FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ファルハ&ジン

20180831ファルハジン1_convert_20180912230047

2018年9月13日(木)

え〜と、これも、もう2週間も経っちゃいましたね〜。

仕事関係でお世話になっている方からご案内をいただいて、同僚と一緒にアラブ音楽のライブに行ったというお話。

   *   *   *   *   *

この日は18時半に仕事を強制終了して一路、渋谷へ。

例の気持ち悪くなるような交差点を(外人さんたちが撮ってる動画に映らないよう気をつけながら)越えて、やってきたのはコチラ。

分かります
20180831ファルハジン2_convert_20180912230115
こちら、昔のジァン・ジァンですよ。

私、ジァン・ジァン閉鎖のとき、まるっきり消えてしまうのだと思っていたんですが、こんなふうにリニューアルしてたんですね。
あれから、もう20年近く経つというのに、まったく知りませんでしたf^_^;)

       *   *   *

で、劇場到着が開演10分前。
会場はもう満員に近かったのですが、予約していた私ともう一人はイス席に案内され(かなり観にくかったですが)、当日券狙いの同僚は後ろで立ち見。
最終的には超満員で、狭いし、蒸し暑いし、息苦しいしで、かなり過酷な環境でした。
すぐ後ろにバーがあって、ビールを飲みたくて仕方なかったんですが、身動きがとれないこの状況でトイレに行きたくなったときのことを想像し、恐怖に駆られて断念しました。

と、もう1つ、何か違和感があるな〜と考えていて、ふと気づくと、


あれ、柱がない。


そう、あの柱がないんです。
建築のことはまるで分かりませんが、あんなブっとい柱がなくなるなんて、アリなんですか

ともかく、まったく違う空間になってました。

       *   *   *

そして、演奏。

ファルハを主宰する常味裕司さんウードというアラブの楽器の奏者で、相当に有名な方だそうです。
私はもちろん門外漢なので何も知りませんが、別の同僚は彼のファンで、何度も聴きに行っているとか。

それはともかく、演奏が始まると、1〜2曲弾いてはトークというか、ただ聴いているだけでは分からない諸々をいろいろ説明してくれるので、私のような一見さんのド素人でも勉強しながら楽しめました。

説明にもありましたが、バイオリンやベースが普通に使われていて、アラブ世界とヨーロッパ世界が地中海を挟んで深く結びついていることがよく分かりました。

       *   *   *

そんな感じで前半が進み、休憩を挟んで後半は影絵音楽。

曲というよりは即興のような演奏と、ジン(精霊)の影絵とが交錯し、

影絵の動きにあわせてBGMが流れているのか、

即興演奏にあわせて影絵が踊っているのか、

よく分かりませんが、不思議な気分を味わうことができました。

   *   *   *   *   *

そんなこんなで、大いに inspire されました。
あれこれアイデアも浮かんだので、次の舞台ではぜひパクリ…じゃなくて、活かしたいと思います(笑)。





スポンサーサイト

関ヶ原秀三郎ライブ

20130823関ヶ原1_convert_20130824082415

2013年8月23日(金)

蒸し暑い日が続きますね。
屋外に出た瞬間、全身からジュワワワ〜ッと汗が吹き出ます。

本日は、夏期休暇を取得して、家族で銀行へ。
例のアレですよ、住宅ローンってヤツです。

いやぁ、向こう二十数年にわたって借金を背負い続けるという契約をしてきました。

我ながら、大それたこと、しますねぇ。

そんな先のことなんて、何もわからないのにねぇ。

だいたい、死んじゃったらどうするんですかねぇ…


いや、それが大丈夫

私が死んだり要介護になったりした場合、ローンの残額返済は保険会社が引き受けてくれる

…という保険を購入しておく(させられる)わけですね。


いやいやぁ、人間の叡智(あるいは資本主義のパワー)って、すごいですね。
何でも商品になっちゃいますよ。

     *   *   *   *   *

で、司法書士の先生との手続きも終えて、14時過ぎから会社へ。

 いや、そりゃもう、夏休みなんですけどね。
どうしても今日やらなければいけない仕事がチョコチョコっとありまして、それだけのために出社。
でも、行くと仕事はあるもので、夕方までダラダラと。

そして、18時前に切り上げて、一路、代々木へ。

     *   *   *

改札で池ちゃんと待ち合わせて、やってまいりました

Live labo yoyogi

…とくれば、もうお馴染み、関ちゃんこと、関ヶ原秀三郎くんのライブです。
(そのときしか、ここに来てないf^_^;)

ドリンクを取りにカウンターへ行くと、一緒にたこ焼きが振る舞われ、フロアに下りると、しはたかさんともばったり。
どもどもですm(_ _)m

     *   *   *

あらためまして、本日は、(D→style改め)バッカマンズとしてではなく、関ちゃんのソロ活動でして、

テーマは「

ただし、爽やかな青空…というよりは、
…照りつける太陽
…立ち上る水蒸気
…にじみ出る汗
的な、もやもやっとした思いを胸に、

魂の歌、歌ってました。

間にコミカルなトークやら曲やらを挟みつつ、なんだかんだで、過去最高に面白かったように思います。

こう書きながら、

も〜少ぉし〜 も〜少ぉしぃ〜

がリフレインしてます。
 
だいぶん曲も覚えてきたので、また新曲を聞かせてくださいm(_ _)m

     *   *   *

で、

クライマックスは、なんとデュエット曲

そして、髭ダンスで登場した(なんでやねんっ)、そのお相手は、小木敦子さん

小木さんは、私が劇団東京あたふたで書いた(最後の)脚本『極彩夢譚』に出演してくださった女優さんですが、本日は、シンガーとしてタンバリン片手に登場。

でもって、なんかタンバリンがサマになってるなぁ…と思っていたら、小木さんのパートになり…

上手いじゃないですかっ

え、そうなの
そういう人なの
てっきり、お笑いメインの方かと思ってましたけど(笑)

こっちが本業っすか


そういえば、小木さんの登場に、観客から

あああっつこぉ〜

なんてダミ声も飛んでましたが、あながち間違ってない。

フツーに聞き惚れちゃいました

しかも、小木さんのパートの歌詞が、微妙におかしーというか、エロいというか、小柳ルミ子あたりが歌ったらモロって感じなんですが、それをまた小木さんがビミョーに歌ってて、それがまたおもしろい。

曲としても、関ちゃんが高音でハモるあたり、いいですね。

私、関ちゃんのレパートリーのなかで、一番好きですよ…っていうか、好きになりました。

ええと、何でしたっけ、この曲…

…そう


いざ、鎌倉


次のCD、これ入れてくださいな。

     *   *   *   *   *

そして、ライブハウスを後にした私と池ちゃんは、駅前の飲み屋に入っていくわけですが…

長くなったので…


つづくm(_ _)m

 | ホーム |  page top