カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ベリーダンスとペルシャ料理

20120608ベリーダンス1

2012年6月8日(金)

本日は、友人であるLailaさんが主催するベリーダンス教室の発表会&食事会にお邪魔してきました。

Lailaさんは、自身も(もちろん)ベリーダンサーとしてレストランなどで踊るほか、後進の指導にもあたっていまして、私も、Lailaさんのショーとおいしい料理を目当てに、赤坂や吉祥寺のトルコ料理屋さんへ出かけたことがあります。
とにかく、すっごく上手いです。美しい、柔らかい、激しい、楽しい、ごっちゃまぜです。

そういえば、私が結婚したときに、知ちゃんたちにお祝いをしてもらったのも、Lailaさんが踊るトルコ料理屋さんだったっけ。

そんなこんなで、けっこう古い付き合い(初めてお会いしたのがいつだったか、思い出せません)なのですが、お互いに忙しくてなかなかタイミングが合わず、本日は1年ぶり(もっと?)くらいの再会でした。

   *   *   *   *   *

で、やってきました、雑司ヶ谷

20120608ベリーダンス2

実は池袋駅から歩いて10分少々なのですが、心配だった私は都電荒川線に乗り、最寄り駅である「都電雑司ヶ谷駅」に。

そこから5分足らず。
地味なたたずまいながら、独特の色使いと不思議な人形でそれとわかる門構え。

ペルシャン ダルヴィッシュ

店主のハミッドさんは(私は知らなかったのですが)有名な音楽家で、イラン(ペルシャ)の古典楽器の演奏家かつ歌手なのだそうです。

店に入ると、靴を脱いで絨毯を敷き詰めたフロアに低いテーブルが。こういうのを、チャイハネ(寄合茶屋)・スタイルというそうです。

すぐに、Lailaさんがお出迎え。

あらぁ、宗南さん 今日はハーレムよぉ〜。

え、もしかして? やっぱり。…男は私一人。
それは嫌だと言っておいたじゃない〜。

生徒さんたちの視界に入らないよう、私は部屋の隅の席へ…のつもりが、ダンスを観るにはここが特等席だったりもして…。

   *   *   *   *   *

本日は、新人生徒さんの発表ということで、先輩生徒さんとわれわれゲストの前でダンスを披露するとのこと。
参加者が集まるまで、食事&歓談。私たちもペルシャン・フルコース料理を堪能しました。

これはチキンのケバブとサフランライス。
20120608ベリーダンス3

ここのお店の味は全体的に抑えめ。私が食べたことのある、トルコ料理特有の香辛料やヨーグルトを使った酸味の強い料理とはまた違った、でも独特の味で、さっぱり&ヘルシーでした。
一口に中東と言っても、多種多様な料理があるんですね(当然ですが)。

そして、いよいよダンスショーの開始。

新人さんたちは、最初は緊張していたのか、少々ぎこちない感じでしたが、曲に乗って徐々に柔らかさが出てきて、レッスンの成果を出せたようです

鮮やか&艶やかな衣装に包まれたダンサーが次々と登場しては踊りを披露。

はは、やっぱり、ハーレムでしたf^_^;)

そして、もちろんトリはLailaさん。
彼女の登場とともに、談笑していた生徒さんたちが一斉にステージに食い入り、スマホで写真やら動画やらを撮ったりしていました。

プロのダンスって、ほんと、芸術なんだなぁ、と私も見入っておりました。

途中からはハミッドさんも楽器を持って参加。たちまちセッション。
(ドでかいタンバリンのような楽器。名前はわかりませんでした。今度伺ったときに、聞いてみます)


…え? それで、なんで肝心のダンスの写真がないのかって


…すみません、全部ピンぼけしてましたm(_ _)m(_ _)m(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

女人のみぞ知る

雑司ヶ谷にそういうスペースがあったのですね…。

いや、わたしが目白界隈で過ごした日々は
20年近く前のことですから
「あった」というより「できた」のでしょうね…。

ベリーダンスをする友人がいますが、
発表会は男子禁制だそうなので、
彼女のパフォーマンスを観たことはありませんし、今後も観られません。

所属(教室または団体)によるのかもしれませんな。



雑司ヶ谷。次に上京した時、歩いてみようかな…。
2012-06-17 19:07 | 緑青 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/64-01dcfe5c

 | ホーム |  page top