カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

本間宗南

Author:本間宗南


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来場者


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

食べログ:かあさん RETURNS!

2017年7月20日(木)

先日の記事で、二日酔い云々ってことを書いて、その理由を書いてませんでした。

ま、書かなくたって、どうせ岩井さんと呑みに行って呑み過ぎたんだろってことくらい、お察しがついてるとは思うんですが…

ま、そのとおりなんですけどf^_^;)

でも、(食べログに分類しちゃいましたが)一応、芝居の打ち合わせ(という大義名分)で会ってたんで、状況報告かたがた、その話をば。

   *   *   *   *   *

去る14日(金)、朝からモーレツに仕事をしていた私。
何しろ、1人じゃ絶対に終わらないってくらい仕事が集中していて、
(だったら、前日、芝居なんか観に行くなよって話なんですが)
実際、1人じゃ終わらなかったんですが、同僚が助けてくれて、どーにかこーにか目標の18時までに終わったんですよ。

じゃ、なんで18時を目標にしてたかと言うと…

実はこの日、19時半から新宿で私の新作脚本について、出演予定の役者さんたちと打ち合わせをすることになっていたのでした。

というのも、私は某役者さんありきで、その役者さんの魅力を引き出すべく、「あんなこと」や「こんなこと」まで演らせる本を書いたんですが、それを岩井さん経由で某役者さんに送ったところ、

…わからない

ついては、「煮詰める」必要がありそうなので、早めに打ち合わせをセッティングしてほしいとの要請が届いたのでした。

       *   *   *

ところが当日、

その役者さんが体調不良で入院しちゃったとか何とかで延期の要請が入り、
もう一人、出演を了承してくれた役者さんも仕事が終わらなくて来れなくなり、

岩井さん  どうする 今日はお流れにしてもいいけど。


ええ〜 これだけ無理したのに、このまま真っ直ぐウチに帰るなんて、寂しすぎる〜(T0T)

と思い、2人で脚本の修正方向の擦り合わせや演出方針その他の打ち合わせをすることに。
実は岩井さん、この日は自宅仕事で、このためだけに新宿に出て来てもらっちゃいました。そうとは知らず我がまま言ってごめんなさいm(_ _)m

       *   *   *

はぁ、やっとお店のシーンに入ります(笑)。
20170713かあさん1_convert_20170716113634

先月以来、2度目(たぶん)の来店となります「かあさん」新宿西口店。

最初に注文したのは、こちら。
20170713かあさん2_convert_20170716113656
(追加の注文分は、撮り忘れましたf^_^;)

       *   *   *

で、何を話したかっていうと…


もう、忘れちゃったな〜(笑)。


リライトの方向性として食い違っていたのは、

1. あくまで主人公を軸とした物語にしたい岩井さんと、ヒロインにもそれなりのウェイトを置きたい私…

2. 物語を紡ぐ2本の糸の交差を、キレッキレに切り分けたい岩井さんと、両者の境界線を混沌とさせたい私…

とりあえず、プロデューサーの要請に基づいて修正案を考えてみて、そのうえで総合評価をしよっかな〜と思ってます。


小田和正をBGMに、そんなこんなの話を延々して、結局、終電(岩井さんは終電過ぎ)まで呑んで、おかあさんに

おにいさんたち、ずいぶん呑んだね

と、酔い覚ましの水をたっぷり注がれ、

飲み干し…

電車に乗ったような…

駅から歩いたような…

風呂に入ったような…

なぜか嫁さんが起きてきて、何か着せてくれてるような…



で、二日酔いの朝を迎えたとさ(>_<;)

   *   *   *   *   *

そして昨日、岩井さんから残り一役の出演候補さんに脚本が送られ、
本日、同役者さんから岩井さんに返事。

脚本を読んで寝たら、変な夢を見ました。今夜、もう一回読んでからご返事します。


奇遇ですね〜。僕もこの本を書いてて、何度も変な夢を見てますよ(今でもね:笑)

そんなわけで、いまこの瞬間、某役者さんは私の脚本を読んでくださっているものと思います。


さてさて、どうなることやら…。
スポンサーサイト

炎天

2017年7月18日(火)

話題の()左足の親指くん、昨日一日サロンパスミニを貼っていたら、痺れが少し緩和されました。

恐るべし、サロンパス

やはり、サロンパスとバファリンは万能薬の双璧ですね。
(違います)

   *   *   *   *   *

さて、この3連休は、
15日(土)休日出勤
16日(日)娘のピアノ発表会 ビデオ撮影係
17日(月)息子のサッカー大会 ビデオ撮影係
というわけで、2日連続の家族イベント、け〜っこう疲れました。

