カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

踊るフォーチュンクッキー

2014年1月28日(火)

昨日、書こうと思っていた記事なんですが、「いい商売してるなぁ」と思ったことを、もう一つ。

     *   *   *   *   *

先日、娘の部屋(=おもちゃ置き場)の前を通り過ぎようとして、開いたドアの向こうで見慣れないものが視界に入り、部屋の壁をよく見ると、

じゃん。
20140126フォーチュン1_convert_20140125221404

なんだ、これは〜

驚いて嫁さんに聞くと、予約注文していたAKB48のアルバムが届き、それにポスターがついていた…というか、ポスターがほしくて予約注文した…

…って、この間、話さなかったっけ

そうだったかもしれない、べんべん

で、それがこちら。
20140126フォーチュン2_convert_20140125221426

次の足跡
Type A CD2枚+DVD1枚+写真集+生写真1枚の初回限定盤(函入り)

つ、ついに、我が家にもAKB48がやってきた。

そして、ああ、我がブログにAKB48が登場する日が来るとはっ

どーでもいいけど、この写真集、下に名前を書いてくれないと、それぞれの写真がいったい誰なのか、さっぱりわかりません。

…っていうか、全員同じに見えてしまって、これがすべて同一人物だと言われても、きっと疑問を感じないと思う。

       *   *   *

そして夜、腹が膨れると極端に上機嫌になる、ウチの息子。

この日も、何やら歌いながら体をくねらせて踊っているので、

これ、何

と聞くと、

フォーチュンクッキーよ。

と、嫁さん。

こ、これが噂に聞いた、「恋するフォーチュンクッキー」なのか

そして、よく耳を済ませると、たしかに

カモ〜カモ〜ベイビー〜うらなぁてよ こいするフォーチュンクッキー

と歌っていて、

オマエッ、「ごめんなさい」も「めんたー」としか言えないくせに、なんでこんな長い歌詞を覚えてるんだっ

と憤慨している私をヨソに、

嫁さん やっぱり、お姉ちゃんが一緒に踊ってないと、イマイチだね。
   じゃ、あたし、おてほん、みせてあげる

と、買ったばかりのCDをかけ、息子の前で踊り始める娘。

そして、2回「間違っちゃった〜」以外はすべて踊りきり、
(その後ろで、息子もノリノリで踊り)

私は、我が家にもとっくにAKBが浸透していたことに気づいてしまったのでした。


疲れてきたので、つづく…。

スポンサーサイト

予定を変更して…

2014年1月27日(月)

自宅に帰ってPCを立ち上げたら、衝撃のニュースが飛び込んできたので、予定を変更して(?)お送り致します。

     *   *   *   *   *

すでにご承知のとおり、本日正午過ぎ、磯野波平さん、じゃなくて永井一郎さんが亡くなったとのこと。

思うところは多々ありますが、私の思い出や知っている情報なんて、たぶん皆さんも知っていることでしょうから、とくには書きません。

まずは、ご冥福をお祈り申し上げますm(_ _)m

       *   *   *

ただ、途方に暮れていることが、1つだけ。

波平さんが亡くなった事実を、娘にどう伝えればよいのか…。

というのも、毎週日曜日、娘は18:00から「ちびまる子ちゃん」、18:30から「サザエさん」を見るのをとても楽しみにしているのですが(ただし、風呂優先なので、見られない週もあり)、何が楽しみって、

①まる子ちゃんがお母さん(名前は存じません)に「まる子ぉ〜」と怒られるシーンと
②カツオくんが波平さんに「こら! カツオ〜」と怒られるシーンとを

心から楽しみにしているのです。

毎日、母親から叱られている身だけに、登場人物がイタズラしたり失敗したりして怒られるシーンは、身近で面白いんでしょうね。
(私は週末しか子どもたちと出会わないので、週末しか叱りません…が、週末には必ず何かしら叱ってます)

       *   *   *

ニュースによると、収録は2月9日放送分まで。

その後は、どうなっちゃうんでしょうか?
ルパン三世みたいに、声マネの上手い方が引き継ぐんでしょうか?
「男はつらいよ」の御前様みたいに、会話の中にだけ登場するんでしょうか?
「ドラえもん」各員や「サザエさん」の他のメンバーの交代のように、最初はギョッとしながらも徐々に慣れていくのでしょうか?

ああ、何か、1つの時代が終わったかのような気分になりました。

っていうか、82歳で現役だったんですね、永井さんって。

ハピネス注入

2014年1月26日(日)

昨日、今日と、持ち帰った仕事をするべく、自転車で10分ほどのマクドナルドへ。
我が家の近辺には、マックが3件もありまして、先日、南のマックへ行って「家族連れ多い&うるさ〜」と思ったので、今日は北のマックへ行ってみたんですが、こちらはさらに激混み。

家族連れの皆さん、席を占領して仕事を広げちゃって、ホント、すみませんねm(_ _)m

ちなみに、西のマックはスーパーに入っているので、めっちゃ狭いうえに、人の通りが多く、集中して仕事ができる環境ではありません。
(もちろん、お店から見れば、「こんなとこで仕事するなっ」ってことでしょうけど。)

ウチだと子どもたちに邪魔されて仕事にならないんですが、会社まで往復4時間をロスすると思うと、以前のように休日出勤するのもバカバカしく…。

それにしても、なんなんですかねぇ、このマック支配。
地元消費者が、味や雰囲気より価格とおまけに価値を置いているので、他のファストフード店は参入が難しいのでしょうか?

