カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

食べログ:ワイモリカ

2016年4月24日(日)

沖縄料理をワインで楽しむ第2弾。

前回はイマイチだったという話をしていたら、同僚がこんな店を見つけてきてくれました。

「ワイモリカ」(恵比寿)

恵比寿駅から徒歩3分ほどの近場にありながら、表通りから1本入ったところにあるため、意外に穴場観あり。
小さな雑居ビルの3階にあります。
(看板の写真を撮り忘れましたf^_^;)

店内は、2人掛けのテーブル席が3つとカウンターのみ。
イケメン系のお兄さんが1人で切り盛りしてました。

       *   *   *

じゃ、早速、料理のご紹介。
まずは、こちら。
20160422ワイモリカ1_convert_20160424152626
オリオン、ありました(笑)。
左手がお通しの揚げ蕎麦。メニューを書いた黒板に「当店の蕎麦は◯◯を練り込んでいます」と書いてあったんですが、その◯◯が思い出せない〜(>_<;)
すみません。

で、右手はジーマミー豆腐。
フレンチで前菜の後に飲むスープみたいに、小分けにして出してくれました。
おっ洒落っ。

お次は、水菜と島豆腐の厚揚げサラダ。
20160422ワイモリカ2_convert_20160424152702
あっさり目の味付けで、ボリュームたっぷり。
水菜好きの私(初耳)にピッタリ。
島豆腐は揚げたてなのか、温かでした。

こちらは、グルクンの唐揚げ。
20160422ワイモリカ3_convert_20160424152724
肉はふんわり、骨はカリカリ。
これにポン酢(たぶん)をつけて食べます。
頭から尻尾まで、残らずいただきました。

そして、フーチャンプルー。
20160422ワイモリカ4_convert_20160424152744
お麩の扱い方が十店十色で、その店の特色が出る料理だそうで、初めての店では品定めかたがた食べてみるべし(笑)。
こちらはお麩をペッチャンコにしているのが特徴…ですかねぇ。
味は本土の野菜炒めに近いです。

最後の1品は、こちら。
20160422ワイモリカ5_convert_20160424152807
ラフテーなんですが、なんと味噌味。
こんなの、初めて食べました。
肉はトロットロに柔らかく、とても美味しいです。

       *   *   *

で、ですね〜。
これらをワインでいただくわけです。
20160422ワイモリカ6_convert_20160424152828
この絵、気に入ってるんですけど、いかがですか
赤ワインの後ろに箸が立ってますよ(笑)。

当店は、基本的にボトルで提供。
 :後日、ネットで調べたらハウスワインのグラス提供がありました。
ただし、残ったら持ち帰りOKなので、「じゃあ、いくらか飲んだところで、泡盛へ」と話していたのに、気づいたらボトルが空いちゃってましたf^_^;)

       *   *   *

え〜とですね、食べログを見ると「ワインバーのような落ち着いた店内で洗練された沖縄料理を〜」とあるんですが、まさにそんな感じです。
沖縄テイストをできるだけ損なわないアレンジに、雰囲気や食べ方の工夫を加味してお洒落に食べる。
(器がすべて白っていうのも、気に入りました)

美味しかったです。

次回は、「ワインバーのような」お洒落な雰囲気のなかで<泡盛>を呑みたいですね。


以上。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/695-87844b86

 | ホーム |  page top