カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ひとりごと その16:行きたい理由

2015年4月26日(日)

嫁さんから聞いた話。

       *   *   *

先日、小学校の授業参観があったそうな。

しかし、その数日前から風邪気味だった娘は、前夜になって発熱。

当日、欠席。

娘、…号泣。


え〜ん。目いっぱい、オシャレして行きたかったのに〜。



そういう理由なのね。



ま、何であれ、学校に行きたい理由があるってのは、いいことだ…

と、思うことにしよう、うん。
(でも、ほどほどにね:父より)

スポンサーサイト

観劇日誌:@emotion「crazy sound」

20150424@emotion1_convert_20150425184643.png

2015年4月25日(土)

本日も休日出勤でした。

が、くしゃみ、鼻水、喉の痛みで絶不調。
あまり進まないまま帰宅してしまいました(>_<)

スギ花粉が終わり、ヒノキも下火になったはずなのに、何でしょう、この苦戦ぶりは。
もしかして、本当に風邪をひいたのかしらん。
(念のため、風邪薬を飲んで寝ることにします)

   *   *   *   *   *

さてさて。
昨日24日(金)は、鳥羽まなみさんの舞台を見に、仕事帰りに日暮里へ。

@emotion「crazy sound」
脚本:吉澤興紀
脚色・演出:門野翔
於:日暮里d-倉庫(日暮里)

<あらすじ>

毎度のごとく、まだ公演中につき、チラシ・当パンから引用。

光りと海はあるが時間もなければ時代もない
不思議な‘感覚’の世界の話。

不死身になれる宝‘人魚の血’を求め島に降りた
海と宝を愛し生きる‘カイゾク’。
その島を守る‘二人の男と一人の女’。
そして裏でうごめく世界の‘作り手’。

役者が揃ったこの島で己の欲が絡むとき、
狂気の音が響き渡る。

「…これって…」

<感想など>

ここで、まなみちゃんの役どころは、あるカイゾク団の一員、姐御(あねご)的存在。
(実際、今回の座組では、私より一回り以上も若いまなみちゃんが、さらに若い役者さんたちに囲まれて「お姉さん」的ポジションだったらしい(笑))

そして、ダンスあり、殺陣あり(殺陣もできるんだ)と、盛りだくさんで頑張っていました。

ちなみに、そんなまなみちゃんが、6月には会話劇に挑戦するとのこと。
さあさあ、どんな演技を見せてくれるか。こちらも楽しみにしています。

   *   *   *   *   *

観劇後は岩井さんと駅前の居酒屋へ。
王子のときと同様、店選びに困ってしまい、結局はチェーン店系のお店へ。

料理が出てくるのに時間がかかるのではないかと思い、最初にたくさん注文したら…、

20150424@emotion2_convert_20150425184707.png

ドドーンと出てきて、2人用の狭いテーブルがいっぱいに。

だいたい、オヤジ2人だから、こんなに食べられないf^_^;)

と困っていたところへまなみちゃんが顔を出してくれたので、いくらか手伝ってもらいました。

わざわざ来てくれて、ありがとう。
残りの舞台も頑張ってください(^o^)/

観劇日誌:劇団だるめしあん「あの子の飴玉」

20140418だるめしあん1_convert_20150419102243

2015年4月21日(火)

前回の記事の続きです。

   *   *   *   *   *

18日(土)は18時過ぎに会社を出て、一路、王子へ。
ジャックと合流して向かったのが、こちら。
20140418だるめしあん2_convert_20150419102305

この日2つ目のイベントは、劇団鋼鉄村松のバブルムラマツさんが客演されるということで、ジャックに誘われてやってきました…

劇団だるめしあん「あの子の飴玉」
作・演出:坂本鈴
於:王子小劇場(王子)

       *   *   *

劇場への階段を下りて行くと、受付で頭に犬の耳をつけた女性がお出迎え。
たぶん、ダルメシアンなんでしょうね。
私の感性とはずいぶん遠いところにいる人たちなんだろうな〜と、ちょっぴり不安を募らせていると、
隣に座った女性客らが「この間、アタシが観に来たときは、ブラジャー姿で踊ってたのよね〜(笑)」。

