カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

食べログ:シモキタdeワイン

2016年7月16日(土)

木曜日(14日)のこと。

呑みに行きたい岩井さんと、
送別会の店を探したい私、

2人の思惑が一致して、いざ下北沢。

あの土砂降りのなか、
ずぶ濡れになりながら、
うっかり乗ってしまった千代田線で、
息も絶え絶えになりながら、
何とか辿り着いたのが、20:08。

ホンット、と、こんなときに限って小田急線で線路冠水とはっ

ま、そのへんを書き出すと気分が悪くなるので省略。

さっさと食べログに行きましょ。

   *   *   *   *   *

ええと、この日の目的とコンセプトはですね。

今度、私の大々々先輩が退職されることになったので、私が幹事で送別会をやることに。
この大々々先輩、大の酒好きながら、体のあちこちにガタがきていて、医者から許可されたお酒は焼酎と赤ワイン。
ただ、焼酎だとロックで飲みたがり、近年すっかり弱くなっていることもあって、3杯も呑めばダウン。
昔は強かったんだけどなぁ。

そんなわけで、ワインのほうが少しは長く話せるかなと。

でもって、帰りが心配なので、タクシーで帰っていただけるように、ご自宅から比較的近い下北沢をチョイス。

そして、本日のmission

下北沢で、数人がテーブルを囲んで、静かに談笑しながら、美味しいワインと料理を楽しめる落ち着いた店を探せ。

これが存外に難しくって、バーとかバルとかって感じのカウンター中心の店ならあれこれあるんですが、みんな店内空間が狭くって、団体さん向きじゃない。

いろいろ調べて、
でも実際にどんな感じかが分からないと決められないな、
大事な送別会だし、失敗は許されないよな、
と思い、調査に乗り出したというわけですよ。

       *   *   *

で、1件目。

ワインカフェ下北沢(下北沢)

北口からすぐです。
この店の前を何度となく通ってるのに、今まで気づきませんでしたよ。

狭い間口の階段を下りたB1にあるお店。
入ると、壁にかかったテレビで『ローマの休日』、
若いマスター1人に、カウンターに常連らしき客が1人。
ま、この雨だしね。

われわれはテーブル席へ。
なんと広々した空間。

普通のテーブル席のほか、個室が1つ、テレビの近くにはソファー席。

ワイン片手に、ちょっとした料理をつまみながら、くつろいで談笑する…オシャレな若者たちが。

くたびれたオッサンたちの店ではないような(笑)。

料理も、まさに「ちょっとした」という感じ。

20160714下北ワイン1_convert_20160716125311
マッシュルームのカルパッチョとピクルス。
お通し代わりのバケットはおかわりし放題だそうです。
(まおじさんたちはお酒中心なので、あまり食いませんけどね)

20160714下北ワイン2_convert_20160716125335
チーズお任せ3種盛り。
癖の少ないオーソドックなところを出してくれました。

20160714下北ワイン3_convert_20160716125352
サーモンのマリネ。
この辺の前菜系が私のオーダー。

で、

20160714下北ワイン4_convert_20160716125412
牛スジ煮込みチーズオーブン焼き。
もちろん、岩井さんオーダー。
そのときは知らなかったんですが、後で調べてみると、この店の「食べるべき一品」だったらしく。
たしかに、美味かったです。

20160714下北ワイン5_convert_20160716125428
そして、マルゲリータ。

けっこうしっかり食いましたね。
味は…、全般にフツーな感じでした。

あ、肝心のワインの写真を撮り忘れましたf^_^;)
赤のしっかり目で選んでもらったら、その店で一番の重た目を出してくれたんですが、ん、わりとあっさり目かな。
ま、とてもリーズナブルでしたけどね。

というわけで、総評としては、やっぱり「軽く」飲み食いするお店なのかな、と。
とくに心動かされるものはなく、あえて送別会の会場にしようという、特別感はないかな。

もっとも、ワインカフェっていうくらいですから、このカジュアル感を狙っているんでしょうね。
若いマスターもきびきびとして、気持ちのいい接客でした。

       *   *   *

予定よりもノンビリしてしまって、ボトルが空いたときには、もう22時。
どーしよっかなっと迷ったんですが、岩井さんが「もう1件のほうも行く」と聞いてくれたので、「じゃあ」とハシゴ。

北口方面をさらに進んで路地に入ったところに、もう1件、目星をつけていた店がありました。

下北沢熟成室(下北沢)

小さな看板をやっと見つけ、階段を上がってドアを開けると…、

狭い(笑)。

あれ〜、写真ではもう少し広く見えたのに。

「ここは、無理だね」と岩井さんにも苦笑されながら、ともかくもワインを飲んどこうと座席に着く私たち。

右隣はカップル、左隣は女性3人組。
ここも、オヤジ2人が来る店ではなかったかも

ここでも、若くて愛想のいい店員さんとワインの相談。
再び赤のしっかり目でお願いすると、勧めてくれたのが、こちら。
20160714下北ワイン8_convert_20160716125540
これ、美味かったです。
渋みもまずまずしっかり、その一方で酸味がキリッとしていて、とっても好み。
1件目で飲んだワインがちょっと物足りなかったので、余計に印象に残りました。

で、さらに驚いたのが料理。
20160714下北ワイン6_convert_20160716125451

名前を覚えていないんですが、上が各種熟成肉の盛り合わせ的なもの。
一方、下は各種ハムの盛り合わせ的なもの。

20160714下北ワイン7_convert_20160716125512

美味い。
もう、けっこう腹一杯だったけど、実に美味かった。
ちなみに、肉料理がウリみたいですけど、ぜんぜんクドくないです。

う〜、もうちょっと空間に余裕があったら、即予約だったんだけどな〜。

ま、今度、女性と一緒に来ればいっか。
(って、そんな相手、いないくせにっ


というわけで、目的を果たせないまま、終電で帰りましたとさm(_ _)m


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/737-c9392787

 | ホーム |  page top