カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

観劇日誌:劇団enji『うわさの家族』

enji25-omoteS_convert_20130330231932.jpg

2013年3月30日(土)

本日は、午前中に子どもとミッキーマウスのDVDを観て、午後は仕事で取材&打ち合わせ。
17時過ぎに何とか終わらせ、急ぎ下北沢へ。

目的地は、久々でありますOFF・OFFシアター。
今宵は、スーさんこと鈴木浩之さんの舞台を観に来ました。

DMは今月上旬にいただいていたのですが、もうバタバタしっぱなしで、気づいたら「あ、今週だった」ってなことになっていて、慌ててチケットを予約。
今日、劇場に着くと「チケット完売」とのことで、ホント、ギリギリだったかも

そんなわけで、予習も全然できず、「今日は何を観るんだっけ」なんて思いながら電車に飛び乗りました。
ああ、早く「観るまでのワクワク感を楽しむ」ことができるような生活を取り戻さねば、観劇の楽しさも半減ですね。

       *   *   *   *   *

劇団enji 『うわさの家族』
作・演出:藤谷太
於:OFF・OFFシアター(下北沢)

<あらすじ>
狭いながらも庭付き一戸建てに住む鈴木家は、夫・誠と妻・奈保子、そして中学生の息子・ツバサ。
ある日、友人宅に泊まりにいったはずの息子が、先方を訪ねていないことが発覚。

無断外泊。

うちのツバサが?!

折しも、近所一帯は少女誘拐殺人事件で大騒ぎ。
目撃情報によれば、犯人はバイクに乗った背の高い若者。

取り乱し、妄想に取り憑かる妻。
楽観を装い、取り合おうとしない夫。

しかし、息子の部屋から事件にかかわる証拠が次々と見つかり…
そこへ、奈保子の父や姉家族、植木屋さんやら、その愛人やら、どこぞのおばさんやらが登場。

二転三転する事態に、翻弄される夫婦。
そして、最後は…

<感想など>

という、ドタバタ・ホームコメディ。
ネタも展開も分かりやすいので、老若男女が楽しめる作品です。

あ、ちなみに、息子の容疑をめぐる鈴木家夫婦の心象と行動が、舞台奥(テレビ画面という設定)で展開される某テレビドラマになぞらえられながらストーリーが進みます。
(スーさんはそちらの担当、いつもながらの芸達者ぶりでした)

そのため、リビングが舞台手前半分に限定され、足の踏み場もないような狭っ苦しさなのですが、そんな空間の使い方も、ドタバタ&ゴチャゴチャ感を出すための演出かもしれません。

       *   *   *   *   *

久々に下北沢へやってくると、小田急が地下に潜ってました

私、全然知らなかったので、井の頭線から降りてきて「トイレは小田急B3ホームにあります」という表示が目に入ったものの、いったい何を言っているのか、分かりませんでした

まだ工事用の白いパネルに囲まれていて何が何やら分からないのですが、あの階段を下りていく「南口」の雰囲気が完全消滅し、迷路の中をウロウロしているうちに駅前劇場の前に出た、という感じ。

渋谷でも東急が地下に潜ったそうですし、東京が蠢(うごめ)いている、という気分です。


でも、個人的には、それより都心部の幹線道路を(地下鉄とぶつかっていない部分だけでも)地下に入れて、地上部分を緑地帯にすればいいのに、と、かなり本気で思っている本間宗南でした。


スポンサーサイト

自転車記念日

2013年3月25日(月)

昨日のこと。

午前中に娘と近所の公園へ行き、小一時間ほど遊んでから一緒に図書館へ。
午後は、駅前のハンバーガー屋さんで仕事。
(本来なら脚本を書く予定だったのですが、昨日中に終わらず、お持ち帰り それでも終わらず

そんな一日の、午前中の出来事をば…。

       *   *   *   *   *

まずは前置き。
今年の初め、近所の自転車屋さんへ娘の自転車を持って行き、補助輪の取り外してもらいました。

幼稚園の友達に刺激を受けたらしい娘が、昨秋頃「早く外して」なんて言い始めたのがキッカケだったのですが、私としても少なからず感慨深かったものですから、「卒業」なんてタイトルをつけ、「いやいや、卒業と言っても自転車の補助輪のことでして」…とかなんとかブログに書こうと思っていたのですが…

その足で公園へ行って自転車の練習を始めたところ、

まったく、乗れない

自分で前に進もうという気がないのか
自分でバランスをとろうという気がないのか

幼少時、近所のお兄ちゃんの見よう見まねで、最初の瞬間から自転車に乗れてしまった私は、娘がなぜ乗れないのか、何をどう教えればよいのか、まったくわからず。

その後も時折り公園に来ては練習していたのですが、ちっとも上達しません。

ある程度わかってはいたものの、何という運動神経のなさ。

       *   *   *   *   *

で、日曜日も公園に着くなり、まずは自転車の練習。

しかし、

できない。
むずかしい。
うえ〜ん。


断念。


…じゃ、縄跳びしようか。
うん

この、根性なしめっ!

