時が過ぎて受付開始。

整理券を受け取ると、屋根のある場所に移動して、皆さん、合羽を装着。
開場を待ちます。
2階から開場を見下ろすと、こんな感じ。

20180623糸地獄2_convert_20180710224749

舞台と客席を逆にしようという趣向。
ムシロのようなものが敷いてある場所に、女郎たちが陣取るわけです。

       *   *   *

そして、いよいよ開場。
傘を閉じて順に入場。
すると、先立って板(っていうか石)についてた女郎さんたちが「いらっしゃ〜い」。
女郎屋に招き入れるという趣向。

しばらくは雨に打たれ、「これ、マジ辛いんですけど(でも、女優さんたちは、もっと辛いよな)」なんて思ってたんですが、徐々に雨が小降りになってきて、雲の流れが見えるようになり…、

物語が始まる頃には、霧雨に。

これはこれで、雰囲気あるかも。
(寒いけどね…女優さんたちは、もっと寒いけどね)

そして、母親たち(YUKIさん曰く「四婆」)が記憶を語り始めると、いつしか雨が止み、

クライマックスを迎える頃には、とうとう月が姿を現しました。

雲の切れ間からこぼれ落ちる月明かり、松明、そして街灯に照らされたラストシーン、狙ったってそうそう叶うもんじゃありません。

最初は辛かったけど、けっこういいもん観せてもらいました。

       *   *   *

観劇後は、しはかたさん&YUKIさんのお友達2人とで新大久保の山ちゃんへ。
手羽を食いました。

   *   *   *   *   *

なんか、体験談だけで感想を書いてないんですけどf^_^;)、もう疲れてきたし、YUKIさんには早々に(酔っぱらって)長い感想を送ったし、ま、こんな感じでm(_ _)m

いや、でも、おもしろかったですよ。
来年も、しはかたさんに教えてもらって、参加ユニットのどれかは観に行きたいなぁと思いました。



ゴールとケーキ、あと日焼け

2018年7月9日(月)

なんか、投げやりなタイトルですみませんm(_ _)m

いえ、とりあえず、謝っとこーかなー的な。

   *   *   *   *   *

昨日は、息子のサッカーの試合でした。
数日前に娘が溶連菌で熱を出したので、「続いて息子か」と肝を冷やしましたが、当日朝に至るもピンピン。
(ただし、金曜日に猛特訓をやったらしく、メンバー全員、足が筋肉痛だったとか。なんで、試合直前に(笑))

そんなわけで、我が家の2018夏のビッグイベント第1弾の始まり始まり…。

       *   *   *

嫁さんと私は5時半に起床、遅れて娘と息子も6時に起床。

嫁さんは朝食の準備その他の支度を済ませると、息子を連れて6時半に出立。
私は皿洗い&風呂掃除を済ませると、娘とともに7時出発。
バスと電車とバスを乗り継いで9時前に到着。
いやあ、県内でPASMOの使えないバスに乗ろうとは、夢にも思いませんでした(笑)。
…とにかく、遠かった。

       *   *   *

そして、第1試合。
幼稚園の頃はみんなドングリで、1人か2人、上手な子のいるチームが勝つ、という感じでしたが、少し「チーム力」とか選手の平均的レベルみたいなものの差が出てきているようで、この試合は息子たちのチームのほうが一段上かな、という印象。

前半から一方的に押して、なんと、息子もドリブルから右足を一振り、ゴールを決めました
で、チームも圧勝。
とりあえず、これで本日は(残念会ではなく)お祝い会となることが決定。

       *   *   *

第2試合は2時間後。

ま、子どもたちのことを考えれば、炎天下で走り回っているわけですから、それくらいの休憩時間が必要だろうとも思うのですが、しかし、子どもたちの実際を考えれば、2時間も休んでいられるわけがなく、後先なんて考えずに

