FC2ブログ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夏休み2018<後編>

2018年8月13日(月)

皆さん、ご覧になりましたか
ペルセウス流星群。

私は(いつものごとく)子どもの添い寝をしているうちに寝入ってしまい、すっかり見逃してしまいました。

今夜は曇っているらしく、星すら見えません。
来年以降に期したいと思います。


ささっ、今日こそ、終わらせますm(_ _)m

       *   *   *

まずは、こちらから。
20180806相模湖9_convert_20180810005835

早朝、雨に煙る山々(名前は知りません)。
昔は「天気予報とお婆ちゃんの入れ歯」っていうくらい、よく外れるものの代名詞だった天気予報とお婆ちゃんの入れ歯ですが、両方ともすっかり外れなくなりましたね。

というわけで、相模湖畔の2日目は小雨が降るなかでスタート。

       *   *   *

私は6時に目が覚め、水とお茶を買いに。
(手元に飲み水がないって、けっこう恐怖ですよね)

子どもたちも6時半には起床、ゆるゆると朝食の準備に。

メニューは巨大クロワッサンにポテトサラダとレタスとハム、それにオレンジジュース&コーヒー…

だと思っていたんですが、

…ハムがない

ネットで見た写真には、たしかにハムが挟まれていたんですが、ない。

これ、実は前日に食材が届けられた時点で気づいていたんですが、バーベキューの準備で忙しく、「ないものなのかな」とスルーしちゃったんですよね。

翌朝、あらためて考えてみて、「やっぱり、ここにハムがあるべきだよね」と思ったんですが、受付が開くのは9時からなので、もう仕方がないということで、代わりに()昨夜の残りの焼きそばを挟んだりして食べました。

これは美味かった…というか、やはり味はよかったんですよね。

レタスもカット済みで前日搬送だったから期待してなかったんですが、瑞々しさを保っていて、歯ごたえもいい。

もちろん、クロワッサンもおいしかったです。

惜しむらくは、ハム…、ハムが…(笑)。

       *   *   *

ゴミ捨て他の後片付けをして9時半過ぎにチェックアウト園内マイクロバスで再び遊園地エリアへ。

当初の予定では、午前中に「ピカソの卵」という簡便なアスレチック施設で遊ぶつもりだったんですが、雨天につき、園全体でごく一部を除いて運転休止。

仕方なく、500円でマップ兼スタンプシートを買って、スタンプラリーに参加。
これは初級、中級、上級の3コースがあり、それぞれ地図に記された3つの<宝箱>に入っているスタンプを押し、それをヒントに最後の<宝箱>を探して、そのなかのスタンプを押すと第1ミッションがコンプリート。どのコースをコンプリートしてもコインが1つもらえます。
(ただし、2コース、3コースを完成させても、追加のコインはもらえません)

そして、3コースともに完成すると、その最後のスタンプ3つをヒントにマップ裏面の問題を解いて、第2ミッションがコンプリート。
2つ目のコインがもらえるというイベントです、たぶん。
(間違ってたら、ごめんなさい

我ら「チーム本間家」は、初級コースだけやって帰るつもりだったのですが、3つのスタンプを揃えても、最後の1つが見つからない

3つのヒントからして、ど〜考えてもリフトの周辺にあると思われたのですが、いっかな見つかりません。

そうこう探しているうちに、中級コースが3つ揃ってしまい、しかも、その謎を娘が解いて最後のスタンプ発見、中級コンプリート

さらに、その過程で上級コースのスタンプも1つゲット。

こうなると欲が湧いてきて、さらに1つのスタンプの在処が前日に行ったマッスルモンスターの近くに描かれており、

「ああ、そういえば、池の近くに宝箱があった

と息子がはしゃぎ出し、「ど〜しても行きたい」と…


、ここで問題。

すでに12時近く。
この後は温泉に入って昼食をとり、1時間に1本のバスに乗って相模湖駅へ戻り、さらに電車とバスを乗り継いで夕刻までに帰宅しなければなりません。

しかも、その前にお土産を買いたい娘が、スタンプ1つのために山頂部まで登ることに(そして、弟が「もう1つ、もう1つ」と言い出すのが目に見えているだけに)猛反対。

       *   *   *

ま、分かりますけどね。

息子にしてみると、この遊園地こそがメインイベント。
見るもの聞くもの、すべてが楽しく、この魔法と奇跡の空間を1秒でも長く堪能したい。

一方の娘としては、目ぼしいアトラクションが軒並み運休になっている遊園地など存在意義がないにも等しく、しかもこの後には買い物、温泉、ランチと、大好きなことが目白押し。

