カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

床屋のこと

2013年9月28日(土)

どーでもいい話なんですが。

     *   *   *   *   *

私のように髪の毛が短かい(っていうか、少ない)と、散髪にお金をかけるのがバカバカしいので、できるだけ安く早く簡単にすませたいと考えるわけですが、

髪の毛というのは、ショートカットにすればするほど、頻繁に床屋さん(もしくは美容院)に行かねばなりません。

このため、私なぞは「1000円・カットだけ」のお店に行くのですが、毎月行かねばならないため、年間費用は12000円かかる計算になります。

一方、嫁さんは1回4000〜5000円もするようなお店に行くので「高っ」と一瞬は思いますが、半年に1回くらいしか行かないので、年間で考えると、私のほうが金をかけていることになる…

どうにかなりませんかねぇ。

     *   *   *   *   *

というわけで、今月も床屋に行かなければなりません。

が、徒歩圏では見つけられず、結局、バスで駅前へ。

「1000円・カットだけ」のお店を私が好きな理由の1つに、(おそらくはバイトであろう)店員さんそれぞれの姿勢があります。

まず多いのが若者。
別の店でも働いているのでしょうが、きっと下っ端の仕事しかさせてもらえず、カットも1日に2〜3人にさせてもらえるかどうか…

ここなら、少なくともカットだけは思う存分、練習できる。
もちろん、貴重な生活費をかせぐ手段でもあり。

そんな彼らは、「こんな店の客、さっさと終わらせよう」とは考えず、
日頃のうっぷんを晴らすがごとく、「腕を磨こう」「腕をふるおう」とします。

そのため、私のような超簡単でやりがいのない客に対しても、バリカンをあれこれ使い分けたり、ハサミで細かい技を見せてくれたり。

向上心をもって仕事をする姿ってのは、見ていて気持ちのいいものです。

そんななかに、中年のおじさんが。
彼はきっと、自分で理容店を構えている(いた)に違いない。夫婦でやっていたのかな。
でも、客が減って生計が立たなくなり、すでに奥さんは別の店でバイト。

そして、ご主人も…店(兼自宅)を手放さないために、休みの日にはここでバイト。
小遣い稼ぎ&腕の錆落としのつもりだったけど、周りの若者たちに刺激され「プロの腕と接客ってのは、こういうのだ」とばかりに客から細かいオーダーを引き出したり。

そんな中年の悲哀とプライドがほのかに感じられたりもして。

     *   *   *   *   *

…なんていう、勝手な空想をして楽しんでいるわけですね。

で、今日の店。

たしかに「1000円・カットだけ」ですが、チェーン店系ではなく、「昔からこの地で理髪店を営んできました」的な店の名前。

入ると、おばちゃん&おばあちゃん。

私の担当はおばあちゃん。

注文を言うと、「あ、そ」的な返事。

そして、取り出したバリカンが…

いかにも古そ〜

おまけに

痛い〜

なんで、バリカンを両手で持ってるんだ〜。
あからさまに、使い慣れてないだろ〜。
バリカンの歯をそんな角度で当ててはいけない〜。

あまりに痛いので、私のほうで首を動かして角度を調整。

     *   *   *

どうにか側面を刈り上げ終え、ようやくハサミと櫛に持ち替えると、おばあちゃんも緊張から解放された様子。

私の髪を「切るほど伸びてないじゃないよぉ〜」と言いたげに何度かつまみ直した後、「見つけたっ」と目を輝かせてサクサクサクサクッ。

生き返ったようにハサミを動かして…

…おしまい。

「あっという間に終わっちゃったけど、これ以上、やりようがないじゃないよぉ」

という心の呟きがはっきり聞こえるような

「こんな感じなんですけどぉ」

というセリフ。

いえ、これで十分なんですよ、おばあちゃん。

     *   *   *   *   *

さあさあ、これから長い付き合いに…なるかな、ならないかな


以上、どーでもいい話でしたm(_ _)m
スポンサーサイト

稽古日誌 その2

2013年9月27日(金)

