FC2ブログ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バルガス=リョサ地獄 後編

2020年7月18日(土)

これで、終わりにしますね。

前回ご紹介した3冊を4段階(◎○△×)評価すると、

『シンコ・エスキーナス街の罠』…△
『フリアとシナリオライター』…○
『都会と犬ども』…×

…って感じでして、「さて、どうしようか、私には合わないのかな」と迷いつつ、彼の著作リストを眺めながら、「じゃ、あと1つ2つ…」と選んだのが、この2点。

20200713バルガスリョサ_convert_20200719002723

       *   *   *

じゃ、まずこちらから。

『緑の家』
木村榮一訳、岩波文庫

これも面倒な話なんですけどね、ペルーのとある街に男がふらりとやってきて、橋の向こう、街と砂漠の境目あたりに娼館を建てるんです。
これが、「緑の家」(追って、もう一つ出てきますが)。

この男と娼館が街に幾つもの事件や騒動をもたらし、やがて娼館が焼かれ、そして男が死ぬまでの物語が軸にあって、そこにまつわる人々の4つの物語が地域と時代と人種を交錯させながら展開していくという仕掛けです。

最初はどうつながっているのかが理解できず、
(とくにエピソード間の時間軸上の前後関係とか)
おまけに描写は長いし、なかなか進まないしとイライラするんですが、
人物も設定もなかなか魅力的で、展開もおもしろいので、
つまり、我慢して読み進めろってことだよな
と腹を括って先へ進むと、
南米文学らしい奔放さというか、溢れる生命感というか、野性味・野蛮さというか、
そういう、しぶとさ、したたかさ、悲劇を乗り越えていく力強さというか、
やはり…、生命力というのでしょうか。

そしてラストも、哀愁のなかに一種の祝祭的な爽やかさがあって、後味がいい。

各エピソードも、きれいに収斂していくという感じではないんですが、
湖底の澱のように積み重なっていくような、
最終的には「しっくり感」が生まれます。

緻密とは思わないし、やや冗長かとも感じますが、まあ、読んで悪くはなかったかなと。

       *   *   *

で、お次はこちら。

『楽園への道』
田村さと子訳、河出文庫

これはですね、ポール・ゴーギャンと、その祖母で社会改革運動家のフローラ・トリスタンの話が交互に展開する話です。

ゴーギャンは、タヒチに行って現地の人々を描き、西洋文明に毒されず、教会権力に抑圧されていない本来の人間性みたいなものを追求していくわけですが、これが一方の「楽園」。

もう一方のフローラ・トリスタンはもともとフェミニズムと言いますか、男性の奴隷と化している女性の権利向上を目指し、さらに資本家に搾取されている労働者の生活向上を目指し、女性および労働者階級の団結による労働組合運動を展開します。これが、もう一方の「楽園」。

そして双方のストーリー中に、
「ここは楽園ですか」
「いいえ、次の角を曲がって…」
と子どもたちが遊んでいるシーンが挿入され、
「楽園探し」というテーマが暗示されます。

で、その間にはフローラの娘にしてゴーギャンの母であるアリーヌがいて、それぞれの物語に少しずつ登場します。
(ただし、フローラの人生においても、ゴーギャンの人生においても、アリーヌの存在感は薄い。とくにゴーギャンのストーリーのなかでは)

加えて不可解だったのは、
(たぶん)作者が、ゴーギャンとフローラに「〜だったよね」的に語りかけてくる。
あなたは何をしに現れ、なぜそんなことを言うのか
読者として、
ゴーギャンとフローラの人生には寄り添えるけれども、
あたなには共感できませんっと言いたくなって、
正直なところ、作品への没入を邪魔されている気分でした。

ただ、そんなことより一番ストレスだったのは…、もう、

長〜〜〜〜い(>_<;)

ゴーギャンは自堕落な生活から、フローラは根を詰めすぎて、それぞれ体を壊して死んでいくのですが、死にそうになったところで、
え、まだ半分しか進んでないじゃん
と驚き、そこからは双方とも同じような話がそれぞれ続いて、冗長きわまりない。

ただ、あえて1つ言えば、
両ストーリーとも、ラストには一種の清々しさがあって、後味は悪くないかなと。
(上記『緑の家』と同じようなコメントですが、上記ほどではありません)

「何だかな〜、これは」と思っていたら、寺尾隆吉氏が、
『100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック』
勉誠出版、2020年
のなかで、本作を

十分にフィクション化しないまま史実を題材として利用する〜

と評しており、
なるほど、そういうことか
と、とても合点がいきました。

       *   *   *

というわけで、評価は、
『緑の家』…○
『楽園への道』…(×に近い)△

何と言いましょうか、
ついついガルシア=マルケスと比べてしまう私が悪いんでしょうが、
ガルシア=マルケスの作品は、幻想的であれ、リアリスティックであれ、自由自在にして奔放、エネルギッシュでありながら「きちんとしている」というか、パワフルなのに制御されていて、かつ言葉もストーリーも練り込まれている印象なんですよね。