そして、チラシを見ると…

「エロでポップなファンタジー」を合言葉とする当劇団が贈る、そのストーリーは…

<あらすじ>

「誰からどう思われるのかなんて、気にしなくていいんです。」
元AV女優のお母さんがテレビで喋るのを見ながらコーヒーをすするお姉ちゃんは100人抜きの称号を持つヤリマンだけど、誰からどう思われるのか気になるあたしは清廉潔白な処女のフリをしたヤリマンだ。
道行く人にも嫌われたくないけど、でも性欲は抑えられない。
だから、みんなを騙していたけど、あまりにみんなが騙されすぎて、
気がつくと、あたしは清廉潔白な処女の神として、お母さんとお姉ちゃんを断罪する役回りになっていた。

エッチをめぐる社会とキャンディとあたしの話。

<感想など>

うう〜、興味を持てない
弱ったなぁ〜。


と思っているうちに開演。

冒頭、
壇上では元AV女優さんらしき女性が社会風俗とジェンダー半々くらいのネタで長セリフ、
その周囲を「マイムマイム」の曲にのせて、何組もの男女がとっかえひっかえのセックスポーズ。

ぐわわっ、これは退屈だぞ(>_<)

ってな感じで、その他もろもろ、序盤はひたすら“忍”の一字…


だったんですが…、


ですが…、


結論を申しますと、


けっこう、おもしろかったです

       *   *   *

なんて言うんでしょう、
性と社会性って言うか、いわゆるジェンダー関係って、議論にも作品にも膨大な蓄積があるので、新鮮味を出すのがとっても難しいと思うんです。

役者に何をしゃべらせても、どこかで見たり聞いたりした言葉ばかりで、陳腐に感じてしまう。
客の側も、(少なくとも、テーマに関わる部分では)だいたい何をしゃべるのかが分かっている。

そうした言葉たちを<独自の物語>に乗っけて観客の心を振るわせようとすると、何かしら工夫や仕掛けが必要になります。
(そう言ってしまえば、「そりゃ、そうだろ」って話ですけど

で、たとえばセックスネタの場合は、しばしば<肉体的な交わり>と<精神的な交わり>を並行的に扱って、両者の乖離と重複から人間関係のありようを考えたりするわけで、本作品でも、それが上記の

「誰からどう思われるのかなんて、気にしなくていいんです」

「道行く人にも嫌われたくない」

という言葉で端的に表現されていて、そのスペクトラム上に<母>ー<姉>ー<あたし>が配置されています。

       *   *   *

しかし、これだけでは「構造をきっちり作った」というのみで、いくらでも凡庸・退屈な作品になってしまいます。

そこで、本作品はもう一段階、テーマを深く掘り下げていて(と思うんですが)、

そうした問題を抱え込まずにはいられない、人間たちの不器用さ
言い換えれば、
<不器用>な方向へと進化してしまった人間という生き物たちの姿
を描くことに成功していると思います。



ああ、なんか、大仰になってしまいましたf^_^;)

