カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ひとりごと その44:だから点検は原因じゃないって

2018年7月18日(水)

何とかの法則ってヤツなのか、

「ウチで○○するために…」なんて思って早めに帰るときは、たいがいロクな目に遭わないわけでして、

本日も「ああ、今日こそ観劇日誌を仕上げるぞ」と決意して、いつもより少しだけ早く会社を出ると、

毎度のごとく、某私鉄が車両点検だかで大幅遅延。
(このところ、週に1〜2回のペースで遅延につかまってるんですけど〜

そのせいで、乗り入れている地下鉄も遅延やら間引き運転やら。

で、「振り替え輸送をご利用くださ〜い」って言われたので調べてみると、

私が迂回で使えるはずの別の私鉄も影響を受けて遅延、逆サイドからの迂回ルートたるJRは別途に事故。


おおっ、逃げ道がないっ


さすがに、3ルートとも塞がれてしまったのは引っ越して以来、初めての経験。

ええい、仕方がない。
本来の通勤ルートに乗って、遅れるままにダラダラと帰ってきましたよ(ToT)

ああ、しんど。

ホント、人の時間を奪ってくれますね。

       *   *   *

でね、

それはそれで腹が立つんですけど、一番許せないのはね、やっぱり、

車両点検を行った影響で〜

って言うことなんですよ〜、みんながみんな、口を揃えて。


それ、違うでしょ。


いつだったかも書きましたけど、

点検ってのは、それをする前とか、使った後とかにするもんなんですよ、フツーは。
使ってる最中にやるんじゃ、ダメなんですよ。
だって、滞りなく上手に使えるよう、日々、点検するんだから。

商品で言えば、店頭に並べる前に検品するのであって、陳列してから営業時間中に検品してちゃ遅いってのと同じですよ。


ね、違うでしょ。


何も問題がなかったら、運行中に止めたりしないでしょ。
不具合とか、事故とか、起こったんでしょ。
うまく動かなくなったんでしょ。

それに対処するために、止まっちゃったり、遅れちゃったりしたんでしょ。


だったら、そう言おうよ。


点検のために遅れてるんじゃないんですよ。

何らかの事故や不具合の発生が原因となって遅れているのであって、それへの対処の一環として「点検」もあるわけですよ。

       *   *   *

ここで急に話が大きくなるわけですが、

いつの頃からでしょうね〜、

事実を誠実に伝えることで社会全体での中期的な最大利益を図るのではなく、

自分の短期的な利益(不利益の回避)のために、事実を曲げて都合のよい表現(強弁)をする、

という行為が、公共性の高い空間をはじめ、そこかしこでまかり通ってしまうようになったのは。

あるいは、昔っから、こんなんでしたっけ

私には、

日本社会がじわじわと毀損されているような、

とりわけ日本のプロフェッショナリズムがぐずぐずと朽ちていくような、

そんな気がしてならないのですよ。

       *   *   *

彼らに、一言、聞きたい。

君は、自身のプライドにかけて、

車両点検を行った影響で〜

と言えるかい

   *   *   *   *   *

とまあ、そんなことをダラダラ(呑みながら)書いてたもんですから、

観劇日誌は、また後日m(_ _)m


スポンサーサイト

田園に死す?

2018年7月3日(火)

アッという間に梅雨が明けましたね。
これからは梅雨が短くなって減った降水量を台風で補うという日本列島になるんでしょうか

それはさておき、なんっか、同じことばかり書いてますが、とにかく忙しくって、芝居を観に行く(そして呑む)時間を確保するのに精一杯で、観劇日誌を書く余裕がなく、またもや3つ溜まってしまいました(>_<;)
難しいんですよね〜、
おもしろい芝居を観ると、気合いを入れて書きたくなるし、
つまんない芝居を観ると、どう書いたもんかと悩むし、
どっちにしろ、時間がかかっちゃうんですが、
何とか今度の週末には書きたいな〜。
(書けるかな〜

