カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

同窓会

2017年3月28日(火)

ま〜、相変わらず忙しいですわ。
とか言いながら、夜中にDVDを観たりしてるもんだから、書きかけの記事が腐って載せられなくなっちゃったりもしてますf^_^;)

なので、せめてこれだけはっ という記事を一つ。

   *   *   *   *   *

むか〜しのことなんですけど、ちょっと教育関係に携わっていたことがありまして、当時の教え子たちが私を見つけ出して、先日、プチ同窓会に呼んでくれました。

かれこれ四半世紀近く経ってるもんですから、当時の小学生も今は30代。
子ども連れも何人かいて、かつてのガキンチョがすっかりお母さんに(笑)。
どうりで、私も歳をとるわけだ。

おもしろいことに、会場へ向かう電車のなかでは「名前が思い出せないな〜」と思っていたんですが、いざ顔を合わせてみるとフワッと出てくるんですよね。

       *   *   *

話は、当時の思い出から互いの近況へ。
仕事の話もありましたけど、やっぱり、子育て&学校(進学)の話が多かったですね。
(一部、婚活報告もあり(笑))

みんな、それぞれの道を歩んでるんだな〜、なんて思いっきり月並みなことを、しみじみ感じていました。

       *   *   *

子連れ組に配慮して、同窓会は夕方でお開き。
すると、当時の上司が「どう、一杯ひっかけてく」と誘ってくださったので、教え子たちを駅まで見送ってから、2人で飲屋街へ。

17時過ぎに居酒屋へ入り、気づくと20時過ぎ。
年齢が比較的近いせいか、はたまた現在の仕事に共通点が(多少は)あることも手伝ってか、7〜8年振りの再会だというのに話が盛り上がっちゃいました。

エネルギッシュに頑張ってる先輩に会うと、こちらも元気をもらえますね。

       *   *   *

かなりご馳走になったうえに、帰りにこんなお土産までもらっちゃいました。
20170325栄光ゼミ同窓会_convert_20170328235808

福島・会津若松は末廣酒造の「ゆめのかおり」。
甘みと旨味がほどよく、やさしくともしっかりした味わい。

で、写真のとおり栓が空いてるわけですが、
つまり、ただいま呑んでるわけですね(笑)。

いや、実に美味しい。
当時もよく、仕事帰りに上司のお宅に寄って、2人で日本酒を呑んだものでした。
いや、実に懐かしい。


本当にありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト

映画鑑賞:『SING』

20170319sing_convert_20170319172548.png

2017年3月19日(日)

本日は家庭サービスで、朝から映画館へ。
今回の分担は、
嫁さん:息子と『しまじろうと にじのオアシス
私:娘と『SINGシング

       *   *   *

映画館は早朝だというのに家族連れで大混雑。
ありゃ、まいったなぁと思っていたら、皆さんは『ドラえもん』のほうへ。
やっぱり人気ありますね。

実を言うと、我々もウチを出る直前までは『ドラえもん』を観る予定だったのですが、娘が「映画は観たいけど、ドラえもんはイヤ」と言い出し、それじゃあと嫁さんが急ぎ検索して『SING』に決定。

藤子不二雄作品で育った私としては、ドラえもんを嫌がる日本人がいるなんて驚きなんですが(笑)、娘はとても冷淡。
ま、かく言う私も、大山のぶ代じゃないドラえもんには相変わらず馴染めず、一方の『SING』は手堅く楽しませてもらえるだろうと思い、変更を歓迎。

で、観に行ったんですが…

予想以上におもしろい

倒産しそうな劇場を立て直そうと一発逆転を狙って…という設定も、悪く言えばありがちですが良く言えば鉄板、ストーリーも定石どおりで安定感があります。

また、「歌のコンテスト」ということで、終始ヒットメロディのオンパレード、聴いていて楽しい。
吹き替え版でしたが、全員が十分に聴けるし、最後のMISIAはさすがという以上に圧巻。
(後日、DVDで英語版を聴きたいとは思いますが)

