カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おすすめ絵本35:すてきな三にんぐみ

すてきな三にんぐみ

2012年11月16日(金)

昨日、残業中の同僚との会話。

勤務表、集計して出してくださいね〜。
あ、もう半月経ったんだ。早〜。
何か、1週間くらい、無かった気がしますね〜。


で・す・よ・ね〜


あっっっという間に、11月が過ぎ去ろうとしています。

ちょ、ちょっと、ちょぉっと〜、待ちなさいよぉ、11月ったらぁ。


…そんな気分です。

       *   *   *   *   *

で、そんな話とは何の関係もなく、日曜日にリブロで買った本をご紹介。久々の◎評価です。

◎141すてきな三にんぐみトミー=アンゲラー さく いまえよしとも(今江祥智)やく、1969年12月(1977年12月)、偕成社、1200円(The Three Robbers, by Tomi Ungerer, © Diogenes Verlag AG Zurich, 1963)

<あらすじ>

あらわれでたのは、
黒いマントに黒い帽子、
三人組のどろぼうたち。

夜になると、山を下り、さて、獲物はおらんかな…。

そこへ馬車が通りかかると、

一人目が、馬にめがけて、こしょうをたっぷり。
二人目が、大まさかりで、車輪をまっぷたつ。
そして三人目が、ラッパ銃を構えて、「手を挙げろ」。

ところが、ある夜、
三人組が止めた馬車には、みなしごのティファニーただ一人。
意地悪なおばさんのもとへと、送られる途中だった。

どろぼうたちは、ティファニーを山の上の隠れ家へ。

翌朝、ティファニーが目を覚ますと、隠れ家には宝の山が!

まぁぁ、これ、どうするの?





三人組は、ひたいを集めて相談した。
何しろこれまで、どうするなんて考えたこともなかったのだ!

そして、ひらめいた三人組は…、

       *   *   *   *   *

何年もの歳月が流れ、町の人々は、
すてきな三人組を忘れないよう、
三人の帽子にそっくりな高い塔を三つ建てましたとさ。

<感想など>

テーマよし
アイデアよし
展開よし
ラストよし

おまけに

イラストよし
翻訳よし

40年以上にわたって読み続けられるには、それだけの理由があると、納得できる一冊です。

娘にも好評でした。

ちなみに、アンゲラーの作品は日本でもずいぶん翻訳されていますが、作品によっては「ウンゲラー」と表記されています。
まあ、Ungererをどう発音(というか、日本語で表記)するか、という問題ですね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sounanh.blog.fc2.com/tb.php/132-ad7506eb

 | ホーム |  page top