と怒鳴ってやりたいところ、トラウマになってはいけないと思い、ぐっと我慢。

ひとしきり遊んでから、自転車で図書館へ。

車の少ない裏道を通りながらとはいえ、やはり危ないので体を支えてやりながら、

しっかり、ペダルを漕いで!
ハンドルは、自分の行きたい方に向ける!

なんてゲキを飛ばしているうちに、緩やかな下り坂へ。
軽くスピードが上がったことで、安定した状態を体感できたせいか、本人も

あれぇ、何だか少し乗れるようになったみたい

       *   *   *

そして、帰り道。

娘も、ちょっとやる気。
私は、過剰な期待をしないように自制しつつも…

ハンドルは、自分の行きたい方に向ける!
行きたい方はどっちだ?
そっちだ!
そう!

行きたい方はどっちだ?
そっちだ!
そう!

なんて声をからしながら、娘の体幹を支えて走り、自宅まであと50メートルというところ、

あれ、なんか走れてるみたい…
ちょっと、手を離してみようか…
気づかれないように…
声をかけながら…



それは、ほんの10メートルほどだったでしょうか。
私の手は、たしかに彼女の背中を離れていました。

ライト兄弟が初めて飛行機で飛んだときも、このような浮遊感を味わったのではないでしょうか。
カモメのジョナサンが初めて音速を超えたときも、このような静寂を感じたのではないでしょうか。

はいっ、左手でブレーキ!

現実世界に引き戻されるとともに、自宅前、到着。


ま、そんなわけですから、
「この味がいいね」と君が言っても、6月10日は断固「時の記念日」ですが、
誰が何と言おうと、3月24日は「自転車記念日」とさせていただきますm(_ _)m


なんちゃって喘息

20130323吸入薬

2013年3月23日(土)

いやはや、“復活”と言いながら、早くも次の仕事の波に襲われて、なかなか元のペースに戻れませぬ

恐ろしいもので、いったん書くことをストップすると、睡眠時間を削ってでも書こうという気力と体力が損なわれてしまうのですね。
しかし、宗南流の「継続のコツ」は、厳しい基準を自らに課しキチキチ守ることではなく、苦しいときや辛いときは「ともかく続けられる」水準まで思いっきり基準を緩めること。

続けられさえすればいい

そういえば、誰かが言ってましたっけ?

Q: 成功の秘訣は?
A: 成功するまで続けることさ。

そんな言い訳を用意して、君の住む部屋へと急ぐ〜(by オザケン)

じゃなくて、ダラダラ始めましょっか。

       *   *   *   *   *

唐突ですが、春はもう目の前ですね。
通勤途中、駅に向かう道沿いで、桜のつぼみが膨らんでいるのを見つけました。

20130323桜1

…なんてことをブログに書こうと思いながら、深夜の帰宅が続くうちに数日が過ぎ、ふと気づいたら、

20130323桜2

咲いちゃいました。
もう、すっかり春ですね。

       *   *   *   *   *

そして、春と言えばスギ花粉。
今年は猛威を振るっていますね。

私も、過日に書きましたように万全の体制で臨んだのですが、

なんと、先日、目薬を切らしてしまいまして
と、ほぼ時期を同じくして、目の充血が悪化し(消えなくなり)
追い打ちをかけるように、この春一番の花粉が
東京が煙霧に襲われた週末、3日続けて大量の花粉が舞い、これは過去40年間の最高記録だそうです。

うう、まずい
目薬がないなんて
ああ、どうしよう。
仕方ない、ふだん使っている目薬で代用しよう…

40代、かすみ目用

ダメだぁ〜

もう、パニック状態&禁断症状(?)。

さらにさらに、実は私、2月下旬頃から喉の腫れと咳に悩まされるようになり、夜中や朝方は自分の咳で目を覚まし、会社でも夕方頃になると咳が止まらなくなる…

という、これまで経験したことのない症状で苦しめられておりました。

こ、これは断じて風邪ではない。
すべて花粉のせいだ。花粉が悪いんだぁっ

と自分に言い聞かせて、かかりつけの病院へ…


花粉です。


やっぱり。
もともと鼻と喉の粘膜は同じなので、鼻が悪化しているときは、喉も悪化して当然なのだそうです。
もちろん、処方されたうがい薬で欠かさずうがいしていますし、マスクもしているのですが、今年は歯が立たず。