嫁さんが「息子と2人で登る」と言い出すかなと思ったんですが、何も言わず。
もしかすると、私と同様、スタンプを求めて山の斜面をアップダウンしただけで、ヘトヘトになっていたのかもしれません(笑)。

さあ、どっちがどれだけ粘るかと見ていたんですが、
前日から息子の我がままに引きずられ気味だった娘がすごい剣幕になったところで、

ま、これくらいにしとけ

と収め、ふてくされる息子を引っ張ってお土産屋さんへ。

       *   *   *

買い物で娘の機嫌もなおり、お次は遊園地を降りたところにある温泉へ。

一方の息子は、温泉に入るときも「あのスタンプ、押したかったな」と未練たらたら愚痴ってましたが、それでも高濃度炭酸泉など数種の温泉を巡っているうちにご満悦。

温泉は偉大だな。

そして、付属の食堂で遅めの昼食。

娘が好物のネギトロ丼、他の3人はうどん各種を注文したのですが、

これがまた、美味い(笑)。

何でしょうね。
さんざっぱら体を動かしているので、何を食べても美味いのかもしれませんが、

う〜ん、地場の野菜でも使っているのかな

凝ったものは何一つなく、味付けもシンプルだったんですが、全般に、食事に関する満足度は高かったです。

   *   *   *   *   *

え〜、

以上、(うっかり)3回にわたってお送りしてしまいましたが、最後にまとめを兼ねて、その場では気づかなかったけど、こうして振り返ってみて気づいたことを1つ。


ウチの息子、こんなに自己主張するヤツだったっけ

仮説A  これまで母と姉の女2人に抑え込まれて言いたいことも言えず、軟弱者になるんじゃないかと(私が密かに)心配していた息子も、腕白な友達と触れ合い、ようやく自分の欲求や感情をストレートに表現できるようになってきた。

仮説B  弟ゆえに母親もつい甘くなりがちで、家庭では甘え放題、我がまま放題の息子。その甘えを許さない父親の前でだけは神妙に振る舞っていたが、遊園地のような開放的な場所に来て抑えが効かなくなり、つい地金が出てしまった。


娘の解説によると、どうやらBらしいです(笑)。


ま、言いたいことも言えないヤツになるよりは、きちんと自分を主張できる人間になってほしいとは思いますが、何事も中庸、バランスが大事ですので…、

そんなこんなを考えながら、しばらく見守って行こうかと。

それから、とりあえず、子どもたちの成長と変化について、もう少し敏感かつ注意深くなったほうがいいなと気づいた<夏休み2018>でした。
(今さらですが、子どもって、ホント、目まぐるしく変わっていくんですね)


長文お付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


スポンサーサイト

夏休み2018<中編>

2018年8月12日(日)

本日は、娘が夏休みの宿題で習字をやるというので、私も久々に筆をとってみました。
年初には、月に1回くらい毛筆の練習をしたいと思っていたんですが、ぜんぜんできず(>_<;)
とりあえず、週末に仕事を持って帰る生活を変えなきゃいけません…と、言い続けて何年

ま、それはともかく、先日の続きですね。

       *   *   *

さすが、山の天気は恐ろしいもので、それまでの炎天はどこへやら、みるみるうちに雨雲が厚く暗くたれ込め、「パラパラッと来たな」と思いながら受付に入って手続きを済ませた頃には小雨、そのなかを歩いてキャビンに辿り着くや否や、豪雨&雷鳴

