カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おすすめ絵本19:ツリーハウス

20120705ブックフェア1

2012年7月5日(木)

朝っぱらからやってきました、東京ビッグサイトです。

何を隠そう、本日より、ビッグサイトの西ホールで第19回東京国際ブックフェアが開催されているのです
(8日(日)までです。皆さん、ぜひ足をお運びください


…が、私は西ホール入り口を横目に見ながら会議棟へ。

本日は、午前・午後と研修やらセミナーやらに出席。一応、お仕事です。

…(中略)…

夕方、終了。
仕事山積なものですから、懇親会はパスして会社へ戻り…

会社へ戻…

ここまで来てブックフェアに行かないのは、悔しすぎるっ

というわけで、「1時間限定」と自分に言い聞かせて、ブックフェアへ。

まずは、ご招待券をもらっているこちらへ。

20120705ブックフェア2

電子書籍タブレットって、やっぱり読みにくい…って思うのは、私のひがみでしょうか。

本じゃないんだから、本の真似をしなきゃいいと思うんですよね、むしろ。
変に読書感覚を再現しようとするから、再現されていないことにイライラするのであって、もう私たちは日常的にPCを使っているのだから、PC画面を見る感覚のままで見せてくれればいいんじゃないかと、逆に思います。

いずれにせよ、小説であれ、実用書であれ、教材・ノートであれ、不可逆的にこっちに向かってるんだよなぁと、あらためて思い知らされました。

でもむしろ、ブース内での対談などを聞くともなしに聞いていると、クリエイターの皆さんは、紙か電子か、なんてつまらない話のずっっっと先に進んでいるんだなぁと、そっちのほうに強く心惹かれました。

なぁんて、何となく分かったように書いてますけど、ところがどっこい、95%以上は、

チンプンカンプンで、分っかりませんでしたぁ

私が見てもダメでしょ、これ。

で、見切りを付けて、ようやくこちらへ。

20120705ブックフェア3

往時に比べ、何となく寂しい気がするのは、私だけでしょうか。
いや、初日だし平日だし、週末は賑やかだよね、きっと。
皆さん、ぜひどうぞ(2回目)

それはさておき、まずはブースで頑張っている同僚の陣中見舞い。
すると、人の顔を見るなり、

あ、本間さん。懇親会、逃げたんですって。

オレは、会社に戻るんだよぉ。人が酒宴を断って残業するっつってんだから、お前、褒めろよぉ。え? 今、何してるって? そりゃ、その、今は今だよ、ほっとけっ!

と言いたいところ(?)をグッと抑えて、そそくさと他のブースへ。

で、最後にチラッと寄りました、絵本エリア

いやぁ、充実してるなぁ…と一瞬は思ったけど、う〜ん、イマイチかなぁ。
むしろ、外国のブースにきれいな作品が並んでるんだけど、商談する気マンマンで暇そ〜にしてるおじさん&おばさんが目を光らせていて、なんか近寄りにくいし…

と、ウロウロしているうちに見つけたのが、こちら。

ツリーハウス

というわけで、本日のおすすめ

◎79ツリーハウスロナルド・トルマン/マライヤ・トルマン作、2012年6月26日、西村書店、1600円(De boomlet, illustrations: Marije Tolman, etching: Ronald Tolman, published by Lemniscaat, 2009)

いやぁ、長かった。
やっと本題に辿り着きました。

こうして力尽きてしまう結果、本題のほうが簡略なんですよね、いつも。

<あらすじ>

シロクマが、クジラの背に乗って海を渡ってきました。

そう、この表紙、もう物語は始まっているのです。

一本の木と、その上に建てられたツリーハウス。

シロクマがそこで暮らし始めると、もう1頭のクマが。

2頭のクマが仲よく暮らす、そのツリーハウスには、季節とともに、さまざまな動物がやってきて…。

<感想など>

お父さんがエッチングを担当、娘さんがイラストを描いています。
とっても、きれいで、やさしくって、穏やかな賑わい(?)があって、楽しい本です。
字のない絵本なんですが、でも物語がちゃんとあります。

そう、物語を作るというのは文字にも絵にも依存しない、独立した行為・知的営みなのであって、文字で表現するかどうかは二次的問題なのだと、気づかせてくれます。

いい本だな、これ。

今日はここまで

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/75-e89b789a

 | ホーム |  page top