カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

観劇日誌:ROYAL BLUE『魔法使いの弟子』

20161211ロイヤルブルー1_convert_20161214233527

2016年12月15日(木)

あ〜、今日も面倒な仕事に手をつけられず、今日中に絶対やらなければいけない仕事と明日でもいいんだけどわりと好きな仕事をやって一日を終えてしまいました(反省)。
明日こそは、嫌な仕事を片付けてくれようぞっ

   *   *   *   *   *

さて、昨日のブログの続きです。

江古田を発った私は池袋に出てジュンク堂で仕事関連の本を購入し…ようと思ったら、欲しい本が1冊も見当たらず、「も〜 三省堂に浮気しちゃうぞっ」と思いながらも、時間がなくなってしまったので、副都心線で一気に学芸大学駅へ。

やってきたのは、こちら。
20161211ロイヤルブルー2_convert_20161214233617
いや〜、なつかしい。

ROYAL BLUE『魔法使いの弟子』
作・演出:花本ロミオ
於:千本桜ホール(学芸大学)

沢渡あきさんが出演するので観に行ってきました。
なんか、夏のよさこいと冬のROYAL BLUEが、あきさんにまつわる季節の風物詩みたいになってきましたね(笑)。

       *   *   *

こちらの舞台、いつも超満員で苦しい思いをするんですが、今回は日曜ソワレの千秋楽だったせいか、座席にも比較的余裕があり、落ち着いて観ることができました。

あえて1つ支障があったとすれば、私の前に座った方がいかにも舞台女優さんという感じのエラい美人で、後ろ姿も美しくって(背もたれのない席だったんですが、メッチャ姿勢がいいっ)、つい見とれてしまったということでしょうかf^_^;)

       *   *   *

今回の作品は7年前に初演した作品のリバイバルだそうで、タイトルからも察せられるとおりファンタジー。

月蝕の夜に怪しげな儀式()を行う魔女と、その魔女に育てられた弟子の、哀しく切ない物語。

ここであきさんが演じるのは、現世で悪行のかぎりを尽くし、命が途切れる直前に、儀式の生け贄としてこの世界に‘堕ちて’きた男。
それにしても、男役が板についてきましたね。
演技スタイルにそこそこ縛りのある劇団のようにお見受けしますが、そのなかでいい味を出してました。
お疲れ様でしたm(_ _)m

       *   *   *

あらすじを書くと長くなりそうなので省略しますが、一言だけ感想を書くと、

いつもながらプロットはおもしろいので楽しめるのですが、

セリフとシーンをあまりにも丁寧につないでいくので、やっぱり長〜い。

もう少しコンパクトにやってくれればな〜、

とまあ、これもいつもどおりの感想ですね。

   *   *   *   *   *

で、観終わって、あきさんに短く挨拶した後、岩井さんと2人で夜の学芸大学駅前へ…。

たいして書くほどのこともないんですが、一応、食べログ編を明日(たぶん)。

そんなわけで、つづく
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/802-97169c46

 | ホーム |  page top