カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おすすめ絵本36:やあ!出会えたね ダンゴムシ

ダンゴムシ

2012年11月24日(土)

先月からずっと風邪をひいていながら食い意地だけは忘れなかった息子が、昨夜は珍しく晩飯を残し…と思ったら、今朝から発熱。

午前中に嫁さんが息子を連れて病院へ。
その間、私は洗い物やら洗濯やら掃除やら。
娘は「まだピクニックに行かないの〜?」(なぜピクニックかという事情は昨日のブログ記事を参照)

病院は病気の子供とインフルエンザの予防接種を受ける家族連れで大混雑だったらしく、嫁さんは処方された薬を買うため、午後からあらためて外出。
その間、私は息子を寝かしつけて、娘とピクニックごっご。

娘のごっこ遊びは高度化・複雑化・大規模化し続けており、
参加メンバーも、人形2体にぬいぐるみ4体の大所帯で、娘は母親気取り(ただし、私のことは「お父さん」と呼んでいるので、妻気取りではなく。どういう相互関係にあるのだろう?)。

進行も、お医者さんごっご(健康状態のチェック)から始まって、お料理ごっこ(ピクニックに持っていくランチを準備)、そしてピクニックへ。

場所も、リビングから私の部屋へ、そしてまたリビングへ。
(本当は、朝から寝室に「テント」を張っていたのですが、息子を寝かせたので使用できず)


ああ、持ち帰った仕事に手がつけられない!

と頭を抱えているくせに、今週もこちら。

       *   *   *   *   *

◯142やあ!出会えたね ダンゴムシ文・写真 今森光彦、2002年5月20日、アリス館、1400円

絵本でも童話でもないのですが、とにかく衝撃的に写真が鮮明なので、ついご紹介してしまいました。
(冒頭の画像は解像度が低いため、その素晴らしさを伝えられず、申し訳ありません)

内容はもちろん、ダンゴムシの生態を紹介するもの。

我が娘、
コバエや蚊には大騒ぎするくせにダンゴムシはまったく平気で、幼稚園の帰りなど公園に寄ってはダンゴムシを見つけ、「持って帰りたい」「ウチで飼いたい」などとダダをこねるのですが…

はたして、本書を読んでからそうなったのか、ダンゴムシ好きだから本書を買ったのか、

もう思い出せません。

虫というのは、拡大して見るとけっこうグロかったり恐ろしかったりもするのですが、本書のダンゴムシに獰猛な印象はなく、なぜか愛らしささえ感じさせます。
汚い印象もありません。

いや、ほんっっっとに不思議。

本書を読んだら、ほぼ間違いなくダンゴムシが好きになると思うので、お子さんに読ませるかどうかは、よくよく考えてからにしてください。

なお、今森氏の当シリーズには、この他『カマキリ』『テントウムシ』『クモ』…など多数ありますので、こちらも要チェックですね。


あ、本日のブログ、枕話が長くて、本編があっさり…。

ま、こんな日もあるさ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/136-8623864e

 | ホーム |  page top