カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おすすめ絵本93:ろくべえ まってろよ

ろくべえ_convert_20160424171107

2016年4月25日(月)

いやぁ、おすすめ絵本も93冊目を迎え、読書リストの絵本も920冊を超えました。
そろそろ、どんなストーリーにするか、腹を決めないといけませんねぇ。

今回は、「私も、こんな温かい物語を作ってみたいなぁ」と思える作品をご紹介。

◎919『ろくべえまってろよ』灰谷健次郎/作 長新太/絵、1975年8月1日、文研出版、1300円

<あらすじ>

大変です。ろくべえが穴に落ちてしまいました。
見つけたのは、1年生のえいじくんたちです。

穴の奥は真っ暗ですが、「わんわん」と鳴き声が聞こえます。
懐中電灯で照らすと、深い穴の底で、ろくべえがぐったりしています。

どうしよう…

上級生のお兄ちゃんお姉ちゃんは、まだ学校です。
お父さんは会社です。

えいじくんたちは、お母さんを呼んできました。
でも、お母さんたちは、わいわいがやがや騒ぐばかりで何もしません。
「これは、男でないと」と言って、わいわいがやがやと帰っていきました。

そこで、
えいじくんたちは、知らないおじさんを連れてきました。
おじさんは、穴を覗き込むと、「これが人間やったら、えらいこっちゃ」と言っただけで、去って行きました。

どうしよう…

えいじくんたちは、頭が痛くなるくらい考えました。

「そうや、クッキーを連れてこよう
クッキーは、お菓子じゃなくって、ろくべえのガールフレンドです。

えいじくんたちは、カゴにクッキーを乗せると、紐を結んで穴の中にそろりそろりと降ろしました。
クッキーが大好きなろくべえは、大喜びでカゴに飛び乗るでしょう。
そこを持ち上げれば…。

が、

穴の底に着くや否や、クッキーがろくべえ目がけてカゴから飛び降りてしまいました
2匹は穴の底でじゃれあっています。

なんということっ

嗚呼、危うし、ろくべえとクッキー
えいじくんたちは、2匹を助け出すことができるでしょうかっ

<感想など>

子どもたちの優しさと粘り強さが、大人たちの無関心・無責任さと対比されるかたちで強調されています。
長新太氏の描く絵は暗い色調なのですが、そんなストーリー展開と相俟って、どこかユーモラス。

そして、上記のクライマックスから、ここに書かなかったエンディングにかけては、思わず吹き出しつつも、一瞬で状況を反転させる灰谷氏の手際に感心してしまいます。
また、それを表現するように、長氏の描く絵も一気に明るくなります。

見事なコラボレーション。

シニカルさや滑稽さをまぶしつつ、読後には子どもたちの力強い優しさが残ります。

こういうのを、名作と呼ぶのだな、と思いました。

ちなみに、灰谷氏は、これが絵本での処女作だそうです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/696-b5ecb05c

 | ホーム |  page top