FC2ブログ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

林間学校

2018年8月3日(金)

そんなこんなと、父親が呑んだくれている間にですね、

娘は林間学校に行ってました。

実は、がっつり親元を離れるのは人生で初めてです。

幼稚園のときに一度、お泊まり保育なんてのがありましたっけね。
もっとも、夕方のカレー作りから布団を並べて寝るくらいまでは何人かの親が世話役で手伝いに来ていて、
(私もその1人でした)
翌日の午前中には迎えに行くので、離れると言っても本当に「一晩」だけだったんですが。

それが今回は2泊3日。

本人は、もう、ずいぶん前から楽しみで楽しみで楽しみで仕方がないくらい盛り上がっていたんですが、

私は(内心)心配で心配で心配で仕方がなく(笑)、

それと言うのも、この娘、

虫が大嫌い
食べ物の好き嫌いが多い
痛がり痒がり暑がり

でして、アウトドア・ライフの対極で生きてるようなタイプなんです、マジで。

でもって、体もそんなに丈夫なほうじゃないので、嫁さんも、熱を出すんじゃないか、怪我をするんじゃないかと気が気でなく、「いつ電話がかかってくるかもしれない」と、スマホを肌身離さず持ってました(笑)。

       *   *   *

で、娘、帰還。

荷物が重いので、嫁さんと息子でお迎え。
私も早々に仕事を切り上げて、いそいそと退社。

何とか晩飯に間に合い、土産話を肴に晩酌を楽しんだのですが、娘は開口一番「もっと長く居たかった」と、返す返すも名残惜しそう。
とっても、とっても楽しかったんですって。

ただし、テントの中にドでかいコオロギやらバッタやらクモやらが入ってきて困ったので、男の先生を呼びに行って、追っ払ってもらったんだそうな(笑)。

先生、そんな感じで、あちこちのテントから呼ばれてたんだろうな。

大変だなぁ。

       *   *   *

ま、それはさておき、

甘えん坊だと思っていたら、いつの間にか成長していて、
親と離れても楽しく過ごしてきたというのは、実に頼もしい話であり、
ホントはちょっと寂しい気もしつつ、
しかし、
われわれも、ゆるゆると、子離れする心の準備を整えておかなきゃいけないなぁと、

しみじみ思いました…というお話。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/976-12e69b2d

 | ホーム |  page top