本日は、早々に仕事を切り上げて帰宅。
家族の晩飯に(ちょっと擦るぐらいですが)何とか間に合いました。

で、何で早く帰ったかという話は…、また今度にして。

明後日に芝居の稽古があるので、その前に(備忘と整理のため、という程度ですが)前回のことを書いておきます。

     *   *   *   *   *

21日〜23日の3連休、部屋の片付けでてんやわんやだったのですが、せめて1日くらいはと、そのど真ん中の22日(日)、第2回目の稽古をしてまいりました。

本日も役者は全員集合。

3週間ぶりの稽古ということで、「さて、セリフを入れてきたかな…」と冗談半分に聞くと、
即座に「まだっ」と返す女優2人の後で、「まぁ、だいたいは」と濱。

おおっ 濱、意気込み十分

で、最初に全体を通して読み合わせること2回。

(当然と言えば当然なのですが)皆さん、まだ人物をとらえることに注力していて、ストーリー全体の組み立てをつかむには至らず。
「起」「承」ときて、「転」で一気にchange of pace、興奮と感動(!)の「結」にドドッと流れ込みたいのですが、まだまだ平板です。

続いて第1場。登場するは、みのちゃんと紫ちゃん。
まず私から、このプロローグの役割・機能に絡めて、あらためて作品の主題を説明。

ざっと読んでから、人物像について、役者さんと意見交換。

私の質問に対し、(私が想定していた以上に)的確に答える女優陣。

作品の理解については、安心できるレベルだな

と思いつつ、…ってことは、

この先、彼/彼女たちのイマジネーションを越えるイメージを私が提示できるか

彼らの(役として、役者として)心の奥底まで掘り下げられるような問いを私がぶつけられるか

ということが私の課題であり、またそれを越えてくるかというのが、彼らの課題ともなります。

     *   *   *

よい感触だったので、そのまま立ち稽古へ。

が、どんどん注文をつけ、仕上げようとする私に、

「ちょっと待った」コール。

お互いの距離と関係を探っている現時点で、演出家の思い描く「正解」へ一直線に向かってしまうと、要求に従って「形」だけ整えることにもなりかねない…

おっと、失敗。

「その人」として、「そこに居る」こと

を口酸っぱく要求しておきながら、もうもう、この数か月間で膨らんだ妄想…じゃなくてイメージが溜まりに溜まっていて、早く吐き出したくてたまらなかったものですから、つい我慢できず

岩井Pからも、

「お前が前に出るんじゃない。役者から出るのを待て」

と打ち合わせのたび、注意されていたのでした

     *   *   *

向こう約1か月間の第1クールでは、

登場人物の「手触り」を確認し、
互いの関係を探り合う
ことが主目的。同時に
私のイメージを伝えてはいきますが、それはあくまで基礎となる「素材」であり、「正解」はその後に全員でつくっていくもの…

そんな話をしました。

続いて、第2場。ここまでが本日の予定。
ようやく、濱、登場

が、ここで、掃除時間を告げるベルが(T0T)

濱、ごめん。
あ、そゆことですか…。

実は、途中で次の稽古場を予約しに行き、ちょこっとトラブルがあったりもして、時間をロスしてしまったのでした。

     *   *   *   *   *

稽古後は、駅前の「めっちゃ大衆居酒屋」で衣装他の打ち合わせ。
「囲碁の帰りか?」とおぼしきおじいちゃんたちに囲まれながら、衣装担当(でもある)紫ちゃんとイメージの擦り合わせ。
それぞれ自前で調達するもの、作る必要があるもの、などなど役割分担を含めて確認。

そして、さっすがに酒も肴も不味かったので、近くの沖縄料理屋さんでもう1杯ずつお口直し()をしてから帰りましたとさ。

おしまい。


お祝いを

2013年9月26日(木)

