カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おすすめ絵本21:くまの楽器店

くまの楽器店

2012年7月20日(金)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

急に暑くなって薄着をしていたら、冷房にやられて風邪をひいてしまいました
今週はずっとくしゃみ・鼻水・鼻づまりとともに過ごし、いまだ鼻がつまってます。

にもかかわらず、今週は残業続き。

ま、先週、暴飲暴食してたツケと疲れが回ってきただけとも言えますが、そろそろモーレツ・モードで仕事しなきゃ、って感じです。

そんなこんなで、金曜日になって、ようやくこのコーナー

     *   *   *   *   *

今週のおすすめは、こちら。

◯81くまの楽器店作 安房直子 絵 こみねゆら、2009年9月1日、小学館、1500円

<あらすじ>

野原の真ん中の、大きなニレの木の下にある、小さなお店。
かんばんには、「ふしぎや」の文字。
中をのぞくと、緑のベレー帽をかぶったクマが一匹、いすにちょこんと座っています。

<夏(あるいは梅雨?)>
雨が降り続いている、ある日。
びしょ濡れの男の子がやってきました。

あんまり毎日雨だから、楽しい楽器はないかなあ。

いらっしゃい。あんたがくるのを待ってましたよ。

クマは、トランペットを取り出します。
男の子は、うめの実3つ、渡します。

男の子は、トランペットを吹きながら、野原を歩いて行きます。
するとすると、音に合わせて雨雲が動き出しました。

どんどん遠くへ飛んでいって、
男の子が野原の向こうに消えてしまうころ、
雨はすっかりやんで、
空にはお日さまが、かがやいていました。

<秋の初め>
月夜。

こまった、こまった

ぶどうがすっぱくて困っている、ぶどう園のおじさんが、「ふしぎや」の前を通りかかります。
事情を聞いたクマは、おじさんにハーモニカをあげました。

ぶどうはね、音楽が足りないと、すっぱくなるんですよ。

おじさんが、帰ってぶどうにハーモニカを吹いて聞かせると…。

<実りの秋>
お腹をすかせたネズミがやってくると、クマはカスタネットを手に、くるみの木の下へ。

くりか、くるみか、どんぐりか…

木の下で、クマがカスタネットをたたくと…。

<秋のおわり(冬の初め?)>
寒がりのうさぎが、店の前で「はっくしょん」。

クマは店の真ん中にある大きなたいこを指さして、

さあさあ、たたいてごらんなさい。

うさぎが、力いっぱい たいこをたたくと…。

<感想など>

<安房直子氏>
ぶっちゃけ、まったく勉強不足のまま、安房直子氏の作品を取り上げてしまいました
いや、お恥ずかしいかぎりですが、まあ、こんなもんでしょうf^ ^;)

安房氏は1943年生まれ、1993年没。
むむっ、本書は2009年刊行

実は、本書に収録されている作品は、雑誌『幼稚園』1979年8月号、9月号、10月号、12月号に掲載されたもので、遺族の了解のもと、編纂・刊行されたのだそうです。

ただし、この4作品しかないのか、何号にもわたって連載された作品の中から選ばれたものなのか、調べたかったのですが、資料を見つけられませんでした

このブログを読んでいる(めっちゃ少ない)方々の中で、もしもご存知の方がいらっしゃったら、教えてくださいm(_ _)m

まったくの当てずっぽうでいいますと、それなりに連載作品があって、普通なら春夏秋冬でピックアップするところ、秀逸さを優先して選んだら、この構成になったのではないかと。

なぜならば、…秀逸だから。

アイデアよし。
登場人物、導入、展開、結び、のバリエーション&バランスもよし。

何といいますか、短編小説の連作を読んでいるような…

そう、これって、連作の短編小説集を読んでいる気分なんです。しかも、かなり良質の。

よくよく吟味され、設計され、細部に目配りのきいた作品群。


絵本、あなどるべからず。

<こみねゆら氏>
加えていうと、情報の不足を感じさせないのは、こみねゆら氏によるイラストの貢献も見逃せず。

私、絵のことがまったくわからないので、詳細をお伝えできる言葉を持たないのが残念です。

興味のある方は、ゆららおもちゃ箱(web site) や ゆらら 絵本館(blog) などもご覧下さい。

<「作品」であること>
それから、私にもわかる範囲で書きますと、各ページのレイアウトもいい。
これはこみね氏の仕事なのか、別のデザイナーさんの仕事なのかはわかりませんが、テキスト、イラスト、余白(淡黄色)、それぞれ、どこにどのように配置するか、すべてが「あるべくして そこにある」という印象を受けます。

奇をてらうことなく、自己主張に走ることなく、穏やかな遊び心をもって、細部に目を配るような感じ。

この心地よい「しっくり感」は久々。

子どもたちには、
物語(コンテンツ)を楽しんでもらうのももちろんですが、
パッケージ(ジャケット)、素材、ページをめくるという体験などなどを含めた、
良質の「作品」に数多く触れるということが、
ものすごく役に立つのではないかと思います。


あ、その「体験」というので思い出したのですが…

あ、かなり長くなった(かつ、話が逸れてきた)ので、続きはまた今度

スポンサーサイト

コメント

BGM:遠くなる街 by COBA

長年、安房直子氏と杉みき子氏が混ざっておりました。
両氏の作品は教科書で読んだ記憶があります。

安房氏の作は題名を失念しました(長くなるので内容は書きません)。
杉氏は「加代の四季」。
教科書では他に、黒田三郎氏の「夕方の三十分」(これは詩です)あたりが、思い出されます。

本を“与えて終わり”ではなく、
いわゆる“読み聞かせ”までを、「作品」と考えますと、
本間家のお子さんは…役者さんが読むんですから、
よそのお宅とはまるで違いますな。

お父さん、読み聞かせの前に下読みや役作り、
稽古をしていたりして…。

「お父さん、本読んで」
「仕上がってないから、また今度」
…なんてな会話があったりして。

深夜に、この“プチ公演”のパーソナル反省会や、ひとり打ち上げが…。
2012-07-21 19:12 | 緑青 #- | URL [ 編集 ]

あぶない、あぶない

COBAをYouTubeで聴き始めたら止まらなくなって、かれこれ1時間ほども聴いてしまいましたe-330

> “読み聞かせ”までを、「作品」と考えますと、

まぁ、そういうことを言いたいんですよね。
次回、書こうと思いますが、「身体的経験としての読書」とでも言いましょうか。

> 役者さんが読むんですから、

ええ、私も多少はプライドがあるわけですよ。
でもって、
「お父さん、読んで〜」
ってくるから、じゃあ、と思って(かなり気合いを入れて)読み始めると、私が読み終わらないうちに次のページへ。
「あれ、台詞回し(?)が、タルいのかな」
と思い、少し巻き気味に読んでも、またパラパラ…。
「ちょっと、お父さん、まだ読んでないよ」
パタン。
「ああ、面白かった」
スタスタスタ…。
e-262e-262e-262

そこで思い出す、20年前の、とある女優。
「ねえねえ、聞いて。私、とっても辛いの。」
私の友人でもある、カレシの愚痴を言う彼女。ひとしきり話を聞き、ちょっとは気の利いたことでも言ってあげようかと
「それはさ、…」
「ああ、スッキリした。じゃあね。」
スタスタスタ…。

e-262…女なんて、嫌いだ〜e-2
2012-07-22 02:44 | 本間宗南 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/82-783d1f75

 | ホーム |  page top