FC2ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

そういえば、の、こどもの日

20180505こどもの日_convert_20180507230016

2018年5月7日(月)

毎年、雛祭りはけっこう力を入れている我が家ですが、端午の節句はなんとなく過ぎてるんですよね〜。

なぜだろう

ま、そんなわけで、たまには金太郎さんもupしておきます。

   *   *   *   *   *

さて、義父の一周忌を無事に終え、家族揃って帰宅したのが5日(土)夜。

昨年の葬式同様、穏やかで和やかで、よい一周忌でした。
(「親の死」が身近になってきて、いろいろ考えさせられることもありましたが、それはまた後日にあらためて)

帰省先では、義母(子どもたちにとっては祖母)と義兄夫婦が万全の受け入れ態勢をとっていてくれたため、子どもたちは美味しいものを食べ尽くし、買い物を楽しみ、従兄弟たちと遊びまくり、そのついでに一周忌も体験した、という感じ(笑)。

さらに義母は、孫たちのために
柏餅を用意し(気の毒なことに、不評だったらしい)、
菖蒲湯をしつらえ(バカ息子は驚き「お風呂に葉っぱが浮いてる」)、
鯉のぼりクッキーを買い与え(これは好評。私も食べました)るなど、

本来は自分が一周忌の主役であるのにもかかわらず、目一杯、「こどもの日」を演出してくれたのでした。

       *   *   *

明けて6日(日)、
午前中に家族恒例の図書館へ行き、
午後、私は夏用スーツを出すなど衣替え、
子どもたちは祖母へのお手紙&プレゼントづくり(と言っても、折り紙や切り紙ですが)。

そして晩飯時、
正式には、この日が命日なので、あらためて合掌&黙祷。
あわせて、1日遅れのこどもの日ということで、「この1年も元気に過ごそう」と乾杯。

ただし、帰省先で美味しいものをたらふく食べてきたので、食事は簡素&ヘルシーに。
(ひじきやら、こんにゃくやら、私には大変ありがたいものが中心)

そんな感じで、しっかり休息をとりました。
よく考えたら、仕事をまったくしなかったGWなんて、初めてかも。

で、ついでなんですけどね、

娘に「母の日は今度の日曜日(13日)でしょ。なんで、14日は振替休日にならないの」と尋ねられ、「そりゃ、ならないだろう(笑)」と思いつつ、なんとなく気になって調べたので、ちょっとだけ…。

       *   *   *

こどもの日が国民の祝日であるのは、法律によって国民の祝日と定められているからであり、

母の日や父の日が国民の祝日でないのは、法律によって祝日と定められていないからであり、

その「法律」というのが、「国民の祝日に関する法律」なわけです。

でもって、世の中とても便利になったので、つい検索しちゃったんですよ(笑)。

------------------------------------
国民の祝日に関する法律



第二条 「国民の祝日」を次のように定める。
元日 一月一日 年のはじめを祝う。
成人の日 一月の第二月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

なんて具合に続きまして、子どもの頃、「天皇誕生日」として過ごしてきた4月29日は、今日ではけっこうheavyなお題が与えられていたのでした(って、知りませんでした)

さらにですね、

憲法記念日 五月三日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 五月四日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。

なんて続いた後、いざ、

こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

と来るわけです。

「母に感謝」ですよ。
半世紀近く生きてきましたが、まったく知りませんでした&気づきませんでした。
でも、悪いことじゃないので(もちろん、よいことなので)来年からは、感謝しようと思います。
(注意:父は対象外)

さらに、

海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。

これも知らなかった〜
今年は、海洋国家日本の繁栄を願おうと思います。
で、

山の日 八月十一日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
体育の日 十月の第二月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 十一月三日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 十一月二十三日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

ってな具合で、(もう突っ込みませんが)けっこう知らないことが多い。
------------------------------------

というわけで、

以上、祝日の過ごし方に一石を投じてみました(笑)。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/952-3fa314b2

 | ホーム |  page top