カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ひとりごと その42:問題の本質

2018年2月1日(木)

お寒うございますm(_ _)m

会社を出るときはしっかり雨が降ってて、「今夜は、冷えてもみぞれ程度かな」なんて思ってたんですが、地元に着いたら雪がうっすら積もり始めていて、素直にビックリしました。

今もシンシンと降り続いてます。
こりゃ、明日はまた長靴が大活躍だな。


長靴万歳
(一応、言っときますf^_^;)


   *   *   *   *   *

それはさておき。

このところ、連日のように通勤電車が遅れてるんですよ。

首都圏の鉄道網って、もう、限界に来てるんじゃないか、って思うくらい。



お前らみたいに、のこのこ上京してきた奴らがみんな田舎に帰れば、東京もスッキリするって

う〜ん、そのとおりすぎて返す言葉もないので、

それもさておき。

       *   *   *

その遅れる理由ってのがですね、

◯◯駅でホームドアの点検をして関係で〜

とか、

◯◯駅で信号確認をした影響で〜

とかってのが、やたら多いんですよ。


でもね、

「点検」とか「確認」とかって、フツー、それを使う前とか使った後とかにするもんでしょ。

横断歩道を渡るときは、左右の安全を確認しましょ〜

…っていうのだって、左右の確認は渡りながらじゃなくて、渡る「前」にするんですよ、もしも死にたくなければ。

それを運行中にするってのは、運行中にも「かかわらず」点検せざるを得ないような事態が生じているわけで、

つまり、故障なり不具合なりが起こってるんじゃないんですか、いま、そこで。


だったら、そう言えばいいじゃんっ

点検のために遅れてるんじゃないんだよ。

だって、点検しなかったら、遅れないのかい

遅れるでしょ、だって、不具合が起こってるんだもん。

だったら、遅延の原因は、「点検」じゃなくて「不具合」じゃないか。


(再び)そう言えばいいじゃんっ


少し前までは、そう言ってませんでしたっけ

「○○故障のため〜」とか「○○トラブルが発生し〜」とか。

それが、近頃はやたらと「点検」やら「確認」やらを連呼するんですよ。

それを「点検」と名づければ、トラブルが生じていないことになっちゃうんでしょうか。


そんなの、本質を覆い隠すための強弁じゃないっすか


そんな、


そんな強弁がまかりとおるなら、


「線香には名前が書いてないから、公選法違反ではない」とか、

「『国家ぐるみのドーピング』なんて、アメリカの陰謀だ」なんていう

強弁だってまかりとおっちゃうじゃないですか〜
(え、まかりとおってる


え〜と、まあ、要するに、このネタに持ってきたかったというだけですm(_ _)m


(逃げるように)おやすみなさ〜い。


ひとりごと その41:磯野家IT化計画

2018年1月31日(木)

昨年11月に東芝がスポンサー降板を発表したサザエさん。
好イメージでファミリー向け訴求力が高いとあって、熾烈な()後継スポンサー争いが続いていましたが、このほど以下の企業に決定したとか。

大和ハウス工業

ほほう

西松屋チェーン

なるほど

アマゾンジャパン


えっぐ…、


え〜げつな〜っ


なんでやねん。
そこまでする

金さえ払えば、どんな仮面でもかぶれるということですか

力の強い者は、何やってもいいってことですか
(なんか、内外あちこち、そういう風潮ですね)


断言しましょう。


近い将来、
カツオくんとワカメちゃんはスマホを持ち(花沢さん超スゴ)、
サザエさんはネットで買い物をするでしょう(サブちゃん転職)。
(ついでに、ノリスケさんは伊佐坂先生の小説を電子書籍(もちろんkindle仕様)で出版するでしょう)


断言しますっ(笑)。
(ひとりごと、ですけどね)

とりあえず。

       *   *   *

<追記>
2月1日(木)付けの報道では、日産がメインスポンサーとして加わったとか。

それだけです

セレンディピティ

2018年1月28日(日)

