カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おすすめ絵本47:サーカスの少年と鳥になった女の子

サーカスの少年_convert_20130508004056

2013年5月8日(水)

いやぁ、もたもたしている間に、前回の「おすすめ絵本」から2か月半も経ってました。

数えてみたら、この間に50冊ほどの絵本を読んでいるので、一応、週5冊のペースを維持してはいたみたいですし、「あ、これを取り上げたい」と思う作品もいくつかあったのですが、いかんせん、落ち着いて感想を書ける精神状態じゃなかったんでしょうね。

じゃあ、今は落ち着いたのかというと、そうでもないのですが、GWまでの「万全の体調でベストの仕事をしないと、とても乗り越えられない」というほどの峠は越えたみたいで、「ちょっとくらい寝不足でも、何とかなるか」みたいな(いいのか、それでっf^o^;

じゃ、ま、始めますか。

       *   *   *   *   *

◯232サーカスの少年と鳥になった女の子ジェーン・レイ/作・絵 河野万里子/訳、2012年12月31日、徳間書店、1600円(Ahmed and the Feather Girl, text and illustrations by Jane Ray, frances Lincoln, 2010)

<あらすじ>

主人公はアーメッドという名の少年。
両親はなく、サーカスの雑用係で、薪拾いに水汲み、馬車の掃除に動物たちの世話、おまけに洗濯・料理と、働き詰めでした。

ある冬の日、アーメッドが森で薪を集めていると、大きな金色の卵が落ちていました。
このまま雪の上に放っておいたら、冷たくなってしまいます。
アーメッドはサーカスに持ち帰り、柳の枝で巣を作り、温めてやりました。

しかし、卵はすぐにサーカス団長のサリームばあさんに見つかり、取り上げられてしまいます。

やがて、春になると、卵が割れて、かわいい女の子が現れました。
サーカスの人たちは、女の子をオーレリアと名づけます。

オーレリアは、羽根のように柔らかい髪と、きらきら輝く目をしていて、夜明けには小鳥のように歌いました。
また、日が経つにつれ、背中にはぽつぽつ羽根が生えてきました。

サリームばあさんは、オーレリアを大きなかごに入れて、見世物にしました。
「金色の卵から生まれた、美しい歌を歌う女の子」はたちまち評判になり、サリームばあさんは大もうけ。

ところが、春から夏に替わる頃、オーレリアは悲しい顔をするようになりました。
森の鳥たちが呼んでいるのに、飛んでいけないからです。

そこで、アーメッドは、サリームばあさんの眠る馬車に忍び込み、かごのカギを盗むと、オーレリアをかごから出してあげました。

オーレリアは、翼を広げ、息を大きく吸うと、高らかに歌いながら、夜空へ舞い上がっていきました。

       *   *   *

オーレリアを逃がしたために、サリームばあさんはますますアーメッドをこき使うようになりました。
アーメッドは、寂しさと辛さで泣きながら、馬車の下で眠ります。
すると、毎晩、夢にオーレリアが現れ、その度に羽根を1本、アーメッドに渡しました。

アーメッドが目を覚ますと、手の中にはその羽根が。
アーメッドは、羽根を大切にしまいました。

そして、ある雪の夜…。

<感想など>

たまたま、このジェーン・レイ氏の作品を見つけ、何冊か集中的に読んだのですが、とにかく心に残るのが、登場人物の艶やかな黒髪と、黒く大きな瞳。
(必ずそうというわけじゃありませんが、とても印象的なのです)

例えば、『リンゴのたねをまいた おひめさま』の三姉妹しかり、『カプリの王さま』のジュエルおばさん、しかり。

生命力にあふれているというのでしょうか。
とくに、ジュエルおばさんは、かなりイイ感じでして、王さまが彼女にプロポーズするのもよくわかりますし、そのプロポーズの台詞も、かなりイケてます。

それに比べると、本作品のラストは、本当にハッピーエンドと言ってよいのか、どこか物悲しいような…。
辛い現実世界では幸せになれない、弱く虐げられた者たちが、星の向こう側の世界へと逃避することで、やっと救済されるような、そんな胸苦しさがあって、居たたまれない気分になります。

こんなに澄んだ美しい瞳で、軽やかに空へ舞い上がっているというのに。


最後の頁を見たとき、あなたはどんな気分になるでしょうか

       *   *   *   *   *

ええと、久々なんで、どうも調子がつかめませんが、とりあえず、こんなところで。

また、来週(たぶん)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/184-a336f39c

 | ホーム |  page top