あ〜あ、そこそこの味のコーヒーをほどほどの値段で飲ませてくれる、静かな珈琲屋さんが欲しい。
もう、「徒歩圏で」なんていう贅沢は言わないので、せめて自転車で15分くらいの距離であればなぁ…。

     *   *   *   *   *

あ、そんなことはどうでもよいのです。

今朝、重大なことがありまして。

実は、本日が「ドキドキ プリキュア」の最終回。

シリーズ前作「スマイルプリキュア」では、最終回、セカンドインパクト並みの攻撃を受けた後、主人公キュアハッピーが綾波レイ的に巨大化して地球を救ったわけですが、

今回もキュアハートがキングジコチューのジャネジーを浴びて、ついにプシュケーを奪われてしまったところで…、

おおっ、これはきっと、

いったんはジコチュー化したキュアハートのプシュケーが、
キングジコチューの体内に取り込まれた後に本来の姿を取り戻し、
逆にキングジコチューの心身全体へとウイルス的に侵蝕、
この悪の権化を支配・無力化したうえ浄化、そして消滅させるという、
(いってみれば「トロイの木馬」作戦によって敵と刺し違えようという!)
少女アニメとしては画期的だがいささかエグい結末へと展開するに違いない…

と期待しつつ、朝食のパンケーキを頬張っていたのですが、

キュアハートのプシュケーはさっさと彼女の元へと戻り、
他のプリキュアの力をもらったキュアハートは映画(「マナ結婚!!?〜」)さながらの純白の衣装をまとい、
宇宙に飛び出したり地球に戻ったりしながら、
ついにキングジコチューを倒したのでした。

私の筋書きですと、キュアハートはキングジコチューを道連れに消滅することになるので、自己犠牲型物語の感動があるのですが、
本作のテイストとしては、やはり相田マナが日常生活に戻らなければならないわけで、却下でしょうね、当然。

       *   *   *

あ、いや、重要なのはそれじゃなくて…。
(じゃ、長々と書くなよっ

来週からは「ハピネスチャージ プリキュア」が始まるわけですが、
(なんと、今年はプリキュア10周年
それに先立ちまして、

2月1日(土)池袋サンシャインA2-3ホール・B・Cホールにて、

おひろめカーニバル開催
(入場無料)


そして、2月2日(日)8:30からの第1回放送の最後に「合言葉」を発表、それを子どもたちが全国のおもちゃ売り場で店員に伝えるだけで、

20140126プリカード_convert_20140126120806

こんな感じの「プリカード」がもらえるのだそうな。
 この画像はまだ商品イメージなのだそうで、実物は違う可能性があるらしいです。

そのCMが流れた直後、ハッと目が合う娘と私。

 (ニヤリ)おもちゃ屋さんへ行くのですぅ。
 (に、にがにやり)…。

もちろん、タダのカードをもらうだけで済むわけはなく、何かしらおもちゃを買わされることになるので、
ともかく、ともかく、おもちゃ売り場へ来させてしまえば、後はウッシッシ…という作戦ですわ。


バンダイナムコッ、どこまでやれば気が済むんだっ


もちろん、春休みには恒例の「プリキュア オールスターズ」映画があるわけで、すでに1月11日から発売を開始している前売券を購入すると、今回は、

20140126おともだちバッグ_convert_20140126120831

がもらえるらしく。
(ピンクとブルーの2種類ありっ)

しかし、そのためには劇場窓口へ行かねばならず、ああ、あの、受付に並ぶ前にまずエレベーターに乗るために長々と並んだ前回の忌まわしき記憶が鮮やかに甦る…。



…あ、ちなみに、「ハピネスチャージ プリキュア」のweb site を見ると、大きく、

合言葉は、ハピネス注入

って書いてありますけど、これって…

おすすめ絵本57:チャレンジ ミッケ! ⑤ むかしむかし

ミッケ5むかしむかし_convert_20140119181050

2014年1月25日(土)

ああ、早く更新しようと思いつつ、結局、週末になってしまいました

あのですね、引越してから、できるだけ朝早く出勤して、夜も早めに(できれば、21時前に)会社を出るようにと心がけてたんですけどね、でも、年が明けてから、さすがにそうもいかず、残業時間が延びていくわけです。

すると、地元の駅に着く時間が23時半を回ってしまい、バスは残り2本のみ。
並ぶのが嫌いなこの私が長い行列に加わり、しかも深夜バスなので料金倍額なんですよ。

でもって、その差額分って、会社に請求できないんですよ(たぶん)。

「倍」といっても額は知れてるんですけどね、でも、なんか悔しいじゃないですか。

飲んで帰ったのなら、深夜バスでも「あるだけラッキー」ってな感じで倍額払いますけど、まじめに働いて、しかも引越前に比べれば、そんなに深夜まで働いたわけでもなく、気分的にはフツーに残業して帰っただけなのに、深夜バスで自腹を切るなんて…。

というわけで、このところ、駅から歩いて帰る日が増えてるんですよね、この寒いというのに。

災い転じて、体重が減るといいなぁ。

     *   *   *   *   *

そんな、つまんない話はさておき。

先日、チラッと見えてしまいました、おすすめ絵本コーナー。

先週に続き、こちらも「ストーリーもの」ではないんですが、ただいま娘が(実は私も)ハマっているのが…

じゃん。

◯331チャレンジ ミッケ! ⑤ むかしむかしウォルター・ウィック/作 糸井重里/訳、2008年11月3日、小学館、1360円(Can You See What I See? Once Upon a Time, by Walter Wick, Scholastic, 2007)

       *   *   *

これは何をするものかといいますと、たとえば、こんなページがあります。
ミッケ5むかし_こぶた_convert_20140123005536
わかりにくいとは思いますが、中央下部に上を向いてフウ〜と息を吐いているオオカミがいて、子豚たちが家ごと吹き飛ばされている…