そして、主人公・バスター・ムーン役のウッチャンが、実に上手い
細かい感情を丁寧に表現しながら、肩の力が抜けていて、何と言うか、彼のセリフを聞いていて、気持ちが軽やかにswingしました。
予習しないで行ったのですが、「聞き覚えのある声だな」とは思ったものの、ウッチャンとは気づかなかったほど。


手堅いエンターテインメント作品。
娘も楽しんでましたし、親子で観るには安全牌かなと。
(ちなみに、息子も『しまじろう』で大興奮したようです(笑))

   *   *   *   *   *

おっと、もうこんな時間だ。
これから子どもたちを風呂に入れます。

ではではm(_ _)m

ターザンとウィスキー

2017年3月18日(土)

花粉全開な今日この頃、皆さま、いかがお過ごしでしょうか(T_T)

いやぁ、今年は軽くていいなぁ。
そう言えば、毎日「鉄分入りヨーグルト」飲んでるし、
オイラってば、体質改善しちゃったかもね〜

…なんて思ってたら、突如ドカンと来ましたね。

       *   *   *

そんななか、今日も休日出勤でしたよ。
ピークを越えた瞬間は、何だか、すべてをやり遂げたような晴れ晴れしい気分だったんですが、
その間に止まっていたり入ってきたりした仕事もあるわけで、
まだまだ尾根伝いが続くのでした(T0T)

でもって、今朝、娘にマンガを買ってくるようにと(執拗に)ねだられて、仕方ないな〜と会社帰りに途中下車して書店を回ったんですが…

どこも売り切れっ

じゃ、とっとと諦めればいいのに、だんだん意地になってきて(とても私らしい)、結局、書店を5軒ハシゴすることに。

しかも、今日は花粉日和だったでしょ。
だから私、完全防備でしょ。

つまりですね、
こんなオッサンが書店をまわって、少女マンガ売り場をウロウロした挙げ句、店員さんに「◯◯ありませんか」って訪ねるわけです。
ターザンとウィスキー3_convert_20170318224932
これ、もう、呼ぶでしょ警察(笑)。
(そう言えば、どの店でも店員さんが「申〜し訳ございませんっ」って、すっごく申し訳なさそうに謝ってくれたっけ)

そこまでしたのに(何が)、結局、マンガは手に入れられず(>_<)
おまけに晩飯にも間に合わず、子どもたちが寝静まった頃に帰宅して、ただいま寂しく晩飯中です。

       *   *   *

で、やっと本日のお題。
(しかも、本題のほうが詰まらない)

晩飯ですので、晩酌するわけです、やっぱり。
私の晩酌歴というと、
かつてはジンからウィスキーへ、
そしてビール、発泡酒、第3のビール、ノンアルコールビールへと零落し、
折々に泡盛や日本酒を挟みながら、
ここしばらくは糖質を気にして焼酎で安定してたんですが、
つい最近、ウィスキーに戻ったんですよね。

そのきっかけとなったのが、こちら。
ターザンとウィスキー2_convert_20170318225051

いえね、呑んで帰るじゃないですか。
すると、呑み直そっかなって、コンビニに寄るじゃないですか。
言い訳がましく「ウコンの力」なんかカゴに入れてからビールやらチューハイやらハイボールやらを選びに行くわけです。
罪悪感がチクチク胸を刺すんですが、酔いに任せて買っちゃうんです。

ところがですよ、

その日、なぜか途中で雑誌コーナーの前を通るんです。

すると、

するとですよ、

「サクッと3週間 内臓脂肪
 じっくり3か月 皮下脂肪」


殺し文句ですよぉ、

いや、

殺し文句ですって、

これ。

コンビニでチューハイを買いながら罪悪感に苛まれる中年男の胸にグサッと突き刺さるわけですよ。

恐るべし、マガジンハウス。
間違いなく狙ってますね。
だからコンビニで売ってるんですよ、『Tarzan』は。

でもね、前にも書いた気がするんですけど、

もう、知ってることしか書いてないんですよ、基本、『Tarzan』て。

それに、分かり切ってるじゃないですか、
私の問題は、そりゃもう、

夜中に晩飯を食いながら酒を呑むことですよ、

いま、この瞬間にやってることですよぉ、

これが悪いんですよぉ〜
(あと、運動不足ねf^_^;)