このところ家族が次々と風邪をひいたんですが、その関係なのか、昼前に嫁さんから「医療費控除の申請をしたいから、マンナンバーのカードと源泉徴収票を貸して」と唐突に言われたんですよ。

源泉徴収票のほうは、いつだったか会社で渡されて、鞄に入れっぱなしにしていた記憶があったので、わりとすぐに見つかったんです。

問題は、マイナンバーカード。
以前、会社で何か必要になったんですが、大事にしまいすぎちゃったみたいで、どこを探しても見当たらず(T_T)
困って総務に泣きついたら、会社で記録をとっていたので何とかなったのですが、それで

なんだ、何とかなるんだ

と安心しちゃって、そのまま放置してたんです、私f^_^;)

さて、あらためて困りまして、

  いつまでに
嫁さん  できるだけ早く。

というわけで、もうすぐ昼飯だというのに大捜索が始まり…。

   *   *   *   *   *

そしたら、いろいろ笑える発掘物がありまして、まずはこちら。

20180128発掘1_convert_20180128171537

これ、何年か前に娘が描いてくれた(開くと飛び出す)勤労感謝カードです。
右側の白い紙を引っ張ると何かがどうにかなるはずなんですが、ゴムが切れていて、今となってはどんな仕掛けだったのか分かりません。

私の似顔絵は、シャツとネクタイが実物よりオシャレに描かれているうえに、髪の毛が増量されてます(当時はフサフサしてたってわけじゃありません)。
ありがとう、娘よ(笑)。

嫁さんのほうは…、何となく雰囲気はつかんでますね。

こうした子どもたちからのプレゼントは、気に入ったものを壁に飾ったりフォルダにしまったりしているのですが、なぜかこれは机の上の資料の束から出てきました。

       *   *   *

続いての発見物は、こちら。

20180128発掘2_convert_20180128171600

文房具を入れている引き出しを開けたときにチラッと目に入った紙の束を取り出してみたら、なんとビール券でした。

いつのだ

使えるんですかね。
とりあえず、嫁さんに渡したら、近所のドラッグストアで試してみるとのことでした。

       *   *   *

そして3つ目。

20180128発掘3_convert_20180128171618

懐かしいですね(笑)、2000円札ですよ。

使えるんですかね
(使えるっつーの

これも嫁さんに渡そうとしたら、

嫁さん  とっておいたら、価値が上がるんじゃない

古銭かっ

というわけで、元の場所に仕舞い込みました(笑)。

また数年後にお目にかかりましょう。

       *   *   *

ほかにも、「あ、こんなところにあったのか」ていうものが、いくつか見つかりまして、

こういうの、なんて言うんだっけな〜と、PCにキーワードをあれこれ打ち込んで検索してみたら…、

セレンディピティ

そうそう、それですよっ

と喜んでいたんですが、ふと考えてみると、

これって要するに、整理整頓ができてなかったことの裏返しなんですよねf^_^;)

   *   *   *   *   *

あ、ちなみに、マイナンバーカードも無事に見つかりました。

まあ、そんな、日曜日の一コマm(_ _)m


川崎大師詣で2018

2018年1月27日(土)

いやぁ、追い詰められてきました。

先日もミーティングで話していたんですが、さて、私たちはこの年度末を乗り切れるのか
なにしろ、昨春の組織再編・異動から初めて迎える年度末で、これまで各部署に分散していた当四半期の仕事が私たちの部署にドドーンと集約されちゃったんですよね。

未体験のレベルなんで、ホントにこの人員でできるのかどうか、誰も知らない(笑)。

とりあえず、2月上旬の大波を乗り切る算段はつけたんですけど、この後3月末まで続く第2波、第3波、第4波をどう越えていくか…。
(って、要するに、ずっと大波じゃん)