そう、「3匹の子豚」を題材とした絵なんです。

そして、右側の白地の部分に、

まずは、かなづちからさがそう。
ておの。じょうろ。けいとばり。

とうもろこしは6ぽん。
シャベルが2ほん。

なんていう「お題」が書いてあって、このゴチャゴチャしたなかから探すわけです。

これが実に巧みに隠してあって、視界に入っているはずなのに、認識できない。

注意深く眺めていって、「あ、こんなところに」「こんな姿で」なんて言いながら見つけるのが、けっこう嬉しい楽しい大好き。

       *   *   *

で、そもそも、なんでこんな本を読むことになったかというと、こちらシリーズになってまして、

①おもちゃばこ
②ゆめのまち
③コレクション
④サンタクロース
⑤むかしむかし
⑥こわーいよる
⑦パイレーツ

とあるうちの、「①おもちゃばこ」を娘が図書館で借りてきたんです。

で、当然のごとく、

おとうさんも、いっしょにさがして

ということになり、

わかんなぁ〜い

見つからないよぉ〜

なんて泣き言を並べつつも、暇さえあると、絵を眺めていたのでした。

       *   *   *

ただ、残念なことに、図書館には①巻しかなく、本屋さんで見つけて、娘が⑤巻を選んだのでした。

個人的には、①巻「おもちゃばこ」のほうが、パターンにバリエーションがあって楽しめました。

娘はというと、次は②巻「ゆめのまち」がいいと申しております。


…え、全部やるの


最終ランキング

2014年1月20日(月)

最初にお詫びをm(_ _)m

水曜日あたりにアップしようと思っていた今週の「おすすめ絵本」、導入部だけ書いて「下書き」保存したつもりが、公開しちゃってましたね。

大変恐縮ですが、読んじゃった方、ひとまず記憶から消しちゃってください

ま、あんな感じでですねぇ、絵本の紹介やら芝居の感想やらは、記事を完成させるのに2〜3日かかることが多いんです。
しかも、記事を書く時間を毎日確保できるわけではないので、結局1週間くらいかかっちゃったりするんですよねぇ。

でもって、本日の記事もまた、書き初めから完成まで、けっこうかかりました。
ただし、時間がかかったのは、「書く」ことにではなく、「飲む」ことにでしたがf^_^;)

       *   *   *   *   *

おまたせっ(してない

ノンアルコールビール 最終ランキング

前回、とりあえずのランキングを発表した後、近所のスーパーやら薬局やらをめぐって、なんとかノンアルコールビール3種類をGET

まずは、その感想を。

1つ目。
201401xxnrlank1_convert_20140118141202.png
こちらはキリンの「休む日のAlc.0.00%」。

これ、けっこうイケます
苦味というよりは、フルーティな酸味があるっていう感じなので、ビールを求める向きにはちょっと合わないかもしれません。
そして、…なんでしょうね、…味になぁんか覚えがあるんですが、思い出せない。

2つ目。
201401xxnrlank2_convert_20140118141222.png
皆さん、ご存知でしょうか?
オーストラリア産のBREWRY(ブローリー)プレミアムラガー。
ドウシシャという港区にある会社が輸入販売しているようです。

アルコール度0.9%なので、他の商品とはカテゴリーを変えたくなりますが、一応「清涼飲料」です。

で、この商品(&企業)、よく知らなかったので、ちょっとだけ調べたら、わりと好評価なんですよね。

でも、…私、…正直、味がしませんでした
なんだか、微炭酸の水を飲んでるような気分。
ぜんぜん、好みに合いませんでした。

そういえば、私、キリンの「澄み切り」も、ダメでした。
澄み切りすぎて、ひっかかりがない感じ。

3つ目。
201401xxnrlank3_convert_20140121003245.png
そして最後が、ドイツ産のヴェリタスブロイ。アルコール度0.0%。
お値段がちょっと安かったんで「おおっ!」と思ったんですが、330mlです。

で、これ、けっこうイケます

ついに、ビールの味を射程圏内に入れたって感じのテイストです。

       *   *   *

それでですね、ネットで調べると、まだまだアレコレあるようなんですが、近所で入手できるものはしたってことで、ここらで一段落つけようと思います。

では、あくまで私的な評価ですが、最終ランキングの発表

1位 ヴェリタスブロイ
2位 休む日のAlc.0.00%
3位 SAPPORO PREMIUM ALCOHOL FREE Black
4位 キリンフリー
5位 SAPPORO PREMIUM ALCOHOL FREE
6位 サントリー オールフリー
7位 アサヒ ドライゼロ
8位 ブローリープレミアムラガー

以上です。
あくまで、私の好みですからね〜。

新年会2014, part 2

20140119新年会1_convert_20140119131113

2014年1月19日(日)

ええと、昨日の続きですね。
お参りの後は、新年会。
(先週10日に次いでの第2弾です)

大師前といえば、池ちゃん御用達の店「琉球」。
昨年末も近くで稽古した帰りに、寄らせていただきました。

     *   *   *   *   *

で、池ちゃんと飲みに行ったときしかやってない「食べログ」の開始。

とりあえず、オリオン。
20140119新年会2_convert_20140119131144
冬ですが、キンキンに冷えてます。

そして、ソーキそばとヘチマ炒め。
20140119新年会3_convert_20140119131207
ソーキそば、最初に食うのが、池ちゃん流。
へちまは、スパム&豆腐とあわせて炒めているので、青臭さも少なく食べやすいです。

続いて、ソーキ&青菜炒め。
20140119新年会4_convert_20140119131245
塩味が効いていて、酒の肴にうってつけ。

そうそう、酒の紹介を。
昨年、稽古の帰りに寄って、大将に味見させてもらったのが残波の古酒
それを思い出して注文しました、「残波プレミアム古酒」(5年古酒60%)。
ボトルも美しいですね。
20140119新年会5_convert_20140119131430
これを、池ちゃんは、水割りで。

20140119新年会6_convert_20140119131504
私はロックで。

続いて注文したのは、島らっきょ(手前)ともずく(奥)の天ぷら。
20140119新年会7_convert_20140119131531
ホントは紅芋など他にも食べたい天ぷらがあるのですが、すぐに腹一杯になってしまうので、ついつい、いつも軽めのものを選択してしまいます。

