FC2ブログ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

有休をとって

2019年6月27日(木)

昨日は、思い切って休暇をとり、免許の更新に行ってきました。
30分の講習を受けた後、免許用の写真撮影。

5年振りに撮った写真を見て…、

なんか、目が落ち窪んでる…じ、じじいっぽい

い、いや、これは講習のビデオを観て、目が疲れたからだ。
(遺族の会のお母さんのコメント、ほんとジ〜ンときちゃったしな)
それに、朝も早いし。
あ、そうだ、昨夜、呑んだくれたせいだ…

…と、20くらい原因を考えてみましたが、

老けたんだよ、分かってるだろっ

…ってことですf^_^;)

       *   *   *

ガッカリしながら帰宅し、一息入れた後、再び外出して新宿へ。

目的は、こちら。

20190629メイク道具_convert_20190627232814

いえね、メイク道具一式、残ってたんですよ。
でも、最後に使ってから8年が経ってるわけです。

…8年

…8年か

…やっぱり、肌に直接つけるものですからね

というわけで、グリースも口紅も乳液もクレンジングも捨てて、おまけにペンシルも芯が折れまくってて削っても削ってもポロポロ落ちてくるので、全部、新しく買い直したのでした。

今回しか使わないのにね〜。

グリース(26番と30番)とペンシル(ブラック)、公演が終わったら誰かにあげよっかな(いずれも三善)。
過去、だいたい30Pか32Pで、26、28は押さえだったから、26は使わないだろうな(じゃ、買うなよ)。

…っていうか、メイクをするのも8年振りなんだよな。
練習しとかないと、恥かくかもな、かくよな、やっぱり。

       *   *   *

その他、衣装関係、小道具関係も、ちょこちょこ買ってきました。

こういうのも、楽しみと言えば楽しみで、

演出の立場でアレコレ用意するのとは違うワクワク感がありますね(笑)。



そんなこんなを懐かしく思い出し、また新鮮な気分で味わいながらの休日でしたとさ。


スポンサーサイト



ソフト整体

2019年6月24日(月)

昨日は、午前中に恒例(2週間に1度)の「家族de図書館」。
もう何年も続けていますが、子どもたちが借りる本に、それぞれの興味・関心や心の成長過程が如実に現れていて、いろいろ考えさせられます。

そして私も、読んでる暇なんてないだろうにと思いながら、おもしろそうな本を見つけて、ついつい借りてしまいます。
魅力的な本と出会いながら読まないという行為が、何とも人生をムダにしているような…、そんな気がして、ほとんど強迫観念のように借りてしまうんですよね。

読書は、もっと楽しむべきだと思うのですがf^_^;)

       *   *   *

で、嫁さんの車の運転練習かたがた近所をグルッと回ってから帰宅。

直ちに稽古の支度をして出立…

したのですが、稽古場へ向かう前に、バスに乗って地元の整体屋さんへ。

この話、いつだったか「ブログで書く」と書いておきながら忘れていたので、ちょっとだけ書いておきます。

       *   *   *

さる4月13日、メンバーの顔合わせをするということになって集まったわけですが、

その1週間前、あきさんからの出演オファーを(何をトチ狂ったか)受けてしまった私は、

やばい、動ける体を作らなきゃ。

と、絵に描いたような泥縄で、ストレッチを始めるわけです。
念入りに、そう念入りに、いつも以上に念入りに…

で、腰を捻っているときに、

グギッ

あれ

あ〜、やっちゃったかも

       *   *   *

7〜8年振りでしょうかね。
やってしまいました。

でも、以前にお世話になった鍼灸医院へ行くと、先生から(もし私を覚えていたとしたら、ですが)「ほらみろ、言わんこっちゃない! だから、ちゃんと治せと行っただろう」なんて怒られるんじゃないかと不安になり、じゃ、別の〜と探した結果、