その結果、私の体は喘息になっていないにもかかわらず、あたかも喘息になったように錯覚して、喘息のような症状を生み出しているというわけです。

なんちゃって喘息

ま、花粉症というのは、そもそも花粉をウイルスと勘違いした自分の体が免疫機能を働かせた結果、風邪をひいていないのに、あたかも風邪をひいたかのような症状になるわけですので、その延長線上で、喘息もどきの症状になることも、決して珍しいことではないのだそうです。

免疫って、不思議ですね。
と同時に、自他の境界や区別について、ふと哲学的思索にふけってしまいそうになりますが、ま、その話はまたいずれ。

     *   *   *

というわけで、喘息用の吸入器を処方されました(冒頭の写真)。

カチャ、カチャ、と筒を回して薬をセットし、大きく吸い込むのですが…

味なし、匂いなし、触感なし。

とにかく、何も感じないので、薬局のお兄さんに

それでも、ちゃんと吸えてますから、絶対に何度も吸わないでくださいね

と念を押されなかったら、絶対に何度もカチャカチャやって吸ってたでしょうね


そんな心許ない薬なのですが…


咳がほぼ完璧に止まりましたっ


恐るべし、吸入器

もう、自分が咳き込んでいたことすら忘れそうになりますが、先生からも薬剤師さんからも

咳が止まっても、薬がなくなるまで続けてくださいね」×2

と、こちらも念を押されたので、現在でも朝晩、続けております。


そういえば、石原元都知事は杉林を切り倒すなんてこと言ってましたが、猪瀬新都知事はどうなんでしょうか?

花粉症の私でも、ちょっと考え込むアプローチですが、林業の復興や都民の健康づくり(山歩きなど)と整合性をもたせて、健全で生産的かつ合理的・効率的な政策にブラッシュアップしてもらいたいものですね。
間違っても、税金垂れ流しの口実にならないように願いたいものです。

何だか、脱線してきたので、今日はこれくらいに

ひとまず、復活のごあいさつを。

20130308一言だけ

2012年3月17日(日)

大変ご無沙汰しておりました。

なんとか生きております。

怒濤の1か月でした。

午前2時より前には寝られない的な。

本日も出勤。

しかし、これで何とか峠を越えた…はず。

同僚の皆さんにも、ずいぶん無理をさせてしまいましたm(_ _)m

私の采配がまずかったのかと反省するものの、ではどうすればよかったかと考えても答えが見つからず

ともかく、耐え抜き、やりきってくれたことに感謝するばかりです

       *   *   *   *   *

さてさて、そんなわけで諸々ストップしておりましたが、さっ、再開しますっっっ

まずは何より、脚本を完成させなければっ

それから、ブログも、この数週間にあったことなども振り返りながら、ぼちぼちと書いていきたいと思います。

とりあえず、肩ならしとして、最もくだらないネタから始めましょうか。

       *   *   *   *   *

3月のある日。

深夜の帰宅。
寝静まるわが家。

風呂からあがり、冷蔵庫のおかずをレンジで温め、自室へ。
ふと見ると、コンロにも鍋が…。

おや、つい先日もカレーだったのに、また?
…うっ こ、これは、ハヤシライス…。


翌朝、

   これ、ハヤシライスだよねぇ。
嫁さん ハヤシライス、嫌いじゃなかった?
   嫌いとまでは言わないけど、苦手なんだよ、この味。
嫁さん うん。そう思って、ハッシュドビーフにしたの。

ハッシュドビーフ…
ハヤシライス…
ハッシュドビーフ…
ハヤシライス…

…同じだ〜っ

       *   *   *

よみがえる、新婚時の記憶。

   お、レンコンの酢の物か。好きなんだよね、これ。
嫁さん ううん。レンコン買いたかったんだけど、ハスネしか売ってなかったの。

ハスネ…
レンコン…
ハスネ…
レンコン…


…蓮根。


だから、同じだ〜っっ

       *   *   *   *   *

…お粗末さまでしたm(_ _)m


さあ、1回の表、先発・本間宗南。
 不安な立ち上がり、いきなりのピンチです。



まだ、ブルペンなのっ

 | ホーム |  page top