こちらは、生春巻き。
20140119新年会8_convert_20140119131603
新鮮かつボリュームたっぷり。
おかみさん、ありがとうございますm(_ _)m

あ、これ、わかりますかねぇ…。
20140119新年会9_convert_20140119131625
右手が、残りわずかな豆腐よう。
左手の、箸でつまんでいるのが、イカスミ餃子ラスト1。
毎度ですが、だんだん酔っぱらってきて話に夢中になってくるので、写真を撮り忘れてしまうんですよねぇf^_^;)

で、最後の一品が、こちら。
20140119新年会10_convert_20140119131911
ゴーヤチップス。
もう腹一杯になり、私の電車の時間までダラダラ飲み続ける用のツマミとして注文。

     *   *   *   *   *

そして、22時前の電車に乗り、予定どおり最寄り駅に着いたのですが…。



あれ 終バスがない。



そうか、土日ダイヤってこと忘れてました


ま、いいさっ。


ほどよく酔った体に、夜の冷気が気持ちいいじゃありませんか。

健康のためにも歩きますよ。

…(歩き中)…

そして、我が家まで残り1kmを切っていたでしょうか…


はにゃ。


…イ、イヌの糞を踏んでしまいました


むむむむぅ、ぉぅぉぅぇぇ〜

イヌの糞を始末しない
すべての飼い主に災いあれぇ〜〜〜



初詣2014

20140118初詣1_convert_20140119112340

2014年1月18日(土)

本日16:30、京急大師線は川崎大師前にて、池ちゃんと待ち合わせ。

過年の厄払い以来、なんとなく毎年恒例になりつつある川崎大師への初詣です。
私は、元旦夕刻に実家に到着したのですが、家族はその前に初詣を済ませていたので、私はこれが初めて。

     *   *   *   *   *

もうそろそろ空いてるかなぁと期待したのですが、表参道は駅へと帰ってくる参拝客でまだまだいっぱい。
そして、角を曲がると、名物のアメを切る調子のよい音が聞こえてきて、法被姿のおばちゃんたちがタッパーに入ったアメを差し出してきます。

お土産に何を買おうかと物色しながら、のんびりと大山門へ。
20140118初詣2_convert_20140119112404

お水屋で手を洗い、口をすすいだ後、まずは前年のお守りをお納めに。
それから、献香所で線香を…と思ったら、今さっき蓋をしめたところらしく。

そっか、17:30で門を閉めるから、16:30過ぎには献香を終了しちゃうんだ。
仕方ないので、隙間から漂ってくる香りだけをかいで、大本堂へ。

お参りの後、右手の授与所へ。
川崎大師って、「家内安全」のお守りがないんですね。どうしようかと悩んだんですが、授与所も閉まってしまいそうだったので、「交通安全」と「開運」をいただきました。

       *   *   *

いつもはこれで帰るのですが、今回は池ちゃんから「実は、もっと広いんだよ」と言われ、大本坊まで行くことに。

20140118初詣3_convert_20140119112421

不動堂にもお参りした後、五重塔を見物。
20140118初詣4_convert_20140119112449

今年の春には「つるの池」に「やすらぎ橋」ができるそうなので、来年はそちらまで行ってみましょうかね。

       *   *   *

不動門から出て大山門のほうへ戻り、結局、いつものせんべい屋さんへ。
前回はあられを買ったんですが、硬くて大きいのは子どもたちに不評なので、今年は薄めのせんべいを買いました。

20140118初詣5
これで、3袋1,050円。

     *   *   *   *   *

で、例のごとく飲みに行くわけですが…、続きは次回

おすすめ絵本56:りんごかもしれない

りんごかもしれない_convert_20140111144318

2014年1月15日(水)

今週もどうにか間に合いました、このコーナー。

じゃん。

◯328りんごかもしれないヨシタケシンスケ/作、2013年4月25日、ブロンズ新社、1400円

ええっと、どこから説明すればよいかというと、…まずは「街の本屋が選んだ絵本大賞」の紹介から始めましょう。

あのですね、NET21という組織がありまして、これは、いくつかの書店さんが共同出資して作った有限会社なんですが、
大手チェーン店ではない、いわゆる「街の本屋さん」たちが「このままでは衰退する一方だから、力をあわせてがんばっていこう!」ということで、流通なり販促なり経営改善なりの協力の結節点となり、また取次・出版社との交渉なりの窓口になっているんだそうです。

そして、販促の一環として、各種イベント企画も立てていまして、そのうちの1つが、先ほどの「街の本屋が選んだ絵本大賞」なわけです。

この絵本大賞、昨2013年11月に第3回が開催されたんですが、受賞作は次のとおり。

大賞:『パンダ銭湯』tuperatupera/作、絵本社
ピカピカ絵本賞:『おひさまとかくれんぼ』たちもとみちこ/作、教育画劇
キラキラ絵本賞:『りんごかもしれない』ヨシタケシンスケ/作、ブロンズ新社
ワクワク絵本賞:『ぼくのふとんはうみでできている』ミロコマチコ/作、あかね書房

賞のネーミングについてはコメントしませんが(笑)、ともかく4冊とも読んでみまして、まぁ、1つを選ぶとすれば、この『りんご〜』かなぁと。

ただ…、何というか、たしかにセンスもいいし、アイデアも面白いんですけど、それだけっていうか、ストーリー重視のこのコーナーとしては、物足りない。

そこで、いったんは紹介をやめようと思ったんですが、ここしばらくモヤモヤと考えていて、

①「センスがよくて、アイデアも面白いなら、紹介したっていいじゃん」と思い返した
②嫁さんと娘が、けっこう楽しそうに読んでいた
③このブログを書くためにヨシタケシンスケ氏のweb siteを見たら、けっこう面白かった
(かぶりものシリーズとか。「ヨシタケシンスケページ」で検索してみてください。)