平地育ちの子どもたちは、山間部の「手が届くような雷鳴」(届きませんが)を経験したことがなく、そのド迫力に震え上がっておりました。
その間、私はキャビンの隣のバーベキュー用スペースに置かれた炭、網、ランタンを急ぎキャビン内に運び込み、お先にシャワーを浴びて、受付で買い込んできたビールを一口

それぞれ少しずつ気分が落ち着いてきたので、食材が届くまでの間、家族で久々にカードゲームをば。
一頃は子どもたちがUNOだのトランプだのに夢中になり、週末の夕食後などに家族でよく遊んでたんですが、この頃は各自の時間の過ごし方が変わってきて、家族一緒に何かをするということが、だんだん少なくなっておりました。

…という事実に気づいてすらいなかったことに思い当たり、UNOを楽しみながらも、ちょっと反省f^_^;)

       *   *   *

小1時間ほどすると、雷鳴が遠ざかり、天井を打ちつける雨音も穏やかに。

ちなみに、キャビンはこんな感じでした。

20180806相模湖7_convert_20180810005709

手前のテントの下に木製のゴツいテーブルとバーベキュー用の台があります。

そして、私(と少し嫁さん)がビール2本を空けたところで遅れていた食材も届き、いよいよバーベキューの準備開始です。

まずはキャビン内で野菜切りから。
大層ご立派なニンジン、タマネギ、ピーマン、キャベツを嫁さんと娘が切り、私が皿に盛って外のテーブルへ。

同時に、まだ小雨が残るなか、びしょ濡れだったテーブルを拭き、炭網ランタンを運び出して火をおこします…

と、カッコよく書きたいところですが、私も嫁さんも炭火バーベキューはほぼ初心者。
急ぎ、スマホで「バーベキュー」「炭火」を検索して泥縄学習f^_^;)

一応、嫁さんが当施設のクチコミなどを調べ、<軍手、新聞紙、うちわ>セットを用意しておいてくれたので、バーベキューの台を拭き、画像どおりに新聞紙を捻って並べ、その上に炭を積んで、さあ着火…

…してくれれば苦労はないんですが、予想どおり、そんな簡単にはいきません(笑)。

嫁さんと一緒にチャッカマン2本で1点集中的に加熱すること、しばし。
炭の先端が赤くはなるのですが、ネット画像のように炎がメラメラというには程遠く、そこから先はうちわ作戦。

「扇げ、扇げ」「扇ぐぞ、扇ぐぞ」とばかりに扇ぎ続けること、またしばし。

嫁さんが肉の用意やお皿のセッティングに入ると、娘と息子も扇ぎ当番に参加。
私は持参したPETボトル入りワインをチビチビやりながら

       *   *   *

そうこうするうちに…どれくらい時間がかかったでしょうね、ともかく炎が上がり、まずは野菜、続いて肉を投下

野菜は瑞々しく甘みがあって、生でも美味しいくらいだったんですが、焼いてなお甘く。
肉はロースとカルビの2種類、いずれも厚く柔らかくジューシー。

娘と息子は、食べたり焼いたり食べたり扇いだりを繰り返しながら、「美味しい」を連呼。
私も、久々に焼肉奉行を務めながら、合間合間に賞味。
しかし、PETワインはやはり失敗(>_<;)
瓶は重いからと前もって安いPETを買っておいたのですが、味気ないの何のって。
ケチらずに、受付の売店で地元の酒を買うべきでしたね。


          m(_ _)m(_ _)m(_ _)m
ちなみに、このあたりがメインのシーンで、網上の見栄えも一番よかったんですが、忙しくって写真を撮ってる暇がありませんでした
          m(_ _)m(_ _)m(_ _)m


そこそこ腹が満たされてきたところで、網上にアルミプレートを載せて、焼きそば投入。
何だか、とっても上手く出来ちゃって、見栄えも味も上々。
ただし、ボリュームが多すぎて食べ切れず、1皿分を翌朝用に残しました。