こうなったら、もう神頼みしかありません。

…というわけで()、行ってきました、神頼み。
(正しくは、仏頼みかな

   *   *   *   *   *

じゃん。

20180120川崎大師2_convert_20180125234638

川崎大師〜

恒例となりました、池ちゃんとの初詣。
昨年は濱君も参加したんですが、今年は日程が合わず、断念。

14時に京急川崎駅で待ち合わせ。
そこから大師線に乗って…

おおっと、その前に。

20180120川崎大師1_convert_20180125234616

昨年に続きまして、今年も発声練習(笑)。

2人で駅近くのカラオケ屋さんに入り、ビール片手に歌い始めます。

バンド活動もますます盛んな池ちゃん。
ボリュームのある声を振るわせながら、ドリカムやら安室やらの難曲に挑んでいきます。

一方の私、歌うのは昨年の大師詣で以来という体たらくですが、この数か月のYoutube鑑賞で見つけた新曲を披露〜。

と、

池ちゃん  おお〜、なつかし〜。



池ちゃん  このドラマ、見てたよ〜。

しゅ、主題歌なんだ…、知らなかった
(テレビ、見てないもんで)

とか何とかしてるうち、すぐにネタが尽きてしまって、やっぱり去年と同じ曲に…(>_<;)

そしてラスト5分になって、2人で歌える曲をということで池ちゃんが選んでくれたのが、「夢の中へ」(上掲)。

私、「うふっふ〜」だとばかり思ってたんですが、「ウーウーフー」なんですね、本当は(笑)。

       *   *   *

で、あらためまして、川崎大師。

20180120川崎大師2_convert_20180125234638

今年は例年より早い時期に来たので、参拝客も比較的多く、山門前にも立派な飾りが立てられていました。

納札堂へ家族全員分の去年のお守りを納め、大本堂へお参りした後、また今年のお守りをいただいて帰ります。
家族の分は例年どおり交通安全。
私は今まで健康(身代わり)のお守りをいただいていたんですが、今年はもっとアグレッシブに生きようということで()、勝負に出ました(笑)。

20180120川崎大師11_convert_20180127080447

開運〜

健康面のdefenceを手薄にしてまでも突破力のスペックを高めてみたんですけど、さて、賽の目はどう出るか(笑)。

そして、門前のお土産屋さんでは、やはり例年どおりおせんべいを購入。

20180120川崎大師9_convert_20180125234918

他にもいろいろ買ってみたいんですが、ウチは娘が甘い物を食べないので、結局これになっちゃうんですよね。

       *   *   *

さて、やっと辿り着きました、こちらも恒例の琉球。
20180120川崎大師3_convert_20180125234709

もう、ここまで書くのに疲れちゃったので、あとはサクッと抜粋f^_^;)

20180120川崎大師4_convert_20180125234731
手前は池ちゃんお気に入りのタコスピザ、奥が私のオーダーでパパイヤの炒め物。
何しろ私、食べ順ダイエット中なもんで()まずは野菜からです。

そのうえで、
20180120川崎大師5_convert_20180125234752
池ちゃん大好物のスパム&タマゴ。
ホント、好きですよね〜。

あ、お酒はオリオンを2杯ほど呑んだうえで、こちらに。
20180120川崎大師6_convert_20180125234819
実は前日に菊の露を呑んでいたので、この日は久米仙に。

注目は後ろの2Lペットボトルに入った黄色い液体。
こちら、うっちん(ウコン)茶。
コレで泡盛を割ってもいいんですが、私たちはチェイサーにして呑みました。

それから食いに食ったんですが、そのなかから、こちらを紹介。
20180120川崎大師8_convert_20180125234858
左は手羽餃子。なかに具が入ってます。
右は…何だっけ ま、何かの肉と青菜の炒め物です。
これも、池ちゃんの好物。

20180120川崎大師7_convert_20180125234837
もう腹一杯になったので、最後は豆腐ようをアテにしてチビチビ…

と、ママさんがサービスでタコの刺身を出してくださいました。

いつもいつも、ありがとうございますm(_ _)m

       *   *   *

あ、最後になりましたが、こちら。
20180120川崎大師10_convert_20180125234935
池ちゃんの韓国土産。

この韓国旅行の話がまたハプニングの連続でおもしろかったんですが…

とても長くなるので割愛します。

本日はここまで。
長々と(ダラダラと)お付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


ああ、今日も自宅で仕事だ〜(T_T)