…ものですから、「じゃあ、いいか」となったわけです。

ヨシタケ氏のweb siteでは、とくに解説してませんでしたが、やっぱり、このタイトルを見ると、どうしてもルネ・マグリットの「これはリンゴではない(Ceci n'est pas une pomme)」を思い出すわけで、きっと本書もあの絵から着想を得たに違いないと、勝手に決めつけているのですが、さて、どうなんでしょう。

ともかくも、本書はですねぇ、

主人公の少年が、ある日、学校から帰ってくると、テーブルの上にりんごが1つ置いてあって、

…でも、…もしかしたら、
これはりんごじゃないのかもしれない。


と思ってしまったために、そこから空想やら妄想やらが次々展開されていくと、まぁ、そういう話です。

どれを面白いと思うかは人それぞれだと思いますが、
どれかはきっと面白いと感じられるだろうと思います。


以上。


なんだか、今ひとつ気乗りのしないご紹介でm(_ _)m

その代わりに…というのも変ですが、来週はウチの娘に大好評な…というか、ハマっている1冊をご紹介しましょう。

ではでは

暗号を求む

2014年1月14日(火)

先日のこと。

   今度の週末さ、出かけちゃっていいかな。図書館に本を返しに行くのと、靴を買いに行きたいのと、あと、仕事。特に、用事なかったよねぇ。
嫁さん うん。ただ、結婚記念日の食事、どうしようかと思ってて。



しまったぁ〜



おまけに、というのも何ですが、今年は何と10周年記念
いやぁ、恐ろしいですねぇ。
入籍日をいつにするかということについては、「私が記念日を忘れないように」という深慮から、嫁さんが検討の末に決めのでした。

が、しかし、当ブログの読者のなかには

またか。

と思われた方もいらっしゃるはず。

そう、過去10年にわたって私がしでかした失敗の数々。

     *   *   *   *   *

例えば、あの年。
外出先で不愉快なことがあった私は、帰宅してもピリピリ&イライラ。
細かいことで嫁さんに文句を言う私。
当惑顔の嫁さん。

何度もリビングと私の部屋を往復した後、ふと気づくとテーブルの上にブーケが。

結婚記念日、おめでとう!

という、嫁さんの友だちからのメッセージカード付き。


しまったぁ〜


例えば、あの年。
   今度の土曜、劇団の新年会、入ったから。特に、用事なかったよね。
嫁さん うん。でも、結婚記念日、どうする


しまったぁ〜

     *   *   *   *   *

お気づきのとおり、よくまぁ、同じ過ちを繰り返しますよねぇ、…私。

で、先日も、

   ごめん、忘れてた。あっぶねぇ〜…っていうか、アウト
嫁さん …(苦笑)。

この他にも、嫁さんの誕生日を思い出せず、「たしか、今月だったよなぁ」というあたりで、

   誕生日のお祝い、いつにしようか

と、嫁さんに都合のよい日程を答えさせて、なんとか切り抜けるとか…。

よくこれで、10年ももちましたよねぇ。
(え もちこたえてもらってるんだって

     *   *   *   *   *

そこでですね、先日来「いい加減、改善策を打たねばならないなぁ」と考えておりまして、さっきハタと思いついたんです。

<募集>
どなたでも結構なんですけど、

来年の年賀状に、

けきわなっこんねんびをすれる…を意味する暗号)

って書いてくださいませんか

そしたら、年賀状を見たところで、

   結婚記念日のお祝い、いつにしようか

って聞けるでしょ(あったまいい〜)。

     *   *   *

あ、でも、来る年賀状、来る年賀状みんなに、「けきわな」って書いてあったら、さすがに不審がられますかねぇ。

おまけに、私が暗号を忘れて、その意味を解読できなかったら、もう救いは無しですね。

う〜ん、名案だと思ったんだけどなぁ〜



我が家にBlu-rayがやってき…

2014年1月13日(月)

我が家では、DVD/CD/MDコンポが壊れて以来、DVDは久しくPCで観ておりました。
テレビを見ない私としては、これでまったく問題なく、また世間の潮流から外れても一向に気にならなかったのですが、嫁ー娘間の会合により、

①テレビ番組(アレもコレも)を録画したい
②ミッキーのDVDをもっと大きな画面で観たい
③…

などなどの理由により、録画機能のついたDVD/Blu-rayプレイヤーを買おうという結論に達したらしく。

私としては、もっと優先順位の高い買い物があるんじゃないかと思うのですが、まぁ、ウチで生活するのは彼女たちであって私では(そんなに)ないので、要求を飲むことに。

     *   *   *   *   *

で、先日、買ってまいりました。

Blu-rayが何なのかもよく理解してないうちに、我が家にとうとうBlu-rayプレイヤーがやってきた、この驚き。

そして、さっそく自宅で配線を…。

ビデオデッキ(死語)をつなぐのって久しぶりだけど、基本的な配線って変わらないんだなぁ。

と思いながら、最後の1本をつなごうと…

…つなごうと…


…ない



いえね、お店の人に「必要になりますよ」と言われて、買ってきたんです、HDMIケーブル。

でも、…テレビの側にジャックがないっ

我が家のテレビは2005年製のAQUOSなので、(当時すでにHDMI規格は存在していたのでしょうが、我が家が型落ちを買っていたこともあり)HDMIに対応しておらず(ToT)

以来、一度の故障も支障もなく、我が家に映像と音声を伝え続けてきてくれたAQUOS君。

しかし、この何の不都合もないテレビを買い替えないかぎり、Blu-rayプレイヤーは使えない。
(念のためネットで調べたところ、コンバーターを買って対処する手間と費用と近い将来の問題とを考えると、買ったほうが早いという結論に達し…)