そして、もう腹いっぱいだったんですが、せっかくだからということで、最後、セットについていたコレも焼いてみました。

20180806相模湖8_convert_20180810005753

マシュマロ。
あ〜、こういうの、見たことあるある。

本当は、これをクラッカーで挟んだり、板チョコを溶かしてディップ風にしたりするみたいなんですが、面倒臭いので省略しました。

       *   *   *

その後もいろいろ大変なこと、おもしろいことがあったんですが、すでに長くなったので割愛。


ああ、夜だけで終わっちゃいましたね。
でも、疲れちゃいました。


…というわけで、今回を<中編>とし、次こそ<後半へ>


夏休み2018<前編>

2018年8月11日(土)

おはようございます。
相変わらず、暑いですね。

本日は休日出勤の予定だったんですが、必要なものが少なかったので通勤時間を節約すべく持ち帰ってきてまして、でも子どもが騒がしいから近所の喫茶店にでも行こうかな〜と思ったら、母子3人は原宿界隈へお出かけ。

というわけで、独り黙々と仕事をする前に、ササッと更新です。

   *   *   *   *   *

先日、思い切って2日間の夏休みをとり、家族で相模湖プレジャーフォレストに行ってきました。
まあ、そのために頑張って日曜出勤していたわけで、何のこっちゃという気もしますが、それでも平日に仕事を休んで遊ぶというのは、お天道様が高いうちから酒を飲んでいるような、どこか背徳的な愉悦があっていいですね(笑)。

       *   *   *

そんなわけで、以下、顛末を語るわけですが、

まずはコイツにご登場願わねばなりません。

20180806相模湖1_convert_20180810005146

覚えていらっしゃるでしょうか

そう、誕生日に池ちゃんがプレゼントしてくれた、あのマーメイドなシャツ、

   え、どのツラ下げて、こんなの着るの
池ちゃん  コレ着て、家族と行楽地に行くんだよ〜 イクメン、ばっちりじゃん(笑)

と池ちゃんにもらったアレです。

実は、すっかり忘れていたんですが、嫁さんに「天気も悪そうだし、ポロシャツじゃ、ちょっと寒いかな」なんて訊いたら、

嫁さん  え、アレ着てくんじゃないの ここで着ないで、いつ着るの

と言われ、「おお、そうだった」と、クローゼットから引っ張り出したのでしたf^_^;)

いや、もう、自分で言うのもなんですが、どこから見ても陽気でファンキーなお父さん。
そんな私を見て、娘も、

ん、まあ…、ハイビスカスよりは似合ってると思う。

と、太鼓判

       *   *   *

そして、早朝からバスと電車を乗り継いでやってきました、こちら。

20180806相模湖2_convert_20180810005254

ぶっちゃけ、ここへ辿り着くまでの階段だけで、もうヘトヘト

何が悔しいって、これからアスレチックをやるだけに、「なんでエレベーターがないんだよぉ」と文句を言えないところが、ま〜、悔しいっ
(階段の途中に「ここでチョット休憩」なんて書いたベンチが置かれていて、見透かされているようで、なお悔しい(笑))

       *   *   *

で、私が滴り落ちる汗を拭っている間に嫁さんが受付を済ませ、まずはリフトで山頂エリアへ。

息子は初めてのリフト。
恐がりなので、嫁さんと娘が先行、続いて私が息子とペアに。
なんか、 「息子を落としちゃいけない」という意識が働いて、1人で乗るより緊張しました(笑)。
(突然、信じ難い動きをしますからね、コイツは)

とりあえずは、最大のイベントである「マッスルモンスター」の予約。
この日は天候悪化が予想されていたので多少は空いていたと思いますが、それでも2時間待ち。

予約時間帯を示すリストバンドを受け取って、ただちに娘が「乗りたい」と大騒ぎしていたこちらのアトラクションへ。

20180806相模湖3_convert_20180810005352

「極楽パイロット」という名前なんですが、この日はハバネロとのコラボということで、「地獄パイロット」とか何とか、そんな名前がついてました。

嫁さんが「ムリ。絶対、ムリ」と拒否したので、私が娘に同伴。
(息子は身長が足りず、安堵の様子)

このアトラクション、左右の翼を上手に動かすと機体がクルクル回転するというのがウリなんですが、

搭乗前にインストラクターのお姉さん(おばさん)が「とっても難しいです」と、やたら強調していてまして、あれは「回らなくても文句を言わないでね〜」という予防線なんですかね。

