カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

大人への第二歩?

2013年10月29日(火)

ええと、先日の日曜日(27日)、稽古後に急いで帰ったという話でしたね。

     *   *   *   *   *

27日/朝
13時からの稽古のため10時半にウチを出る私は、朝食こそ家族と一緒にとりましたが、その後は自分のペースで準備。

子どもに何か言われても、「お母さんに言いなさい」「お母さんに聞きなさい」の繰り返しで、取り合わず。

そして、私がトイレに入っていると、ドアの向こうで嫁さんと娘の言い争う声が…。

後で聞いたところによると、

 近所のスーパーにある「アイカツ」のゲームをやりに行きたい(=連れて行って)
嫁さん この間、行ったばかりだから、ダメ。

 じゃあ、公園に遊びに連れて行って。
嫁さん おウチのこと(=家事)をしなきゃいけないから、約束できない。

 それじゃあ、楽しいことが何もないじゃな〜い

で、バタムッとドアの閉まる音。

どうやら、娘が自室に閉じこもった模様。

嫁さんとしては、前日に母子3人で遠出をしたため、バテ気味だったうえに家事もたまっていて、気持ちの余裕がなかったらしく…。
娘としては、1日のうちに楽しいイベントが1つもないなんて、堪え難かったらしく…。

     *   *   *

ま、適当に折り合いをつけてちゃぶだいな、なんて思いつつ、
私はじゃじゃじゃっとトイレから出て、お次は洗面所でひげ剃り。

石けんを塗りたくって、右の頬にカミソリをあてたところで、

バタム、と、娘、登場。

お気に入りのリュックを左肩に背負い、右手を腰に当ててバシ〜ッとポーズを決め、

わるいけど、わたし、このウチ、でていくことにしたから。

6歳にして、早くも家出かぁ〜

と驚きながらも、

あ、そう。

とか何とか、モゴモゴ答える私。
そんな私におかまいなく、母親のところへ行って、

わるいけど、わたし、このウチ、でていくことにしたから。

と、一字一句違わぬセリフを(おそらく同じポーズで)投げつけ、スタスタスタスタッと玄関へ。

バタム…。

でもなぁ、まだ一人で玄関の外に出たことないんだよなぁ。
エレベータを降りる勇気があるか。
行っても、マンションの玄関までが限界か…。


なんて思いながら、右の頬を剃り終え、左側を半分ほど剃ったところで、

パタム…。

早っ

まだ、ヒゲも剃り終わってないぞ。

しかし、娘は上がってこず、玄関のところでシクシク。やがてボソボソ。

何を呟いているのかと思ったら…、

みんながいいよって言ってくれたら、わたしは、ウチに入る。
みんながいいよって言うまで、わたし、入らないから…。


     *   *   *

嫁さんが玄関に行って、また何やら口論。

そうこうしているうちに、ひげ剃り完了

これは、やっぱり、叱らないとね。

曰く、

「出て行く」って言ったんだから、出て行きなさい。
…中略…
「出て行く」って言った以上、もう帰ってくるな。


…ってことは、
言ったことをしなくちゃいけないんだから、
したいことを言えばいいのか…

とでも思ったのでしょうか、娘は泣きじゃくりながらも高らかに宣言したのでした。

わたしは、でていかないっ

そっかぁ〜。その手があったかぁ〜。

「出て行く」って言ったら、出て行かなきゃいけないとすると、
「出て行かない」って言えば、出て行かなくてすむわけだ。

あったまいい〜。

思わず吹き出しそうになるのをグッと堪えて、

さっき、「出て行く」って言っただろう。
気に入らないからって出て行って、帰りたくなったら帰る。
そんな勝手なことが、まかり通ると思うか。

「出て行く」なんて、そんな簡単に言えるセリフじゃないんだ。
セリフが軽いっ 

もっと言葉に責任を持て

6歳の娘に「セリフが軽いっ」なんて言う親もどうかと思いますが、ま、言っちゃったんでf^_^;)

     *   *   *

そして、「みんながいいって言ってくれたら…」についてもお小言。

そんな言い草があるか。
「お母さん、我がまま言ってごめんなさい」って謝るのが筋だろう。


と言った瞬間、娘は靴を脱ぎ捨て、母親のもとへ駆けて行って、

お母さ〜ん、我がまま言ってごめんなさ〜い



謝りたかったんですね。
謝るきっかけを与えてほしかったんですね。
許される機会を与えてほしかったんですね。
(これ、実は今回の脚本とも関係してます)

     *   *   *   *   *

こうして、娘の3分間の大冒険は終わり、そしてまた一歩、大人への階段を上ったのでした。

めでたし、めでたし…

     *   *   *

 そんなのは、理不尽だ

遊んでもらえなかったから、不満をぶちまけただけなのに

逆に叱られて、かわいそう

そもそも、

私が芝居なんて道楽にうつつを抜かしてないで、

子どもの相手をしてやっていれば済んだ話


ですよねぇ〜

     *   *   *   *   *

27日/夜

とまぁ、後ろめたいところがあるものですから、また帰りにスーパーによって、娘の好きなものを買って帰ったりして…

男が手土産を持って帰るっていうのは、何か後ろ暗いことがある証拠ですね。


おしまい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/263-eb2dd46f

 | ホーム |  page top