遊びまくっちゃうんですよね〜(笑)。

当然、試合中は疲れ切ってヘロヘロ。

しかも、間の悪いことに、相手は地域でも評判の強豪チーム。

あ、危うしっっっ

…が、強豪であっても子どもは子ども。やっぱり、

遊びまくってたんですね〜(笑)。

向こうの監督も、

お前ら〜、疲れすぎだろ〜 いったい、何して遊んでたんだ〜っ

とオカンムリ。

結果、お互いにチャンスは作るものの決め切れず、スコアレス・ドロー。

こうして、今夏の大会はチーム成績1勝1分、息子は1ゴールで終わりました。

       *   *   *

閉会式を終え、今後は家族4人で来た道をまたバスー電車ーバスと乗り継いで帰宅。

途中、私は駅前のスーパーでビール(すぐ呑む用)とワイン(晩飯用)とゼリー(娘用)を買い、その間に嫁さんは駅前の洋菓子屋さんでショートケーキ2個(息子と嫁さん用)を購入。

帰宅は14時半。

順番にシャワーを浴びてから、おやつ第1弾。
私はビール。

いやあ、ホント、暑かった。
子どもたち、あんな炎天下でよく走るよな〜。
私も昔は走ってたんだな〜。
今は(言うまでもなく)ムリだな〜。

監督も試合後の挨拶で言ってたな。

「お母さん方、子どもにアレコレ言いたそ〜な顔してますけど、まずは褒めてやってくださいね〜。この炎天下、あれだけ走り回ったんですから。皆さんが同じことをしたら、ぶっ倒れますからね〜。こんな小さな体で、スゴいことしてるんですよ、子どもたちは。」

そのとおり。いつの間にか、体力がついてきてるんですね。
(もっとも、ウチの息子は要領よく休んでましたけどね(笑))

       *   *   *

そして、16時過ぎに、おやつ第2弾。
嫁さんが買ってきたケーキ。
20180708ゴール2_convert_20180710000528

イチゴだらけかっ
で、息子がどーしても両方を食べたいというので、各ケーキの3分の2を息子が食べ、各3分の1は嫁さんと私がそれぞれ手伝いました。

       *   *   *

おまけ。

試合と試合の間が2時間も空いて、暇になるのは親も同じ。
しかも、嫁さんと違って親同士のコミュニケーション・ネットワークに参加していない私は、お母さん方の集まりには入っていけず、かといって若干のお父さんたちとも馴染めず、仕方ないので他チームの試合を観戦しにグラウンドへ。

いやあ、焼けました。

20180708ゴール1_convert_20180710000624

2018年夏の日焼け第1弾。

なので、本日は日焼けした首と腕と足首が、かゆ〜い(ToT)


まあ、そんな日曜日でした。

田園に死す?

2018年7月3日(火)

アッという間に梅雨が明けましたね。
これからは梅雨が短くなって減った降水量を台風で補うという日本列島になるんでしょうか

それはさておき、なんっか、同じことばかり書いてますが、とにかく忙しくって、芝居を観に行く(そして呑む)時間を確保するのに精一杯で、観劇日誌を書く余裕がなく、またもや3つ溜まってしまいました(>_<;)
難しいんですよね〜、
おもしろい芝居を観ると、気合いを入れて書きたくなるし、
つまんない芝居を観ると、どう書いたもんかと悩むし、
どっちにしろ、時間がかかっちゃうんですが、
何とか今度の週末には書きたいな〜。
(書けるかな〜

という具合なので、とりあえず、ちょろっとした話をちょこっとだけ。
(なので、タイトルにヒットして来ちゃった方、今すぐ引き返してくださいm(_ _)m

   *   *   *   *   *

今朝5:30 目覚まし時計が鳴って起床。
布団の上でウトウトしつつ
「さてさて、日本は勝ったかな〜、負けたかな〜…勝ってたらスゲ〜な〜、でも負けただろうな〜」
なんて思いながら腰痛ストレッチ&腹筋。