さらに搭乗口近くのモニターでも「ベテラン」のデモンストレーション映像が流れていて、彼は見事に回ってるんですけど、これも見方によっては「ほら、うまく操作すれば回るんだから。回らないのは、ア・ナ・タ・ノ・セ・イ」と言ってるように聞こえなくもなく…。

そして、搭乗…


回りませんでしたっ(T_T)


難しいっ

右翼を下げ、左翼を上げ、右に傾いたところで、逆に右翼を上げ、左翼を下げ、左に傾き…

という操作を繰り返すうちに揺れ幅が大きくなり、ある閾値を越えたところでクルクル回り出す…

という仕組みなんですが、翼を反転させるタイミングがメッチャ難しくって、

機体が傾きはするものの、回るまでには至らず・・・。

私としては、「そうは言っても、遊園地のアトラクションなんだから、チョット勘のいいヤツなら直ぐにできるだろ」くらいに高を括ってたところがあり、それができなかったもんだからヒジョーに悔しかったんですが、嫁さんから「2人とも、とっても楽しそうな顔してたよ」と言われたってことは、まあ、楽しかったのかもしれません。

ちなみに、娘は「翼が重くて、上げ下げできない」と早々に気づき、回ることは諦めてフツーに景色を楽しんだとのことでした。
(やはりインストラクターのおばさんが「腕力が必要なので、女性は難しいかも」と強調してましたっけ。きっと、クレームが多かったんだろうな)

       *   *   *

ここでいったん休憩。
地元で買ったおにぎりを頬張りながら、あらためてマッスルモンスターの予習。
制限時間は1時間なので、4人で行動を共にするか二手に分かれるか、何階を攻略するか、など思案してぇの、いざ、私たちの番…

20180806相模湖4_convert_20180810005432


ぶっちゃけ、難しい〜


ってか、恐い〜(T0T)

かつ、気の毒だったのは、ハーネス(安全具)をワイヤーからワイヤーへと付け替える位置が高いので、嫁さんも娘も息子も、その操作だけで重労働。
(もっとも、ハーネスの付け替え自体を楽しんでたようにも見えましたが(笑))

ま、それはともかく、私と娘が2階の比較的易しいコースを4つ5つチャレンジしたくらいで(それでもヘトヘト)、あとは4人で3&4階まで登りながら景色を楽しみました。
(実際、上の階は風も爽やかで、緑に囲まれた相模湖を見下ろす景観は、とても素晴らしかったです)

       *   *   *

そこからリフトを下って、「カラクリ砦」という3〜4階建ての迷路へ。

20180806相模湖5_convert_20180810005509

冒険コースと挑戦コースがあるので、最初は娘&私チームと息子&嫁さんチームで競争する計画だったのですが、嫁さんが「それだと、自分たちが出られなくなる可能性がある」と反対、急遽、娘&嫁さんチームvs.息子&私チームに組み替えられました(笑)。

で、私たち、どんどん進んでいったんですが、途中で隣のコースに入り込んでしまったらしく、相手チームのスタンプばかり見つけて自分たちのは押せないまま、相手のゴールに先着
後戻りしようにも、反対側からは開かない扉がアチコチにあって、戻れない(>_<;)

しまった、私ったら、歩くのも決断も早いけど、方向オンチなのでした〜(T0T)

加えて、何も考えずにドンドン前に進んでしまう息子(普段から、行く先も知らないのに先頭を歩いて、間違った方向に行っちゃうんですよ)

結局、ゴール到達の鐘だけ鳴らして、退場通路を降りて行くしかありませんでした。

一方、娘&嫁さんの慎重派コンビは着実にポイントを通過、スタンプを揃えて満足げに出てきました。

これに納得できないのが息子。
「ど〜しても、もう1回やりたい」というので、嫁さんと2人で再入場。
娘と私は、日陰のベンチで休んでました。

       *   *   *

息子たちが無事に出てきたところで、もう暑くて暑くて仕方がなかったので、「じゃぶじゃぶパラダイス」という簡易プールに行こうとしたのですが、息子が「パディントン・タウン」というエリアで乗り物に「ど〜しても乗りたい」と言い出し、そんな幼児向けのアトラクションは卒業してしまった娘と交渉決裂。