対して、バルガス=リョサの作品を読んでいると、

ざっくり

という印象を持ってしまうんです。

   *   *   *   *   *

さてさて。
これから、どうしようかな。

上記『楽園への道』には、訳者・田村さと子氏による丁寧な解説がついていて、それを読んでいると、
世界終末戦争』は読んでみたいな〜という気になり、
ラ・カテドラルでの対話』は読むとシンドそうだな〜と思いつつ、これを読まないとバルガス=リョサを読んだとは言えないんじゃないかとも思われ、



しばらく別方向を彷徨ってから、
また気が向いた頃に読んでみるのがいいかなと、

とりあえず、思ってます。


以上、お付き合い、ありがとうございましたm(_ _)m



スポンサーサイト



バルガス=リョサ地獄 中編

2020年7月16日(木)

モリエールでクラスターが発生しましたね。

岩井さん情報にて、ゴールデン街劇場が8月末で閉館になるとか。

それを聞いた、しはかたさん、
あくとれは大丈夫か、
(少しは予約も入っていて、大丈夫みたいです)
プロトは大丈夫か、
(予約は受け付けていませんが、たぶん大丈夫ではないかと)
と呟いていましたっけ。

そんななか、じゃけんさんはRAFTで公演。
ホント、すみませんでしたね。
観に行きたかったし、呑みにも行きたかったんですが、家庭的にも(子どものことがあり)、会社的にも(自重を呼びかける立場にあり)、劇場へ行くことに理解が得られる状況には、まだありません(>_<)

これから公演案内をくださる方々、
まだまだコロナは続きそうですので、
ぜひ、オンライン観劇(有料)ができるようにしてくださいっm(_ _)m

具体的にどうするのかは、私もよく分かりませんがf^_^;)

   *   *   *   *   *

さてさて、前回の続きですね。

そうそう、バルガス=リョサの全盛期ってヤツですよね。
それがいつなのか、どの作品なのかは、よく分かりませんが、『シンコ〜』より前ならいいんだろうくらいのテキトーさで、まずは、

『フリアとシナリオライター』
野谷文昭訳 、国書刊行会、2004年

を読んだんです。
カバーがちょっとエッチっぽいんで、読みやすいかなと思い

実際、バルガス=リョサの若き頃を描いたスラップスティックな半自伝的小説なので、読みやすいし、面白い。
ラジオ局でバイトしていた頃のエピソードと、すっごい年上の親戚と(周囲の反対を押し切って)結婚したエピソードを脚色して書いたそうなんですが、

あとがきを読むと、結婚生活が「周りの予想に反して8年にも及んだ」(つまり、8年後に別れた)ことが自慢げに書かれていて、
「あんたは若いから簡単にやり直せるだろうけど(事実、これまた親戚と再婚している)、最後のチャンスだと思って再婚相手を捜しに来た彼女に申し訳ないだろっ」
と、まったくの他人事、かつ、とうに過ぎ去った昔の話ではありながら、ちょっとムカついてしまいました(笑)。

それから、ラジオ局側のストーリーに出てくるシナリオライターが、実にドン・キホーテ的で、さすがスペイン語文学だけあって、セルバンテスの伝統が脈々と受け継がれているんだなと、感心しました。

ただし、ラジオ局の話と結婚の話、もともとは別個の作品として書き進めていたところ、それぞれ行き詰まってしまったので、「ええい、一緒にしてしまえ〜っい」と、くっつけて出来上がった作品だそうで(ホントかどうか分かりませんが)、

そんなんでいいの 

と思わなくもなく(笑)。

       *   *   *

で、お次に読んだのが、

『都会と犬ども』
杉山晃訳、新潮社、2010年

こちらは若きバルガス=リョサをスペイン語文学界に知らしめることとなった出世作(&問題作)。
自身が通った士官学校での(嫌〜な)思い出を赤裸々(=暴露的)に書いていて、モデルとなった士官学校では、この本を校庭で燃やしたとか。

これ、読み始めたはいいものの、実は挫折してしまいまして

というのも、中身がとにかく腐敗、抑圧、暴力、憎しみ、差別…などなど、悪徳のオンパレードでして、読んでいると、心の中がネガティブな感情に染まってしまって、精神衛生上とても危険な心理状態になってしまうんですよ(笑)。

ヤ〜バい、ヤバい、

と思って読むのをやめ、でも、「一応、訳者の解説は読んでおくか」と頁をめくると、

え、この後、そんな展開になるんだ。
あ、そういう仕掛けになってるんだ。

面白そうじゃん

と思い直し、今一度、読み始め…、

たんですが…

や〜っぱり、悪意に満ち満ちた内容に吐き気をモヨオし、どーしても読み進められなくて、

結局、断念してしまいました。

技法的には関心があるものの、
内容的に、今の自分が読む本だとは思えませんでした。

もっと歳をとって、
心の鍛錬を積み、何事にも動じない静謐な老境に達したときか、
世を拗ね、誰をも彼をも恨み疑ってかかる偏屈爺になったときか、
に読み直したいと思います(笑)。