でも、それは、やめられないんだから、
(やめろって

何か一つでも改善できること…

…って探したら、

焼酎(180cc: 1合) 263kcal 糖質0g
ウィスキー(30cc: シングル1杯) 71kcal 糖質0g

…って表があって、

つまり、ウィスキーを呑んだほうがいいんだね。
 
…って思って、スーパーで一番安かったトリスを買った

…ってお話。

いや、それだけ。
(オチがなくて、ごめんなさい)

       *   *   *





あれ、

じゃあ、

ウィスキーを180cc呑んじゃったら、426kcal



おや、

いま、何杯目

ホワイトデー2017

2017年3月14日(火)

はあ、ヤマを越えました。
あとは事故が起こらないことを祈るだけです。

とはいえ、この間に止めていた仕事をジャジャッと片付けるべく、去る日曜日は休日出勤。

で、その日の夜の話。

   *   *   *   *   *

本当はね、この週末は息子と私でクッキーを作らねばならなかったのですよ。
甘いものが苦手な娘のために、ナッツ入りのクッキーを作ろうとか、いろいろ構想もあったんですよ。
嫁さんは、クッキーミックスを買って準備してくれていたんですよ。

でも、
私は上記のとおり、休日出勤。
息子は先週から風邪をひいて1週間ぶっ続けのダウン。
(相変わらず病弱です)

なので、お菓子作りは無理だね、という話になって、それじゃあんまりなので、仕事帰りに会社の近くのシャレオツなお店で買ってみました。

20170312ホワイトデー1_convert_20170314235054

えっとですね、
右は、私から娘へのプレゼントで、オレンジ何とかのクッキー。
真ん中は、息子から嫁さんにプレゼントさせるチョコ。
いやぁ、一粒400円もしましたよ、びっくり。
そして、姉と母はプレゼントをもらって、自分だけ何もなかったら息子がしょげるかな、と思ってチョコレートのブリュレなるものを買ってみました。

       *   *   *

ところがですね…、
まず、ブリュレは味が大人向けすぎて、息子にはイマイチ甘みが足りなかったみたい。
(そのくせ、全部食べましたが)
そこで、嫁さんのチョコ1つを半分に切って、2人で分けて食べてました。
(これは、かなり美味しかったらしい)

次に、オレンジ何とかクッキーは、「甘いっ」と娘が拒否。
ガックリきましたが、仕方ないので、ワタシ用に買ったチーズのアソートをお裾分け…

…しようと思ったら、直ちに丸ごと娘の管理下に置かれてしまいました
20170312ホワイトデー2_convert_20170314235122

でもまあ、私がヤマを越えて緊張が解けたこともあり、全般的には楽しい夕食でした。

   *   *   *   *   *

で、本日14日(火)。

娘のもとへは、マンションの男の子たちが入れ替わりでやってきて、お菓子やら文房具やらを置いていったそうな。
お菓子が甘かったので、娘から息子へ流れ、息子は棚ぼたで大喜び。

そしてまた、息子も幼稚園の帰りに女の子たちにお返しのお菓子を配ったそうな。
嫁さんの証言によると、お菓子のどっさり入った袋を両手に提げた女の子たちが何人も闊歩していたらしく、


どんだけ配ったんだよ、

っていうか、

どんだけ配らせてるんだよ、お母さんっ

って話ですよ。

なんかもう、趣旨が変わってますよね、根本的に。

…ま、いいのか。

   *   *   *   *   *

なんて、またもやダラダラ書いてしまいましたが、

そんなホワイトデーでしたm(_ _)m

観劇日誌:劇団東京晴々『看取りたがる男たち』

20170305東京晴々1_convert_20170307001130

2017年3月7日(火)

去る5日(日)、私たちの大学の後輩にあたる劇団の公演を観てきました。

観劇日誌:劇団東京晴々『看取りたがる男たち』
作・演出:矢野未知生
於:cafe&bar木星劇場(池袋)