そうそう、昨日は書き忘れてしまいましたが、
この間に起こった出来事といえば、

読売巨人軍 リーグ優勝

おめでとうございます
ありがとうございます


原監督のコメントにもありましたが、

どうぞ、遠慮なく連覇しちゃってください。

今年もまた、ち〜っとも試合を観られませんでしたが(T0T)

夜な夜なGiantsのホームページを見て試合結果を確認するのが私の楽しみでした。

しかし、このところはそれすらできなかったのですが、

ちょうど先日の稽古の日、帰りに(衣装の打ち合わせのため)飲んでいたら、みのちゃんから、

今日、優勝しちゃうよ!

と教えられ、final count downまできていることを初めて知ったのでしたf^_^;)

おお、そうだ、稽古日誌(その2)も書かねば(近日中に必ず)…

     *   *   *

で、なんでそのことを思い出したかというと、

楽天イーグルス リーグ優勝

チームの皆さん、ファンの皆さん、そして東北のみなさん、

おめでとうございます


まだCSが残っていますが、今年はやっぱり、楽天と日本シリーズを戦いたいですね。

えっ、そりゃ、ジャイアンツがですが。

よいチームだと思います、楽天も。

楽しみですね。

星野監督のコメントにありましたが、同監督が就任して「さあ開幕」というときに、例の大震災に見舞われたのでした。

そういえば、あの年は、私が2月に『極彩夢譚』を書き上げた直後に大雪が振り、
石原都知事(当時)が都議会で続投を宣言した直後に震災が起こったのでしたね。
(ま、因果関係はありませんが、記憶として)


まずは、お祝いまでにて失礼致しますm(_ _)m

ともかくも

2013年9月25日(水)

ども、ご無沙汰しております、本間宗南ですm(_ _)m

予定より1週間ほど遅れての復帰です。
(ま、想定の範囲内ではありますが

なんとか引越をしたわけですが、この間、

土砂降りにやられて風邪をこじらせたり、
で、家族全員、風邪をひいてしまったり、
十数年ぶりに遠距離通勤してみたり、
(しかも、初めてのバス通勤を織り込んでみたり)

それでも何とか仕事をこなし、
芝居の稽古(その2)も無事遂行、
娘も新しい幼稚園へ通い始め、

新たな生活が容赦なく始まりつつあるわけですが、

喫緊の課題としては、
まだ開封できていない段ボール箱およそ30箱ほどを片付け、
どこかで安い床屋さんとクリーニング屋さんを探し、
どこかに眠る私のネクタイピンを見つけ出すこと…です。

ま、そんなこんなで、まだぜ〜んぜんペースをつかめてないんですが、
この間にあったことも書きながら、ちょっとずつ復活していきますね。

というわけで、ひとまず復活のご挨拶まで。
今後とも、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

稽古場探し

20130910侍ちゃんぷる1

2013年9月14日(土)

先日10日でしたか、昼休みに「ああ、稽古の日程、もっと正確に決めなきゃ」と考えているとき、ハタと問題に気づいて

池ちゃん、急でm(_ _)m
 今日、打ち合わせできない?


     *   *   *

ということで、やってきました溝の口。
先日もやってきました、このお店。

何だか、溝の口っていうと、このお店になってきましたf^_^;)

今回の公演、池ちゃんに制作面を(かなり)助けてもらってまして、とくに重要なのが稽古場の確保。

民間のスタジオはめっちゃ高いし、公共施設も受益者負担やら民間委託やらで値上げ傾向、安くて使い勝手のよいところは競争率が高く…

ま、当然といえば当然ですが。

そんななか、いつ、どこを抑えるかは、役者の通いやすさと費用を睨みながら、けっこう苦心するのです。
これもひとつのマネジメントなわけで、こういう「劇場の外」で支えてくれる人がいてはじめて、私たちの活動も成立するんですよね。