この「進化」に絡むところは、書き始めると長くなるので、またいつか。

       *   *   *

で、簡単なほうをお話しますと、要するに、

バカでろくでなしな人たちと、
バカで不器用な人たちとが、

次々に出てきて、その

バカさ加減と
ろくでなし加減と
不器用さ加減とが、

とっても上手く表現されていて、

うんうん、そうだよね。
人間って、そういうもんだよね。


と、なんだかとっても共感してしまったというわけです。

       *   *   *

しかも、
前半は、正直言って「もうちょっと、うまく捌けないの?」というセリフがチョコチョコあったんですが、

後半は、簡潔にしてパワフルなキラ星的セリフが次々出てきて、
それをまた役者さんたちが「一球入魂」的にズバッと決めてくる。

これは、気持ちよかった。

で、終わってみれば、

今日は、おもしろい芝居を観た。

…って気分。

う〜ん、不思議な劇団だったな〜。

   *   *   *   *   *

さてさて。

気持ちよく劇場を出たものの、ここで難問が。

前回、ジャックと来たときも困ったんですが、

王子って、なんか、いい飲み屋さん、少なくないですか

なので、ジャックも下調べをしてきていて、「今日は、ここへ行きましょう」とお勧めの店に行ったところ…

すみません、本日は予約でいっぱいでして。

それじゃ、ということで、私のお勧め店へ…

すみません、今日は満席でして。

仕方ない、チェーン店系でも、まあ、そこそこの…

席を見てきますんで、ちょっとお待ちください。

…店員、戻って来ず

       *   *   *

そして、そして、途方に暮れた私たちは、なんと


和民に入ってしまいました〜


いったい、何年ぶりだろうか。思い出せない。
入ったら、なんか、雰囲気がファミレスみたい(笑)。

何を食べていいのかと戸惑ったんですが、ただいま<タマネギ押し>みたいだったんで、ブログのネタにと注文してみました

20140418だるめしあん3_convert_20150419102323
タマネギと海老のサラダと、

20140418だるめしあん4_convert_20150419102343
タマネギのチーズ焼き。





意外に、美味かったりして(笑)。


和民さん、露骨にバカにしていて、ごめんなさいm(_ _)m

       *   *   *

いやあ、芝居も飲み屋も、奥まで踏み込んでみないと、良し悪しは分からないってことですね。



こんな終わり方、あり

Love Hawaii Collection 2015 Yokohama

20150418フラ1_convert_20150419101108
2015年4月19日(日)

昨日18日(土)は、朝10時に横浜は日本大通り駅に到着。一路、大桟橋へ。

久しぶりですね〜。

20150418フラ2_convert_20150419101134
赤煉瓦倉庫を左手に…

20150418フラ3_convert_20150419101158
氷川丸と山下公園を右手に…

眺めながら屋上広場を通り抜けると、
20150418フラ4_convert_20150419101220
大桟橋ホールの入り口が見えてきます。

       *   *   *

はい、毎年恒例となりつつあります Love Hawaii Collection in Yokohama 、今年も知ちゃんこと水町知美さん率いるミズ・フラスタジオのダンスを観に来ました。

しかも、毎年お願いしていたテレビカメラマンさんが今年は都合で来られないということで、急遽、私がビデオ撮影担当。

いやぁ、プロの代理は無理でしょ〜、と尻込みしたくなりますが、ともかく「録れていればいい」ということで承諾。

というわけで、場所取りのために早く来たのでした。

       *   *   *

ホール内に入ると、お客さんはまだ少ないものの、各物販ブースはすでに準備完了、熱気ムンムン。
キョロキョロ物色しながらも、まずはステージ前の客席へ。

すると、張り紙が…。

危険を避けるため、撮影は許可を受けた人のみとします(各ハラウ2名まで)

周囲を見渡すと、たしかに「撮影許可」と書かれた腕章を着けている人が1人、2人…。

え、何? 聞いてないけど。

戸惑っていると、アナウンスが流れて「受付で登録して許可証を…」

受付って、どこだよ〜(ToT)

とフロアを走り回って、何とかGet

20150418フラ5_convert_20150419101251

受付の方の説明によると、不届きな目的で撮影に来る輩がいるのだそうな。

ああ〜(納得)。でもって、それをネットに流しちゃったりするんでしょうね。

       *   *   *

で、撮影。

まずは生徒さんたち。
ミズ・フラは当イベントの常連ということもあり、演出にも工夫が。
単にステージに上がって踊るだけでなく、フロアも最大限に使って展開、曲中もフォーメーションをどんどん変化。
これだけ大きく動くと、白とピンク基調の鮮やかな衣装も活かされますね。
発表会という以上に、ちゃんとパフォーマンスしてました。

ダンスに限らず演奏でも演技でも感じるんですが、覚えたことを間違えずに実行しようとするだけなのと、<魅せる>意識を持つのとでは、同じことを演っても全然違うんですよね。

こういう演出をすると、生徒さんたちも自ずと<相手に向けて踊る>という意識が身に付くのではないかと思いました。

2曲目は知ちゃんの新作(たぶん)発表。
本人によると「この曲はまだまだ奮闘中」とのことでしたが、曲調も穏やかな部分とリズミカルな部分があり、それに合わせてダンスもしっとり大人っぽいところと可愛らしい仕草が組み合わされ、盛りだくさんに楽しめる作品でした。