やむを得ず、嫁さん&息子で「パディントンタウン」へ、娘と私はお土産屋さんへ入って翌日の買い物用に品定め。

その後に合流して「営業終了まで、あと1時間弱」というところで、プールへ。
正味30分もなかったんですが、あっちのプールもこっちのプールも滑り台だらけ、ということで、姉弟ともに大はしゃぎで滑りまくってました。

この日は炎天下で、信じられないくらい汗をどぼどぼ流したんですが、水辺にきてホッと一息。
子どもたちはもちろんですが、プールに入らない私たちも子どもたちの水しぶきを浴びながら涼をとりました。

       *   *   *

そして16時。
短時間の水浴びでしたが、全員すっきりして気分よく遊園地エリアを降り、園内バスでキャンプエリアへ移動。

と、にわかに空がかき曇り、暗雲の向こうからゴロゴロと雷鳴が…

予想されていた雨がついに来たかっ
これからバーベキューだっつーのに

危うしっ、本間家ご一行〜

…てなあたりで、<後編>につづく


花火2018

2018年8月5日(日)

本日は8:40出勤。
何とか晩飯までには帰りたかったのですが、仕事が終わらず、何とか子どもたちが寝る直前に帰宅し、「おやすみ」だけ言って風呂に入りました。

そして、ただいま、娘が「夏休みの宿題」()として茹でたタマゴを頬張りつつ、晩飯&晩酌しております。

じゃ、何で日曜日に出勤しているかという理由の半分は後日に書くとして、残り半分を語るべく…

   *   *   *   *   *

その1 午前中
実はですね、私の部屋は、もう、数か月以上にわたって粗大ゴミ置き場になってたんです。
使えなくなったプリンタとか、LEDに変える前の照明とか、そんな類です。

で、それというのも、我が家はそうした粗大ゴミをできるだけ市のゴミ処理センターまで持っていくことにしていましてね。
これには、
回収してもらうと、1個あたり数百円かかるところ、センターまで持参すると全部合わせても数十円で済む
センターには、ペシャンコにされフロランタンみたいに固められた缶が積まれていたりして、廃棄と再利用の現場を子どもに見せられる
そこへ行くには信号のない交叉点や1車線半くらいの細道(なのにゴミ収集車みたいな大型車が頻繁に通る)などがあり、嫁さんの車の運転練習に最適
などの理由があるんですが、

私としては早く持っていきたかったところ、やれ今の時期は混んでいるだの、土曜日に子どもを病院に連れていかなきゃとか、折々の事情で先送りになってたんです。

で、ようやく昨日に持っていったんですが、行楽日和だったんでしょうか、お陰さまで空いていて、かつてなくスムーズに手続きできました。

ちなみに、私が「ほら、見てみろ。ジュースの缶がペッチャンコだぞ」と指さすと、息子は「おおっ」「わあっ」と興奮気味だったんですが、娘は「知ってる〜」「変な臭い〜」とローテンション

そのうち、子どもたちは一緒に来てくれなくなるかもしれませんね(T_T)

       *   *   *

その2 午後
娘は習い事で嫁さんと一緒にお出かけ。
私は息子と留守番。

本当は、息子のお守りということで自宅に残ったんですが、息子が何やら

「プシュー、ドカーン、ボーン、ガーーン」

と…何かをして遊んでいるので、これ幸いと、私は自室にこもり、持ち帰った仕事の資料を黙々と読み込んでいました。

ホント、息子はこのところ、昼夜の別なく、

「プシュー、ドカーン、ボーン、ガーーン」

とやってるらしくって、

息子の頭の中では、

第3次世界大戦だか、ハルマゲドンだか、宇宙大戦争だか、

…よく分かりませんが、とにかく、大変なことが起こっているんだと思います(笑)。

あまりにのべつ幕無しなので、「うるさいっ、いい加減にしろ」と叱ることもあるんですが、私も幼少の頃を思い出して身に覚えがないわけでもなく、つい男同士にだけ分かるような苦笑いをしてしまいますf^_^;)

