FC2ブログ

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ひとりごと その41:磯野家IT化計画

2018年1月31日(木)

昨年11月に東芝がスポンサー降板を発表したサザエさん。
好イメージでファミリー向け訴求力が高いとあって、熾烈な()後継スポンサー争いが続いていましたが、このほど以下の企業に決定したとか。

大和ハウス工業

ほほう

西松屋チェーン

なるほど

アマゾンジャパン


えっぐ…、


え〜げつな〜っ


なんでやねん。
そこまでする

金さえ払えば、どんな仮面でもかぶれるということですか

力の強い者は、何やってもいいってことですか
(なんか、内外あちこち、そういう風潮ですね)


断言しましょう。


近い将来、
カツオくんとワカメちゃんはスマホを持ち(花沢さん超スゴ)、
サザエさんはネットで買い物をするでしょう(サブちゃん転職)。
(ついでに、ノリスケさんは伊佐坂先生の小説を電子書籍(もちろんkindle仕様)で出版するでしょう)


断言しますっ(笑)。
(ひとりごと、ですけどね)

とりあえず。

       *   *   *

<追記>
2月1日(木)付けの報道では、日産がメインスポンサーとして加わったとか。

それだけです

スポンサーサイト

セレンディピティ

2018年1月28日(日)

このところ家族が次々と風邪をひいたんですが、その関係なのか、昼前に嫁さんから「医療費控除の申請をしたいから、マンナンバーのカードと源泉徴収票を貸して」と唐突に言われたんですよ。

源泉徴収票のほうは、いつだったか会社で渡されて、鞄に入れっぱなしにしていた記憶があったので、わりとすぐに見つかったんです。

問題は、マイナンバーカード。
以前、会社で何か必要になったんですが、大事にしまいすぎちゃったみたいで、どこを探しても見当たらず(T_T)
困って総務に泣きついたら、会社で記録をとっていたので何とかなったのですが、それで

なんだ、何とかなるんだ

と安心しちゃって、そのまま放置してたんです、私f^_^;)

さて、あらためて困りまして、

  いつまでに
嫁さん  できるだけ早く。

というわけで、もうすぐ昼飯だというのに大捜索が始まり…。

   *   *   *   *   *

そしたら、いろいろ笑える発掘物がありまして、まずはこちら。

20180128発掘1_convert_20180128171537

これ、何年か前に娘が描いてくれた(開くと飛び出す)勤労感謝カードです。
右側の白い紙を引っ張ると何かがどうにかなるはずなんですが、ゴムが切れていて、今となってはどんな仕掛けだったのか分かりません。

私の似顔絵は、シャツとネクタイが実物よりオシャレに描かれているうえに、髪の毛が増量されてます(当時はフサフサしてたってわけじゃありません)。
ありがとう、娘よ(笑)。

嫁さんのほうは…、何となく雰囲気はつかんでますね。

こうした子どもたちからのプレゼントは、気に入ったものを壁に飾ったりフォルダにしまったりしているのですが、なぜかこれは机の上の資料の束から出てきました。

       *   *   *

続いての発見物は、こちら。

20180128発掘2_convert_20180128171600

文房具を入れている引き出しを開けたときにチラッと目に入った紙の束を取り出してみたら、なんとビール券でした。

いつのだ

使えるんですかね。
とりあえず、嫁さんに渡したら、近所のドラッグストアで試してみるとのことでした。

       *   *   *

そして3つ目。

20180128発掘3_convert_20180128171618

懐かしいですね(笑)、2000円札ですよ。

使えるんですかね
(使えるっつーの

これも嫁さんに渡そうとしたら、

嫁さん  とっておいたら、価値が上がるんじゃない

古銭かっ

というわけで、元の場所に仕舞い込みました(笑)。

また数年後にお目にかかりましょう。

       *   *   *

ほかにも、「あ、こんなところにあったのか」ていうものが、いくつか見つかりまして、

こういうの、なんて言うんだっけな〜と、PCにキーワードをあれこれ打ち込んで検索してみたら…、

セレンディピティ

そうそう、それですよっ

と喜んでいたんですが、ふと考えてみると、

これって要するに、整理整頓ができてなかったことの裏返しなんですよねf^_^;)

   *   *   *   *   *

あ、ちなみに、マイナンバーカードも無事に見つかりました。

まあ、そんな、日曜日の一コマm(_ _)m


川崎大師詣で2018

2018年1月27日(土)

いやぁ、追い詰められてきました。

先日もミーティングで話していたんですが、さて、私たちはこの年度末を乗り切れるのか
なにしろ、昨春の組織再編・異動から初めて迎える年度末で、これまで各部署に分散していた当四半期の仕事が私たちの部署にドドーンと集約されちゃったんですよね。

未体験のレベルなんで、ホントにこの人員でできるのかどうか、誰も知らない(笑)。

とりあえず、2月上旬の大波を乗り切る算段はつけたんですけど、この後3月末まで続く第2波、第3波、第4波をどう越えていくか…。
(って、要するに、ずっと大波じゃん)

