カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

やっと鶴岡八幡宮

20130519鎌倉10_convert_20130522001024

2013年5月22日(水)

昨日から腰が痛いです(T0T)
今日は、痛みがさらに激化

職場で、電話に出ようと受話器に手を伸ばす度に

あたたた

と呟いていたのを同僚に聞かれていなければよいのですが…


思い当たるフシはいくつもあるのですが、一番可能性が高いのは日曜日、

ギャラリーや境内では走り回るくせに、途中の移動はすべて「抱ぁっこぉ〜」とせがむ娘を、もう時間もないし揉めるのも面倒くさいので、抱っこし続けた疲れや…

鎌倉って、けっこうエレベーターのないところが多いものですから、ベビーカーごと息子を抱えて(危ないのでホントはやっちゃダメ)階段を上り下りした疲れが…

月曜を挟んで火曜日、水曜日に筋肉痛となって発症…


最悪やん

あまりの痛さに耐えかねて、本日は早々に退社させていただきましたm(_ _)m
(しかし、子どもたちの寝る時間とぶつかったため、寝つくまで時間を潰すべく、30分ほど駅前をブラブラするはめに

       *   *   *   *   *

、本日は、その決定打となった鶴岡八幡宮ですね。

妙本寺を出てすぐにウトウトし始めた息子は、若宮大路に入った頃には熟睡。
娘も、私に抱っこされたまま、うたた寝。

ま、朝が早かったせいもあるんですけどね。

仕方ないので、この長い段葛(だんかずら)をずっと抱っこしてましたよ。
20130519鎌倉09_convert_20130522001008

     *   *   *

ちなみに、妙本寺を出てから混雑を避けようと裏道を進み、二の鳥居を過ぎたあたりで若宮大路に入ったのですが、むしろ、その細い裏道を車がジャンジャン走るわ走るわ。

鎌倉って古い街なので、大通りを1本入れば細い道が多いわけですが、観光空間と居住空間が一体化してますし、道路も歩道と車道が分かれておらず、そこを地元住民の車と観光客の車とが次々通るため、けっこう危ない。

もちろん、地元の方々からすれば、われわれ観光客が危ないし邪魔なわけですけどね。

でも、鎌倉は日本を代表する観光地の一つなわけですし、日本経済活性化のためにも外国人にたくさん来てもらわなきゃ(これを「インバウンド」というそうです)いけませんし、国際標準でみて通用する観光地になるためにも、何か手を打つべきだと思うんですよ。

例えばですよ、鎌倉市内の特定エリアでは、許可を得ている

①公共交通機関(バス、電気自動車のみ)
②地元商業車(電気自動車のみ)
③地元住民の自家用車(市が補助金を出して電気自動車購入を支援)

以外、車の走行を禁止してしまうわけです。
(「電気自動車のみ」というのは、スイスなどの観光地でも行われていますね)

だいたい、現状では境内の近くまで車で入っていけますよね。
あれ、邪道ですよ。歩いてのぼるべきなんです、階段を。

こんなことを言うと、じゃあ、
お年寄りはどうするんだっ
身障者はどうするんだっ
幼児はどうするんだっ

というお怒りの声が聞こえてきそうですが、そんなあなたのためにこそっ

人力車

が、あるんですよぉ

みんなで人力車に乗りましょう
(私は乗ったこと、ありませんが)

鎌倉と言えば、人力車。
人力車と言えば、鎌倉。

と言われるくらい、鎌倉の名物にしちゃいましょう。

そうすれば、若者の雇用も(20〜30人くらいは?)増えますよ、きっと。

     *   *   *

余談が長くなりすぎて、本編を書く元気がなくなってきましたf^_^;)

備忘録がわりとして、心に残っていることだけ、箇条書きに。

3年前、本殿への階段をのぼりはしたものの、下りの途中で「もう、おりられな〜い」と泣き出した娘が、今年は私が目を離した隙に階段へダッシュ。まさに「飛び跳ねる」ようにのぼっていきました。
…いつの間に。

そしてお参りを終えて、下り。「この階段は、大人でも危ないんだから」と手をとろうとした私を「一人で下りられる」と拒んだ娘は、「絶対、大丈夫だもん」と呟きながら、それでもちょっと恐かったのか、一段一段、慎重に下りていきました。
…娘が、一歩一歩大人になっていくような気分でした。

そんな娘は大のおみくじ好き。お参りに行くと、必ず買いたがります(実は、嫁さんもよく買ってます)。
一方の私は、くじというものに、まったく興味を持てず。
じゃあ、まるっきり不信心なのかというと、そうでもなく、私は(ブログでも何となく分かるかもしれませんが)大のお守り好き。
毎年、あっちこっちで2つ3つはお守りを買ってます。
(やっぱり、不信心なのかな