       *   *   *

次のハラウのダンスを2曲ほど観てから、子どもたちへのお土産探しへ。
今年のチョイスはこんな感じです。
20150418フラ6_convert_20150419101318

娘にはTシャツ(写真は背中側)。
息子にはポップコーン(キャラメル味)。

そして、ウクレレ演奏で出演した安藤さん、写真撮影を担当した福島さん(お久しぶりです)と合流、知ちゃんを待ってレイラさんお勧めのインド料理屋さんで遅めのランチをとりました。

       *   *   *

久々の再会とおしゃべりをのんびり楽しんだ後、私は前日やり残した仕事のため、休日出勤(T_T;)
超特急で片付けると、18時に会社を出て本日第2のイベントに向かうわけですが…

それはまた、次回m(_ _)m



最大の受益者

2015年4月14日(火)

あれこれ心配していた息子の幼稚園。

とりあえず、まだ何も破壊していない様子f^_^;)

嫁さんの目撃談によると、上靴のままグラウンドの水たまりに飛び込み、母親にひっぱたかれていた男の子もいたとか。

ま、いるよな。

で、我が息子は一瞬にして幼稚園に馴染んでしまったらしく、

お母さん、ボク、一人で行けるから、明日から付いてこなくていいよ

なんて、ほざいたらしい。

       *   *   *

で、嫁さん。

今日は、一人でスーパーに行ってきたの。
 一人で買い物できるって、ホント快適
 いつもは、息子が何かしらしでかすから、監視が大変なんだもん。


向こうの角にコンビニできたでしょ。行ってみたいと思ってたの。今日、行ってきた。
何か、面白いもの、あった
ないけど、いいのよ。一人で行くことが大事なの

あっそ。

なんて話をひとしきり聞いてから風呂に入り、上がってくると…





嫁さんは、ビデオに録った「アルスラーン戦記」を観てました。

『進撃の巨人』も録ったんだけどね。恐すぎて、すぐに消しちゃった(笑)


息子が入園したらやりたいと思っていたことを、一つずつやってるんだってさ。

入園祝い

2015年4月13日(月)

こんばんは、この1週間ほどで「は〜あ」というため息を1200回くらいついている本間宗南です。
あともうちょっと頑張っていればいいところを、頑張りきれず後手後手に回っております(>_<;)

が、そんな私をよそに、家族は着々と春を迎えておりまして、
去る10日(金)に息子の入園式、
そして昨日12日(日)には、ささやかながら入園祝いをしました。

       *   *   *

投票所帰りにケーキ屋さんに寄ってショートケーキ4つを購入。
(みなさん、選挙に行きましたか〜!)

おやつにお祝い第1弾。
20150412晶太郎入園祝い1_convert_20150412180627

(たぶん)生まれて初めて家族みんなから拍手され、満面の笑みを浮かべながら、
上機嫌でガツガツ頬張る息子。

       *   *   *

夕方から嫁さんと娘が台所でモゾモゾ(&息子がギャアギャア)。
何かと思ったら…

20150412晶太郎入園祝い2_convert_20150412180718

ごはんケーキ。
表面にはスモークサーモン、トマト、レタス。
生クリームの代わりにタラコマヨネーズ。

横から見ると、こんな感じ。
20150412晶太郎入園祝い3_convert_20150412180740

間にシャケフレークとキュウリを挟んでいます。

やはり、上機嫌でガツガツ頬張る息子。
(しかし、ケーキを食べ過ぎて、あまり食べられない)

個人的には、シャケフレークの塩っ気が強すぎたかなぁと思っておりますが、全般的にはまずまずの出来映えだったのではないかと。

ちなみに、これ、雑誌『小学2年生』に載っていたレシピなんだそうな。

       *   *   *

さてさて。
今日から、いよいよ通園。
(初日はどうだったのか…。帰宅すると全員就寝後だったので、話は聞けず)


とにもかくにも、息子に願うことは、ただ一つ…

どうか、よそ様の子どもに(あんまり)迷惑をかけませんように。
(かけちゃったら、ごめんなさいm(_ _)m



サクラチルカ

2015年4月6日(月)