という具合なので、とりあえず、ちょろっとした話をちょこっとだけ。
(なので、タイトルにヒットして来ちゃった方、今すぐ引き返してくださいm(_ _)m

   *   *   *   *   *

今朝5:30 目覚まし時計が鳴って起床。
布団の上でウトウトしつつ
「さてさて、日本は勝ったかな〜、負けたかな〜…勝ってたらスゲ〜な〜、でも負けただろうな〜」
なんて思いながら腰痛ストレッチ&腹筋。

6:00 裏のブドウ畑から、バッ、ダッダッダッバッダッというトラクター的な何かのエンジン音が聞こえてきて、

よし、今日は二日酔いじゃないぞっ

と気分よく起床。

正直、このトラクター(的な何かの)音、けっこうウルサイんですが、しかし、日中を東京砂漠で過ごす私、トラクター(的な何かの)音で朝が始まるというのは、きっと幸せなことなのだと思って、文句を言わないことにしています。
(ま、そもそも、畑の一部を潰してマンションを建ててるわけだから、文句を言える筋合いでもないんですが(笑))

       *   *   *

本日は午前中に会議、日中に面倒な仕事を片付け、夕方からまた別の会議。
やりたい仕事にちっとも手をつけられないまま帰宅。

       *   *   *

エレベータを上がり、廊下を進んで玄関まで3m、照明の下を通り過ぎようとしたところ、

ブ〜〜〜、ガガッ、ガッ

驚いて飛び退くと、

お、お前は…

黒光りするソヤツ、飛んで火に入るがごとく照明にぶつかるものの、ツルツルしたプラスチックのカバーに跳ね返されて、
グルッと回っては突入、跳ね返されて、また
グルッと回っては突入、跳ね返されて、また
グルッと回っては突入、跳ね返されて…、
(お前、学習しろよっ
と繰り返し、今度こそはと、

ガツッ

それまでにない衝撃音がしたかと思うと、シュルシュルと落下。

あえなく不時着したのが、こちら。

20180703田園_convert_20180703233620

昔ながらの雑木林が残る、この界隈。
ベランダから周囲を見渡しても、ビックリするような巨木があちこちに見えますので、どこぞのクヌギやカシの木から誤って飛んで来ちゃったんでしょうね。

ピクリともしないソヤツにそ〜っと近寄って激写。

ブログのネタにしよ〜

と、ほくそ笑みながら玄関へ。

が、そこでチラと振り向くと、

20180703田園_convert_20180703233620

…え。

「どうした! それでも世界で最も邪悪な一族の末裔か!!」
(クシャナ殿下風)



…反応無し。

激写してしまった手前、このまま死なれると後味が悪いな〜と思って、とりあえず、スマホのカバーを使って起こしてあげました。

それから風呂入って、飯食って(酒呑んで)、ブログ書いて…

さて、彼はどうなったことやら…。
(確かめに行く気、まったく無し)

   *   *   *   *   *

で、もうすぐ12時。

さて、これから私は、何をするでしょう。

A. 明日までに返却しなきゃいけないのに、まだ途中までしか見ていないDVDの続きを観る

B. 6日(金)の課内勉強会のレジュメを作成する

C. 明日の面会約束の準備(まだ3分の1くらいしか終わっていない)を完了させる

D. 全部やってやるぜと思ってたんだけど、ダラダラ書いているうちに酔っぱらってきたんで、もう寝る。


う〜、悩ましい〜(笑)。

ねぎトマト

2018年6月12日(火)

どうやら、このブログのことを言いふらしてるヤカラがいるみたいで(「おい、お前のこと書いてあるぞ」的な)、思いがけない方面から思いがけないことを言われて、ビックリしてます(笑)。

ま、それも身内の範囲内なんですけどね(笑笑)。

そんな閉鎖的ブログにふさわしい、どーでもいい記事を一つ。
(でも、案外、こっちのほうが役に立ったりしてf^_^;)