ソフト整体

というのを見つけて、なんだか、「ソフト」という言葉に惹かれて(バカだ、オレは)、行ってみたのでした(笑)。

いやぁ、何しろ、腰痛歴35年なんで、たいがいは試してるんですよ。

もう、趣味ですね、ほとんど(笑)。

       *   *   *

で、行ってみたらですねぇ、

最初は、ホント、触ってるだけみたいな。

それで、けっこうなお値段だし、たった30分だけだし、どうしようかなと思いつつ、

でも、言ってることは的を射てるし、痛みも急速に和らいだし、不思議な気分ではありますが、何気に気持ちいいので、週1ペースで通ってみたのでした。

       *   *   *

そして現在、腰の痛みは完全にとれたし、一時期は足の痺れもあったんですが、それも解消。
あとは体全体の調整だそうで、仕上げに入ってます。

このところは「タッチ」だけでなく、下半身をわりとしっかりマッサージしてもらえるので、稽古で疲れた足腰をほぐすには、ちょうどいいですね。

本番が近いし、一応、メンテナンスの意味もあって6月いっぱいは通うつもりでいます。
(医院側は、今後も定期的に通わせたさそうなんですが、本番前は忙しくて余裕がないし、本番が終わってしまえば、どうでもいいし(笑)、今日、社長にまた新しい仕事を言いつけられちゃったし、ま、この辺でひとまず終わりにしておきますf^_^;)

       *   *   *

ええと、何を書こうと思って書き出したのか、もう思い出せませんが、

ま、そんな感じです(笑)。

というわけで、もし機会がありましたら、試してみてはいかがでしょうか、

ソフト整体を、

というお話でした…、たぶんm(_ _)m



稽古日誌その4:『カラクリ牡丹』

2019年6月16日(日)

いやぁ、本番まで、あと1か月となりました。
いつもながら、あっっっっっっという間ですね〜(笑)。

この土日は音響さん・照明さんがいらしてくれて、きっかけ&通しを行いました。

音&灯りのタイミングと雰囲気をつかみ、また全体の流れを確認して「あ、ここで一息ついてる場合じゃないんだな」ということに気づく機会となりました(笑)。

とはいえ、土曜はきっかけ総ざらいの後の通し1回、日曜は2回の通し。

自分で思ってた以上にヘバっていたのか、2回目の通しは、カミまくり、ヌケまくり、クイまくりで、もう、いいとこなしっ(>_<;)

嗚呼、稽古はあと10回…

10回っ

そういえば、昨日の帰りの電車で、演出家さんに思わず弱音を吐いたら、

大丈夫。1日2回通せば、20回演れるわ。

なるほど〜

…って、もう2回終わっちゃった〜(T0T)

       *   *   *

というわけで、あまりに悲惨な出来だったので、独り静かに落ち込もうか、楽しいことをして気分転換しようかと悩んだ挙げ句、落ち込む気マンマンで帰路に着いたのですが…、

元来が自分に甘い私、最寄り駅に着いた時点で、

やっぱり、気分転換するか〜

と堕落しまして、ただ今より、スーパーで買ったワインを呑みつつ、TUTAYAで借りたエンタメ系のDVDを観ようと思います。
(あ、ただし、お祝いではないので、PETボトル入りの激安ワインにしておきましたf^_^;)

       *   *   *

ま、そんなこんなで、あらためまして、公演のお知らせです。

力~riki~工房『カラクリ牡丹』
作:花本ロミオ
演出:澁澤圭吾

~昭和初期。亡き女優を模ったカラクリ人形「牡丹」は、どんな台本でも演じることができた。
カラクリ人形のからくりに迫る、怪奇幻想ミステリー☆

【日時】
2019年07月
・19日(金)19時
・20日(土)14時
・20日(土)18時
・21日(日)13時
・21日(日)17時
<開場30分前。整理券配布90分前~>

【会場】
シアターグリーン BASE THEATER
・「池袋」東口。徒歩6分
・有楽町線「東池袋」徒歩5分
・都電荒川線「雑司が谷」徒歩7分
http://www.theater-green.com/map.html

【チケット料金】
全席自由 3800円

【ご予約】
以下のアドレスから「本間宗南」の扱いでご予約いただけます。フォームに必要事項をご記入下さい。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=nb7rmoomax3fp2m9

力~riki~工房
(公演URL)
http://site-1788147-601-2320.strikingly.com/

観劇日誌: みみよりの会 第四回公演

20190606葉月みみより1_convert_20190611003725

2019年6月15日(土)

