FC2ブログ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

花と蜘蛛

2018年5月29日(火)

その1 嫁さんから聞いた話。

先日、学校から帰ってきた息子が、開口一番「おかあさん、ごめんなさい」と謝ったのだそうな。

早速、何かやらかしたかっとドキドキしながら、「どうしたの」と聞くと、

息子  お花の蜜、吸っちゃった…。



よくよく話を聞いてみると…、

学校帰り、通学路沿いの公園で、同じクラスの女の子に「お花の蜜、吸おっ」と誘われた息子。

は、花の蜜を吸う

そんな話を聞いたこともなければ、そんな行為がありうるのだと想像したことすらなかった息子はビックリ仰天、疑心暗鬼。

ためらい、たじろぎ、あとずさり…

女の子  大丈夫だよ。あたし、お姉ちゃんと一緒に吸ったことあるもん。お姉ちゃん、平気だって言ってたもん

女の子に勧められ、ここで逃げては男が廃る。
胸の鼓動を抑えつつ、見よう見まねで吸ってみた息子…

あ、…あまい

目眩にも似た甘美な味わいに歓喜する息子(軽く脚色中f^_^;)
ひとしきり吸い散らし、浮かれた足取りで帰途についたが、
家が近づくにつれて頭をもたげてくる不安…

自分は、何かとんでもないことをしてしまったのではないか…
決して口にしてはならないものを飲んでしまったのではないか…


…話を聞いて、苦笑する嫁さん。

そうか、ウチの子は、花の蜜を吸ったこともなかったのか。
あそこの公園の植え込みなら、ツツジか何かか。

じっと母親の表情を伺う息子に、

嫁さん  どんな味だった
息子  …ちょっぴり、甘かった。
嫁さん  お母さんも、子どもの頃、吸ったよ

ホッと安堵する息子に、
とりあえず、吸っても大丈夫なこと、
低い位置にある花には、犬や猫がおしっこをかけてるかもしれないこと、
花の蜜は虫たちの大事な食べ物だから、花をとりすぎないこと、
などなどを言い聞かせたのでした。

       *   *   *

その2  お出かけの帰りにて。

週末、家族で買い物&ランチに出かけての帰り。
立体駐車場に車を入れてから、嫁さんとエレベーターで上がると、先に部屋に戻ったはずの子どもたちが廊下で待ち受け。

ドアが開くなり、

  来て あのね、大変なの

何かと思って付いて行くと、玄関の前に体長3cmほどの蜘蛛。

  え、…これ
  だって、体が白と黒のシマシマでしょ。これは危ないヤツだって、学校で習ったもん



  これ
  ホントだもん

…(回想)…
そう言えば、子どもの頃、蜘蛛の観察をするんだといって、近くの神社で大小20匹ほどの蜘蛛をつかまえてきたことがありました。
が、蓋をちゃんと閉めてなかったため、蜘蛛が逃げ出して家中に巣を張り、お化け屋敷のようになっちゃいました(笑)。

そのまま観察するという手もなくはなかったんですが、母親に叱られ、全匹つかまえて屋外へ捨てることに。
2〜3日かかりましたかね、全部をつかまえるのに。

でも、蜘蛛がいたって大して実害があるわけでもなく、母親に叱られたといっても「アホやな、あんたは」という程度。
蜘蛛も、バッタも、蜂も、カマキリも、カエルも、ザリガニも、カブトエビも、みんな身近な存在だったんですよね。
…(おわり)…

  (苦笑)蜘蛛もさ、人間が何もしなけりゃ、悪さしないんだよ。
嫁さん  スッと通ればいいじゃない。
息子  オレもそう言ったのにさ。
  だぁって〜〜〜。

娘、この夏休みには林間学校があるんですが

嫁さん  大丈夫 山のなかはムシだらけなのよ。
  あたし、ムシのいない山がいいな。


む〜、ド田舎に住んでる意味がまったくない(>_<;)


以上m(_ _)m

スポンサーサイト

幾星霜 2018

2018年5月27日(日)

毎日仕事ばっかりしてると…というか、仕事しかしてないと、書くことがなくて更新が滞ってしまうわけですが、そんな日々の繰り返しであっても歳月は間違いなく過ぎていくのだなぁという、まあ、大したことない記事を一つm(_ _)m

