カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

観劇日誌:劇団女体道場『鳥を飛ばす』

鳥を飛ばす_convert_20160709072146

2016年7月10日(日)

え〜、土曜日の報告Part 2、の前に、まずは金曜日の話から。

   *   *   *   *   *

こちらの舞台を観てきました。

劇団女体道場『鳥を飛ばす』
作・演出:女体道場
於:SPACE雑遊(新宿三丁目)

えっと、どこから話せばいいかと言うと…、

昨夏、ぬ企画の公演を観たじゃないですか〜。

あの作品は、かつて劇団女体道場で初演されたものを、しはかたさんが脚色のうえぬ企画で再演したわけですが、
そのことに刺激を受けて、この度、女体道場さんが10年ぶりとなる公演を打ったと。
だいたい、そんな経緯だったように聞いています。

で、しはかたさん絡みから、知り合いの役者さんが何人も出ていて、ジャック&小木さんと一緒に観に行ってきました。

       *   *   *

まだ公演中なので、あらすじは割愛。

じゃ、すぐに感想を…ということになるんですが、おもしろかったところを書こうとすると、やっぱりネタバレになっちゃうんですよ。

なので、至極ざっくりと。

       *   *   *

全体として、おもしろかった、と思います。

笑えるシーン、えぐいシーン、いろいろ観どころはあったし、
上手な役者さんも何人かいて、きちんと魅せてくれたし、
上演中、何度も吹き出しながら、楽しく観ていました。

ただ、小屋を出ながら、「あれ おもしろかったっけ」って気分になったんですよね。

なんだろーな。
おもしろいシーンとそうでないシーンの差が大きかったような…

観終わったとき、「だから」という字がマンガの書体でズド〜ンと落ちてきて、その周りに「」マークがたくさん…

という劇中のセリフがまんま当てはまるような…

       *   *   *

でも、いま振り返ってみると、やっぱり、おもしろかったと思います。

一番の理由は、

狂気

を巧みに描いているところ。

方や壊れていく過程、
方や壊れた結果。

狂気はひたひたと忍び寄り、
心の小さな亀裂から侵入し、浸透し、
身体の隅々まで冒し、破壊していく。

ステレオタイプを排した表現もいい…、
と思ったら、どストレートな展開…、

なんか、「そんなの関係ね〜」って感じで突っ走ってました(笑)。

       *   *   *

なるほどな、こんな手があったのか。
あのシーン、自分だったら、どう演出するかな。

あれこれ想像してみるのは、とても楽しく、また勉強にもなりました。

   *   *   *   *   *

さ、そろそろ朝飯です。
今日は7時半のバスに乗って、家族でお出かけ…ですが、その話も、また後日。

ではではm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/732-9128bcbc

 | ホーム |  page top