このところの、私のお気に入り。
20180612ねぎトマト_convert_20180612003951

過日、こんなのが食卓にのぼったんです。
それまでは、トマトまんまだったんですけど、嫁さん、何があったのか、小ねぎを刻んでオリーブオイルを軽くかけてあるんです。

これが、美味くてね〜。

で、「美味いよね」と言ったら、子どもたちも賛同してくれて、

しかし、そのときはパクパク食った後だったので写真に撮れなかったんですが、つい先日、嫁さんが再び作ってくれたので、食べる前に写真を撮っておきました。

ま、超〜シンプルですけど、意外にイケますんで、よろしかったら試してみてください。

小ねぎとオリープオイルです。

お好みでアレンジもいろいろ出来そうで、

胡椒をちょこっと振ってもキュッと引き締まるでしょうし、
オリーブオイルにニンニクをほんのちょっと摺り下ろしても楽しめるでしょうし、

これだけでも酒が呑めますね。

いや、それだけなんです、ホント。

何だか、すみませんm(_ _)m

幾星霜 2018

2018年5月27日(日)

毎日仕事ばっかりしてると…というか、仕事しかしてないと、書くことがなくて更新が滞ってしまうわけですが、そんな日々の繰り返しであっても歳月は間違いなく過ぎていくのだなぁという、まあ、大したことない記事を一つm(_ _)m

   *   *   *   *   *

数日前から、コイツがキッチンのカウンターに置きっぱなしになってたんですよ。

20180527幾星霜1_convert_20180527072733

なぜ片付けないのか、ちょっとは気になりつつ、家族と話す機会もないままにこの週末、

嫁さん このお皿、見て。いよいよヒビが広がってきて、煮物の汁が漏れるようになっちゃったの。捨ててもいい

よく見ると、

20180527幾星霜2_convert_20180527072851

お、確かに。
以前から徐々にヒビが長く太くなってきてはいたんですが、それがついに裏側まで達した模様。

で、なんで私にいちいち確認するかというと、これは私が独身時代に買った皿だから。
というか、学生時代から使ってるんで、かれこれ30年弱になりましょうか。
重宝しました、苦楽を共にしました(ちょっと大袈裟)。

私だって、体のあちこちにガタが来てるんだもの。
お前だって、ヒビくらい入るよな。

ご苦労っ

というわけで、別れを告げることとなりました。
でも、コイツがなくなると、寂しくなるな、ていうか、不便だな。
代わりの皿を買わなくちゃ。
でも、そしたらコイツのことも忘れちゃうのかな(笑)。

       *   *   *

30年ということで、もう1つ。

20180527幾星霜3_convert_20180527072922

高校時代のバスケ部のウェアとTシャツ。
ウェアのほうは、数年前に実家の洋服ダンスで見つけ、冬用の部屋着に使えるかと持ってきたんですが、ゴワゴワして着心地が悪いので、やっぱりタンスに仕舞っちゃったもの。

Tシャツも長く使ってたんですが、繰り返し選択をしてペラペラになってきたので、引き出しの奥深くに仕舞っていました。

いまだに着られますよっ

一応、体型は維持されているわけですね。
中身はだいぶん傷んできましたが(涙)。

       *   *   *

実は、私の記憶を30年前に引き戻したものが、もう1つあって、
つい先日、高校の同窓会の案内状が実家から転送されてきたんです。

8月の上旬、地元のホテルで開催するのだとか。
学年全体の同窓会なので、大半は知らない人たちなんですが、幹事メンバーを見ると知った名前も何人かいて、「ああ、アイツらは地元に残った(or戻った)んだな」なんて思いながら、でも、この時期に帰省するのは無理っぽいので、欠席するしかないなぁと。

上京してから早30年。
私は、何か意味のあることを成し遂げることができたのでしょうか



いや、まだまだこれから。

野心と下心をドッカと背負い、粘り強く歩いていかねばナ(笑)。


そういえば、の、こどもの日

20180505こどもの日_convert_20180507230016

2018年5月7日(月)