   *   *   *   *   *

数日前から、コイツがキッチンのカウンターに置きっぱなしになってたんですよ。

20180527幾星霜1_convert_20180527072733

なぜ片付けないのか、ちょっとは気になりつつ、家族と話す機会もないままにこの週末、

嫁さん このお皿、見て。いよいよヒビが広がってきて、煮物の汁が漏れるようになっちゃったの。捨ててもいい

よく見ると、

20180527幾星霜2_convert_20180527072851

お、確かに。
以前から徐々にヒビが長く太くなってきてはいたんですが、それがついに裏側まで達した模様。

で、なんで私にいちいち確認するかというと、これは私が独身時代に買った皿だから。
というか、学生時代から使ってるんで、かれこれ30年弱になりましょうか。
重宝しました、苦楽を共にしました(ちょっと大袈裟)。

私だって、体のあちこちにガタが来てるんだもの。
お前だって、ヒビくらい入るよな。

ご苦労っ

というわけで、別れを告げることとなりました。
でも、コイツがなくなると、寂しくなるな、ていうか、不便だな。
代わりの皿を買わなくちゃ。
でも、そしたらコイツのことも忘れちゃうのかな(笑)。

       *   *   *

30年ということで、もう1つ。

20180527幾星霜3_convert_20180527072922

高校時代のバスケ部のウェアとTシャツ。
ウェアのほうは、数年前に実家の洋服ダンスで見つけ、冬用の部屋着に使えるかと持ってきたんですが、ゴワゴワして着心地が悪いので、やっぱりタンスに仕舞っちゃったもの。

Tシャツも長く使ってたんですが、繰り返し選択をしてペラペラになってきたので、引き出しの奥深くに仕舞っていました。

いまだに着られますよっ

一応、体型は維持されているわけですね。
中身はだいぶん傷んできましたが(涙)。

       *   *   *

実は、私の記憶を30年前に引き戻したものが、もう1つあって、
つい先日、高校の同窓会の案内状が実家から転送されてきたんです。

8月の上旬、地元のホテルで開催するのだとか。
学年全体の同窓会なので、大半は知らない人たちなんですが、幹事メンバーを見ると知った名前も何人かいて、「ああ、アイツらは地元に残った(or戻った)んだな」なんて思いながら、でも、この時期に帰省するのは無理っぽいので、欠席するしかないなぁと。

上京してから早30年。
私は、何か意味のあることを成し遂げることができたのでしょうか



いや、まだまだこれから。

野心と下心をドッカと背負い、粘り強く歩いていかねばナ(笑)。


母の日2018

2018年5月15日(火)

いや〜、やばい。仕事が回りません(ToT)
ま、しょっちゅう同じこと言ってますけど

異動先の部署では、何となくアイデアを出したら、出した分だけ仕事が増え、当然のごとく各方面からきっちり見られているので、手抜きなんかできず、

でも旧部署から引っ張ってる仕事もまだまだあり、そっちの方面からは「お前、本当にそれでいいのか。早く帰ってこい」なんて発破かけられて、涙が出るほどありがたいんだけど、でも、それって私には決められないんだよな〜なんて。

というわけで、今週も忙しいです(呑み会2件を含むf^_^;))。

   *   *   *   *   *

こんな調子で、相変わらず土曜出勤が続いていますが、去る13日(日)は母の日。

少し前から娘とプレゼントの相談をしてまして、娘のアイデアで、帽子なんかどうかと。
息子がサッカーを続けるというので、嫁さんは送り迎えかたがた練習の様子を見ていることも多かろうと、ならば夏は帽子が欠かせませんねぇ…という流れで夏用の帽子に決定。

そこで、日曜日に家族みんなで隣駅の百貨店へお買い物。
嫁さんは嫁さんで、母親(つまり私の義母)へのプレゼントを購入。
続いて、(私がB1でお酒を買っている間に)娘と嫁さんで帽子を品定め。
その後、私が合流してプレゼント購入。

夏らしく麦わら。
シンプルながらリボンもついて、オシャレ要素を含みつつ普段使いできるアイテム。
嫁さんも鏡の前でまんざらでもない様子だったので、ま、よかったんじゃないかと。

       *   *   *

この間、息子はというと、元気だったのは靴を買ってもらうまで。

女どもの買い物が始まると、
「ねえ、いつ帰るの
「もう帰ろうよ〜」
と座り込む始末。

仕様のないヤツだと苦笑していたんですが、
帰宅後、さすがに元気がなさすぎと気づいた嫁さん、
もしやと体温を測ってみれば、案の定、38.6度。

あちゃ〜(>_<;)