こうなったら、もう神頼みしかありません。

…というわけで()、行ってきました、神頼み。
(正しくは、仏頼みかな

   *   *   *   *   *

じゃん。

20180120川崎大師2_convert_20180125234638

川崎大師〜

恒例となりました、池ちゃんとの初詣。
昨年は濱君も参加したんですが、今年は日程が合わず、断念。

14時に京急川崎駅で待ち合わせ。
そこから大師線に乗って…

おおっと、その前に。

20180120川崎大師1_convert_20180125234616

昨年に続きまして、今年も発声練習(笑)。

2人で駅近くのカラオケ屋さんに入り、ビール片手に歌い始めます。

バンド活動もますます盛んな池ちゃん。
ボリュームのある声を振るわせながら、ドリカムやら安室やらの難曲に挑んでいきます。

一方の私、歌うのは昨年の大師詣で以来という体たらくですが、この数か月のYoutube鑑賞で見つけた新曲を披露〜。

と、

池ちゃん  おお〜、なつかし〜。



池ちゃん  このドラマ、見てたよ〜。

しゅ、主題歌なんだ…、知らなかった
(テレビ、見てないもんで)

とか何とかしてるうち、すぐにネタが尽きてしまって、やっぱり去年と同じ曲に…(>_<;)

そしてラスト5分になって、2人で歌える曲をということで池ちゃんが選んでくれたのが、「夢の中へ」(上掲)。

私、「うふっふ〜」だとばかり思ってたんですが、「ウーウーフー」なんですね、本当は(笑)。

       *   *   *

で、あらためまして、川崎大師。

20180120川崎大師2_convert_20180125234638

今年は例年より早い時期に来たので、参拝客も比較的多く、山門前にも立派な飾りが立てられていました。

納札堂へ家族全員分の去年のお守りを納め、大本堂へお参りした後、また今年のお守りをいただいて帰ります。
家族の分は例年どおり交通安全。
私は今まで健康(身代わり)のお守りをいただいていたんですが、今年はもっとアグレッシブに生きようということで()、勝負に出ました(笑)。

20180120川崎大師11_convert_20180127080447

開運〜

健康面のdefenceを手薄にしてまでも突破力のスペックを高めてみたんですけど、さて、賽の目はどう出るか(笑)。

そして、門前のお土産屋さんでは、やはり例年どおりおせんべいを購入。

20180120川崎大師9_convert_20180125234918

他にもいろいろ買ってみたいんですが、ウチは娘が甘い物を食べないので、結局これになっちゃうんですよね。

       *   *   *

さて、やっと辿り着きました、こちらも恒例の琉球。
20180120川崎大師3_convert_20180125234709

もう、ここまで書くのに疲れちゃったので、あとはサクッと抜粋f^_^;)

20180120川崎大師4_convert_20180125234731
手前は池ちゃんお気に入りのタコスピザ、奥が私のオーダーでパパイヤの炒め物。
何しろ私、食べ順ダイエット中なもんで()まずは野菜からです。

そのうえで、
20180120川崎大師5_convert_20180125234752
池ちゃん大好物のスパム&タマゴ。
ホント、好きですよね〜。

あ、お酒はオリオンを2杯ほど呑んだうえで、こちらに。
20180120川崎大師6_convert_20180125234819
実は前日に菊の露を呑んでいたので、この日は久米仙に。

注目は後ろの2Lペットボトルに入った黄色い液体。
こちら、うっちん(ウコン)茶。
コレで泡盛を割ってもいいんですが、私たちはチェイサーにして呑みました。

それから食いに食ったんですが、そのなかから、こちらを紹介。
20180120川崎大師8_convert_20180125234858
左は手羽餃子。なかに具が入ってます。
右は…何だっけ ま、何かの肉と青菜の炒め物です。
これも、池ちゃんの好物。

20180120川崎大師7_convert_20180125234837
もう腹一杯になったので、最後は豆腐ようをアテにしてチビチビ…

と、ママさんがサービスでタコの刺身を出してくださいました。

いつもいつも、ありがとうございますm(_ _)m

       *   *   *

あ、最後になりましたが、こちら。
20180120川崎大師10_convert_20180125234935
池ちゃんの韓国土産。

この韓国旅行の話がまたハプニングの連続でおもしろかったんですが…

とても長くなるので割愛します。

本日はここまで。
長々と(ダラダラと)お付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


ああ、今日も自宅で仕事だ〜(T_T)

岸田談義

2018年1月25日(木)