毎年、雛祭りはけっこう力を入れている我が家ですが、端午の節句はなんとなく過ぎてるんですよね〜。

なぜだろう

ま、そんなわけで、たまには金太郎さんもupしておきます。

   *   *   *   *   *

さて、義父の一周忌を無事に終え、家族揃って帰宅したのが5日(土)夜。

昨年の葬式同様、穏やかで和やかで、よい一周忌でした。
(「親の死」が身近になってきて、いろいろ考えさせられることもありましたが、それはまた後日にあらためて)

帰省先では、義母(子どもたちにとっては祖母)と義兄夫婦が万全の受け入れ態勢をとっていてくれたため、子どもたちは美味しいものを食べ尽くし、買い物を楽しみ、従兄弟たちと遊びまくり、そのついでに一周忌も体験した、という感じ(笑)。

さらに義母は、孫たちのために
柏餅を用意し(気の毒なことに、不評だったらしい)、
菖蒲湯をしつらえ(バカ息子は驚き「お風呂に葉っぱが浮いてる」)、
鯉のぼりクッキーを買い与え(これは好評。私も食べました)るなど、

本来は自分が一周忌の主役であるのにもかかわらず、目一杯、「こどもの日」を演出してくれたのでした。

       *   *   *

明けて6日(日)、
午前中に家族恒例の図書館へ行き、
午後、私は夏用スーツを出すなど衣替え、
子どもたちは祖母へのお手紙&プレゼントづくり(と言っても、折り紙や切り紙ですが)。

そして晩飯時、
正式には、この日が命日なので、あらためて合掌&黙祷。
あわせて、1日遅れのこどもの日ということで、「この1年も元気に過ごそう」と乾杯。

ただし、帰省先で美味しいものをたらふく食べてきたので、食事は簡素&ヘルシーに。
(ひじきやら、こんにゃくやら、私には大変ありがたいものが中心)

そんな感じで、しっかり休息をとりました。
よく考えたら、仕事をまったくしなかったGWなんて、初めてかも。

で、ついでなんですけどね、

娘に「母の日は今度の日曜日(13日)でしょ。なんで、14日は振替休日にならないの」と尋ねられ、「そりゃ、ならないだろう(笑)」と思いつつ、なんとなく気になって調べたので、ちょっとだけ…。

       *   *   *

こどもの日が国民の祝日であるのは、法律によって国民の祝日と定められているからであり、

母の日や父の日が国民の祝日でないのは、法律によって祝日と定められていないからであり、

その「法律」というのが、「国民の祝日に関する法律」なわけです。

でもって、世の中とても便利になったので、つい検索しちゃったんですよ(笑)。

------------------------------------
国民の祝日に関する法律



第二条 「国民の祝日」を次のように定める。
元日 一月一日 年のはじめを祝う。
成人の日 一月の第二月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

なんて具合に続きまして、子どもの頃、「天皇誕生日」として過ごしてきた4月29日は、今日ではけっこうheavyなお題が与えられていたのでした(って、知りませんでした)

さらにですね、

憲法記念日 五月三日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 五月四日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。

なんて続いた後、いざ、

こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

と来るわけです。

「母に感謝」ですよ。
半世紀近く生きてきましたが、まったく知りませんでした&気づきませんでした。
でも、悪いことじゃないので(もちろん、よいことなので)来年からは、感謝しようと思います。
(注意:父は対象外)

さらに、

海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。

これも知らなかった〜
今年は、海洋国家日本の繁栄を願おうと思います。
で、

山の日 八月十一日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
体育の日 十月の第二月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 十一月三日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 十一月二十三日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

ってな具合で、(もう突っ込みませんが)けっこう知らないことが多い。
------------------------------------

というわけで、

以上、祝日の過ごし方に一石を投じてみました(笑)。

 | ホーム |  » page top