慌てて布団を敷くと、
間もなく息子は昼飯も食わずに昏々と眠り始めたのでした。

まあ、小学1年生、体力的にも精神的にも疲れが出てくる頃ではあるんでしょうね。

       *   *   *

お祝い気分がすっかり吹っ飛んじゃったんですが、

肝心の()カーネーションをまだ買ってなかったので、昼食後、「雨が降る前に」と私は急いで外出、チャリで行ける範囲内で最も感じのいい花屋さんで花束を購入。

今年は、黄色や紫なども取り混ぜてカラフルに。

帰宅してから娘とカードの作成。

出来上がったのが、じゃん。
20180513母の日_convert_20180515001813

左側のカードが娘作。
裏側はスプレーペンでカーネーション尽くし。
表側には、お礼の言葉と嫁さんの似顔絵、
そして嫁さんの好きな食べ物ということで、コロッケ(笑)。

嫁さんも、「腕前が1ランク上がったね」と褒める出来映えでした。

右側は息子のカードなんですが、当人がダウンしてしまったので、娘と私で用意。
画用紙に「家族」をモチーフにした切り絵を貼り、裏側に息子がコメントを書けるように。

残念ながら、夜になっても熱が下がらなかったので、当日中に完成させることはできませんでしたが、ま、いずれ書くでしょう。

       *   *   *

そんな感じで、食欲の戻らない息子を見ていると、いまいち盛り上がれなかったんですが、それを除けば、それなりに楽しい母の日になりました。








そういえば、の、こどもの日

20180505こどもの日_convert_20180507230016

2018年5月7日(月)

毎年、雛祭りはけっこう力を入れている我が家ですが、端午の節句はなんとなく過ぎてるんですよね〜。

なぜだろう

ま、そんなわけで、たまには金太郎さんもupしておきます。

   *   *   *   *   *

さて、義父の一周忌を無事に終え、家族揃って帰宅したのが5日(土)夜。

昨年の葬式同様、穏やかで和やかで、よい一周忌でした。
(「親の死」が身近になってきて、いろいろ考えさせられることもありましたが、それはまた後日にあらためて)

帰省先では、義母(子どもたちにとっては祖母)と義兄夫婦が万全の受け入れ態勢をとっていてくれたため、子どもたちは美味しいものを食べ尽くし、買い物を楽しみ、従兄弟たちと遊びまくり、そのついでに一周忌も体験した、という感じ(笑)。

さらに義母は、孫たちのために
柏餅を用意し(気の毒なことに、不評だったらしい)、
菖蒲湯をしつらえ(バカ息子は驚き「お風呂に葉っぱが浮いてる」)、
鯉のぼりクッキーを買い与え(これは好評。私も食べました)るなど、

本来は自分が一周忌の主役であるのにもかかわらず、目一杯、「こどもの日」を演出してくれたのでした。

       *   *   *

明けて6日(日)、
午前中に家族恒例の図書館へ行き、
午後、私は夏用スーツを出すなど衣替え、
子どもたちは祖母へのお手紙&プレゼントづくり(と言っても、折り紙や切り紙ですが)。

そして晩飯時、
正式には、この日が命日なので、あらためて合掌&黙祷。
あわせて、1日遅れのこどもの日ということで、「この1年も元気に過ごそう」と乾杯。

ただし、帰省先で美味しいものをたらふく食べてきたので、食事は簡素&ヘルシーに。
(ひじきやら、こんにゃくやら、私には大変ありがたいものが中心)

そんな感じで、しっかり休息をとりました。
よく考えたら、仕事をまったくしなかったGWなんて、初めてかも。

で、ついでなんですけどね、

娘に「母の日は今度の日曜日(13日)でしょ。なんで、14日は振替休日にならないの」と尋ねられ、「そりゃ、ならないだろう(笑)」と思いつつ、なんとなく気になって調べたので、ちょっとだけ…。

       *   *   *

こどもの日が国民の祝日であるのは、法律によって国民の祝日と定められているからであり、

母の日や父の日が国民の祝日でないのは、法律によって祝日と定められていないからであり、

その「法律」というのが、「国民の祝日に関する法律」なわけです。

でもって、世の中とても便利になったので、つい検索しちゃったんですよ(笑)。

------------------------------------
国民の祝日に関する法律



第二条 「国民の祝日」を次のように定める。
元日 一月一日 年のはじめを祝う。
成人の日 一月の第二月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

なんて具合に続きまして、子どもの頃、「天皇誕生日」として過ごしてきた4月29日は、今日ではけっこうheavyなお題が与えられていたのでした(って、知りませんでした)

さらにですね、

憲法記念日 五月三日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 五月四日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。

なんて続いた後、いざ、

こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

と来るわけです。

「母に感謝」ですよ。
半世紀近く生きてきましたが、まったく知りませんでした&気づきませんでした。
でも、悪いことじゃないので(もちろん、よいことなので)来年からは、感謝しようと思います。
(注意:父は対象外)