息子が目を覚ましたのは、帰途についてから。
息子の鶴岡八幡宮デビューは…夢の中でした。

最後に、例の大銀杏。
20130519鎌倉11_convert_20130522001043
あれ、3年前がこれでしょ。

あれれ

ま、3年くらいじゃ変わらないか。


まぁまぁ、そんな感じです。

おしまい(やっと終わった)

スポンサーサイト

コメント

お寺にも神社にもありますね

お守り。

お守り“袋”のことではありませんが、
ちょっと思い出したお話をば。

西武の渡辺監督がドラフト会議で
有名な選手との交渉権を引き当てた時に
身に付けていた数珠が、善光寺のものだったということで、
ある時期、売店で数珠を買い求める人が増えたとか。
ただ、何種類もあるうちのどれだったかが特定できず、
なんとなく(買い手の主観で)売れていたようです。


話は全く変わりますが、
再来月の、勝手に略して“とあふ”さんの公演には行かれますか。
当方は全く未定(金曜夜が不可能なのは確か)ですが、
もしお目にかかれましたら、ご挨拶をさせてください。
2013-05-26 19:54 | 緑青 #- | URL [ 編集 ]

東京あたふた公演

ども。
7月19日(金)〜21日(日)の件ですね。
劇団からは、18日(木)の仕込みを手伝えという要請が来てまして、休みをとれるかどうか…調整しているところです。
本番は、受付をしているような気もしますが、他のスタッフの都合によってシフト(?)が決まるんじゃないかと。
いずれにせよ、全日とはいかないと思いますが、「お手伝いさん」的にウロウロしている可能性が高いと思います。
いらっしゃいましたら、お声がけください。
2013-05-29 06:59 | 本間宗南 #- | URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-02 21:27 | # | [ 編集 ]

あらあら

先刻の書き込み、間違えて非公開にしちゃいました…。
まあ、本間氏宛てに書いている形なので、
公開したところで、大した違いはありませんが…。
開き直り。
2013-06-02 21:33 | 緑青 #- | URL [ 編集 ]

「管理人のみ閲覧…

…できます」という件、管理人のみがどうやって閲覧するのか、よくわかりません(汗)。
が、コメントをいただくとメールで知らされる設定になっているので、そちらで拝見しました。
ありがとうございます。

あたふた観劇の件、「くまとやまねこ」のコメントでも書きましたが、今のところ、20日(土)に予定が入るかもしれず、19日(金)か21日(日)が有力かなぁというところです。
2013-06-04 00:45 | 本間宗南 #- | URL [ 編集 ]

お手数かけました

手数をおかけしました。
すみません。
そのメールが携帯宛て(いきなり出現)ではなく、
PC宛て(読みたい時に読める)であることを願うばかりです。

今回、あたふたさんは予約制(厳密には違うようですが)なのですね。
なんとか早めに予定を立てなくては…。


アマチュア・小劇場系の最近の傾向として、
自由席予約制が増えてきているように感じます。
会場の都合や、来場者数の把握、
事務の軽減・効率化でやむを得ないとは思いますが、
思い立って(時間ができて)
不意に立ち寄る(観に行く)ということが
しづらくなってきていますなあ。
ご迷惑かけないようにと、観劇を取り止めたりしています。
今のご時世、無計画なのは、だめなんですなあ…。
2013-06-09 19:00 | 緑青 #- | URL [ 編集 ]

そうなんですよねぇ…

あ、PC宛てですので、お気になさらずに。
ただ、毎日はチェックしないので、返事が遅れてしまったり(汗)。
   *   *   *
日時指定&自由席、おっしゃるとおりで、痛し痒しなんですよね。

第1に、チケットを売っている以上、お客さんには席をご用意しなきゃいけないわけですが、日時を指定しないと来客数に偏りが生じてしまって、入場をお断りしたり、ギュウギュウ詰めに座ってもらったり…という事態がしばしば起こります。
 それでも昔は、「小劇場なんて、そんなもの」と双方が承知していたりもしたのですが、近年は快適さへの要求水準も上がり、また私たちの年齢上昇に伴って観客の平均年齢も上がるものですから、腰が痛いという方も増えまして…。

加えて第2に、事務の効率化。CoRichは演劇関係者のつよ〜い味方なのですが、観に行く側からすると、ちょっと面倒くさいし、「よし、都合がついたから、今日、行こう」的な自由度が低いというか、「ふらっと」感に乏しい(現実には、ゼロではありませんが)。

私も今回、CoRich予約に挑戦してみます。
2013-06-13 08:21 | 本間宗南 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/189-ccc6edff

 | ホーム |  page top