     *   *   *   *   *

しかもですよっ。

規格が合わないことの恐ろしさを実感してしまった私たち夫婦は、Blu-rayプレイヤーに合わせてPanasonicのテレビを買うことに
(たとえ現時点で異メーカー間の接続や互換性に問題がなくても、今後の技術革新によって相性の善し悪しが変わってきたりして…とか)

ってことは、VIERAを買えってことじゃないですかぁ。

いえ、VIERAが悪いって言うんじゃないんですが、何て言うか、switchさせられた感が強いというか、買いたいと思ってないのに買わされているというか。

もちろん、Blu-rayプレイヤーについては、各メーカーの各機種を比較して、我が家にとってリーズナブルな選択をした…のだろうと思いますが、テレビについてはVIERA/Panasonicに何のロイヤルティも感じてないわけで。

Panasonicには特段の不満も恨みもありませんが、この、

まんまと抱え込まれたぁ〜

感が悔しいっ
(ま、最大の理由は、小雪より吉永小百合が好きってことなんですけどね。小百合さん、ごめんなさいm(_ _)m

     *   *   *   *   *

そして、また新たな問題がっ

テレビを買い替えるため、仕方なく昨今の機種を調べると…


デカいっ


我が家の24インチ型なんて「寝室用」とか書かれていて、リビングは32〜39インチがフツー。

でも…、


…要る


なんで? Small & Smart Life でいいじゃない。

きっと大型化するには高度な技術が必要でしょうし、その方向で開発競争が進んでいるのかもしれませんが、その競争って、誰のため?

自由で競争的な市場こそが、最適な資源配分により私たちの効用を最大化する…

のだと信じたくはありますが、現実のほどほど自由で競争的な市場はそこそこ適切な資源配分しか保証しないのであって、

その競争は、私たちを幸せにするのだろうか…

と思わずにはいられない。

そこで、一家の主として嫁さんに「現在のサイズでよい」と高らかに宣言すると…

でも、もう少ししたら、子どもたちが wii とかやりたがるだろうし、大きいほうが…


だから、デカくなったのかぁ〜


     *   *   *   *   *

わかったよ、次の週末に買いに行こう…。

が、またまた新たな問題が…(もういい)。


…そのサイズだと、ラックに入らない


我が家では、本棚とテレビ&コンポ棚を組み合わせたタイプのラックを置いているのですが、Vieraは24vの次が32vで、測ったところ、スペースに入らず…。


こうして、リビング用のラックを買い替えることになったのでした(T0T)(T0T)(T0T)

となると、ラックは千差万別なので、一から検討しなければならず、もう少し時間が必要ということになりましたとさ。


ああ、私はただ、Blu-rayプレイヤーを買おうとしただけなのに…。



私が悪いの
世の中だって、ちょっとくらい、悪くありませんか


おすすめ絵本55:まさかおさかな

まさかおさかな_convert_20131231170230

2014年1月11日(土)

昨日は、19:30頃に岩井さんから緊急召集がかかり、ジャックと3人で新年会 at 新宿2丁目。
ビールは脂肪肝によくないんだよなぁと思いつつ、ふだんビールを飲まなくなったので、こんなときにはついつい以前より多めに飲んでしまいます

これが私の新年会第1弾。
来週末に第2弾を控えてますので、またコツコツと(?)減酒に励みます。

     *   *   *   *   *

さ、今週もなんとか連載を維持できました、おすすめ絵本コーナーです。

じゃん。

◎311まさか おさかなフェイ・ロビンソン/文 ウエイン・アンダースン/絵 岡田淳/訳、2007年6月30日、BL出版(A Fish Wish, text by Fay Robinson, illustrations by Wayne Anderson, Templar Publishing, 2005)

<あらすじ>

エリザベスはさかなが大好きな女の子。
毎週土曜日は水族館へ。
係員の人たちとも仲良しで、さかなたちの世話のお手伝いをしたりします。

でも、エリザベスが家で飼っているのは、グッピーが1匹だけ。
もっとたくさん飼いたいけれど…、

ベス 私、ピラニアを飼いたいの。
ママ  もうすぐごはんだから、バナナは我慢しさない。

ベス ヒラメって、どうして同じ側に目がついてるの?
パパ  待って。いま、忙しいんだ。

ママもパパも、ちゃんと話を聞いてくれない。

     *   *   *

ところが、ある日…

エリザベスが水道の蛇口をひねると、

スポン!

マスが出てきた

次の日は、ヒラメ

だのに、ママもパパも、見てくれない。

     *   *   *

次の日も、次の日も、蛇口をひねると、おさかなが

慌てたエリザベスは、お小遣いをはたいて、水槽をたくさん買い込んできました。

もう、家の中は水槽だらけ。

それでも、ママとパパは、気づいてくれない。

     *   *   *

そして、ある日とうとう…

バッシャーン

こうなれば、何が何でもママとパパにわかってもらわなくちゃっ

でも、ママとパパが笑って何か言おうとしたとき…

ミシミシッ

ヒュ〜

ドッシャーン

ママ  消防署に電話を!
パパ  警察に電話を!
ベス  いいえ、水族館に電話。

そして、やってきた水槽係のおにいさんは…

     *   *   *

このことがあってから、
ママとパパはエリザベスの話を、とてもきちんと
きくようになった。

とくに
エリザベスが新しく好きになったものの話をするときは…ね。


…さて、エリザベスが次に好きになったのは

<感想など>

身につまされますね。

娘が、
自作のおもちゃやアクセサリーを見せにきても、
アイカツだのプリキュアだののクイズを出しても、
パズルやらカルタやらで遊ぼうと誘ってきても、

お父さん、忙しいから
お父さん、お仕事あるから
お父さん、やらなきゃいけないこと、あるから
お父さんに自分の時間、ちょうだい

なんて言って、ちゃんと相手をしなかったり、

娘なんて、まだましで、息子には、

いいから、お母さんのところに行きなさい

なんて追っ払っちゃったりして


子どもの顔を見て
子どもの話をきちんと聞く

って、大事だと思っているのに、そういえば疎かになってるよなぁ、なんて。

そう書いている今も、私の背後では子どもたちが絵本を読んでまして。

お父さん、早くコレを書いて、お出かけしなきゃいけないんだよ。

…と言って、このブログを書いているんですよねぇ。

ごめんよ、子どもたち。

ちなみに、この絵、素敵だと思いませんか
私は本書で初めてウエイン・アンダースン氏の作品に出会ったんですが、調べてみると、ほかにもおもしろそうな作品を手がけています。