少々時間が経ってしまいましたが、先日の続編です。

   *   *  *   *   *

去る18日(木)、新宿西口で再びコレしました。

201800118餃子誕生日1_convert_20180120075824

既視感…

っていうか、見ました、間違いなく(笑)。

過日に書きましたように、前回の「見世物」公演で赤鳥恋歌の主役・三重吉を演じてくださいましたYUKIさんの誕生日祝い。

◯◯個の餃子をみんなで食べるべく、仕事を途中で放り出して駆け付けてみると、

なんと、YUKIさんと岩井さんがサシで呑んでるじゃありませんか。

どうやら皆さん、別の呑み会が入っていたり帰省していたりして、都合が合わなかったとのこと。

そんなわけで、

3人で◯◯個の餃子を食い切る

ってことは、

1人◯◯個の餃子を食う

という企画になりました(笑)。

       *   *   *

それで、私がYUKIさんに教えてもらいたかった件というのが、コレでして。

201800118餃子誕生日2_convert_20180120075727

赤鳥の稽古中(っていうか、稽古後に呑むたび)、YUKIさんが敬愛してやまない岸田理生の話が出るわけです。
私、身毒丸くらいしか知らなかったんですが(もちろん、寺山の文脈で)、刷り込みっていうんですかね、毎回のように聞かされてると、何だか読みたくなって、戯曲集を6冊ほど買い集めて年末から順次、読んでいったんですね。

で、難しくって〜(T_T)

なんでこんなに、哀しい本を書くんだろ、この人は。

とくに、娘として生まれ育ち、女として生きることの、…そのぅ、抗いようのない痛みや苦しみみたいなものが、これでもかってくらいにズブズブと書かれていて、どう咀嚼していいのか、分からないんですよね。

それで、

こりゃ、脚本だけ読んでても理解が深まらないから、岸田理生氏自身のことも少し勉強しなきゃダメだな〜

と、とりあえず、エッセイ集(と言っても、あちこちに書いた文章を集めただけですけど)を読み始めたところなんですけど、

もっと手っ取り早く、

岸田理生って、いったい何者なんだ

…的なことを、まさにご本人を知っているYUKIさんに聞いてみたかったんです。

       *   *   *

そしたらもう、さすがは理生LOVEなYUKIさん、語るのなんの

いろんな話が次々と出てきて、すっごくおもしろかったんですが、印象に残っているのは「リヤ」のこと。

本作は、戯曲集にも収録されている作品で、長女の目線から書かれているんですが…、正直に言って、私、おもしろくなかったんです。
失礼ですけど、私には、シェークスピアをわざわざつまらなく&締まりなくしているように思えちゃったんですが、YUKIさんはこの脚本を「すごく共感する」と愛しまくっていて、父殺しの意味とか、妹を殺さずにはいられなかった心情とか、熱弁されてました。

それで気づかされたのは、私って、「男」…という以上に「父親」の目線(だけ)から読んでたんですよね、リヤ王を、無意識・無自覚的に。

そっか〜、読めてなかったんだな〜。


あ、正確に言えば、そう気づいたのは、後日、YUKIさんの話を何度か反芻してからのこと。
(当日は、ただただ楽しく話して聞いて食べて呑んでいただけでした)

他人の作品を批判するのは簡単だけど、その瞬間に自分の受容力が落ちていないか、価値観が硬直していないか、などなど疑うクセをつけておかないと、けっこう恥かくかもね(恥かいちゃったかもね)…という以上に、痛い目に遭うかもね、と後になって冷や汗を流しました。

   *   *  *   *   *

ああ、まだまだ思うところ、書きたいところはあるんですが、日付も替わっちゃったし、明日(じゃなくて、もう今日)もheavyだし、ひとまずおしまいにしときます。

ここんとこ、尻切れトンボが多いかも

おやすみなさいm(_ _)m

長靴万歳

2018年1月23日(火)

書こうと思っている記事が何件があるんですが、今日(じゃなくて、もう昨日)の雪のことを記録しておかないのもどうかと思うので、一応、書いておきます。

   *   *   *   *   *

いやあ、久々にしっかり降りましたね。
皆さん、ご無事でしょうか

わたしの職場では、お昼前に総務から、

15時以降の退社を許可する

なんてメールが回ってきて、私も帰宅する気満々だったんですが、

何しろ、明日(じゃなくて、もう本日ですが)23日(火)に一つヤマ場を迎える仕事がありまして、

うう〜、なんとか16時までに…

むぐ〜、頑張って17時までに…

ひり〜、せめて18時までに…


なんて足掻いているうちに、

twitterのまとめページ(yahoo!)では、

◯◯線、激混み!
こんなときに、人身事故(笑)
◯◯駅、入場規制!
動きませ〜ん


といった呟きが続々と流れてきて、

う〜む、晩飯までに帰るのは無理か

だったら、満員電車で何時間も過ごすより、しばらく会社で仕事して電車が空いてからサクッと帰ったほうがいいや、

と判断。

近所のコンビニで買ってきた弁当で(寂しい)晩飯を済ませ、本日予定していた仕事をこなしてから、帰路へ。

       *   *   *

その間、上記のtwitterまとめページをちょくちょく見てたんですが…、

おもしろいですね〜

SNSオンチの私にはとても新鮮だったんですが、

呟かれた時間は明確でも、その内容がいつのことなのかが分からないし、
(目の前のことなのか、帰宅後に振り返ってのことなのか、など)

