カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ピアノ発表会2018夏

2018年7月17日(火)

えっと、この3連休は、14日(土)こそ出勤しましたが、15日(日)・16日(月)は家族と過ごしました。

というのも、15日(日)は娘のピアノの発表会。

いつものごとく、嫁さんと娘が先に会場入り&本番前の打ち合わせ。
遅れて私が息子を連れて会場へ。
嫁さんがとっておいてくれた席に座り、ビデオをセッティング。

と、最前列のお父さんがやんちゃ坊主の相手をしているらしく、ファインダーの下半分で頭が右往左往。

きーっ。父親なら子どもをじっとさせろ 躾がなっとらんっ

と怒り心頭だったんですが、こんなところで騒ぎを起こすわけには(もちろん)いかないので、じっと耐えつつ高さと角度を調整。
スナイパー気分で「ココォッ」という間隙を狙ってカメラを据えます。

       *   *   *

そして娘の出番。
後で嫁さんに聞いたところでは、今日の娘はやや緊張気味だったそうで(私はちっとも気づきませんでしたが)、スタートが心配されたのですが、まずまずの滑り出しからテンポのup&downもメリハリよく流れ、上出来だったとのこと。

「とのこと」というのは、私がよく分かっていなかったからで、実は、今回は娘の練習を1回も聞いてなかったんですよね。
ま、自宅での練習は、基本的に電子ピアノ&ヘッドフォン(何せ、マンション暮らしじゃ音を出しにくく)ってのもありますが、それでも1〜2回は音量を下げて聞かせてもらってたところ…、

よく考えてみると、

ここしばらく週末になかなか自宅にいられなかったり、いても家族で行動する時間以外は自室で仕事をしていたりと、

結果、娘が練習しているときに「傍にいて過ごす」ってことが、極端に少なかったんですね。

なんか、精神的に余裕がなかったな〜f^_^;)

ま、それはともかく、娘にはわりと厳し目の嫁さんが珍しく「上出来」と言ってるんだから、きっと上手く演れたんでしょう。

ふだんは、そこそこ弾けるようになった段階で「もう、できた」と、それ以上は極めようとしないのですが、今回はもう1ステップ上がったってことなんでしょうかね。

本人も、まんざらでもない様子でした。

       *   *   *

ちなみに息子。
今回は、同じピアノ教室に通っている同級生の女の子から「聞きに来てほしい」なんてリクエストされたらしく、

「ええ〜っへへっ」

と、なんとも締まりのない顔をしながら了承。

演奏後の休憩時間には、嫁さんにアレンジしてもらったプレゼントを提げ、嫁さんの手を引っ張って一緒に彼女の座席へ。

ま、武士の情けということで、渡すときの「にへら顔」は見ないでいてやりました(笑)。

       *   *   *

で、晩飯。

20180715ピアノ発表会2018夏_convert_20180716172333

お祝いの食事は翌月曜日に行くと言っていたので、シンプルなのかと思いきや、嫁さんが、ほうれん草のキッシュを作りました。
娘の好物で、以前はよく作ってたんですが、このところはご無沙汰。

で、レンジを買い替えてからは初めてだったので熱の加減がイマイチ摑めず、いつもより少し柔らかめではあったんですが、
それでもクリーミー&サクサクで、子どもたちは喜んで食べてました。

あ、隣に立っているのは、私が帰りにスーパーで買ってきた安ワイン。
家族の誰かのお祝いは、家族みんなのお祝い…という口上のもと、毎度、便乗して呑んでます(笑)。

       *   *   *

じゃ、翌日は何を食いに行ったのかとかって話は、後日、余裕がありましたら、たぶん。

ではではm(_ _)m

スポンサーサイト

デリカシー問題

2018年7月15日(日)

先日、仕事でお世話になっている某氏からお誘いを受け、日も沈まぬうちから呑んでいたときのこと。

「僕さ〜、事務の女の子から『あたなは知的だし、品もいいけど、デリカシーがないですね』って言われちゃってさ〜。」

と某氏。

「ね、どういうことだと思う 女の子たちは、どういう状況で『デリカシーがない』って思うの

一緒にいた女性陣は、みな「ん〜〜(苦笑)」。

たしかに、某氏は、
博覧強記とまでは言わないものの政治経済法律から文学音楽舞台芸能まで幅広い知識と教養の持ち主。
物腰に落ち着きがあり、かつ陽気で、もちろん彼の口からセクハラ発言なんて聞いたこともない。