こちらも是非、読んでみたいと思いますので、いつかご紹介できれば。


ではでは


とりあえずのランキング

2014年1月9日(木)

本日、また大変お世話になった方が亡くなりました。
ご恩を返さねばと思いながら、私がチンタラしてるものだから、取り返しのつかないことに…。

人生って、取り返しのつかないことの繰り返しですね。

はぁ。どのツラ下げてお別れの会に行けばいいのやら…って、このツラしか持ち合わせがないんですけど。

あ〜あ〜あ〜あ〜あ〜。

という気分です。

まともなことが書けないので、こんなときこそ、どーでもいいことをば。

     *   *   *   *   *

テイスティング第4弾


先日、緑青さんにご推薦いただきました、こちら。
20140109ビールテイスト1_convert_20140110001525

SAPPORO PREMIUM ALCOHOL FREE
Black

アルコール0
エネルギー28kcal
糖質6.8g
(プリン体4.0mg)

*すべて100mlあたり栄養成分

同社の「プレミアム・ブラック」の味を目標にした黒ビールテイスト清涼飲料ってことなんでしょうか。

私、普段はあまり黒ビールを飲まないんですが、黒ビールっぽい苦甘さ(?)のおかげで、余計な味や匂いが気にならないので、かえって一番飲みやすかったりして。

     *   *   *

そして、

テイスティング第5弾


じゃん。
20140109ビールテイスト2_convert_20140110001544

キリンフリー
アルコール0
エネルギー11kcal
糖質2.7g
(プリン体約0~2.8mg)

*すべて100mlあたり栄養成分

たまたまネット上で見つけた資料では、日本のビールテイスト清涼飲料のなかで、一番売れているらしいです。

私もかつてはキリンラガー一筋のキリンファンだったのですが、この緑色のラベルを見ると淡麗のグリーンラベル(と、そのちっとも美味しくなかった味)を思い出してしまって、ついつい後回しになっていたんですよねぇ。

でも、意外にいける、というか、これもやっぱり、味と香りがうまくまとまっているという印象でした。

     *   *   *

で、これでたぶん、大手メーカーのビールテイスト清涼飲料を一通りチェックしたと思うので、ひとまずのランキングをつけておきましょうか。

1位 SAPPORO PREMIUM ALCOHOL FREE Black
2位 キリンフリー
3位 SAPPORO PREMIUM ALCOHOL FREE
4位 サントリー オールフリー
5位 アサヒ ドライゼロ

もっとも、たまたま見つけた記事では、ドライゼロを評価する意見が多かったようなのですが、私はどうも…。

たぶん、私はビールにどれだけ近いかということよりも、単独でどれだけうまくまとまっているか、という基準で判断しているのだと思います。


さ、次からは大手以外のビールテイスト飲料を物色していきましょうかね。



ほんのちょっと気になって

2014年1月6日(月)

今年も仕事が始まりました。
9日間も連続して休んだなんて、ちょっと記憶にないくらいで、もう会社への行き方も忘れちゃいましたよ…

…とブツブツ言ってるうちに会社に着き、あっという間に現実に引き戻されるわけですが、今日は年賀状のチェックとメールの対応だけで一日が終わっちゃいましたf^_^;)

そして、業務上のメールに混じって「ご連絡」という、いささか自己主張の弱い件名が一つ。

開いてみると、


…お世話になった方の訃報。


その直後に、別ルートから電話でも連絡が。

というわけで、明日は朝一番で告別式です。


いやぁ、…正月気分が吹っ飛びました。

     *   *   *

帰路、ほんのちょっと気になったこと。

香典袋を買いに、コンビニへ。

冠婚葬祭用の封筒が、計7面陳列。

うち、
御祝儀用:1面
vs.
御霊前用:一般的タイプ2面
同:豪華タイプ1面
御仏前用:一般的タイプ1面
弔事多目的用:一般的タイプ2面



いえ、便利なんですけどね。

この時期、葬式が多いってのは、統計的に出てるんでしょうね。
そのデータをもとに、売り場面積を変えてるんでしょうね。

ほんの1週間ほど前まで、ここには数種類のお年玉袋が並べてあったんでしょうね。


もちろん、便利なんですけどね。

普段は気にもしないくせに、こんなことが気になるのは、私がちょっぴりblueな気分だからでしょうか。


おすすめ絵本54:ルピナスさん——小さなおばあさんのお話

ルピナスさん_convert_20131231170208

2014年1月4日(土)

年末年始のアクセス&コメント、ありがとうございますm(_ _)m
これから、順次拝見&ご返信したいと思います。


…で、2014年の初めにあたり、是非とも復活させておかねばならない、このコーナー。

     *   *   *   *   *

「おすすめ絵本」


いやぁ、ずいぶんと間が空いてしまいました。
前回が8月22日なので、4か月余りもサボったことになります

このコーナー、もう消滅したと思われていた方もいらっしゃったのではないでしょうかf^_^;)

まだ、コンスタントに連載できる態勢は整っていないのですが、準備万端整ってから始めようとすると、いつまで経っても始められないので、いつものごとく(=性懲りもなく)走りながら整えることとし、年初の勢いを頼りに、ともかく再開してしまいましょう。

     *   *   *   *   *

そして、記念すべき()再開第1弾は、こちら。

◎310ルピナスさん――小さなおばあさんのお話バーバラ・クーニー/さく かけがわ やすこ/やく、1987年10月15日、ほるぷ出版、1300円(Miss Rumphius, by Barbara Cooney Porter, The Viking Press, 1982)

<あらすじ>

アリスのおじいさんは、大きなマストの船に乗って、遠くの国からやってきました。
今は、この海辺の町に住み、船首像を掘ったり、絵を描いたりして暮らしています。

夜になると、おじいさんは、アリスに遠い国々の話を聞かせてくれました。
そして、お話が終わると、アリスはいつも言いました。

大きくなったら、私も遠い国へ行く。そして、おばあさんになったら、海辺の町に住むの。

それは、けっこうだがね。

おじいさんは言いました。

もうひとつ、しなくてはならない。

なあに?