観たけど書いてない観劇日誌が溜まってるんですが、もう、古いのは思い出せなくなってきたので(半ば)諦め、直近のところを一つ。

   *   *   *   *   *

外苑前で降りて徒歩5分ほど、やってきました南青山マンダラ。

20190606葉月みみより2_convert_20190611003836

もちろん、初めて。
およそ、私なんぞが来るような場所じゃないんですが、じゃ、なんて来たかというと…

みみよりの会 第四回公演
於:南青山マンダラ(港区)
演目--------------------------
第一部 朗読
朝顔
作:藤沢周平
朗読:藤田典子


作:藤沢周平
朗読:田中泰子

第二部 朗読劇
番町皿屋敷
作:岡本綺堂
構成・演出:竹内紀子
出演:関根絹代、桝谷裕、葉月結子
------------------------------

でというわけで、葉月結子さんを観に来たのでした。
いやもう、次々出演されてますね。
でもって、8月のサイマルさんにも出演されるそうで、しかもポーランドの作品、こちらも楽しみです。

       *   *   *

え〜と、感想も少しだけ。

朗読 2編
藤沢周平の小品を、ベテランのお二人が朗読。

上手いんですけど、
もちろん、上手いんですけど…、

もうちょっとサービスして、エンタメ要素を加えていただければな〜と。

…ああ、でも、客層もけっこう年齢高めだったし、あれくらいが心地いいのかも。

私もつい先日、若めの人たちの芝居を観て(観劇日誌を書いてませんが)、「ま〜、きんきんぎゃあぎゃあ、騒がしいこと(>_<;)」と耳をふさぎたくなりまして、しかし、かく言う私も、若い頃は「やっぱり、熱くシャウトしなきゃあ」なんて思ってたわけでf^_^;)

とはいえ、私の好みとしては、

「朝顔」だったら、妻の般若のごとき嫉妬と狂気を、
「猫」だったら、破滅へと向かう、これも一種の狂気を、
もっと分かりやすくて、背筋がゾッとするような演出で観せたいな〜と思っちゃいましたが…

…ああいう静謐な朗読をしっとりと楽しむのが、藤沢作品には似合うということなんでしょうか

朗読劇
番町皿屋敷と言えば、「1枚〜、2枚〜」を思い浮かべるわけですが、今回は岡本綺堂の作。

男の愛を信じられない女の愚かさ、
そんな女を許せない男の愚かさ、
が織り成す悲恋の物語…でした。

こちらは、一部に演劇要素も取り入れ、見た目にも楽しめるよう構成されていたのですが(だから、楽しめたのは楽しめたのですが)、

…う〜ん、

葉月さん演じるお菊、播磨を愛せていたかな

美しくはあった。不安と嫉妬もあった。
しかし、愛の喜びはなかったような。
自分だったら、どう演出するかな?
そのあたり、岡本綺堂の原作を読んでみようと思います。

       *   *   *

そうそう、人のことを言ってる場合じゃなくて、実は来月の舞台で、私は2人の女を愛する役なんですよね、この私がf^_^;)

しかも、一方からはしっかり愛されてもいまして。

愛にのめり込み、かつ愛を捧げられるに足る人物…

しかし、常識的には、どう考えてもクズでクソな人非人なんですよ(笑)。

…できるかな

       *   *   *

で、観劇後。

外苑前なんて呑んだことないんで、どこへ行っていいか分からず、「渋谷まで出ようか」なんて話をしながら駅に向かう途中、「ちょっと沖縄風ダイニング」みたいな店を見つけ、なんとなく入店。

20190606葉月みみより3_convert_20190611003953

お通し。
メンバーは、岩井さんに、しはかたさん、ジャック、そして私。
おや、サラミが5人分あるような…

20190606葉月みみより4_convert_20190611004100

サラダは私の注文。
何サラダだったかは忘れましたが、美味しかったです。

20190606葉月みみより5_convert_20190611004140

誰がいつの間に頼んだかは分かりませんが、見てのとおりのアスパラ。
カボチャと茗荷(かな)を添えて。

20190606葉月みみより6_convert_20190611004230

手前がソーセージ盛り合わせ、
奥が島らっきょ。
やっと出会えた島らっきょ。
このへんが「ちょっと沖縄風」なんでしょうね。

で、
20190606葉月みみより7_convert_20190611004334

ポテトとタマネギのフライ。
さて、本日の手タレは誰でしょう

20190606葉月みみより8_convert_20190611004433

最後にお肉。
もちろん、岩井さんのオーダー。
変わりませんね、
最後に肉、がっつり肉。

   *   *   *   *   *

じゃ、ま、明日(じゃなくて、もう、今日)の稽古に備えて、そろそろ寝ま〜すm(_ _)m

緊急召集

2019年6月13日(木)

