カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

独り身だが貴族ではない

2013年12月29日(日)

昨日は、どうにか年賀状を投函。

昨年の今頃はプチ引きこもりでヱヴァのDVDをひたすら観ていたことを思い出すと、まあ、何という改善ぶりでしょう

とはいえ、今日は所用に時間をとられ、仕事に手をつけられず

そんな一日の雑録です。

     *   *   *   *   *

6:30
昨日同様、朝食前に1時間ほど散歩しようと思ったのに、娘に夜ばい…ならぬ朝ばいをかけられ、7:30まで一緒に寝る羽目に。
母親が洗濯だの朝食の準備だのを始めてしまうので、やっぱり寂しいんでしょうね。

そして、私も朝食前に風呂の掃除、食後に食器洗いなどをして、どうにか予定どおり出発。

で、

12:30

東京駅。
20131229独り1_convert_20131230093253
(写真は北口方面に置かれた模型)

例年は午前中に東京を発っていたので、混んでいるといっても知れていたのですが、住居が奥地に引っ込んだ分だけ、東京駅に着くのもお昼頃に。

混んでました〜

人混みの苦手な私は、頭がおかしくなりそう(>_<;)

前日の雪のせいでしょうか?
本日も山形新幹線が運行停止になってましたし。

それでも、何とか家族を新幹線に乗せて、無事、発車。

実家に電話をかけて、母親に予定どおり向かったことを報告しつつ、
息子が言うことをきかなかったら、ひっぱたいてよし
娘がおねだりしても、買うべからず
あとは、よろしく
と伝えて、私は池袋へ。

14:00

目的地はハンズ。
毎年使っている手帳用の小さいボールペンと月間ダイアリー、それから仕事場に置く卓上カレンダー。

以前にも書きましたが、長らくマルマンの週めくり卓上カレンダーを愛用していたのに、2種類あったものが1種類に減り、ついに2013年版から製造停止に。

あんなに使い勝手のよいものが、なぜ廃止になってしまうのか
PCや携帯端末のスケジュール管理機能(ネット上含む)に代替されてしまったのでしょうか
ネット上のレビューを見ても、廃番を惜しむ声が、…圧倒的に50代からf^_^;)

予定を手でチャチャッと書けることを「便利だ」と感じる世代が、確実に高齢化/引退しているのでしょうね。

もう、自分で作ってやろうかとも思ってるんですが、時間がなかった場合に困るので、ひとまずフツーの卓上カレンダーを購入。

16:30

帰宅して、昼飯を食べていなかったことに気づいて冷凍お好み焼きを1枚食べ、洗濯物を取り込ん(でたたん)だり、乾いた食器をしまったりした後、食材の買い出しへ。

自由を得た代償として、自活に必要な家事をすべて自分でしなければならないわけで、しばし「独り身」に戻ったとはいえ、断じて「貴族」なんかにはならないんですよねぇ。

今回は29日夜〜1月1日朝の8食分を手当せねばなりません。

19:00

で、何を作ったかというと、
20131229独り2_convert_20131230093317
牡蠣鍋

よく見えませんが、中央に牡蠣がたっぷり沈んでますよ、ええ。
ちょっとイメージと違ったのですが、市販の「牡蠣鍋の素」的なものを使ったら、赤味噌ベースになりました。

ま、いいんですけど。

では、なぜ「牡蠣」かと言うと、

タウリンですよ。

私、脂肪肝(要観察)じゃないですかぁ(赤の他人に同意を求める風)。

脂肪肝対策といえば、タウリン。
タウリンといえば、牡蠣。

ばんざ〜い、ばん…。

(軽く咳払い)ともかく、牡蠣とかシジミとか貝類が非常によいそうなので、3日間食べ続けますっ。
(3日で効くかどうかは知りませんが)

でもって、これを
20131229独り3_convert_20131230093335
ビールテイスト清涼飲料でいただくという、…何とも健康的というかメッチャ寂しいというか。

あ、これ、テイスティング第3弾でもありますね。

SAPPORO PREMIUM ALCOHOL FREE
アルコール0
エネルギー22kcal
糖質5.3g
(プリン体4.0mg)
*すべて100mlあたり栄養成分