大学の後輩でもあり、以前に衣装でお世話にもなった森木さん(旧姓)から案内をいただきまして。

ただ、何度も書いてますように、ただいま繁忙のピークでして、

そのなかで、まなみちゃんの舞台を観に行ったもんですから、

もう、これ以上は無理だよな。森木さんにゴメンナサイしよっかな

と思っていたら、エヒラから

いつ行きますか

うう〜ん、

…仕方ない。行くか。

というわけで、日曜出勤を夕方で切り上げ、エヒラと観てきました。

       *   *   *

あらすじを一言だけ書くと…、

-----------------------------------
借金と女をつくって遠い昔に失踪したはずの父親が、
某県某所で生きていて、
のみならず、カネを貯め込んでいて、
自分の介護をしてくれた者に3億円を譲ると伝えてきたものですから、

きょうだい4人(男3人+女1人)による3億円争奪戦が始まる…
-----------------------------------

とまあ、ざっくり話せばこういう感じかなと。



いや、違うな(笑)。

上記を読むと、なんかアクティブな伸るか反るかの芝居を想像しそうですが、
基本は呑んで食って駄弁ってるだけでして、

本質としては、父親の話を通して「家族って何だろう」的なことを考える芝居だったと思います。

それにしても、看取るっていうお題はねえ、今ねえ…、

いや、やめとこ。

また、後日、書くことになると思います。

       *   *   *

ちなみに、私は芝居が跳ねると早々に小屋を出て直ちに呑みに行きたいタイプなんですが、
エヒラはきっちり感想を書いて、関係者に挨拶してまわるタイプ(それもお務めか)。

まずは演出の矢野君、それから役者の加藤君へ。

で、私は前回の公演でたまたま矢野君と共通の知人に出くわしちゃって矢野君にも挨拶したんですが、きっと覚えていないだろうと踏んで赤の他人なフリをし(なぜっ)、

続いて加藤君と話すエヒラの後ろでぼお〜っと突っ立ってやり過ごそうとしていたんですが(だから、なぜって

突然、振り向いたエヒラから、

なにしてんの、ちゃんと挨拶しなよっ

と、せっつかれて、加藤君にも面が割れてしまいました(笑)。

こんなことなら、森木さんにお土産でも買ってこればよかったな〜。
(↑モノに頼る男)

       *   *   *

で、冷や汗をぬぐいながら劇場を出て、さて、どこへ呑みに行こうかと一思案。

だいたい、エヒラはあまり呑まないし、
食い意地は張ってるけど、そんなに食わないし、
店の選択に困るんだよな。

と言いつつ、実はちょっと考えてあって、芸術劇場の裏手にある、以前から気になっていた肉バル的なお店へ…
(つまり、自分の行きたい店に行ったわけですがf^_^;)

以下、簡単に食べログを。

       *   *   *

地下へ続く階段を下りて、ドアを開けると、19時前だというのに、店はほぼ満員。
きわどく、カウンターに座ることができました。

で、ほどよく親切なお兄さんの説明を受けて、まずは前菜の盛り合わせ。
20170305東京晴々2_convert_20170307001156
ええと、左上から茄子(&バルサミコ)でしょ、その下がイイダコでしょ、中央上はクルミが入ってて、その下はサンマだったけか、で、右はレバーとブルーベリーなんですよ、

でもって、どれもこれも、いちいち美味かったです。

それから、これは茄子の朴葉焼き。
20170305東京晴々3_convert_20170307001220

お次は、ラムチョップの朴葉焼き。
20170305東京晴々4_convert_20170307001239
臭みがぜんぜんなくて、肉が柔らかい

そして、ダメ押しが三件豚の朴葉焼き(右上にはなぜかムール貝(笑))。
20170305東京晴々5_convert_20170307001259
右下のは、何かが入ったマスタードなんですよ。
美味かったんだけどな〜、何入りだったか思い出せない



さあ〜て、私たちが入った店はなんという名前でしょ〜

料理は美味いし、ワインもリーズナブル。
この界隈はけっこうな激戦区だけあって、この店もパフォーマンス高かったです

       *   *   *

あれ、エヒラと何を話したんだっけ
久しぶりだったこともあり、たくさん喋ったので、忘れちゃいましたm(_ _)m


あ、

オレは、大げさに騒ぎたいんだよ。

ってことは、言ったような気がする(笑)。


…なんでだっけ

観劇日誌:女々presents『エグ女3』

20170303えぐ女4_convert_20170304110120

2017年3月4日(土)

