カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

観劇日誌:蒼星堂別館『王朝セラピーへようこそ〜和泉編〜』

2018年3月21日(水)

やけに寒いな〜と思ったら、雪ですね〜。

本日は、嫁さんが例の卒園式実行委員会の引き継ぎ(早くもっ)とかで出かけてまして、私は子どもたちと留守番。

その間、娘が学校の宿題で百人一首の何十首かを覚えなければならないとかで、久々に歌カルタをしました。
懐かしい…っていうか、ぜんぜん覚えてませんね(笑)。
それでも、かすかな記憶が甦ってきたりもして、けっこう楽しかったです。

で、そんな流れから、これも書きかけになっていた、この人たちの芝居の感想なぞ。

20180223王朝セラピー5_convert_20180321160725

   *   *   *   *   *

えっとですね、先日、じゃけんさんの公演の記事を書きましたが、実は、その公演を観た翌2月23日(金)にも芝居を観てまして、その記事を今さらながらにm(_ _)m

20180223王朝セラピー1_convert_20180319232119

蒼星堂別館『王朝セラピーへようこそ〜和泉編〜』
作・演出:天音蒼星
於:ステージカフェ下北沢亭(下北沢)

下北沢駅は南口を出て黙々と歩いて行き、辿り着いた先はこちら。

20180223王朝セラピー2_convert_20180319232143

こんなところがあったんですね。
ぜんぜん知りませんでした。
入ってすぐのところにカウンターがあり、そこでドリンクを受け取って客席へ。

普段は前3列目までの席で観るんですが、お馴染みのメンバーが最後列に陣取っていたので、うっかり引き寄せられて、そちらへ。
が、これが失敗。

なぜなら、この舞台、主役2人が超美人。

開演ギリギリに来たしはかたさんは、最前列かぶりつき。
む〜、つくづく残念なことをしました(笑)。

       *   *   *

さて、この「王朝セラピー」ですが、今回が第2弾(unit 02)で、第1弾は3年ほど前、池袋のとある地下スペース演った「式部編」。
あのときは、紫式部を相手に仕事と恋に悩む主人公を好演した伏木さんのことを私が絶賛したんですが、本人は稽古で相当シゴかれたらしく、「あたし、何でこんな辛い思いして演ってんだろって思いましたよ〜」なんて苦笑してましたっけ。

今回のホステスは和泉式部、ゲストは不倫スキャンダルでお騒がせ中の人気女優…

…なんて書くと意味不明ですが、

本作品は、現代社会の片隅にある雑居ビル(とか)の一室で、(なぜか)平安を彩った才女たちが「雅(みやび)」という名の小さなバーを経営していて、悩みや苦しみを抱く女性客の心を癒し、彼女らの問題を解決に導く…といった設定になっています。

では、
かの人気女優が抱く悲しみとは、その切望とは
才媛・和泉式部は、いかにしてかの女優の胸に秘めた傷を癒し、心を解きほぐし、再び立ち上がらせるのか
そして、女優は、新たな思いを胸に、どこへ向かうのか…

       *   *   *

ざっくり、そんな話だったと思うんですが、
えっと、
終演後に近所の居酒屋で呑んで、しはかたさんと天音さんを相手に本作の仕掛けと言いますか構造を解説してみせたら当の天音さんにエラく褒められたので、それを自慢かたがた書きたかったんですけど…

…何をしゃべったか、忘れちゃったf^_^;)

仕方ないので、料理でごまかします。
20180223王朝セラピー3_convert_20180319232209
店の雰囲気もよく、どの料理もおいしかったんですけど、いつものごとく岩井さんが注文しすぎて、まるで食べ切れず。

また、この日は久々に上京した橋本さんも交えて大賑わいだったんですが、終電が早い私はお先に失礼せざるをえず。

む〜、もっとゆっくり話したかった(>_<;)

またの機会がありましたら、ぜひm(_ _)m

   *   *   *   *   *

後日談を一つ。

私、ほぼ毎朝、会社近くのお弁当屋さんで昼飯を買ってから出勤してまして、先日もいつもどおりにその店へ。

いつものおばちゃんに、いつもの日替わり弁当を注文して、お代を払おうとしたら、財布から一枚の紙片がカウンターにハラリ。

20180223王朝セラピー4_convert_20180319232232

おお、先日の芝居のチケットを入れっぱなしだった…と拾って財布にしまったんですが、

なぜかおばちゃんが怪訝な表情で、目を背け…

弁当を受け取り、なんか変だな〜と思いながら店を出たんですが、

会社への道すがら、

ああ〜っ

ハタと気づいたんですけど、

このチケット、見ようによっては、なんか、

イカガワしい店っていうか、イヤラシい店のカードだか名刺だかに見えなくもなく…

いや、絶対に、私がエッチなお店でスケベなプレイしたって、

そう思い込んでる、あの顔はっ

       *   *   *

気のせいでしょうか、

あれ以来、おばちゃんは微妙によそよそしく、

私は、いまだ誤解を解く機会を得ておりません。


…でも、何をどう説明すればいいんだろう(笑)。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/941-c07d9762

 | ホーム |  page top