ただし、物事をはっきりと言うタイプなので、女性から見たときに何かはあるかもしれない(笑)。

とはいえ、知的に、品よく、デリカシーのないことを言うというシチュエーションを思い浮かべることができず、
(できれば、すぐ脚本のネタにするんだけど(笑))

私も一緒に「んん〜」。

       *   *   *

そんなことがあった後の、今朝、我が家にて。

朝食後、娘がトイレに入ったところへ、息子。

両の手で筒をつくってトイレのドアに当てると、そこへ口を寄せて、

もしもし、もしもし〜、ウンチですかぁ、オシッコですかぁ


なんて、分かりやすいんだ


これぞ、アホで、下品で、デリカシーのない典型例。

満足げにニタニタしながら戻って来る息子の顔を見て、

デリカシーのなさを体現しているようなヤツだな、コイツは。

と感心してしまいました。


それだけm(_ _)m

ゴールとケーキ、あと日焼け

2018年7月9日(月)

なんか、投げやりなタイトルですみませんm(_ _)m

いえ、とりあえず、謝っとこーかなー的な。

   *   *   *   *   *

昨日は、息子のサッカーの試合でした。
数日前に娘が溶連菌で熱を出したので、「続いて息子か」と肝を冷やしましたが、当日朝に至るもピンピン。
(ただし、金曜日に猛特訓をやったらしく、メンバー全員、足が筋肉痛だったとか。なんで、試合直前に(笑))

そんなわけで、我が家の2018夏のビッグイベント第1弾の始まり始まり…。

       *   *   *

嫁さんと私は5時半に起床、遅れて娘と息子も6時に起床。

嫁さんは朝食の準備その他の支度を済ませると、息子を連れて6時半に出立。
私は皿洗い&風呂掃除を済ませると、娘とともに7時出発。
バスと電車とバスを乗り継いで9時前に到着。
いやあ、県内でPASMOの使えないバスに乗ろうとは、夢にも思いませんでした(笑)。
…とにかく、遠かった。

       *   *   *

そして、第1試合。
幼稚園の頃はみんなドングリで、1人か2人、上手な子のいるチームが勝つ、という感じでしたが、少し「チーム力」とか選手の平均的レベルみたいなものの差が出てきているようで、この試合は息子たちのチームのほうが一段上かな、という印象。

前半から一方的に押して、なんと、息子もドリブルから右足を一振り、ゴールを決めました
で、チームも圧勝。
とりあえず、これで本日は(残念会ではなく)お祝い会となることが決定。

       *   *   *

第2試合は2時間後。

ま、子どもたちのことを考えれば、炎天下で走り回っているわけですから、それくらいの休憩時間が必要だろうとも思うのですが、しかし、子どもたちの実際を考えれば、2時間も休んでいられるわけがなく、後先なんて考えずに

遊びまくっちゃうんですよね〜(笑)。

当然、試合中は疲れ切ってヘロヘロ。

しかも、間の悪いことに、相手は地域でも評判の強豪チーム。

あ、危うしっっっ

…が、強豪であっても子どもは子ども。やっぱり、

遊びまくってたんですね〜(笑)。

向こうの監督も、

お前ら〜、疲れすぎだろ〜 いったい、何して遊んでたんだ〜っ

とオカンムリ。

結果、お互いにチャンスは作るものの決め切れず、スコアレス・ドロー。

こうして、今夏の大会はチーム成績1勝1分、息子は1ゴールで終わりました。

       *   *   *

閉会式を終え、今後は家族4人で来た道をまたバスー電車ーバスと乗り継いで帰宅。

途中、私は駅前のスーパーでビール(すぐ呑む用)とワイン(晩飯用)とゼリー(娘用)を買い、その間に嫁さんは駅前の洋菓子屋さんでショートケーキ2個(息子と嫁さん用)を購入。

帰宅は14時半。

順番にシャワーを浴びてから、おやつ第1弾。
私はビール。

いやあ、ホント、暑かった。
子どもたち、あんな炎天下でよく走るよな〜。
私も昔は走ってたんだな〜。
今は(言うまでもなく)ムリだな〜。

監督も試合後の挨拶で言ってたな。

「お母さん方、子どもにアレコレ言いたそ〜な顔してますけど、まずは褒めてやってくださいね〜。この炎天下、あれだけ走り回ったんですから。皆さんが同じことをしたら、ぶっ倒れますからね〜。こんな小さな体で、スゴいことしてるんですよ、子どもたちは。」