どの駅のことか分からないものも多かったり、
(都心の話なのか、ローカルな最寄駅周辺のことなのか)

まったく正反対のことを書いていたり、
(空いている/混んでいる、動いている/止まっている、など)

はっきり言って、

確かな情報を得たいと思う者にとっては、ちっとも役に立たない。
(もっとも、鉄道会社の「運行情報」はザックリしていて更新も遅く、さらに役立ちませんでしたが)

とはいえ、継続的に見ていると、全体的な傾向やら潮流やらは伝わってくるもので、

夕方にかけて、

◯◯線、クソだ。
ホント、クソだ。
クソクソ。
サイテ〜。


…的なコメントがドドッと増えてきて、人々の怒りと不満に悲嘆が重なり、渦高く巻き上がっていく様子が手に取るように読み取れたんですが、

19時半を回る頃になると、なんとなく落ち着いてきたというか、冷静なコメントが増えてきて、

ああ、オームの怒りがおさまっていく…

的な(笑)。

まさしく、あの赤い光が波打つように青くなっていく感じがしました。

       *   *   *

そうした流れを確認してから社を出たおかげで、

ま〜、さすがに本数は少なく、各駅で待たされましたが、乗客も少なく、時間調整だの停止信号だので足止めを食う時間もわりと短めで、

まずまずスムーズに帰れたと思います…地下鉄はね。

しか〜し、地上に出て某私鉄に乗り換えたところでストップ。

クソだ。

と言われ続けてるだけのことはあります(笑)。

寒いなかで待たされましたが、
でもまあ、
何とか動き出し、
どうにか最寄り駅に着き…、

しか〜し、バスが来ず。



まったく来ず。

ロケーション情報を確認すると、


ただいま、著しい遅延のため、正しい情報発信ができない状態にあります…


だろうと思ったぜよ〜

       *   *   *

実を言うと、こうなることは、今朝ウチを出るときから予想済み。

そんな私は、ちゃらちゃちゃっちゃ、ちゃ〜ん。

20180122長靴万歳_convert_20180123001353

な〜が〜ぐ〜つ〜。

この地に引っ越してきて最初の冬だったか、

よりによって京都出張の日に雪に降り込められて陸の孤島状態となった教訓から、すぐに長靴とシャベルを買ったんですが、

それがやっと役に立ちましたよ〜(高笑い)。

背中に背負ったリュックから長靴を出して履き替えると、

ザックザックと歩き出しました。

ええ、

ザックザックとね。

素晴らしいですね、この安心感。

よちよち歩いている連中(酔っ払いが多かった。ざけんな、てめーら)をドンドン抜かしていきましたよ。

細い歩道の脇のほう、雪が積もっているところでも躊躇わずに踏み込んでいきました。

少なくとも、20人以上は抜いたんじゃないかな(自慢げ)。

私、半世紀近く生きてきて、長靴に対してこれほどまでに敬愛と信頼の情を感じたことはありませんでした(笑)。

長靴万歳っ

       *   *   *

が、バス通りからマンションに向かう小径へ入ると、積もり方がワンランク・アップ(笑)。

足元が暗いので、よく見えないまま踏み込むと、積雪が長靴の丈を上回っていたらしく、

嗚呼っ、長靴のなかに雪がっ。

ちべたい(T_T)

ちなみに、この道、子どもたちの通学路なんだけど。

明日、小学校、あるのかな

あるんだったら、雪かきしてあげないと、子どもたちが困っちゃう(もしくは、大はしゃぎしちゃう)。

       *   *   *

嫁さんは子どもたちと一緒に寝ているので、確認できず。

ふと窓を開けると、雪はやんだ模様。

仕方ない、早起きするか。

ってなわけで、そろそろ寝ます。

おやすみなさい。

賢さ、あるいは働き方改革、に関する一考察

2018年1月16日(火)

今日(じゃなくて、もう昨日)はとても眠かったです。

       *   *   *

去る日曜日は自宅に持ち帰った仕事をセッセとやってたんですが、
やれ自転車のブレーキがおかしいから見てくれ(嫁さん)とか、
やれ紙飛行機の折り方が分からないから折ってくれ(息子)とか、
やれ学校に持っていくものの準備を手伝ってくれ(娘)とか、
あれこれ引っ張り出されて、晩飯までに終わらなかったんですよ。

で、家族が寝る段になって、ひとまず私も仮眠がてら2時間ほど添い寝してやって、
そっと起き出して自分の部屋で仕事の続きをしてたんです。

で、1時くらいですかね〜、コーヒーを淹れようとしてガサゴソやったのが悪かったのでしょうか、
目を覚ました娘が私の部屋に来て「恐い夢を見たの…」と手を引くので、仕方なく再度の添い寝へ。