池ちゃん、前回同様、ホント、感謝ですm(_ _)m

     *   *   *

で、最初はお通しも食わずに、つい夢中になって双方の進捗状況やら相談事を話していたのですが、次々に料理が来るのと、池ちゃんが、

撮らないの 撮るでしょ

と煽るので、とりあえず、食べる方向へ。
20130910侍ちゃんぷる2_convert_20130913082424
池ちゃん、リクエスト。
最初に食べるソーキ蕎麦。
締めで食べようと思ったときには、腹一杯で食べられませんからね。

出汁とショウガが効いていて、美味いです。

20130910侍ちゃんぷる3_convert_20130913082446
で、お通しのキュウリの浅漬けと、まずは頼んでしまう出汁巻き卵。
何ていう名前だったか…海苔が入ってます。

20130910侍ちゃんぷる4_convert_20130913082502
島らっきょの天ぷら。
揚げ物はすぐに腹が膨れるので、たくさんは注文できません。
島らっきょがいいか、もずくがいいか、など、いつも悩みます。

20130910侍ちゃんぷる5_convert_20130913082520
ええと、手前から、スパムカツでしょ、沖縄3種盛りってことで豆腐よう、海ブドウ、ゴーヤのキムチ、一番向こうがミミガーのサラダ…かな。

20130910侍ちゃんぷる6_convert_20130913082536
で、隣の人が頼んでいて美味そうだったので、つい頼んだのが…

何のかき揚げだっけ

…とにかく、かき揚げですf^_^;)

この間、私はオリオンビールから残波(黒)、八重泉へと。
池ちゃんは、うっちん(うこん)割へ。

で、最後に池ちゃんからお土産。
20130910侍ちゃんぷる7_convert_20130913082553

はい、くまモンのふりかけ。
何、くまモンって
ええっ 知らないの
知らない。
熊本のゆるキャラだよ
へえ。
信じらんなぁ〜い

     *   *   *

そんな大げさな話かと思って、翌朝、嫁さんに、

はい、池ちゃんからお土産。これ、知ってる?
くまモンでしょ。

知ってるのかぁ〜

     *   *   *

なんて、あれこれバタバタしてますが、いよいよ明日は引越。
もうすぐNTTの人が来てルーターを持って行ってしまうので、次の更新は接続が回復する来週半ば以降。

皆さん、しばしのお別れです
(って、いつもの更新ペースと変わらないだろっ

     *   *   *

…なのですが、一言追伸。

昨日、朝起きると、なぜだが喉に痛みが…。
赤く腫れ上がっていて、「まずいな」と薬を飲んでおいたのですが…。

今朝、体がビミョーに痺れるので体温を測ったところ、37.6度

おまけに、台風18号接近



気合いでしょ、やっぱり。




さよならG4

20130909G41_convert_20130909225425.png

2013年9月9日(月)

こんばんは。

昨日の重労働で体中が痛い…のみならず、腰がめっちゃヤバい本間宗南です(ToT)

ああ、こんな体たらくで、引越本番を迎えることができるのでしょうか

     *   *   *   *   *

さて、今日のお題、(いつにも増して)ほっとんどの人には何の興味も湧かない話。

私のG4、とうとうリサイクルに出してしまいました(号泣っ

     *   *   *

彼を購入したのは、かれこれ十数年前、私も20代後半でした。
頭髪もそこそこ残ってました。

当時としては最新機種、周囲からは「宝の持ち腐れ」などと嘲笑やら失笑やらを買いながら、それでも2人で名作だの迷作だのを生み出してきたのでした。

しかし、時代の流れは早く、ソフトもファイルもどんどん重くなり、メモリを目いっぱい積み増ししても、処理速度の遅さは否定しがたく…

結婚後、Macbook Proを購入。
ただし、そちらは嫁さんがメインで使い、私はG4との併用。

     *   *   *

やがて、娘が誕生。

そして、G4の受難が…。

     *   *   *

やっと二足歩行を始めたばかりの娘、フラフラと私の部屋に入ってきては、なぜか、この電源ボタンを押すのです。
20130909G42_convert_20130909225446.png