そのとおり。いつの間にか、体力がついてきてるんですね。
(もっとも、ウチの息子は要領よく休んでましたけどね(笑))

       *   *   *

そして、16時過ぎに、おやつ第2弾。
嫁さんが買ってきたケーキ。
20180708ゴール2_convert_20180710000528

イチゴだらけかっ
で、息子がどーしても両方を食べたいというので、各ケーキの3分の2を息子が食べ、各3分の1は嫁さんと私がそれぞれ手伝いました。

       *   *   *

おまけ。

試合と試合の間が2時間も空いて、暇になるのは親も同じ。
しかも、嫁さんと違って親同士のコミュニケーション・ネットワークに参加していない私は、お母さん方の集まりには入っていけず、かといって若干のお父さんたちとも馴染めず、仕方ないので他チームの試合を観戦しにグラウンドへ。

いやあ、焼けました。

20180708ゴール1_convert_20180710000624

2018年夏の日焼け第1弾。

なので、本日は日焼けした首と腕と足首が、かゆ〜い(ToT)


まあ、そんな日曜日でした。

父の日こぼれ話

2018年6月18日(月)

毎年のことなんですけど、父の日と誕生日が近いので、いつも一緒にされちゃうんです。

でも、会社の同僚に話したら、祝ってもらえるだけ幸せなんだそうな。
母の日に比べ、父の日は認知度も低く、祝うにしてもこじんまりというのが多いようで。

というわけで、ありがたく祝われました。

その1

まずは、こちら。
20180618誕生日1_convert_20180618231849

私が休日出勤していた土曜日のうちに母子3人で買いに行ったんだとか。
早速、使ってほしいということで、土曜の夕食時にプレゼントされました。

左手が枕カバー、右手が…何というか、コリをほぐしてくれるんだそうです。
私は知るよしもありませんが、ヒルナンデスで紹介されたとかで、この「かたお」が軟式野球ボールくらい、姉妹品の「やわこ」がテニスボールくらいの硬さなんだそうです。

私には、当然のごとく硬いほうが選ばれました。
私のことをよく分かっている家族です(笑)。

パッケージの写真では首の下に置いてますが、いろいろ使い道があって、私の場合は、もちろん腰痛対策です。
腰の下に置いて体重をかけ30秒ほどジッとしてから、ゴロゴロとマッサージ。
少し上にずらして、また30秒、それからマッサージ。

…というのを順々にやっていくと、まあ、それなりに気持ちよくなりました。
(「劇的」とか「感動」ってほどではありませんが)

その2

翌日の日曜日。

恒例の家族 de 図書館。
「この世界には『本』というものがあったんだよ」ということを子どもたちの記憶に残すべく、2週間に1度、嫁さんの車の運転練習を兼ねて家族で通っております。
(つまり、本の貸出期間が2週間なのです)

で、図書館と駐車場の間に本間家ご用達(笑)の花屋さんがありまして、
なんと、私に花束を買ってくれるそうで、家族が選ぶ間、私は先に駐車場へ戻って車の中で待っていろと。

でで、嫁さんからキーを受け取って私一人で先に行こうとしたところ、

  (弟に)あんた、お父さんと一緒に、先に戻っててよ。
 ヤダ。
  あんたがいると、邪魔なのよ。
 ボクもえらびたいっ
  あんた、邪魔ばっかりするじゃない。
 イヤだ、ボクもえらびたい〜っ

ま、息子がいると落ち着いて買い物ができないというのは、あらゆる状況に当てはまる我が家の共通認識なのですが(笑)、さすがに今回は「おとうさんのプレゼントをいっしょにえらびたい」という欲求の現れなので、息子に味方しようかなと思った矢先、

  じゃ、待ってる間、アタシの3DS貸したげる。
 ホント じゃあ、まってる
(と、手を伸ばす)

嫁さん ええ〜っっっ
(嫁さん、爆笑したいところを懸命に堪えて苦笑)

マジで
お父さんへのプレゼントを一緒に選んでくれるんじゃなかったの
そんな簡単に釣られちゃうわけ

…てめ、ぶっとばすぞ〜
(注:心の声)