  お父さん、ごめんね。
  いいんだよ、お父さんも疲れたから休憩。

それから2時間ほど、娘の軽い寝息と寝返りとに耳を澄ませながら、

あ〜あ、朝までには仕上がらないな〜
腰も背中も肩も痛いし、もう諦めて寝よっかな〜

なんて思ってたら、

  …お父さん、もう行っていいよ。あたし、眠れるから大丈夫。

う、やっぱり仕事しなきゃダメかな(笑)

       *   *   *

ま、それはともかく、そう言われた瞬間になぜか、

賢い子だな〜

と(かなり親バカながら)思っちゃいまして、

自室に戻ってから、仕事の続きをしつつ、「でも、なんでアレを<賢い>って思ったのかな」、と考えてたんですが、

「賢い」ってのは、

分数の足し算ができるとか、
漢字テストで100点だったとか、

そんなことじゃなくて、

つまるところ、

相手の気持ちや立場を慮る能力なのかな〜とか、

ある種の、「柔らかな想像力」なんじゃないかな〜とか、

そんなこんなを思ってました。

       *   *   *

で、結局、終わらなくてですね、
今日(じゃなくて月曜)、遅くまで頑張って、なんとか火曜日中に終わる目処はつけたんですが、

やっぱり、そもそもは週末に仕事を持って帰らなくてもいい生活に変えなきゃな、

働き方改革ってはのは、まずもって、自分の心の改革なんだよな、

なんて思いながら、この記事を書いてます…


…って、

お題が入れ替わっているかもf^_^;)


なんか、とっても収拾がついてないんですが、眠いので、もう寝ます。

おやすみなさいm(_ _)m

新年会2018(第1弾)

2018年1月12日(金)

仕事が忙しくなってきました。
回し切れなくて、ちょっと焦ってます

にもかかわらず、気がつくと公私合わせて4つくらい新年会の予定が入ってまして、要するに週1ペースなんですが、

その第1弾が去る10日(水)にありました。

じゃん。

20180110新年会1_convert_20180112234656

店の写真を撮り忘れちゃったので、いきなり餃子です(しかも食いかけ)m(_ _)m

       *   *   *

新宿西口にある博多劇場って店なんですけどね。
そもそものところから話し始めますと、以前、新宿村で赤鳥恋歌の稽古をやった後に呑みに入ったんですよ、何となく。

そしたら、この店、店員さんがびっくりするくらいイケメン&カワイ子ちゃん揃いで、そのカワイ〜女の子が何か「会員になれ」的なことを(わりと押し気味に)要求してくるんです。

で、しはかたさんと私は素気なく断ったんですけど、ノリのいい岩井さんとYUKIさんは…何をしたのかよく分かりませんが、スマホがどうの、アプリがどうのとやった後、(めっちゃアナログに)ハガキを書いたんですよ、自分宛てに。

そうすると、誕生日にそのハガキが届いて、なんと、

年齢と同じ数の餃子が無料で食べられるっ

…んですけど、…え、食べたいですか

節分に歳の数だけ豆食うのだって大変じゃないですか。

そのシステムの説明を聞いて、YUKIさんなんか、大爆笑。

       *   *   *

で、それっきり忘れてたんですが、先日、岩井さんから

店から、こんなの来たんですが〜

…的な回覧が。

とっくに大台を越えてる岩井さん…、

みんなで手伝うしかないじゃないですかっ

うまい仕組みになってますね〜(笑)

こうして、ホントはハラマリさんの店に行こうって言ってたのに、とりあえず、こっちで新年会を開くことになったってわけです。
(そして、なぜか幹事は小木さん)

       *   *   *

さあ、やっと10日(水)当日ですよ。

私は仕事が終わらなくて遅れて行ったんですけどね、

私が(道に迷った挙げ句に)到着する直前、冒頭の餃子が運ばれてきて、しかも花火がパチパチ燃えてて、そこへイケメン&カワイ子ちゃん全員が集まってオッサン&オバサンを囲み、Happy Birthday 〜 を大合唱するという…、

メチャメチャ恥ずかしい(ジャック談)

シーンがあったんだとか(笑)。

いやぁ、見たかった。
ぜひ、体験したかった。

       *   *   *

なんて記事を晩飯食いながらダラダラ書いていたらですね、今しがた、

岩井さん  YUKIさんの誕生日ですが、来週のどこかで◯◯個の餃子でもいかが?

YUKIさんも1月生まれかよ〜

と、すかさず、

ジャック  いいですね。

恥ずかしかったんじゃないのかよ〜

       *   *   *

ええ〜、来週は池ちゃんと泡盛を呑むんですけど〜。

でも、YUKIさんには教えてもらいたいこともあって、会いたいと思ってたんですよね〜。

ちなみに、仕事、かなり忙しいんですけど〜。



…どうしよ。
(決まってるくせに)




ぎりぎりセーフ?