先週8日(土)深夜、くみさんより緊急連絡。

潤子さんが東京に来ますっ

というわけで、昨日12日(水)、仕事をほっぽり出して18時過ぎに退社、一路新宿へ。

   *   *   *   *   *

何のことやらという方には、こちらを見ていただかねばなりません。

はい、その時の工房でお世話になりました橋本さんなんですが、遠くへ行かれた後、また戻ってきたり、また遠くへ行ったりしてまして、今回の上京は日数に少し余裕があるらしく、久々の集合となったのでした。

そしてまた前回のごとく、歴代関係者の方々が歴代仮面ライダー同窓会のように三々五々集まってきて、「おおっ、久しぶり」的なノリで互いの近況を語り合ったりして。

あれから結構な年月が経っているにもかからわず、かつ急な召集で、これだけ集められる橋本さんという人は、やはり「持ってる」んだろうなぁと思いました。

ちなみに、私なんかは、最後の公演に出演させていただいただけのニューカマーなんですが、考えてみると、あそこで知り合ったメンバーと今でも何気に繫がっていて、実は今回の舞台も、あのとき初共演したあきさんに声をかけていただいて、出演することになったわけです。

ご縁って、不思議ですねぇ。

う〜ん、再びあの名言を書いておきますか。

   人生に必要なのは、愛と、勇気と、ひとしずくの奇跡。
                            by 本間宗南

   *   *   *   *   *

そして最後に、橋本さんからのお土産。
20190612橋本さんお土産_convert_20190613232359

いま、これをアテにして一杯やっているところなんですが、思ったよりも甘さ控えめで食べやすく…という以上に、止まらなくなる(笑)。

ただ、これ、嫁さんが好きなので、私はここまでにして、あとは残しておきますかな。

橋本さん、ありがとうございました。

相変わらず大変そうですが、どうぞ、お元気で。

また、遠からずお会いできますようにm(_ _)m


観劇日誌: 桟敷童子『骨の憂鬱』

2019年6月9日(日)

本日は、午前中に整体へ行き、その足で午後から稽古へ。

いやぁ、疲れた。

主演のあやいち君がグングンと役を作り込んできていて、それに引っ張られるように、稽古場全体の熱量が上がってきたような。

おお、私も頑張らなきゃ

と思いながら、ちょっと空回りしちゃって、カミまくり。

それなりにセリフが入ってきたので、脚本を辿らず、自分のなかから言葉がどれくらい出てくるか試してみようという気持ちがあったんですが、まだまだ全然って感じでした。

うう〜、来週こそは

というわけで、ただいま心地よい疲労感と、自らの練習不足の反省に浸りながら、一杯やってます

   *   *   *   *   *

観劇日誌が滞りまくっているので、ともかく、書けそうなのから着手。

20190529骨の憂鬱1_convert_20190608000521

桟敷童子『骨の憂鬱』
作:サジキドウジ
演出:東憲司
美術:塵芥
於:すみだパークスタジオ倉(墨田区)

桟敷童子さんの公演、私のなかでは「葉月さん主催ツアー」と化しているんですが(でも、チケットはしはかたさんにお願いしたりしてるんですがf^_^;))、新参者ゆえ常連を気取るつもりは毛頭ないものの、ともあれ楽しみなイベントになってまして、去る5月30日に行ってきました。

       *   *   *

20190529骨の憂鬱2_convert_20190608000552

仕事の都合がなかなかつかず、スタジオ倉(そう)に着いたのは開演ギリギリ。
会場は満員。わずかな空き席を求め、誘導されるままに上手の後方に着席。
普段に比べると、やや遠方からの観劇でした。

       *   *   *

物語は、冒頭に悲劇的結末が示され、
その結末に、なぜ、どのように至るのかが、主人公の幼少時代に遡って描かれ、
最後はカミュの『異邦人』を彷彿とさせる不条理な(しかし、思い出のたっぷり詰まった)動機が示されて終わる…