世の中を、もっと美しくするために、何かしてもらいたいのだよ。

いいわ」と、アリスは約束しました。何をすればいいかは、まだわからなかったけど。

     * 〜 * 〜 *

大きくなったアリスは、海から遠く離れた町へ行き、図書館で働きました。

次に、南の島へ行き、美しい貝殻を拾いました。

それから、高い山に登り、ジャングルに分け入り、砂漠を横切り、たくさんのものを見て、多くの忘れ得ぬ人々と出会いました。

歳を取ったアリスは、そろそろ旅を終わりにし、海のそばに暮らす場所を見つけることにしました。

     * 〜 * 〜 *

海を見晴らす美しい家で、素晴らしい生活を楽しみながら、アリスはおじいさんとの約束を思い出します。

しなくてはならないことが、もうひとつある。世の中を、もっと美しくしなくてはならないわね。

でも、何をすればよいのでしょう?

アリスは、海を眺めながら考えました。

     * 〜 * 〜 *

次の年、アリスは旅で痛めた背中の症状が悪化し、ほとんど寝たきりになりました。
窓からは、前年に庭にまいたルピナスが花を咲かせていました。

もっともっと花が増えるように、もっともっと種をまきたかったけれど、一人ぼっちで寝たきりのアリスには叶いませんでした。

     * 〜 * 〜 *

そして、厳しい冬が終わり、春が来ました。
背中の具合が良くなり、散歩に出かけたアリスは、丘の上で咲き乱れるルピナスを見つけました。

アリスの代わりに、風や小鳥たちが、種を運んでくれたのでしょう。

そして、アリスは、素敵なことを思いつきました…

     * 〜 * 〜 *

…月日が流れ、髪の毛が真っ白になったアリスは、町の人たちから「ルピナスさん」と呼ばれています。

遠い国の話を聞きに来た少女が、ルピナスさんに言います。

大きくなったら遠い国へ行って、それから海のそばに住むわ。

それはけっこうだね。

ルピナスさんは言いました。

でも、もうひとつ、しなくてはならないことがあるよ…

<感想など>

ええと、まあ、この本は、子どもたちに繰り返し読んでやりたいし、繰り返し読んでもらいたいなぁ、なんて思いつつ…

私も、こんな物語を作りたいなぁ、とか、

かなり気恥ずかしいんですが、そうした物語づくりを通して、

私も、人生で一つくらいは「世の中を、もっと美しくすること」というのを、してみたいなぁ、などと、

年始にあたり、思ってみたのでした。

     *   *   *

他にもいろいろ書きたいことはあるのですが、すでに長くなっているので一つだけ。

バーバラ・クーニーの絵は、板に水彩絵の具で描き、色鉛筆でアクセントを加えている(そうな)のですが、とても優しく美しい絵でありながら、甘くもヌルくもない。

柔らかいのに、たるみがない、とでも言えばよいでしょうか。

絵にも物語にも、芯の強さを感じます。

たぶん、私だけじゃないと思います。

     *   *   *   *   *

さてさて、ここで本年の抱負でも。

1.「おすすめ絵本100」達成
2.「絵本読破550」達成
3.「自作絵本」…1作



新年のごあいさつ2014

2014年1月3日(金)

新年、明けましておめでとうございます。
本年もまた、よろしくお願い致します。
m(_ _)m(_ _)m(_ _)m

     *   *   *   *   *

新年の第1食目は、去年の牡蠣鍋の残りで作った「おじや」でした。

その後、バタバタと掃除をして新幹線で帰省。
東京駅に着くと、東海道本線は強風のため小田原〜熱海間で運転見合わせ。
一瞬、頭が真っ白になりましたが、新幹線は無事運転につきセーフ。

実家では、(受動的)暴飲暴食のかぎりを尽くし、せっかく落とした体重が見事に元通り(ToT)

   *   *   *

そして、本日帰京…ということは、

そうです。
有楽町駅近くの火事で新幹線の運転見合わせ。

私たちが予約していた便も運休。
指定席、消滅。
他の便もチケット完売で振り替えもできず、駅員から、とにかく、来た便に乗ってくれと言われ、
幼児2人をかかえての強行軍。

なんとか乗ったはいいものの、
各駅ともホームが詰まって遅延、遅延、遅延…。

火事の現場も、車窓から間近に見ちゃいました。
こんな線路の近くで炎が上がったら、そりゃ、運行できませんわ。

やっとの思いで東京駅に着くと、そこは人、人、人…。
その顔にはイライラと疲労感が。
また、駅員も疲労困憊の様子。

いやぁ、ひどい目に遭いました。
私たちは、むしろ幸運なほうでしょう。

なので、しんどかったけれども、JR東海の皆さんに文句は言いません。
乗客の不満が爆発しそうな雰囲気をヒシヒシと感じながら、精一杯の努力をしてくれたのだろうと思います。

新年早々、怒りのブログってのも気分悪いですしね。


が、一言だけ。


おのれ、JR東日本っ
(東海ではありません)



とりあえず、厄払いには行こうと思います(笑)。

 | ホーム |  page top