2018年1月8日(月)

いえね、先日の『紙風船』(岸田國士作)が妙に引っかかってましてね。

1925(大正14)年発表のこの作品、とくに時代と地域の指定はありませんが、セリフの内容からは、東京を舞台とした当時の「現代劇」であると読み取れます。

登場人物は、会社務めの夫と専業主婦の妻。
年齢設定はありませんが、やはり内容から見て、夫は20代後半から30代前半、妻は20代前半とするのが妥当なところかと。
両者の間には、とくに共通の趣味があるわけでもなく、夫の妻であり妻の夫であるという以外の属性は示されません。

そして舞台は、とある晴れた日曜の午後、自宅の庭に面した座敷にて。
毎度のごとく会社の同僚宅を訪ねようとしたところを細君に咎められたらしい夫は、手持ち無沙汰に新聞を読み、
ささやかな思いを抱きつつも行動を起こせない妻は、やはり漫然と編み棒を繰り、

さて、結婚後1年の日曜をいかに過ごすかということが、夫婦の課題となったのでした…。

とくに事件が起こるわけではありませんが、構成は一応あって、
上記の導入から空想の鎌倉旅行へ、唐突に現実へ戻り、そして紙風船が闖入してエンディング。

…難しい。

まずは、これまでどう上演されてきたのかを勉強するのが王道なんでしょうけど、それはさておき。
自分だったら、どう演るかなぁ。

この2人の無意識のなかには、何があるんだろうな。
いや、もっと具体的なところで…
何を期待していて、どんな期待が消えつつあり…
っていうか、
これ、結婚して1年だろ。
新婚ホヤホヤじゃないけど、
倦怠期ってほど成熟はしてないし、
このミョーなヌルさと揺れが、最終的にどっちに向かってんのか…、

たとえばウチだったら、結婚して…、
あれ、何年目だっけ
えっと、婚姻届を役所に持っていったのが…






あぐゎ〜っ、来週、結婚記念日だった〜


       *   *   *

と、びっくりしたのが昨日7日(日)の朝、布団のなか。
(以上、長〜い前振りでしたm(_ _)m

平日は仕事で遅くなるので、記念日前にお祝いをするとしたら、8日(つまり今日)しかありません。
午前中、家族で買い物に出かけた後、午後は部屋にこもって仕事関係の本を読みつつ、ネットでこっそりと花束の配達を注文。

そして先ほど、届きました。

20180108結婚記念日_convert_20180108142928

娘はちょっと興奮して「え〜、お父さんから?」。
嫁さんは「ありがとう。写真、撮っとこ。」
息子は一人前に照れつつ「おめでと。」

3分ほど賑わいました。

これって、


ぎりぎりセーフですかぁ〜(笑)


さ、持ち帰った仕事がまだ終わってないんですけど、ちょっと出かけて、スパークリングワインでも買ってきましょっかね。


…あ、昨日まで忘れてたことは、くれぐれもご内密にm(_ _)m


願いをかなえるドォ

2018年1月7日(日)

この年末年始の帰省で、娘は祖父母と一緒に何をしようかと計画を立てていたらしく、お餅をつく(お手伝い)、ゲームセンターで遊ぶ、海老フライを揚げる(お手伝い)、そして、こちらを作ろうと決めていたそうです。

20180107ミサンガ_convert_20180107071016

はい、ミサンガ。
(と、いうんだそうです。よく存じませんf^_^;)

友達にプレゼントする分などとともに、私にも1つ作ってくれました。

ちなみに、この糸はかつて私の祖母の持ち物だったもの。
手仕事の得意だった祖母は、ミレーの「落ち穂拾い」なんかも刺繍で描いちゃってましたが(それは私が祖母の「手の跡」としてもらいました)、彼女の死後、大量に残っていた刺繍糸を、同じく針仕事の得意な母が形見代わりに引き取ってきて、(あれからもう何年も経つのに)それがまだ実家に残っていたのでした。

そんな祖母の糸が母の手を経て娘に届けられ、それがミサンガになって「固く固く結んで、切れたら願い事が叶うんだよ」なんて手渡されたりすると、ちょっと感慨深いものがあります。

娘にも「これは、ひいお婆ちゃんの糸だったんだよ」と教えてやったんですが、
祖母が亡くなったとき、娘はまだ嫁さんのお腹のなかでしたし…、

やっぱり、ピンと来ないかな(笑)

ともかくも、何だかとってもご利益がありそうなので、休日に持ち歩いているバッグに結びつけてみました。
(ミサンガの場合、ご利益とは言わない

妙に可愛らしく、どのツラ下げてこんなもの…って感じでですが、私から見えないところで失笑しといてください。

でも、考えてみると、この紐が擦り切れたときには願いを叶えてないと(各方面に)申し訳ないような気もしてきたりして、けっこうプレッシャーかも。


あ、何をお願いしたかは、もちろん、内緒です(笑)。


観劇日誌:杉山純じディレクション『エンれぱ! vol.3』

20180105エンれぱ0_convert_20180106170809

2018年1月6日(土)