あるときなど、私がフツーに作業している途中で、おもむろに手を伸ばし、

ブチッ

と切ってしまったことも

それ以来、私がいるときは絶対に触らせないようにしていたのですが、留守中、嫁さんが目を離した隙に私の部屋に入り込み、やはり、押すんですよ、コイツを。
20130909G43_convert_20130909225505.png

コイツを
20130909G44.png

気の毒なことに、その都度、彼は

ブゥ〜ン…オワァン

ブゥ〜ン…オワァン

を繰り返すわけで、そんなことされたら、誰だって…

そう、誰だって…


そして、ある日、

私が仕事から戻ってくると…


すでに彼は、帰らぬ人となっていたのでした

     *   *   *

やむを得ず、私も自分専用のMacBook Proを買うことになるのですが、G4からは最重要データこそ移してあったものの、まだアレコレ残っていたため、「いつか、レスキューしよう」などと思っているうちに年月が経ち…

そして、成長した娘は、

動かないのは、おまえが壊したからだ」と言われても、
ふぅ〜ん」とヘラヘラ笑うばかりで気にする様子もなく、

やはりG4の前に座っては、キーボードを叩いてパソコンごっこをしているのでした。





あれ リサイクルに出す顛末を書こうと思ったのに、その前段階だけで長くなってしまいました
(またかよっ


続きは…いつか、気が向いたらってことでf^_^;)


ホットケーキは素敵

2013年9月8日(日)

6:45
ズシンッ、という衝撃を感じて目を覚ますと、腹の上に娘が。

早く起きるって言ったでしょ


何のことかと尋ねると…

パンケーキ作るって約束したじゃない。
…お母さんと作ったら
今日はお母さんをお休みさせるって、昨日、言ったじゃない

そう言えば、そんなことを(娘が)言っていた記憶も…。

しかし、私はいつ休ませてもらえるんだろう…とは言わずに、ともかく起床。
あれこれ準備があって、結局、7:30頃から開始。

     *   *   *

娘に指示されながら、ボールを出し、パンケーキミックス1袋(200g)と牛乳(150cc)を3回に分けて入れ、生卵を加え、ダマが消える程度に混ぜます。

おたま1杯分ずつフライパンで焼いていくのですが、1枚目は私が油を入れすぎて、やや焦げ気味

きれいに拭き取って

なんて叱られながら、「パンケーキの作り方」を読んでみると、たしかに

「油は少なく。フッ素加工してあるフライパンなら不要」

と書いてあります(先に読めよっ)。

     *   *   *

2枚目以降は、徐々に改善&向上していきましたが、(たぶん、私が牛乳を多く入れちゃったんでしょうね)生地が柔らかすぎて、普段より手こずる娘。

それでも、まぁ、それなりに香ばしく焼き上がってしまうところが、天下の「パンケーキミックス」。

バターを乗せて出来上がり

     *   *   *

さあ、朝ご飯を…と皆がテーブルについたところで、時刻は8:30

おっと、「ドキドキ!プリキュア」が始まってしまい、しかも今朝は「何とかの木」の種が飛び散って町中の人々が眠ってしまい、プリキュアたちもかなりピンチに陥った様子で、娘は釘付け。

代わりに、息子がバクバクと食ってました。

おまえは、ホント、美味そうに食うなぁ。

     *   *   *   *   *

とまぁ、朝から慌ただしかったのですが、本日のメインイベントはその後。

一人で転居先へ出かけ、掃除&カーペット敷き。

一見してきれいに見えても、人が住んでいないとホコリが溜まるもの。

雑巾2枚をつぶして、さすがにヘトヘトになりました。

それでも、夕方に届いたカーペットを敷くと、何となく

あ、ここに住むんだな

という実感が湧いてきたような。


とはいえ…、


やっぱり…、


駅から遠いっ(ToT)