岸田談義

2018年1月25日(木)

少々時間が経ってしまいましたが、先日の続編です。

   *   *  *   *   *

去る18日(木)、新宿西口で再びコレしました。

201800118餃子誕生日1_convert_20180120075824

既視感…

っていうか、見ました、間違いなく(笑)。

過日に書きましたように、前回の「見世物」公演で赤鳥恋歌の主役・三重吉を演じてくださいましたYUKIさんの誕生日祝い。

◯◯個の餃子をみんなで食べるべく、仕事を途中で放り出して駆け付けてみると、

なんと、YUKIさんと岩井さんがサシで呑んでるじゃありませんか。

どうやら皆さん、別の呑み会が入っていたり帰省していたりして、都合が合わなかったとのこと。

そんなわけで、

3人で◯◯個の餃子を食い切る

ってことは、

1人◯◯個の餃子を食う

という企画になりました(笑)。

       *   *   *

それで、私がYUKIさんに教えてもらいたかった件というのが、コレでして。

201800118餃子誕生日2_convert_20180120075727

赤鳥の稽古中(っていうか、稽古後に呑むたび)、YUKIさんが敬愛してやまない岸田理生の話が出るわけです。
私、身毒丸くらいしか知らなかったんですが(もちろん、寺山の文脈で)、刷り込みっていうんですかね、毎回のように聞かされてると、何だか読みたくなって、戯曲集を6冊ほど買い集めて年末から順次、読んでいったんですね。

で、難しくって〜(T_T)

なんでこんなに、哀しい本を書くんだろ、この人は。

とくに、娘として生まれ育ち、女として生きることの、…そのぅ、抗いようのない痛みや苦しみみたいなものが、これでもかってくらいにズブズブと書かれていて、どう咀嚼していいのか、分からないんですよね。

それで、

こりゃ、脚本だけ読んでても理解が深まらないから、岸田理生氏自身のことも少し勉強しなきゃダメだな〜

と、とりあえず、エッセイ集(と言っても、あちこちに書いた文章を集めただけですけど)を読み始めたところなんですけど、

もっと手っ取り早く、

岸田理生って、いったい何者なんだ

…的なことを、まさにご本人を知っているYUKIさんに聞いてみたかったんです。

       *   *   *

そしたらもう、さすがは理生LOVEなYUKIさん、語るのなんの

いろんな話が次々と出てきて、すっごくおもしろかったんですが、印象に残っているのは「リヤ」のこと。

本作は、戯曲集にも収録されている作品で、長女の目線から書かれているんですが…、正直に言って、私、おもしろくなかったんです。
失礼ですけど、私には、シェークスピアをわざわざつまらなく&締まりなくしているように思えちゃったんですが、YUKIさんはこの脚本を「すごく共感する」と愛しまくっていて、父殺しの意味とか、妹を殺さずにはいられなかった心情とか、熱弁されてました。

それで気づかされたのは、私って、「男」…という以上に「父親」の目線(だけ)から読んでたんですよね、リヤ王を、無意識・無自覚的に。

そっか〜、読めてなかったんだな〜。


あ、正確に言えば、そう気づいたのは、後日、YUKIさんの話を何度か反芻してからのこと。
(当日は、ただただ楽しく話して聞いて食べて呑んでいただけでした)

他人の作品を批判するのは簡単だけど、その瞬間に自分の受容力が落ちていないか、価値観が硬直していないか、などなど疑うクセをつけておかないと、けっこう恥かくかもね(恥かいちゃったかもね)…という以上に、痛い目に遭うかもね、と後になって冷や汗を流しました。

   *   *  *   *   *

ああ、まだまだ思うところ、書きたいところはあるんですが、日付も替わっちゃったし、明日(じゃなくて、もう今日)もheavyだし、ひとまずおしまいにしときます。

ここんとこ、尻切れトンボが多いかも

おやすみなさいm(_ _)m
«  | ホーム |  » page top