       *   *   *

まずは16日(日)、娘のピアノ。
そこそこは弾けてるんですが、途中でテンポが不安定になったり、つっかえたりして、「う〜ん、90点くらいかな」という出来。
苦手な部分の反復練習をもう少しすればいいのに、と思うんですが、

もう弾けるもん」と娘。

なんか、彼女のなかでは暗譜できた時点で「弾けた」ということになるらしく、

練習で10回連続してノーミスでできても、それでやっと本番でもノーミスで演れるかなっていうくらい。せめて、そこまでは練習しないと

と、私が(約20年の演劇人生で一度もできた試しがないことを)言って聞かせても聞く耳無し。

ま、そりゃそうだな(笑)。

でもまあ、本人は「うまく弾けた」と満足しているようなので、あまり文句を言わずに褒めてお祝いしてあげました。

       *   *   *

続いて17日(月)、息子のサッカー。
相変わらず、サッカーというより玉蹴り(もしくは玉追いかけっこ)の域を出ていませんが、どのチームにも1人くらい上手な子がいて、こぼれ球ドリブルシュートで得点するという展開。
まだ、「パス」という技術がないんですね、みんな(笑)。

息子はもちろん「上手な子」ではなく、正直なところ、あまり見せ場もなく終わったのですが、チームはその上手な子の活躍で勝ったので、こちらもお祝い。
(要するに、お祝いしたいんだよな、私が(笑))

ただし、あまりに不甲斐なかったので、帰宅してから臨時サッカー教室を(強制)開催。

ふだんは室内ボール蹴り禁止を厳命しているのですが、あまりにボールと友だちになってないため、「これだけはやってよし」ということで、ボールタッチの練習方法を教えました。
(あと、「お姉ちゃんがいないとき限定」という約束で、ドリブルで相手を抜く小技の練習も)

       *   *   *

と、息子のプレーに不満たらたらな私ですが、肝心のビデオ撮影のほうが惨憺たる有り様。
何しろ、ドキドキハラハラしてくると、ファインダーから目を外してボールを追ってしまうんですよねf^_^;)

おかげで、カメラはあらぬ方に向き、無人の地面をじっと写し出すのでしたm(_ _)m

それでも炎天下でビデオを構え続けていることに変わりはないわけで、風呂から上がって、ふと気づくと、
20170717日焼け_convert_20170718225118

おおっ、ゴルフ焼けならぬサッカー観戦焼け(笑)。

そんな私の腕を肴に酒を呑みつつ、嫁さんと、

   まだ幼稚園児だから試合時間も短いけど、だんだん大きくなったら…
嫁さん 私たちがもたないね(笑)。

だよな〜。

いやはや、休日出勤のほうがよっぽど楽で、
子どもに付き合うのは体力が要りますわ。

観劇日誌:劇団じゃけん『さろん de じゃけん act. 6』

2017年7月16日(日)

昨日、二日酔いの頭を乗っけて休日出勤してたんですけどね。
ふと気づいたら、左足の親指が痺れてるんですよ。
付け根の肉球から指先まで、指全体がぼんや〜っと腫れぼったく、神経が麻痺している感じ。
ただし、見た目はまったく異常なし。
一夜明けても治らないので、今朝、とりあえずバンテリンを塗ってみました。
(治るといいな〜 治るか、ボケッ

実は、右手も昨年末からそれに近い感覚。
腫れぼったい感覚は少し緩和されてきたのですが、握力が落ちているみたいで、いろんな物をポロポロつかみ損ねちゃうんです。

な〜んか、あちこちガタが来てるな〜(>_<;)

4月からの組織再編(に伴う左遷)で、以前からの仕事を抱えたまま、新しい業務と新しい部署と新しい部下をドドンと引き受けちゃって、この4か月弱、体力的にも精神的にも、かなりキツいんですけどね。
古い仕事を一つ一つ片付け、新しい仕事を極力つくらないように心がけてきたので(笑)、来年の春には、きっとペースをつかめるんじゃないかと。

で、そんななかでも観に行ってきましたよ、っというお話。

   *   *   *   *   *

20170713じゃけん1_convert_20170716113613

劇団じゃけん『さろん de じゃけん act. 6』
作・演出:難波善明ほか
於:RAFT(中野)

以前、花道御一行さんが出演された(私が観た回は小木さんとマリモくんが出演)舞台を観に来て以来でして、今回は小木敦子さんが出演。

チラシより---------------------------------
その昔、子供たちが水あめ買って
紙芝居を楽しんだみたいに、
旅回りのお芝居を、
ドテラ着て煎餅かじりながら観てたみたいに、
演劇をもっと気楽に
楽しんでもらえたらいいのに…