昨日5日(金)は仕事始め。
その帰りに、白須優里さんの出演される、こちらの舞台を観てきました。
これが2018年の初観劇です。

   *   *   *   *   *

杉山純じディレクション『エンれぱ! vol.3』
演出:杉山純じ
於:ワニズホール(新中野)
演目:
【亀さんチーム】
『紙風船』作:岸田國士
『つくりばなし』作:柴幸男
『193』作:表情豊

       *   *   *

新中野なんて、降りるのは初めて。
18時半の空はすでに薄暗く、先の見通せない商店街に心細くなりながらも、地図を頭に思い浮かべ、地べたを這っている自分を俯瞰しているもう一人の自分をイメージしながら歩いて行くと…

なんか、着いちゃいました(笑)。
20180105エンれぱ1_convert_20180106170829
ワニズホール、もちろん初めてやってきました。

で、お目当てはもちろん、優里ちゃんが出演する『紙風船』。
私、恥ずかしながら、岸田國士の作品をナマで観るのは初めて。

というわけで、昔買った本を引っ張り出してきて、予習(復習)してきました。
20180105エンれぱ2_convert_20180106170854
右はご覧のとおりハヤカワ演劇文庫。
左はケラ氏が岸田國士作品をコラージュしたもの。いくつかの一幕ものを切り貼りして、あたかも一つの町内で起こっている群像劇のように料理しています。

正直に白状しますとね〜、私ね〜、昔読んだときは、「つまんね〜」と思ったんですよね
とくに大きなドラマがあるわけでもなく、何だかウジウジした奴らがモヤモヤとした日常のなかでダラダラと話し続ける会話劇…

地味〜

…そんな印象だったんですよ、ぶっちゃけ。

でも、今回、何作品もをダ〜〜ッと読み通してみると、
何〜て言うんでしょうねぇ、

心の底に、滓が静かに溜まっていくような…、

そんなふうにして、ある印象というか、心象というか、
それっぽいものが蓄積されていく感覚があって、

ホッと一息ついてみると、

何となく切ないような、胸苦しいような、
どこか温もりのある悲しみが、
心を満たしているんですね。


ああ、上手いな


と思いました。
(私が今さら言うことじゃありませんがf^_^;)

そのとき、ふと連想したのは「金魚すくい」(笑)。

穏やかな水面を眺めながら、
ほんのわずかのさざ波を見つけて、
薄い網を素早く、しかし滑らかに差し込むと、
水面下に潜んでいた、さざ波の主が姿を現す。


お見事。


冒頭のケラ氏リメイク本も、岸田作品をいくつも重ね合わせることで、それらに通底する問題意識、人間観や人生観、その背後にある世界観、そして、その時代と社会の空気なんかをあぶり出しているんだな、たぶん。

       *   *   *

いえね、

終演後、濱君と駅前の焼きトン屋さんでそんな話をしてたんですが、
20180105エンれぱ4_convert_20180106170918

別に、優里ちゃんへのコメントとかアドバイスとか、そんな大層なことを言ったつもりじゃなくって、

今回の観劇に際してそういう準備をしたおかげで、
以前は理解できなかった作品の魅力を、今回は味わうことができたような気がすると、
まあ、そういう私自身の体験を話したまでです。


今年は、脚本をたくさん読もうと思っているので、そのうち、このブログでもご紹介したいと思います。

ではではm(_ _)m

戌年なので

2018年1月3日(水)

レバニラを食べたくなった嫁さんが某スーパーに買い物に行ったら、レバーがまったく売ってなくて、代わりに、おせちの延長のようなドドンとしたセット物が山積みになっていたとのこと。

世間はまだ三ヶ日なんですね。
(…あ、それだけなんですけどf^_^;)

       *   *   *

毎年、年末になると年賀状に載せる干支の絵を娘と私で描いて、年を越してから額縁に入れてリビングに飾ってるんですが、今回は喪中だったために描いてなかったんですね。

で、昨日、ふと壁を見上げて絵が酉のままだったことに気づき、こりゃいかんと本日、娘と犬の絵を描きました。

じゃん。
20180103干支_convert_20180103224447

私はセントバーナード、娘は柴犬、背景は2人の合作です。
相変わらずタッチがバ〜ンランバンランなのはご愛嬌。

最初、私は土佐犬を描こうと思ってたんです。
なんか、強そうで。
今年1年、fighting poseでいきたいな〜的な気分もあり(笑)。

で、ネットで「土佐犬」を検索したんですが、なんか、イメージしてたよりスマートで、もうちょっとブルドックっぽいほうがいいのかな、とか何とか思いながら「強い 犬」で検索したら…