さらに、

海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。

これも知らなかった〜
今年は、海洋国家日本の繁栄を願おうと思います。
で、

山の日 八月十一日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
体育の日 十月の第二月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 十一月三日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 十一月二十三日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

ってな具合で、(もう突っ込みませんが)けっこう知らないことが多い。
------------------------------------

というわけで、

以上、祝日の過ごし方に一石を投じてみました(笑)。

ソラマチ デビュー

2018年5月4日(金)

GW後半でございます。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか

この連休は義父の1周忌にあたるものですから、嫁さん&家族は昨日3日に帰省。
駅まで見送った私は、帰宅してエアコンだの風呂釜だのの大掃除をし、1日遅れで本日、出立します。

そんなわけで、バスの時間までにチャチャッと更新をば。

   *   *   *   *   *

家族で公園へ行った翌日30日(月)は、同じく家族でスカイツリーへ。

いつかは行かねばと思いつつ、行列と人混みの大嫌いな私はなかなか足が向かなかったんですが、近頃はずいぶん空いてきたという嫁さん情報もあり、子どもたちも行きたがっているそうなので、じゃあ、まあ、行こうかということに。

で、じゃん。
20180430スカイツリー1_convert_20180504103006
たしかに、デカイ。

私たちが到着したのが11時半頃、予約してあった展望台のチケットは13時〜なので、まずはランチを。

あらかじめ娘と嫁さんで吟味した結果、ちょっとオシャレなパスタ屋さんに決定。
このお店、ネットでクチコミを調べると、味はいいけど量は少なめ、テーブルの割に店員が少ないので上手く回転させられず、かなり待たされるとのこと…だったんですが、私たちは混雑する前のギリギリセーフな時間帯だったらしく、10分ほど待って店内へ。

家族3人はそれぞれパスタを、私は試しに系統の違うものをと、こちらを注文。
20180430スカイツリー2_convert_20180504103048
ササミと野菜がたっぷりのヘルシーな丼セット。

で、これが美味い

出汁がしっかり効いているので、食べ続けると、ややしょっぱすぎると感じるかもしれませんが、それもあって丼が小さめなのでしょう。
家族に一口ずつシェアすると、全員好評。
娘はお替わりするくらいに気に入ってました。

パスタも、それぞれ濃いめながら、味はGood。
この店は当たりでした

       *   *   *

食事を終え、スカイツリーのエントランスへ向かうと、当日チケットのコーナーはすごい行列。
やっぱり、まだ人気ありますね。
私たちは予約してあったので、別の入口からサッサとエレベーターへ。
(ただし、ここで当日組と合流するので、やっぱり人混みに吸収されます)

まずは、エレベーターでフロア350へ。
一回りしてから、再びエレベーターに乗ってフロア445へ。
ぐるりと回りながら展望回廊を通ってフロア450に到着。

さすがに高いですね〜。
まずは海側を眺めると、
20180430スカイツリー4_convert_20180504103208
中央奥がディズニーランドなんですけど、これじゃ、分かりませんね。

すみません、カメラを持っていかなかったので、スマホで撮ってます。
(何しに行ったんだって感じですがf^_^;)

そこから、西側へ移動すると…
20180430スカイツリー5_convert_20180504103245
都心方向、中央左手に東京タワー、右側のビル群は霞ヶ関〜六本木辺りでしょうか。
普段は東京タワーを見上げてるんですが、こうして見下ろす日が来ようとは思ってもみませんでした。

にしても、空気が悪い。
休日でも、こんなに澱んでるんですね。

が、こんなの、まだ甘い。

さらに西へ移動すると…
20180430スカイツリー6_convert_20180504103309
右手の白いのは東京ドーム、奥に林立しているビル群は、もちろん新宿界隈です。
も〜、煙りまくってますね(笑)。

ちなみに、池袋方面も撮影したんですが、絵的にあまりおもしろくなかったので割愛。

じゃ、足元のほうはというと、
20180430スカイツリー7_convert_20180504103340
浅草寺。
こちらはキリッと見えました。

そして、そこからエレベーターでフロア345へ、さらにエスカレーターでフロア340に降りると、ガラス床というのがあって、真下を覗くことができます。
20180430スカイツリー8_convert_20180504103456
こんな感じ。
ガラスが傷だらけってのが、意外にスリリング(笑)。

ちなみに、左上のほうに茶色いのが見えますが、これはベンチでその先にステージがあります。

ここで何をやっているかというと、
20180430スカイツリー9_convert_20180504103522
出た、ソラカラちゃん。
「◯◯だから〜」を連発してました。