終バスを逃したら、大変だ、コリャ。
深酒しないように気をつけなきゃ
(…って、言ってみただけ感たっぷり


息子と私と、時々、ぱみゅぱみゅ

2013年9月7日(土)

本日は、
娘と嫁さんが転居先の幼稚園の見学。

したがって、息子と私は留守番。

掃除&洗濯をすませると、
息子は引越の段ボール箱で狭くなったリビングの隙間でミニカー遊び。

私もPCを移動、息子をチラ見しながら稽古のスケジュールを思案。


おおっ 分かってはいたけど、日数が少ない
ま、今回は知ってる役者ばかりなので、演技のほうはそこそこ見通しが立つものの、
一番の不確定要素は、演出としての私だったりして…f^_^;)

     *   *   *

あれ、11時過ぎに「どうぶつビスケット」を食べさせろとか何とか…?

と思い出して時計を見ると、11:50

急いで、昼飯の準備を。

ちょうど、遊びのBGMとしてかけていた子ども向けCDが終わったので、代わりのCDをかけようとラックを物色すると…

なんだ、これは
20130907ぱみゅ_convert_20130907134218
きゃりーぱみゅぱみゅなんだこれくしょん

娘がお気に入りらしく、ときどき話題にしていたのは知っていましたが、い、いつの間にっ

で、やっぱり、アレですよね。

あれば、聞いてみようかとも、思いますよね。



聞いちゃいましたっ、この歳で、この顔で、ぱみゅぱみゅ。

そして、

なんだ、これはっ

と再び思いつつ、冷蔵庫からあれこれ出してレンジでチン…

していたら、なんと、曲に合わせて息子が踊りだし、さらに

い〜べ〜だ〜(インベーダー)

だの、

もぉんた〜(モンスター)

だのと歌い出し、ついには、

のりこ
のいこぉ

のりお
のいおぉ

おまえ、「お父さん、おやすみ」を「とたまみ〜」としか言えないくせに…、
歌詞のほうが、よっぽど上手いじゃないかっ。

さ、さてはっ…

歌い込んでるなっ

     *   *   *

こうして、きゃりーぱみゅぱみゅが流れる夏の終わりの昼下がり、息子と私の男2人で、一昨日から続くカレーを食べたのでした。


稽古日誌 その1

2013年9月2日(月)

昨日、稽古、始めました。

無事、全員出席。

今回の参加条件などについて説明、参加の可否について最終確認した後、アップ、そして(ほぼ)完成原稿を配って役を交代しながら読み合わせ。

宛て書きなので、役はすでに決まっているのですが、他人の読み方を聞いておいたほうが思考も柔軟になり、想像の幅も広がるので、私は有効だと思っています(私自身、人の役を読むのが好きだというのもありますが)。

1か月以上も前に草稿を渡してあったこともあり、皆さん、それなりに予習してきたらしく、物語の主題も雰囲気もざっくりとつかんでいて、なかなかgoodな感じでした。

とはいえ、ハードルは高いですし、稽古日数はわずかしかないので、次回からガンガン進めていきたいと思います。

     *   *   *

そして、稽古後は公演の成功を祈願すべく駅前の飲み屋さんで
(あ、祈願し忘れましたねぇ。じゃ、次回にでも)

   *   *   *   *   *

今後、こんな感じで稽古日誌も掲載して行こうと思います。

で、公演日や私たちの演目、キャスト紹介なども追々書いていきますので、チェックしていただければ幸いです。
(ただし、私の引越の都合などなどもあり、次回の稽古まで少し間が空きます。役者の皆さん、セリフ、入れといてくださいね〜。)


それでは、どうぞ、どうぞ、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


 | ホーム |  page top