昨日、鳥羽まなみさんの出演されている、こちらの舞台を観てきました。

観劇日誌:女々presents『エグ女3』
脚本・演出:藤原珠恵
於:千本桜ホール(学芸大学)

女子ってさ〜肌柔くてさ〜髪綺麗でさ〜おっぱいまん丸でさ〜
ほんでさ〜ほんでさ〜すっげえエグいイキモンだよね〜〜

(チラシより)

…という、8人の女性が8つのシーンを紡いで描き出す女の本音、的な。

       *   *   *

いつもは前から3列目以内で観る私ですが、タイトルとキャッチコピーがアレなだけに、今日は少し下がって観たいな〜と思い、席を確保するべく少し早めに劇場へ到着。

いやぁ、あんまりえげつないもの観せられても、なんか、目のやり場に困っちゃうかな〜と思って。

そしたら…、わりとソフトでした(笑)。

感性が若いのかな。
もっと毒々しくって汚いものを観せられるんじゃないかと予想していたんですが、むしろ POP&KAWAII という感じ。

それだけに、全体としてはアプローチが浅く退屈なんですが、
でも、各局所のギャグにはセンスを感じさせ、
構成も手際よく、
女優さんたちの演技も嫌味がない。

まなみちゃんも、さすがに安定感がありましたね。

まあまあ、こんなもんかな、という印象でした。

       *   *   *

で、芝居が跳ねた後は、例のごとく岩井さんと東口側へ渡って細い路地の奥へ…。

前回とは違う焼き鳥屋さんに入ってみました。
冒頭から写真を撮り忘れた(=腹が減っていたので、すぐにパクついた)ので、一部だけご紹介。

20170303えぐ女1_convert_20170304110019
えっと、左手は空豆、右手は豆苗のおひたし。
ともに店員さんのおすすめ。

おひたしは、あっさりめの味付けで箸休めにちょうどよい感じ。

串盛り(8本コース)を注文したのですが、そのうち写真を撮ったのは、この1本だけ。
20170303えぐ女2_convert_20170304110037
軟骨は芥子で食べるんですって。

それから、こっちはお替わりで頼んだレバー(コースではタレ、こちらは塩)。
20170303えぐ女3_convert_20170304110058
お隣は、鶏皮の芥子和え。

でもって、この店は日本酒押しだったので、ボトルメニューから「会津中将」という福島のお酒をchoise。
日頃、何をするわけでもありませんが、ま、こんな小さなことでも支援にはなるんじゃないかと。

「旨口」と書いてありましたが、あっさり呑みやすいお酒でした。
なので、呑み過ぎ注意です(笑)。

       *   *   *

帰宅後、まなみちゃんから劇場でもらった袋を開けてみると、
20170303えぐ女5_convert_20170304110139
ちょっと遅めのバレンタインデーかな。

ありがとう。
残りの舞台も頑張ってください。

   *   *   *   *   *

さて、昼飯を作らねば。
実は、先日から義父の容態が悪化し、本日は嫁さんが再び帰省。
私は休日出勤をとりやめ、仕事を持ち帰って自宅業務&家事育児です。

昼飯は残り物でチャーハンでも作るとして、さて、晩飯の献立は…。

第2クール通過

2017年3月2日(木)

1年で最も忙しい怒濤の3週間の第2クールを何とか乗り切りました。
残り1週間、6日(月)と7日(火)を無事にクリアできれば、
10日(金)に峠を越えられるはず…

と、そんなタイミングで身内でちょっと大変なことになってまして、
嫁さんからの報を受け、慌てて帰宅。
彼女が子どもたちを寝かしつける間際に簡単な意見交換をして明日以降の方針(暫定)を確認、
ただいま、自室で寂しく晩飯Timeです。

その大変なことってのは、もしかしたら後日、書くことになるかもしれませんが、今はちょっとm(_ _)m

       *   *   *

う〜ん、気分も文章も重くって、もともと書こうとしていたネタを書ける流れになりませんね〜。

断念。

今日はここまで。

うだうだと酒を飲んでから、

このところの睡眠不足を取り戻すべく、早めに寝ようと思います。




 | ホーム |  page top