カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ラジオ体操

2014年7月19日(土)

本日から夏休みに入りました…娘が。
結果、朝7時に娘が飛び込んできて、叩き起こされるハメに。

で、ふと気づいたこと。

あれ、ラジオ体操は?

  ラジオ体操、なくなっちゃったの?
  テレビでやってるよ。
  そうじゃなくて、みんなでやらないの?
  なんで?

…とまあ、夏休みになると朝6:30に近隣の子どもたちが集まってラジオ体操をするのだという断固たる夏の日本全国的習慣それ自体を、娘は知らないのでした。

ショックを受けて嫁さんに確認すると…、

ラジオ体操をするには、子ども会なりPTAなりの地域組織が「どこに」「誰(どの班)が」集まるかなどを編成しなければならない。
当番の人がラジカセなどを持って行かなければならない(当番を決めなければならない)。
核家族かつ共働きだと、対応できない。そもそも、夏休み自体にも家庭が対応できず、学校の代わりに朝から塾へ通わせるので、ラジオ体操に参加している時間はない。

などなど。

もちろん、対応できる家庭もたくさんあるでしょうが、そうでない家庭のことも配慮すると、「出席カード」を作ったりして学校全体で夏休みの課題とすることには批判が出る、だから、やめてしまえ、ということのようです。

私がラジオ体操をしていた頃から、もう30年以上の年月が流れていますので、あれこれ変化するのは当然ですが、…ですが、…ですよねぇ。

仕方ないか。
(あ、もちろん、かんぽ生命では、今年も夏期巡回ラジオ体操をやるそうです。がんばってください。)

       *   *   *

ちょっとだけ思い出すと、ラジオ体操は我が家の隣の空き地でやっていたこともあり、ときどきウチの父親が窓からのぞいていて、私たちがチンタラやってると、

「(ガラガラッ)こりゃっ、ピシッとせんかっ ダラダラするんやったら、やめてしまえっ
と、文字どおりの「怒声」が飛んでくるので、それなりにはやってましたね。
注1:ウチの父親は、(営業職でしたが)工場で毎朝8:30からラジオ体操をしていたり、会社や地域のチームで野球をしていたりで、準備体操にはけっこううるさかったのでした。
注2:ウチの父親は、週末に私が友だちとボードゲームなどをして遊んでいると、「こんな天気のええ日に何をしとる! 子どもは外で遊ばんかっ」と部屋に怒鳴り込んでくるので、友人たちからは「宗南とこの父ちゃん、恐ぇ〜よなぁ」と恐れられていたのでした。いま思うと、父親は競馬中継を観ていたりして、私たちがうるさいので追い出したかっただけじゃないかと思いますが(笑)


そして、体操が終わると友だちと近所の散策に出かけ、落ちているカブトムシを拾うのでした。

ホントに、カブトムシはその辺に落ちていたので(もちろん、当人(虫)たちに「落ちた」つもりはないでしょうが)、私たちは欲しいだけ「拾って」ました。

カナブンなんて、うじゃうじゃいるので見向きもしません。

一方、クワガタはなかなか出てこないので、神社などの林に入って採りました。

ちょうどその頃でしたでしょうか。
都会のデパートでカブトムシやクワガタが高値で売られているというニュースが流れ、私たちは爆笑しました。

さらに面白かったのは、その直後から近所のスーパーでもカブトムシ&クワガタが売られ始めたのですが、それはニュースを見たスーパーのおっちゃんが近所の林から採ってきたものなのでした。

ここで売ってもアカンやろっ

いやぁ、市場や物流というものの意味と機能が、よくわかる事例ですね。

それに、「夜も明けぬうちに家を抜け出し、子どもたちだけで林に虫を採りに行く」という採集プロセス自体に、夏休みを夏休みたらしめる醍醐味があったのであって、お店で「買う」なんて、まったく理解できませんでした。

もっとも、採集プロセスがもたらすbenefitを知らなければ、買うことによっても十分な効用が得られるのかもしれませんが。

       *   *   *

さてさて、ただいまウチの息子は3歳。あと何年かしたら、虫を採りに行きたいなどと言い出すでしょうか?
私はもっぱら友だちと出かけた(ここでも上級生が下級生の面倒をみていた)ので、父親と虫採りに出かけたことはありませんが、どうでしょう、一緒に行ってやったほうがいいのかしらん。

また、そもそも虫を採ることが「良い経験」なのかどうか、よく考えると自信はないのです(暴力的で非情な行為と言われれば、そうかもしれません)が、あのワクワク感を体験させてやりたいという気にはなります。

それから、近頃は公有地でも個人的利益のために立ち入ることにはうるさいらしく、さて、虫採りに行ける林がこの辺りにあるのかどうか、まだよく知りません。

私の息子は、「カブトムシを採りに行く」という経験をしないで、大人になるんでしょうかねえ。

       *   *   *

あれこれ考えているうちに、ふと思いついたのですが、いっそのこと、

子どもたちに遺せなかったものリスト

子どもたちに遺せたものリスト

みたいなものでも、つくりましょっか。

スポンサーサイト

コメント

リスト、いいですねぇ。

そうそう、実家にいた頃カブトムシは駅からの帰り道に「落ちて」るのですが、クワガタには全く出会えませんでした。
今住んでるところに落ちているのは踏み潰されたゴキブリだけ。。。あ、暑くなれば蝉が落ちてました。
旦那が虫嫌いなので、夏休み?の虫取り同伴は私の役目になりそうです。
2014-07-21 00:24 | DANNY #- | URL [ 編集 ]

カブトムシ vs. クワガタ

やっぱり、落ちてましたか(笑)。
カブトムシが多いのは、私ンところの地域性かと思ってましたが、カブトムシとクワガタの生態の違いもあるのかもしれませんねぇ。

ちなみに、本日、我が家に蝉が侵入してきました。嫁さんと娘が悲鳴をあげ、私が外へ逃がす役に。

あ、それからクワガタも…今度、本編で書きますね。
2014-07-22 01:47 | 本間宗南 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/380-d282fff5

 | ホーム |  page top