写真は「期間限定150ml増量!」となってますが、要するに500ml缶のデザインをちょっと変えて350mlの値段で売り、キリンやアサヒのシェアを奪いにいったということでしょうか。

で、賞味っ

う〜ん。
…ビールの味に近いとは思わないのですが、「苦みのある清涼飲料」として独自にまとまっているというか、前2作品と比べて「突出して変な味」がないので、飲みやすい
…と思いました。
糖質やプリン体の効果なんでしょうか、よくわかりません。

これが350mlで1本100円を切れば、こっちに流れるかなぁ。
(本当は、アルコールよりも糖質のほうが脂肪肝には悪いのかもしれませんが)

21:00

で、食事を終え、さあ仕事…をちょっとでもやればいいものを、つい…。
20131229独り4_convert_20131230093353

上海バンスキング
作:斎藤憐
演出:串田和美

ご存知、オンシアター自由劇場の代表作。
1981年5月に博品館劇場で行われた舞台をNHKで放送したものです。

そのため、
放送時間の都合でカットされているシーンもあり、
時代背景に関する言わずもがなのナレーションが入ったり、
また、「データが破損しておりスキップ」されてしまうシーンもあり
録音環境があまり良くないのでセリフを拾い切れてなかったり、

まあ、観賞用としては種々問題もありますが、記録としての意味は高いですし、串田版の映画がDVD化されていない現状では、これ以上を望めないこともあり、

ちょっと思うところもあって、Amazon.co.jpで購入しました。

あ、もちろん、感動できますよ、とても。
作品に地力があるんでしょうね。

そして、本編もさることながら、付録として斎藤憐氏(1997年収録)と吉田日出子氏(2001年収録)へのインタビューが各30分弱ですが再録されていて、個人的には、これも非常に勉強になり、また考えさせられました。
齋藤氏の声は、もう聞けないわけですし、貴重な記録ですね。

   *   *   *

このところ、自分がやらかした問題に気づいて反省はするんだけど、じゃあ、どうすればいいのか思いつかないってことが多いんですよねぇ。

やっぱり、同じことを繰り返しちゃうんだろうなぁって。

このあたりに、私の掘り下げどころがあるのかもしれません。

あまり、自分の内面を表現したいという欲求もありませんし、
表現するほどの自己があるようにも思えませんが、
自分の思考と行動を制約し、方向づけているものが確かにある以上、
それは自覚しておかなければならないわけで…。

これは、演出に際して役者へ向けた言葉と同じなんですが、
あれは、実は私自身への言葉でもあったんですね。

     *   *   *   *   *

不思議なことに、酒を飲んでいないのに眠くなってきたので、このへんでおしまい。

あっ
明日の朝、燃えるゴミを出すの、忘れないようにしなきゃっ

スポンサーサイト

コメント

ノンアルコールでも酔います

いわゆるノンアルコール飲料、完全にゼロではありませんから、わずかなりとも作用があります。

少しばかり顔が火照ったり、トイレが近くなったり、眠気が来たりします。
「ゼロ」だと信じている人には、なかなか理解してもらえませんな。


仕事でカレンダーや手帳、年賀状を売ったり配ったりしますが、
あからさまに嘲笑する人が増えました。
「時代遅れ」な「古いもの」を真面目に扱う姿がおかしいみたいです。

もちろん、紙媒体が全盛の頃を過ぎた、くらいのことはわかります。
しかし、我々を笑うという、それもまた
「信じている」からこそ、なのかもしれない…と、思ってみたりもするのでした。







2013-12-30 19:39 | 緑青 #- | URL [ 編集 ]

コ・マ・オ・ク・リ・モ・デ・キ・マ・ス・ヨ

忘れておりました。
サッポロのノンアルコールには「黒ビール」もあります。
そちらもぜひお試しいただきたいですなあ。

ノンアルコールは、うまいものではありませんね、確かに。
今はもう、ある程度は慣れましたが、喜んで飲んでいるわけではありません。

糖質とアセスルファムカリウム、どちらが怖いかといったら、得体が知れないだけに、後者ですなあ。
ノンアルコールに限らず、カロリーゼロの商品には、大抵含まれている添加物です。

個人的には、アスパルテームとスクラロースとこれは、意識的に避けるようにしています。


2013-12-30 22:43 | 緑青 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/288-6a15c51b

 | ホーム |  page top