6:00 裏のブドウ畑から、バッ、ダッダッダッバッダッというトラクター的な何かのエンジン音が聞こえてきて、

よし、今日は二日酔いじゃないぞっ

と気分よく起床。

正直、このトラクター(的な何かの)音、けっこうウルサイんですが、しかし、日中を東京砂漠で過ごす私、トラクター(的な何かの)音で朝が始まるというのは、きっと幸せなことなのだと思って、文句を言わないことにしています。
(ま、そもそも、畑の一部を潰してマンションを建ててるわけだから、文句を言える筋合いでもないんですが(笑))

       *   *   *

本日は午前中に会議、日中に面倒な仕事を片付け、夕方からまた別の会議。
やりたい仕事にちっとも手をつけられないまま帰宅。

       *   *   *

エレベータを上がり、廊下を進んで玄関まで3m、照明の下を通り過ぎようとしたところ、

ブ〜〜〜、ガガッ、ガッ

驚いて飛び退くと、

お、お前は…

黒光りするソヤツ、飛んで火に入るがごとく照明にぶつかるものの、ツルツルしたプラスチックのカバーに跳ね返されて、
グルッと回っては突入、跳ね返されて、また
グルッと回っては突入、跳ね返されて、また
グルッと回っては突入、跳ね返されて…、
(お前、学習しろよっ
と繰り返し、今度こそはと、

ガツッ

それまでにない衝撃音がしたかと思うと、シュルシュルと落下。

あえなく不時着したのが、こちら。

20180703田園_convert_20180703233620

昔ながらの雑木林が残る、この界隈。
ベランダから周囲を見渡しても、ビックリするような巨木があちこちに見えますので、どこぞのクヌギやカシの木から誤って飛んで来ちゃったんでしょうね。

ピクリともしないソヤツにそ〜っと近寄って激写。

ブログのネタにしよ〜

と、ほくそ笑みながら玄関へ。

が、そこでチラと振り向くと、

20180703田園_convert_20180703233620

…え。

「どうした! それでも世界で最も邪悪な一族の末裔か!!」
(クシャナ殿下風)



…反応無し。

激写してしまった手前、このまま死なれると後味が悪いな〜と思って、とりあえず、スマホのカバーを使って起こしてあげました。

それから風呂入って、飯食って(酒呑んで)、ブログ書いて…

さて、彼はどうなったことやら…。
(確かめに行く気、まったく無し)

   *   *   *   *   *

で、もうすぐ12時。

さて、これから私は、何をするでしょう。

A. 明日までに返却しなきゃいけないのに、まだ途中までしか見ていないDVDの続きを観る

B. 6日(金)の課内勉強会のレジュメを作成する

C. 明日の面会約束の準備(まだ3分の1くらいしか終わっていない)を完了させる

D. 全部やってやるぜと思ってたんだけど、ダラダラ書いているうちに酔っぱらってきたんで、もう寝る。


う〜、悩ましい〜(笑)。

父の日こぼれ話

2018年6月18日(月)

毎年のことなんですけど、父の日と誕生日が近いので、いつも一緒にされちゃうんです。

でも、会社の同僚に話したら、祝ってもらえるだけ幸せなんだそうな。
母の日に比べ、父の日は認知度も低く、祝うにしてもこじんまりというのが多いようで。

というわけで、ありがたく祝われました。

その1

まずは、こちら。
20180618誕生日1_convert_20180618231849

私が休日出勤していた土曜日のうちに母子3人で買いに行ったんだとか。
早速、使ってほしいということで、土曜の夕食時にプレゼントされました。

左手が枕カバー、右手が…何というか、コリをほぐしてくれるんだそうです。
私は知るよしもありませんが、ヒルナンデスで紹介されたとかで、この「かたお」が軟式野球ボールくらい、姉妹品の「やわこ」がテニスボールくらいの硬さなんだそうです。

私には、当然のごとく硬いほうが選ばれました。
私のことをよく分かっている家族です(笑)。

パッケージの写真では首の下に置いてますが、いろいろ使い道があって、私の場合は、もちろん腰痛対策です。
腰の下に置いて体重をかけ30秒ほどジッとしてから、ゴロゴロとマッサージ。
少し上にずらして、また30秒、それからマッサージ。