   *   *   *   *   *

あれ、終わりませんでした

あと1回だけ、「後編」で必ず終わらせるようにしますので、どうぞ、ご容赦をm(_ _)m


続く


バルガス=リョサ地獄 前編

2020年7月12日(日)

あれこれバタバタしているうちに、前回更新から2週間近く経っておりました。
恐ろしや、恐ろしや。

とはいえ、芝居も観に行かず、呑みにも行かず、考えてみると、あまり書くことがないので、タマには読書の話なんぞも…。

   *   *   *   *   *

きっかけは、これだったんですよ。

20200308シンコ・エスキーナス街の罠_convert_20200402000806

『シンコ・エスキーナス街の罠』
マリオ・バルガス=リョサ著/田村さと子訳、河出書房新社、2019年

バルガス=リョサ(ジョサ)。
かつてのラテンアメリカ文学ブームの牽引者の1人、ノーベル文学賞作家。
そして、ペルー大統領選挙であのフジモリ氏に負けた人…。

ま、それくらいは知っていたんですが、作品を読んだことは無し。
振り返ってみれば、ガルシア=マルケスやボルヘスは(かなりの衝撃とともに)フォローしましたが、その先には進んでなかったんですね。

それが、何で見つけたんでしょうね、もう覚えていませんが、本書の帯に引っ張られましてね…
-------------------------------------------
テロが吹き荒れるフジモリ政権時代のペルー、リマ。
厳戒令下、同性愛をひそかに楽しむ富裕層の妻たち、
乱交パーティの隠し撮りでゆすられるその夫、
ゴシップ誌に命をかけ闇を背負う編集長、彼を崇める記者、
職を奪われ孤独の中で恨みを溜める老人……
腐敗し退廃した街の人間模様の背後には、国家の恐るべき罠が隠されていた。
-------------------------------------------

ムチャクチャ、おもろそーじゃないですかっ

しかも、帯の裏には、訳者・田村さと子氏の「あとがき」から、次の言葉が…。
-------------------------------------------

本書には、バルガス=リョサ文学のこれまでの軌跡が余すところなく記されている。

-------------------------------------------

しかも、いま私が書こうとして行き詰まっている脚本のヒントを得られそうな気配が濃厚にしていて…

じゃ、買うじゃん。

というわけで、今年の2〜3月頃でしたかね、細切れ時間でチョロチョロと読んでいったんですよ。

       *   *   *

で、結論から言うと…、


イマイチ


序盤はおもしろいんですよ。
帯文に違わず、もうスラップスティック感たっぷりで、

何が起こるんだ、この先

と、読めない先を想像して、ヘラヘラ1人笑いしながら読み進め…、

で、中盤もおもしろいんですよ。
状況が次々変化していって、

もう、どうなっちゃうんだ、この先

と、頁をめくる手がかっぱえびせん並みに止まらなくなって、忙しい年度末に夜更かしして読んでいたんです…、

が、終盤、

え、これで終わり

キャラがやや弱めでアクセントは付いているけど脇っぽいポジションだった人物が、徐々に存在感を増していき、喩えて言えば、

右サイドバックから一気にオーバーラップしてセンターに切れ込み、ペナルティエリアに駆け込んでパスを受け取ったぁ〜

って感じで、

ついに、ラスボスと対決かっ

と期待した矢先、

そのラスボスがアホすぎて、あっさり終幕。

再び喩えて言えば、

パスを受け取ったぁ〜…ってところで、前に出ようとしたキーパーが地味にズッコケて、ガラ空きのゴールにちょこんとシュート

…ってな感じ。

そんなの、ありかよ〜

とまあ、正直、拍子抜けというか、肩透かしというか、見事な竜頭蛇尾にガッカリしたんですよ。

あのクソ忙しい年度末の夜更けに。

       *   *   *

なので、読んでる途中は、このブログに書くつもりだったんですけど、
結果としては期待はずれで、
でも期待はずれな本をブログで紹介しても仕方ないしな〜、

ちなみに、他の読者はいったいどう評価してるんだろうと、ネットをチェックしてみたら、
Amazon.co.jpで、どうやらバルガス=リョサのファンらしき読者が、やはり同じようなコメントを書いていて、

全盛期の圧倒的な作品と比べれば、かなり劣る

なんて、残念がっているんですよ…





って、あんた、そんなこと言われたら…、

全盛期の作品を読まなきゃいけなくなるじゃ〜ん(ToT)

       *   *   *

折しも、年度末の繁忙がピークに達しようという危機的状況、
しかも、前方ではコロナの暗雲がムクムクと湧き上がり…、

そんな状況で、私はバルガス=リョサという蟻地獄にズルズルと引きずり込まれていったのでした…
(そして、今もまだ…)


というお話が、


続く

 | ホーム |  page top