昨日は、地元近隣の2か所で桜祭りが予定されていたのですが、生憎の雨でした。
電車の窓から見ていた河原沿いの桜は数日前から満開だったんですが、今日はけっこう激しく降ったので、ずいぶん散っちゃったかも。

来週末まで、もたないかなぁ。

というわけで、今年は地元の桜をupできなさそうなので、かわりにこちらを。

20150403桜@水道橋_convert_20150404092111

先週の金曜日(3日)に仕事で朝から水道橋に行きまして、そしたら首都高の下できれいに咲いていました。

ささ、今週もがんばろっと。





ひとりごと その15:わりと究極の選択

2015年4月5日(日)

いやあ、飲み過ぎました。
昨日、昼間は会社で仕事、夕方から先月お世話になった方々と「打ち上げ」。
プレゼントまでいただいちゃいました。

全員が私より年上で、初っ端から日本酒をガンガン。
2次会にもお供して、帰宅は25時頃でしたか。

       *   *   *

そして、今朝。
う〜、二日酔い。頭が痛い。
胃腸ももたれてる感じ。食べるより飲むほうが中心だったもんな。当然か。
しかも、雨だというのに鼻水が。く〜、鼻スプレーしても止まらない。
トドメは、
朝食後、トイレに入ると、今年一番の大出血。
おお、ここまで出るのは1年ぶりか。

       *   *   *

とりあえず、午前中は寝てよ〜か。

と言いたいところですが、これから嫁さんの運転の練習かたがた子どもたちを児童館へ連れて行くことに。
(もちろん、私もナビ&子守り分担で同行)

       *   *   *

さて、ここで問題です。
私はどの薬を服用すべきでしょうか。
(できるものなら、組み合わせもアリ)

まずは頭痛を治すべく、バファリンを飲む。
やっぱり大事なのは胃腸、大正漢方胃腸薬を飲む。
何はともあれ、アレルギー対応の鼻炎薬(PSE配合)を飲む。
とりあえず血を止めなきゃ。ヘルチミンS(非ステロイド系)を挿入する。

はてさて、ふふ〜ん。

ちょっと気になること その13:4月のバカ

2015年4月4日(土)

またもや、どーでもいいことをm(_ _)m

   *   *   *   *   *

4月1日(水)
帰宅途上の電車の中でしたっけね、スマホでYahoo! ニュースを読んでいたら、

レモンジーナ 売れ過ぎで販売停止

なんていう記事が出ていて、「レモンジーナって何よ」と思って、ついクリックしちゃったんですよ。

そしたら、

年間販売100万ケースなんて目標を掲げてスタートしたところ、2日で125万ケースくらい出荷。生産体制が間に合わず…

とか何とか書いてあって、「年間目標が2日で達成されるってのは、ある意味、始末書モノだよな」なんて思いつつ、関連記事を見ていると

レモンジーナは土の味がする

って記事が無数にあったもんですから、「もしかして、みんな恐いもの見たさ(じゃなくて、飲みたさ)」で買ってるのかな? とも思っていました。

4月2日(木)

そんなこともすっかり忘れていた翌朝、コンビニに入ってふと見ると、あるじゃないですかっ
20150403レモンジーナ1_convert_20150404090616

私、こういうのって、ほとんど飲まないんですけど、なんか買っちゃったんですよね。

これもまた、「恐いもの×××」ってやつですかねf^_^;)

そして、

うお、これ、マッズ〜

って言おうと思って、会社に着くなり、飲んでみたんです。


…案外、いけるかも。

酸味といい、炭酸といい、なんとも程よい感じ。

言われてみれば、後味でちょっと変わった味がするような気もしますが、<土>っぽいかどうかは、よくわからないし、いずれにせよ、不快感はありません。

そこで、思ったこと。

ええ〜、2日で売り切れとか、土の味がするとか、もしかして、新手のマーケティングじゃね

4月1日だけに。

       *   *   *

もっとも、じゃあ、明日からまた買うかっていうと…、う〜ん、たぶん買わない。

私が飲んでいるのは、こっちです。
20150403レモンジーナ2_convert_20150404090712
もう、毎日、飲んでます。
これなくしては1日を乗り越えられない。

ああ、翼がほしい…。

ささ、これから休日出勤してきま〜す。

 | ホーム |  page top