…というのを順々にやっていくと、まあ、それなりに気持ちよくなりました。
(「劇的」とか「感動」ってほどではありませんが)

その2

翌日の日曜日。

恒例の家族 de 図書館。
「この世界には『本』というものがあったんだよ」ということを子どもたちの記憶に残すべく、2週間に1度、嫁さんの車の運転練習を兼ねて家族で通っております。
(つまり、本の貸出期間が2週間なのです)

で、図書館と駐車場の間に本間家ご用達(笑)の花屋さんがありまして、
なんと、私に花束を買ってくれるそうで、家族が選ぶ間、私は先に駐車場へ戻って車の中で待っていろと。

でで、嫁さんからキーを受け取って私一人で先に行こうとしたところ、

  (弟に)あんた、お父さんと一緒に、先に戻っててよ。
 ヤダ。
  あんたがいると、邪魔なのよ。
 ボクもえらびたいっ
  あんた、邪魔ばっかりするじゃない。
 イヤだ、ボクもえらびたい〜っ

ま、息子がいると落ち着いて買い物ができないというのは、あらゆる状況に当てはまる我が家の共通認識なのですが(笑)、さすがに今回は「おとうさんのプレゼントをいっしょにえらびたい」という欲求の現れなので、息子に味方しようかなと思った矢先、

  じゃ、待ってる間、アタシの3DS貸したげる。
 ホント じゃあ、まってる
(と、手を伸ばす)

嫁さん ええ〜っっっ
(嫁さん、爆笑したいところを懸命に堪えて苦笑)

マジで
お父さんへのプレゼントを一緒に選んでくれるんじゃなかったの
そんな簡単に釣られちゃうわけ

…てめ、ぶっとばすぞ〜
(注:心の声)

仕方なく、2人で車に戻って息子はゲーム、私は借りたばかりの本を読んでいましたとさ。

ちなみに、娘コーディネートの花束は、こちら。
(予算管理は嫁さん)
20180618誕生日2_convert_20180618231919

娘に教わったんですが、母の日のイメージカラーが(カーネーションの)ピンクなのに対して、父の日のイメージカラーは黄色なんですってね。
で、旬の花を揃えると、ひまわり、黄色いバラ、かすみ草の組み合わせになるんだそうな。
こういう小降りのひまわりを花束に加えるってのは、けっこう、いいもんですね。

娘がこういう知識をどこで仕入れてくるのか、とっても不思議(笑)。

ま、そんなことがあった父の日でした。

ねぎトマト

2018年6月12日(火)

どうやら、このブログのことを言いふらしてるヤカラがいるみたいで(「おい、お前のこと書いてあるぞ」的な)、思いがけない方面から思いがけないことを言われて、ビックリしてます(笑)。

ま、それも身内の範囲内なんですけどね(笑笑)。

そんな閉鎖的ブログにふさわしい、どーでもいい記事を一つ。
(でも、案外、こっちのほうが役に立ったりしてf^_^;)

このところの、私のお気に入り。
20180612ねぎトマト_convert_20180612003951

過日、こんなのが食卓にのぼったんです。
それまでは、トマトまんまだったんですけど、嫁さん、何があったのか、小ねぎを刻んでオリーブオイルを軽くかけてあるんです。

これが、美味くてね〜。

で、「美味いよね」と言ったら、子どもたちも賛同してくれて、

しかし、そのときはパクパク食った後だったので写真に撮れなかったんですが、つい先日、嫁さんが再び作ってくれたので、食べる前に写真を撮っておきました。

ま、超〜シンプルですけど、意外にイケますんで、よろしかったら試してみてください。

小ねぎとオリープオイルです。

お好みでアレンジもいろいろ出来そうで、

胡椒をちょこっと振ってもキュッと引き締まるでしょうし、
オリーブオイルにニンニクをほんのちょっと摺り下ろしても楽しめるでしょうし、

これだけでも酒が呑めますね。

いや、それだけなんです、ホント。

何だか、すみませんm(_ _)m

«  | ホーム |  » page top