「強い」っていうか、「危険な犬ベスト10」みたいなのがヒットしちゃって、それを眺めてたら…

なんか、凶暴な生き物を家族の共有空間に飾るのもどうかな、という気がしてきて、

その反動でセントバーナードになりました
(もっとも、セントバーナードも「強い犬」の部類には入っていて、きちんと躾けて社交性を身につけさせないと、見知らぬ人間に対しては攻撃的になる場合もあるのだとか。)

一方の娘は、最初っから柴犬。絶対に柴犬。
どこかから犬の写真を見つけ出してきて、それをお手本にして描いてました。
ちょっと淡いので、明日、色を足すと言ってましたが。

それにしても、背景の山を失敗しちゃいましたね〜(T_T)
見本にした写真が「山紫」って感じだったので、つい青色を使ってしまったんですが、どっちかっていうと、スカイブルーに近いですよね(笑)。

大失敗。

こっちも、明日、手直ししたほうがよさそうです

       *   *   *

ま、そんなこんなで微調整が必要ですが、基本、これで今年1年の我が家の「顔」が決まりました(笑)。

簡単ではございますが、本日はこれにて、おやすみなさいm(_ _)m

新年のご挨拶

2018年1月1日(月)

新しい年を迎えました。
みなさま、本年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
特記するほどのこともないんですが、ご挨拶かたがた2018年最初の更新なぞm(_ _)m

   *   *   *   *   *

例年、私だけ家族に遅れて元旦にガラガラの新幹線で帰っていたんですが、今回は帰京が早いため大晦日の帰省。
そうしたら、(若干ですが)予想どおりの大混雑。
しかも、やはり油断があったか、品川に行っちゃったんですよね。
東京駅だったら、人混みはすごくても、並んでいればやがては座れる番が回ってくるのですが、品川じゃ、いつまで待っても来る列車、来る列車がみな満員。

40〜50分ほど待ったところで諦め、(何年ぶりかの)立ちんぼで帰りました(T_T)

ま、ローカル線に乗り換えてからはガラガラだったので、ゆったり座れましたが(笑)。

そんなこんなで18時半過ぎに帰宅。
そして晩飯を食べながら…なんと、

紅白を見てしまいましたっ

これこそ、何年ぶりだか思い出せない(笑)。

そして、出てくる歌手がさっぱり分からない。
(娘がこのごろ夢中になっているTWICEは分かりましたがf^_^;))


まさしく浦島太郎状態でした。

しかも驚いたことには、知らない出演者が多いにもかかわらず

紅白がけっこうおもしろいっ

…ちょっと汚いですよね。
金かけすぎですもん(笑)
民業圧迫の典型じゃないでしょうか。

そんなことを思いながら、2017年と別れを告げました。

       *   *   *

そして一夜明けた本日。
山はずっと吹雪いてる感じですが、ふもとのこちらは山からの雲が流れてきて雨が降ったり、雲が切れて晴れ間がのぞいたりの慌ただしい天気。

午前中は家で静かに過ごし、午後になって天気が少し回復してきたので初詣。

外に出て驚いたのが、庭の池が埋められ、植木鉢に入っていたはずのバラが植え替えられていたこと。
老夫婦では水を替えるのが大変になってきたのが理由だそうな。

そして、もう一つ気づいたのは、シロアリにやられたとかで、玄関が改築されていました。

考えてみれば、この家も丸40年。
あちこちガタが来るはずだよな〜。

幸いだったのは、1年前と比べて両親がさほど衰えていなかったこと。
もうしばらく、健康で頑張っててくれると(マジで)ありがたいです。

       *   *   *

お参りの後は、近所の公園で子どもたちとキャッチボール。
…というか、ボールを投げる練習。

娘は来年度に学校でボール投げの測定があり、10mをクリアしなければならないのだとか。
前日に母子3人で練習したものの、全員がうまく投げられなくて練習にならなかったらしく、私も同行して指導することに。

それにしても、広々とした公園があるってのは、本当にいいですね。
ウチのマンションの近くにも小さな公園はありますが、ボール遊びは禁止。
ド田舎なので土地はたっぷりありますが、工場と倉庫が多くトラックが引っ切り無しに通るので、子どもが力いっぱい遊ぶには窮屈すぎるんですよね。

その点、わが実家は超〜ド田舎で、(以前にも書いたかもしれませんが)家から数キロ四方に信号がない(笑)。
私の子どもの頃から変わっていないから、すごい。
(ただし、保育園が老人ホーム&介護施設に替わるといった方向の変化はあって、それはそれで問題だろうと思いますが)

   *   *   *   *   *

ともあれ、それなりに運動したし、これで晩飯を食べられるかな。
節制しなきゃと思いながら、ど〜しても、ど〜しても、食べすぎ呑みすぎちゃいますからね。

おや、空が暗くなり、雨足が激しくなってきました。
ありゃりゃ、今夜は雪になりそうだな〜。

またもや取り止めのない記事ですが、ま、こんな感じで、今年もダラダラいきたいと思います。

どうぞ、ご贔屓にm(_ _)m

 | ホーム |  page top