衰退していくしかない町の記憶を胸に、
壊れていくしかない家族からこぼれ落ちた男の、
不幸になるしかない人生。

実に、いたたまれない、胸の痛くなる物語でした。

       *   *   *

終演後、錦糸町に出て、葉月さん、しはかたさんとともに居酒屋で一杯。

ほどなく、出演を終えた川原洋子さんも顔を出してくださいました。

ありがとうございましたm(_ _)m

で、われわれが食べたメニューのなかから、一つだけ。

20190529骨の憂鬱3_convert_20190608000649

ただの冷やしトマトですが、醤油をかけて食べました。

なぜトマトに醤油をかけるかって

それは、本作を観てのお楽しみ。
(と言っても、再演があったときに)

   *   *   *   *   *

すみません、簡単ですが、以上ですm(_ _)m

誕生日祝いなど

2019年6月3日(月)

昨日は、稽古のお休みをいただき、車の点検と子どもたちの誕生日祝い他をまとめちゃいました。

   *   *   *   *   *

朝一番で衣替えに着手。
夏物のスーツその他を出し、冬物をクリーニングに出せるよう(っていうか、嫁さんに出してもらえるようf^_^;))準備。

昼前、自動車の定期点検のため、家族で出立。
この車の点検が、本日のメインイベントの1つ。

車を預けた後、子どもたちのリクエストで、近くの回転寿司屋さんにて昼食。
食の細かった子どもたちも、ずいぶん食べるようになりました。
(反対に、私の米消費量は確実に減りましたね…これで酒を減らせればいいんですがf^_^;)

食事を終え、車を受け取り、家電屋さんへ。
ビデオカメラと電気ポットを購入。

現在のビデオカメラは、バッテリー容量がかなり減ってきて、7月の息子のサッカー大会までに新しいのを購入せねばと思っていたもの。

ポットは、もともと調子が悪くなっていたらしいのですが、先日、気づかないうちにネジが1本抜けていて、なんかヤバいかも、ということで新しく購入することに。

つづいてオモチャ屋で息子の誕生日プレゼントを、さらに洋服屋で娘の誕生日プレゼントを購入。
我が家は、子どもたち2人の誕生日がわりと近く、それでも例年はそれぞれ別の日にお祝いをしていたのですが、今年は私が週末に芝居の稽古へ出かけてしまう関係で、2人いっぺんにお祝いをすることで、了承してもらったのでした。

ごめんよ、子どもたち。
来年は、それぞれ盛大に祝ってあげるからな。

さらに洋菓子屋さんに寄って、ケーキを購入。
お寿司で腹一杯だったこともあり(しかも、嫁さんは寿司屋で和風甘味を食べているっ)、ホールはムリと判断して、ショートケーキにしておきました(笑)。

で、帰宅してから私は(数日前にネットで注文した)息子の本棚の組み立てに着手。
組み立て式の本棚は幾つも幾つも作ってきたので、お手の物なんですが、やっぱりゴツイと重いので、それなりに汗をかきました。

ほとんど物置きと化している息子の部屋も、徐々に整えてやらねば。

一息ついたところで、ケーキの時間。
20190602誕生日祝いなど1_convert_20190603235735

なぜ3つかというと、娘はスイーツをほとんど食べないので代わりにオレンジを2切れ。
私もあまり食べないんですが、お祝いだからということで、ビターチョコを。
そして、息子は大好きなイチゴのショート貪るように食い、
嫁さんは本日2つ目のスイーツ…何だっけ、コレ

       *   *   *

そして夜。
ドラッグストアで買ってきた安ワインで乾杯。
あらためて誕生日を祝ったところ、息子がやけにニヤニヤしているので何かと思ったら、

20190602誕生日祝いなど2_convert_20190603235808

なんと、娘と息子から、私への誕生日(&父の日)プレゼント

そう、すっかり忘れていましたが、私も誕生日が近くて、例年は父の日のお祝いと一緒にされるのですが、今年は稽古でビッチリだと言ったら、嫁さんが子どもたちと画策して、プレゼントを用意してくれていたみたいです。

まったく予想も期待もしていなかったので(というか、自分の誕生日を忘れていたので)、本当にビックリしました(笑)。

中身はTシャツ2種。

さすがに「父」Tシャツは恥ずかしいので部屋着にしますが、もう1着は稽古用に使おうかな。

   *   *   *   *   *

ま、そんなこんなで、6月唯一の家族との休日、(しんどかったけど)満喫しました。




 | ホーム |  page top