       *   *   *

で、ここを通っているということは、ツリーヤードからイーストヤードのソラマチに向かっているってことなんですが、その目的地がこちら。
20180430スカイツリー10_convert_20180504103552

はい、ポケモンセンターです。
実は、子どもたちの一番のお目当てはこちら。

池袋のポケモンセンターは以前に行ったので、今度はスカイツリーへ…という流れだったんです。
こちらも、国際色豊かなお客さんで賑わっていました。

   *   *   *   *   *

ああ、いかん。
バスの時間まで、あと10分です。

毎度、中途半端で恐縮ですが、それじゃ、行ってきま〜すm(_ _)m



家族日和

2018年5月1日(火)

こんにちは、尻まわりが軽く筋肉痛の本間宗南です(ToT;)

一昨日29日(日)は、夏日とも言うべき快晴。
風がやや強く、花粉症の私には少々辛い日でしたが、
ともかくも、家族で野外に出かけるには絶好の日和ということで、
久々に大泉中央公園まで遠出しました。

       *   *   *

まずは、娘が球技大会でバスケットボールをやるというので、嫁さんのゴムボールを使ってバスなどの基礎練習。
どうも、クラスに1人、運動神経抜群でバスケをやっている男の子がいるらしく、その子のチームと対戦すると20-0くらいにボロ負けなんだとか。

が、それは、仕方ない。

バスケ経験者として言わせてもらうと、経験者のドリブルを未経験者が止めることは、ほぼ不可能。

でも、逆に言うと、経験者がそのチームにしかいないなら、他のチームとは互角に戦えるわけで、そこで頑張ればいい。

というわけで、パスとシュートの練習。
(芝生の上ではドリブルの練習が難しかったこともあり、割愛)

バスケットボールを買いたくなっちゃいました(笑)。
(でも、マンション暮らしじゃ、練習できる場所がないもんな〜)

ひとしきり練習した後は、同じく娘が、体力測定でボール投げ13mをクリアしなければならないとのことで、こちらも指導。
13mなんて簡単だと思うかもしれませんが、女の子にとっては意外に難しい。
測定で使うものより一回り小さいボールでも、娘は10mが精一杯。
投げ方が悪いわけではなく(フォームはわりときれいなんです)、モノを投げる経験に乏しいので、力の入れ方が分からない。

野球にしろドッジボールにしろ、投げることが当たり前だった私は、逆にそれが当たり前ではない娘にどうやって教えてよいか分からず、つい「まずはカタチから」的にフォームを教えてみたんですが、結果、結構いい角度で「ストライク」は投げられるようになったものの、遠くへ投げられず(T_T)

上手くできない娘は、途中でイジけてしまったので、気分転換にサッカーのパス練習。
強く蹴ることはできないまでも、とりあえず、インサイドキックができるようになって、ご機嫌回復。

       *   *   *

休憩を挟んで、今度は息子の相手。

嫁さんによると、サッカーならば上級生のなかにも平気で入っていく息子が、野球となるとボールを受け取ることも投げることもままならず、友達に誘われても、腰が引けてしまうんだそうな。
上手でなくてもいいから、最低限、楽しむことはできるようになってほしい…という嫁さんの要望を受けて、キャッチボールの指導。

ぶっちゃけ、娘よりも筋がいいし心配ないとは思いながら、友達と遊ぶ際の心理的ハードルを越えさせてあげねばならないので、手でボールを扱うことに慣れるよう、投げる距離を長くしたり短くしたり、投げ方を変えてみたりと、あれこれ工夫。

そして最後は、息子とサッカーの練習。
運動量的には、この日のメインイベント。

息子、いつの間にか上達していて、トラップ、キック、フェイントどれをとっても、いちいちサマになってる感じ。
さすがに蹴る力は弱いんですが、「意外にやるじゃん」と思いながら相手をしていました。

まだ、技術的にも辛うじて上回っていますが(リフティングはまだ余裕ですね…って、小学1年生と比較するかっ(笑))、でも、

あと1年もすれば、追い越されるんじゃないかな〜

と、マジで思ってしまいました。

ヤバいな、こっそり練習しとこっかな(笑)


       *   *   *

そして最後は、家族4人でドッジボール。
私に比べて嫁さん、娘、息子が圧倒的に弱いので、どういう組み合わせにしてもバランスがとれないんですが、娘と息子をたくさん走らせたので、まあ、目的は達せられたのではないかと。

全員、ヘトヘトになって公園を後にしました。
やはり、月に1度くらいは、こういうイベントがないといけませんね。

これと言っておもしろいネタもありませんでしたが、とりあえず、こんな感じです。



 | ホーム |  page top