       *   *   *

その3 夜
そして、やっと本題なんですが、疲れてきたので手短に。
(という、いつものパターン

地元の花火大会がありましてね。
新しく買い替えたカメラで撮ってやろうと思ってたんですが、バタバタしていて説明書をちゃんと読んでおらず、花火の撮り方が分からないままに本番。

都合130枚くらい撮ったんですが、恥を忍んで見せられるのは2〜3枚くらい。

20180704彩夏祭花火1_convert_20180805230936

まずは、赤系から。
も〜、どれだけ失敗したことか。
花火って難しいですね〜。
で、慌てて読んだ説明書には「花火モード」っぽいものもありそうなことが書いてあるんですけど、どうやって設定すればいいのか、とんと分からない(>_<;)

で、お次がこちら。
20180704彩夏祭花火2_convert_20180805231007

このシリーズは全滅なんですが、どうにか雰囲気だけでも伝えられそうな1枚を選びました

で、最後に白系。
20180704彩夏祭花火3_convert_20180805231048

ちょっと花火っぽくなりましたね(笑)。
来年までには腕を上げておこうと思います。

       *   *   *

それにしても、去年同様、息子のはしゃぐことハシャグこと。

「ああっ、赤だ、青だ、金色だっ、輪っかだ〜

と、打ち上げられる花火1つ1つに声を上げるので、うるさくって仕方がありません(笑)。

大丈夫かな〜、コイツ。

いろいろ心配になりますが、それはともかく、

所得相応の住民税を払って、これだけ家族で楽しめるなら、まあ、悪くはないかなと思いました。



ま、今日のところは、そんな感じです。

林間学校

2018年8月3日(金)

そんなこんなと、父親が呑んだくれている間にですね、

娘は林間学校に行ってました。

実は、がっつり親元を離れるのは人生で初めてです。

幼稚園のときに一度、お泊まり保育なんてのがありましたっけね。
もっとも、夕方のカレー作りから布団を並べて寝るくらいまでは何人かの親が世話役で手伝いに来ていて、
(私もその1人でした)
翌日の午前中には迎えに行くので、離れると言っても本当に「一晩」だけだったんですが。

それが今回は2泊3日。

本人は、もう、ずいぶん前から楽しみで楽しみで楽しみで仕方がないくらい盛り上がっていたんですが、

私は(内心)心配で心配で心配で仕方がなく(笑)、

それと言うのも、この娘、

虫が大嫌い
食べ物の好き嫌いが多い
痛がり痒がり暑がり

でして、アウトドア・ライフの対極で生きてるようなタイプなんです、マジで。

でもって、体もそんなに丈夫なほうじゃないので、嫁さんも、熱を出すんじゃないか、怪我をするんじゃないかと気が気でなく、「いつ電話がかかってくるかもしれない」と、スマホを肌身離さず持ってました(笑)。

       *   *   *

で、娘、帰還。

荷物が重いので、嫁さんと息子でお迎え。
私も早々に仕事を切り上げて、いそいそと退社。

何とか晩飯に間に合い、土産話を肴に晩酌を楽しんだのですが、娘は開口一番「もっと長く居たかった」と、返す返すも名残惜しそう。
とっても、とっても楽しかったんですって。

ただし、テントの中にドでかいコオロギやらバッタやらクモやらが入ってきて困ったので、男の先生を呼びに行って、追っ払ってもらったんだそうな(笑)。

先生、そんな感じで、あちこちのテントから呼ばれてたんだろうな。

大変だなぁ。

       *   *   *

ま、それはさておき、

甘えん坊だと思っていたら、いつの間にか成長していて、
親と離れても楽しく過ごしてきたというのは、実に頼もしい話であり、
ホントはちょっと寂しい気もしつつ、
しかし、
われわれも、ゆるゆると、子離れする心の準備を整えておかなきゃいけないなぁと、

しみじみ思いました…というお話。


 | ホーム |  » page top