演劇の公演と云うよりも、
「演劇の在る空間」の提供と云ったほうが
いいのでしょうか。
楽しい語らいの場所として、
楽しい出会いの場所として、
お茶とお菓子とお芝居で
優しくあたたかなひと時を、
ゆったりほっこり、過ごしていただけたら幸いです。
-----------------------------------------

というコンセプトで、
過去作品から切り取ったシーン3本と、短編2本のうちの4本を演るというオムニバス構成。
(私が観た回は、過去作品からの3本目は休演)

このうち、小木さんはベテラン(っていうか、オバハン)2人が、リビングで喋り倒しボケ尽くすというコント風の作品に出演。
ネタは、ほぼすべて2人でつくったんだとか。
いろいろ今日的なキーワードをちりばめながら、おもしろく組み立てられていたと思います。

あと、過去作品からの切り取り2本目は、魅力的な役者さんが2人ほど出ていて、彼らを観ているだけで楽しめました。

ま、そんなとこかな。

       *   *   *

コンセプトのごとく、「演劇をもっと気楽に 楽しんでもらえたら」というスタンスでいられれば、まあ、こんな時間の過ごし方もあるのかな、と思います。

ただ、このクッソ忙しいなかで無理に無理を重ねて時間をこじ開け、青息吐息で駆けて来た私としては、「こ、これを観るために、オレはあんな苦しい思いをしたのか…」という気分もナクハナク。

しかし、私が参加予定の「見世物」企画だって、新宿で今日の呑み屋を探しているサラリーマンが、その前にフラッと立ち寄って観る…というようなコンセプトを掲げてるわけで、

そう考えてみると、そもそも芝居なんて、
生命の維持という点では、一口のアンパンほどの有用性もなく、
生活の維持という点では、一枚のティッシュペーパーほども役に立たない、

要するに暇つぶしなわけで、

頭痛と目眩と吐き気を噛み潰し、息も絶え絶えに小屋に乗り込んだ私のほうが、
芝居に対する姿勢としては間違っているのかもしれないな、

と思ったりもします。

チラシの最後は、こんなフレーズで締めくくられています。

お茶とお菓子をご用意してお待ちしております。
日常を離れ、どうぞゆったりのんびりお過ごしください。


そうなんだよな。
人は、そして自分は、
何のために日常を離れようとしているのか、
考え直してみないといけないな。

女優探し

2017年7月13日(木)

えっと、このところ、私の記事に対してコンスタントに拍手をいただいておりまして、どなたか存じませんが、誠にありがとうございます。
恐悦至極でございます。
ちょっと気恥ずかしく感じながらも、こっそり嬉しいです。
重ねて、ありがとうございますm(_ _)m(_ _)m(_ _)m

その一方で、ブログのマナーとか作法とか、よく知らないもんですから、どう反応していいのか分かりません。
失礼があったらごめんなさい。

   *   *   *   *   *

さて、舞台の件です。

脚本のほうは、去る日曜日に第3稿を仕上げまして、第2稿でゴソッと削った部分を変形・短縮のうえ復活させたんですが、とりあえず今週末の打ち合わせで感想を聞いたうえで今後の作業を考えようと思ってます。

で、並行して岩井Pによる役者さんへの依頼が続いておりまして、先週の水曜日(5日)、某女優さんへの趣旨・概要説明会に岩井さん、しはかたさん(紹介者)とともに、私も同席させていただきました。

で、結論を言うと…、

ご快諾いただきましたっ

いや、めでたい

これで、私の脚本の1本(再演)については役者が揃いました。

ただ、私の新作1本ともうお一方の作品については未定なので(っていうか、小屋も日程も仮ですし)、発表は岩井さんのGOサインをいただいてからにしたいと思います。

もう少々、お待ちくださいm(_ _)m

       *   *   *

そんなわけで、女優さん情報の代わり()に、こちらをご覧くださいませ(笑)。

20170705葉月さん1_convert_20170713002546

場所は、大手町駅にほど近いオフィスビルのB1に入っている海鮮居酒屋さん。
周りでは、「俺たちが日本を代表するサラリーマンだぜっ」的おっさん&おにーちゃんたちが声高に何かを訴えておりまして、私たちはちょっと浮いていたかもf^_^;)