仕方なく、2人で車に戻って息子はゲーム、私は借りたばかりの本を読んでいましたとさ。

ちなみに、娘コーディネートの花束は、こちら。
(予算管理は嫁さん)
20180618誕生日2_convert_20180618231919

娘に教わったんですが、母の日のイメージカラーが(カーネーションの)ピンクなのに対して、父の日のイメージカラーは黄色なんですってね。
で、旬の花を揃えると、ひまわり、黄色いバラ、かすみ草の組み合わせになるんだそうな。
こういう小降りのひまわりを花束に加えるってのは、けっこう、いいもんですね。

娘がこういう知識をどこで仕入れてくるのか、とっても不思議(笑)。

ま、そんなことがあった父の日でした。

誕生日プレゼント

2018年6月4日(月)

この時期は子どもたちの誕生日が続きます。

先週は娘のプレゼントを買いに、家族みんなで某家電屋さんへ。

お目当ては、デジカメ。

デジカメですよっ

これまでは3DSをカメラ代わりに使っていたのですが、持ち運びにかさばるし、小さくてもちゃんとしたのが欲しかったのだそうです。

私がカメラを手に入れたのは…たぶん、社会人になってから自分で買ったんじゃなかったかと(笑)。

娘にねだられたときは直感的に「小学生がカメラ」と思ったんですが、今どきは小学生もデジカメを持っているらしく、ついでに自分も仕事でカメラを使う機会が増えて「もっといいカメラを買わなきゃな〜」と思っていたので、なんとなく共感して買って上げちゃいました(甘いっf^_^;)
(自分のカメラを買い替えるのは、優先順位から言って、まだずっと先の話になりそうです…)

ま、娘はリケジョっぽいところもあるし、早めに機械に触らせておくのも悪くはないかなとも。
(やっぱり、甘い(笑))

で、先日は、息子の誕生日プレゼントを買いに、家族みんなで近所の自転車屋さんへ。

そう、誕生日プレゼントは自転車です。

実は、これまで娘のお下がり(を嫁さんがスプレーで塗り替えたもの)に乗っていた息子、これが初めて買う自転車となります。

おNewの自転車というのが、よほど嬉しかったらしく、前日は前日で、

息子  明日、オレの自転車、買いに行くんだよね。

と10分おきに(ちょっと誇張)確認し、当日は当日で、

息子  今日、オレの自転車、買いに行くよね。

と朝からソワソワ。

昼飯を食べてから、お店へ。
娘と嫁さんは自分の自転車で、息子は引き取ってもらう古い自転車で、私は帰りに息子の伴走をせねばと走って自転車屋さんまで行きました。

そして、店内へ。
ずらっと並ぶ自転車、自転車、自転車…。
普段は買い物に行っても5分で即決する息子ですが、さすがに今回ばかりは1時間近くかかりました。
(もっとも、その半分くらいは嫁さんと私が悩んでたんですがf^_^;)

店員さんと相談しながら、ようやく選んで購入手続き。
昨今は、自転車も保険に入ったりメンテナンス保障をつけたり、何だかんだと、けっこう複雑。

が、仕方ありません。
男の子の場合、まあ、まず、どこかしら壊しちゃうわけで。
さらに、(もっと重要なことには)自分がケガをするというよりも、誰かにケガさせるのが恐い。
安心パックやら何やらに、しっかり入っておきました。

そして、帰り。
自転車屋さんの駐車場で、乗り方、走り方、止まり方をひとしきり練習し、新しい自転車の大きさと重さに慣れてから、いざ、出発。

先導役は娘、その後ろに息子、その横に私が伴走、そして、しんがりは嫁さん。
万全の警備体制で臨みましたが…、

道がちょっと狭くなり、私が息子の前に出た数秒後、背後で

くゎい〜ん

という金属音。

ハッと振り返ると、息子がカーブミラーにハンドルをぶつけてフラフラ…

慌ててハンドルを抑え、どうにか転倒は避けられましたが、ハンドルのラバーに軽いこすり傷。

いきなりかよ〜。まだ100メートルも進んでないよ〜

と心のなかで叫びましたが、いや、転ばなかっただけでも幸運。

そして、帰宅してから嫁さんが言うことにゃ、

も〜、絶対、何かやると思ったよ〜(苦笑)

あ、いや、でもね。

忘れちゃいないと思いますけど、嫁さん、車を買って引き取ったその日にホイール傷つけてますからね(笑)。

この母にして、この息子なのですよ。


毎度、とりとめがなくて恐縮ですが、おしまいm(_ _)m
 | ホーム |  » page top