FC2ブログ

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おすすめ絵本58:マックペリカン城のたからさがし

マックペリカン城_convert_20140201102600

2014年2月1日(土)

先日、『ミッケ!』を紹介したら、さっそくチャレンジしたとのコメントをいただきましたので、似たような系統でもう1つご紹介しましょうか。

     *   *   *   *   *

◯315マックペリカン城のたからさがしスクーラー・アンダーソン/作 木原悦子/訳、2008年10月31日、主婦の友社(A Puzzling Day at Castle MacPerican, by Scoular Anderson, Walker Books, 1994)

本書は、トーマスくんイメルダちゃん(たぶん、兄妹)が、おじさんにあたるヘック・マックペリカン氏のお城に招かれ、宝探しをするという趣向。

読者はトーマス&イメルダとともに城の各フロアを通りながら、フィグ大おじさまが望遠鏡を覗いて見つけたものを探し、フォーゲットおばさま(まんまのネーミング)の忘れ物を探し、城に住んでいるという泥棒が盗んだものを探し…、といろんな課題をこなしながら、本来の趣旨である宝探しも続けます。

さらに、2匹のクモがたどる道筋は迷路になっていたり、各ページでお城で飼われている20匹のイヌを数えたり…、

いやもう、もりだくさん

       *   *   *

ですので、全部をやろうとすると、けっこう難易度も高く集中力も必要なので、子どもは疲れてしまうのですが、
最初から1シーンずつじっくり取り組むもよし、まずは「迷路だけ」「泥棒探しだけ」というように課題を絞ってもよし、子どもの年齢や興味、成長度合いにあわせて遊べます。

ウチの娘は、「イヌを探すのは後回し」と、それ以外をやっていました。

で、課題が多いということは、いったん見つけても、全部を読み終える頃には、また忘れてしまうということでもありまして、繰り返し楽しむことができます。

     *   *   *   *   *

それで、思い出しました。

もっと簡単なのもご紹介しておきましょう。

シモンのおとしもの_convert_20140201111358
◯168シモンのおとしものバーバラ・マクリントック作 福本友美子訳、2007年3月10日、あすなろ書房、1600円(Adele and Simon, by Barbara McClintock, 2006)

これは、忘れん坊のシモン少年が街のあちこちに落とし物をするので、それを見つけるというもの。

これのアメリカ版として『シモンのアメリカ旅行』もあります。

バーバラ・マクリントックの作品は、絵がとてもきれいで、私は大好きです。
そのうち、あらためて紹介したいと思います。

じゃ、本日はこんなところで

スポンサーサイト



 | ホーム |  page top