ちなみに、上記の写真は、私に気を遣ってくれたんでしょうか、何はともあれのサラダです。

で、お次の2〜4品目は、
20170705葉月さん2_convert_20170713002613

え〜と、焼き春巻きとホタテのシュウマイと…、奥のフライは何だっけな〜。
忘れちゃいましたが、さすが丸の内サラリーマンを相手にしているだけあって、どれもそこそこ美味しかったです。

でもって、刺身の盛り合わせ。
20170705葉月さん3_convert_20170713002633

絶対、食べ切れないんだよな〜、こういうの。
平均年齢、高いし。
食うより呑む人たちだし。

ホント、もったいないオバケに叱られちゃいます。
それなりに頑張ったんですけど、ごめんなさいm(_ _)m

あと、これは…、
20170705葉月さん4_convert_20170713002659
マグロのヒレだっけかな
メニューに載ってる写真よりずいぶん焦げてますけど、脂がのってて美味かったです。

       *   *   *

で、やっぱりラストオーダーまで粘って、(たぶん)最後の客になって、みんなで東京駅に向かいました。

いろいろ話をして、彼女の演じる某役(まだ内緒)のイメージもかなり膨らみました。

うん、イケる

って感じです

そして本日(もう、昨日か)、岩井さんからのメールによると、役者探しと並行して稽古場確保に動いているご様子。

ホントに、何から何までご苦労様&ありがとうございます。

私も、自分のやるべきことをやらないとね。


鼻息荒く、頑張ろうと思います


音楽発表会

2017年7月10日(月)

ま〜た1週間ブログをサボってしまいました(>_<;)

舞台の関係でいろいろ動きはあるんですが、とりあえず、先に家族ネタを一つ。

   *   *   *   *   *

去る8日(土)、息子の幼稚園の音楽発表会(だったかな)がありました。

朝9:30に幼稚園到着。
息子は教室へ、私たちは体育館前の行列へ。

みんな、こんな暑いのに、よく並ぶな〜(って、おまえもなっ
炎天下を20分待って入場。
事前に担任の先生から息子の演奏位置を聞き出していた嫁さんの指示で、私たちはひたすらセンターへと突進。
どうにか中盤あたりの場所を確保…しましたが、

室内も暑いな〜。

クーラーをガンガンかけてるみたいなんですが、いかんせん人数が多い。
頭皮からブワッと汗が噴き出してきて、四方八方に鉄砲水のごとく流れ落ちていきます。

やっぱり、山には木を植えなければいかんですよ。

こんなところにお爺ちゃんお婆ちゃんが来たら倒れるぞ、と思うんですが、来るんですよね、お爺ちゃんお婆ちゃん。
孫の演奏となれば、寿命を縮めても聞きたいんでしょうねぇ。
ま、実はこの演奏会、それくらい保護者に人気のイベントで、けっこう涙ぐんじゃう親も多いらしいです。
(幼稚園の側も、狙ってそういう歌を歌わせるんだよな〜(笑))

       *   *   *

10:00過ぎより演奏会開始。
息子のクラスは一番手ということで、
私はいそいそと三脚を出しビデオカメラを設置。

ただし、カメラの位置は座高(目の高さ)を超えないこと、
かつ、わが子の出番が終わったら下げること、
…なんて、幼稚園なりにいろいろマナーがあり、一応ちゃんと守ります。

年長さんの息子は、鍵盤ハーモニカの演奏が1曲、日本語の歌と簡単な英語の歌が1曲ずつ。
事前情報を何も聞いてなかったので、アングルを息子にスウ〜ッと寄せていったら、いきなり両手を広げるもんだから、「おわっ」と慌てて引いたりと、まあ、いつもどおり、てんやわんやしながら撮りました。

       *   *   *

お昼前に帰宅。
息子がどれくらい演奏できていたのか、歌えていたのか、よく分かりませんでしたが、

息子は、よほど気分がよかったらしく「楽しかった〜」を連発。

嫁さんは、(先月の小運動会は出られなかっただけに)息子に風邪をひかせなかったことでホッと一息。

そして晩飯は、息子のリクエストで、宅配ピザ。
20170708晶太郎音楽会_convert_20170710234406

ここでも息子はハシャギまくって「オレのお祝いだぞ〜」と連呼。



息子よ、それをやると、お姉ちゃんが怒っちゃうだろ。



ほら、怒っただろ。

学習するんだ。

おまえは、お父さんよりも厳しい時代を生きていくんだぞ。

それでなくても顔じゃ勝負できないんだから、ここは愛嬌一本勝負。

優しくて、おもしろい男にならなきゃ、女の子にモテないぞ

ま、がんばれ(笑)。

 | ホーム |  » page top